ハイロー(High & Low)とは?FXとの違いも解説!

「ハイローに興味を持ったけど、一体どんな投資?」

「FXと比べて、どんな違いがあるの?」

今回はこんな悩みを解決しながら、ハイローを始めるにあたって押さえておきたい「5つ」のポイントもご紹介します。

ハイローとは(High & Low)とはラダーオプションのこと

そもそもハイローとは、ハイアンドロー(High & Low)の略名です。

バイナリーオプションにはラダーオプション、レンジオプション、タッチオプションがあります。

このうち、ハイローは「ラダーオプション」のことを指しています。

HIGH & LOW = ラダーオプション

日本国内でバイナリーオプションの提供が始まったのは2009年です。

2012年には、FXトレード・フィナンシャル(現:ゴールデンウェイ・ジャパン)から「HIGH・LOW」というサービス名でラダーオプションが提供されていましたが、自主規制によりサービス名は変更となりました。

その後、バイナリーオプションは海外の詐欺業者が多く存在することで世界的に問題となり、EU、カナダ、イスラエル、マルタ、キプロス、デンマーク、ポーランドなどで禁止されており、現在、世界で取引できるのは日本、アメリカなどごくわずかに限られています。

なお海外業者には、日本向けにサービス提供するハイローオーストラリアというオーストラリアのバイナリーオプションサービスがあります。

もちろんハイローオーストラリアは金融庁が認可したサービスではないため、出金や信託保全で確実な安心はありません。

そしてオーストラリア自体では金融規制の強化によりバイナリーオプションが禁止され、現在はマーシャル諸島を拠点としているという、なんとも皮肉な状況といえますね。

こうした背景もあり、バイナリーオプションというよりも「ハイロー」という別名が先行して知れ渡っているひとつの要因となっていることが考えられます。

日本のハイローと海外のハイローの違い

世界的にも珍しくハイローの取引ができる日本ですが、海外業者とルールに大きく違いがあります。

大きな違いとなるのが取引期間で、元々は国内でも1分、5分などの短期取引が可能でしたが、前述のとおり世界的な流れを受けて現在は禁止されています。

金融庁の規制にともない、金融先物取引業協会は個人向け店頭バイナリーオプション取引業務取扱規則に係るガイドラインを制定し、「取引期間は最低2時間以上」と定められています。

最短2時間とルールが設けられていることで、日本では世界的にも安心してバイナリーオプションの取引が可能なのですね。

またガイドラインでは、判定時刻の直前までポジションを解消できることがルールと定められています。
つまり権利放棄(途中売却)できることを指します。

つまり2時間以上の取引でも、判定時刻直前の数分前までの好きなタイミングで、購入後すぐに利食いして確実な収益化を図ったり、損切りして購入額全額の損失を防げることが、日本のバイナリーオプションの特徴です。

さらに「完全信託保全が義務化」されていることで、倒産しても口座に預けた資産は必ず戻ってきますし、出金トラブルになることもありません。

このほかいくつか違いもあり、まとめると以下です。

違い
国内ハイロー
  • 金融庁が認可しているため安心して取引できる
  • 完全信託保全で資産が守られている
  • 取引期間が2時間以下の取引ができない
  • 権利放棄によりいつでも途中売却ができる
  • キャッシュバックキャンペーンがない
  • 知識確認テストがある
  • 顧客の属性に合わせた損失制限の仕組みがある
  • 自社HPで取引結果の公表が義務化されている
海外ハイロー
  • 信託保全が義務化されていない
  • 入出金トラブルが多い
  • 取引期間が2時間以下の取引ができる
  • キャッシュバックキャンペーンがある

こうしてみると、国内と海外のハイローは全く別物、と捉えなければいけないんですね。

ハイローの仕組み

バイナリーオプションには、ハイロー(ラダーオプション)とレンジオプションがあります。
※FXTFより唯一タッチオプションが提供されていましたが、サービス終了となり、現時点で提供業者はありません。

それでは2つのバイナリーオプションはどんな取引なのか見ていきましょう。

ハイロー(ラダーオプション)

ハイローが示すように、ラダーオプションでは、判定時刻時の為替レートは選択した目標レートよりもハイ(高い)かロー(低い)かを予測する取引です。

ラダーオプションは目標レートより上か下かを予測!

業者によって違いはありますが、目標レートはおおよそ5本〜7本用意されています。

現在レートに近い目標レートほど予測しやすいことから購入額も高くなり、逆に現在レートから離れた目標レートほど予測しにくいことから購入額は低くなります。

レンジオプション

レンジオプションは、判定時刻時の為替レートは選択したレンジ(=範囲)に収まるか、収まらないかを予測する取引です。

レンジオプションは2つの目標レートに収まるか、収まらないか予測!

今よりもハイまたはローを予測するラダーオプションと異なり、範囲を予測するのが大きな違いです。

選択した目標レートに収まるならレンジイン、収まらないならレンジアウトを選択します。

 

このようにバイナリーオプションでは、ハイロー型(ラダーオプション)とレンジオプションが主流です。

後述しますが、レンジオプションならではの優れた魅力がありますので、ハイローに固執せずに2つの取引タイプをぜひ試してみてください。

ハイローとFXの違い

ハイローはオプション取引をベースとした金融商品ですので、取引期限の有無がFXとの大きな違いとなります。

ハイローの特徴
  • 取引期間:最短2時間〜1日程度
  • 利益・損失:固定されている
  • 最小取引額:1Lot/約50円〜1,000円未満
  • 取引方法:相場に合わせて高利益率や、高ペイアウトを狙う戦略が可能
  • 取引対象:通貨ペア数が少ない
FXの特徴
  • 取引期間:短期〜長期まで制限なし
  • 利益・損失:利益・損失は任意でコントロール可能
  • 最小取引額:0.1Lot/約4,000円(1,000通貨の場合)
  • 取引方法:取引期間や相場に合わせて、自分の戦略で自由に売買ができる
  • 取引対象:通貨ペア数が多い

ハイローの場合、上がるか下がるかを予測して購入したら、判定時刻まで待つか途中売却かが選択肢となります。
そして手順に沿って進めば購入・売却ができるため、FXのように多彩な注文方法を使う必要がありません。

利益・損失が明快なハイローに対し、FXでは自分自身の手腕で大きな利益を追求したり、損失リスクを抑えた売買ができる違いもあります。

具体的な違いは以下の記事で解説していますので、合わせてチェックしてみてください。

関連記事

FXとバイナリーオプションは、どちらも為替に投資をする点は一緒ですが、仕組みが異なります。バイナリーオプションはFXと違って、証拠金を預け、レバレッジによって売買[…]

バイナリーオプションとFX

ハイローを始めるときに大事な5つのポイント

これからハイローにチャレンジしてみたい方に向けて、本当に大事な5つのポイントをご紹介します。

ハイローオーストラリアなどの海外業者は使わない

先に挙げたように、仮に出金拒否されたり、海外業者と連絡が取れなくなったとしましょう。

国内で投資家の資産を最終的に守ってくれる金融庁であっても、さすがに完全に解決させるのは難しいです。

なぜなら世界でも国ごとに法律が異なり、海外業者には信託保全が義務化されていないため、金銭トラブルがあっても泣き寝入りするしかないからです。

こういった事態を避けるために、金融庁は海外業者を使わないようアナウンスしています。

世界的にバイナリーオプションは禁止されていますが、そのなかでも日本では安心して取引できる理由が、金融庁が認可している業者には「透明性」が担保されているほかありません。

業者が倒産しても口座のお金は100%戻ってきますし、もちろん利益を上げたら確実に出金できます。

詐欺の被害に合わないために、必ず日本国内で許可のある業者を選ぶようにしてください。

バイナリーオプションの国内業者は以下ページにまとめています。

あらかじめ投資金額を決めておく

多くの業者で、予測通りとなれば1Lotあたりの1,000円固定で受け取ることができます。

そしてハイローでは、もっとも予測しやすい「現在レートに近いオプション」の価格は高く設定されています。

例えば予測通りとなりやすいと考えられる場面では、現在レートに近いオプションの購入価格は700円となったりします。
つまり予測通りなら300円が利益、予測が外れたら700円が損失ですね。

このように、ハイローでは 利益 < 損失 となるように、仮に高勝率狙いで売買をしても勝率50%ではトータルで損失となってしまいます。

つまり1日の投資金額をしっかり決めておき、「損失額が〇〇円なら今日は取引しない」とあらかじめ決めておくことが重要です。

大きな損失を回避していくためにも、失敗しない始め方や資金管理については、以下記事も合わせてご覧ください。

関連記事

バイナリーオプションは最初の手順を誤ると、大きな失敗の原因ともなりかねません。何が正しい情報なのか、右も左もわからない状態だと、気づかぬうちに詐欺のカモにされてし[…]

初心者でも失敗しない!バイナリーオプションの始め方を10ステップで解説!

取引結果のデータをチェックする

健全で透明性が高い運営体制が整っている国内業者では、毎月7日頃までを目安に月次取引実績を公開するよう、ガイドラインに明記されています。

この月次取引実績では、2つのデータを見ることができます。

月次取引実績はココに注目!
  • 顧客損益率:数値が高いほど、利益となったトレーダーが多い
  • 損失口座率:数値が低いほど、損失となった口座が少ない

前者の顧客損益率は、トレードにおける払い戻し率といったイメージです。

100%を基準として、上回るほどトレーダーが使った金額よりも業者の支払いが多いことから、利益となったトレーダーの数が多い、またはトレーダーの平均的な利益額が多いことを指します。
逆に、100を下回るほど、損失となったトレーダーの数が多い、またはトレーダーの平均的な損失額が多いことを指します。

後者の損失口座率は、低いほど損失口座が少なく、高いほど損失口座が多いことを指します。

この2つのデータを見ることで、どの業者で収益化しやすいのかひとつの判断材料となるのです。

当サイトでは毎月上旬に公開されている取引結果のデータをまとめています。
以下記事で毎月更新していますので、ぜひご覧になってみてください。

関連記事

バイナリーオプションの月次取引実績とは、顧客の損益がどのような状況かを示すデータのことです。月次取引実績を見ることで、利益となっているトレーダーが多いのか少ないの[…]

バイナリーオプションを月次取引実績で比較!

レンジオプションも検討する

毎月の取引結果データを見ると、ひとつの興味深いデータが浮かび上がってきます。

バイナリーオプションといえばハイロー(ラダーオプション)のイメージが強いですが、ハイローよりもレンジオプションの取引実績のパフォーマンスが悪くないことが確認できます。

とはいえ、最初は定番といえるラダーオプションから始める方が多いと思います。

「ハイローでなかなか勝てない」

「そこまで勝率は悪くないが、なかなか収益化に結びつかない」

こういった状況に陥っている方は、安定的な利益を目指すためにも「レンジオプション」もぜひ検討してみてください。

ラダーオプションで勝率を上げていくにあたり、低倍狙い(ペイアウト率が低倍率のオプションを狙うこと)といい、現在レートに近くて購入価格が高いオプションを狙う売買が基本となります。

これと同じく、レンジオプションでは予測通りになりやすいことを狙う「レンジインオプション」が基本となります。

なおレンジオプションの取引は、トレイダーズ証券「みんなのオプション」外貨ex byGMO「オプトレ!」の2サービスに限定されます。

各社の取引結果データに注目するとともに、レンジオプションでの売買もぜひ検討してみてください。

無料の売買支援ツールを利用する

巷では、バイナリーオプションの高勝率を謳ったツール詐欺が横行しています。
こういったものに手を出すと、高額で買わされたのに稼げない事態に陥ってしまいますので、詐欺師のカモにならないように、くれぐれも注意しなければいけません。

バイナリーオプションでは、各業者から無料ながらも高性能なツールが提供されており、これらだけで十分すぎるほど売買判断に役立てることができます。

おすすめなのが、FXプライム byGMOのぱっと見テクニカルと、外為どっとコムのぴたんこテクニカルです。

ぱっと見テクニカルは、過去チャートの形状から現在のチャートに似た形状を瞬時に探し、その過去チャートから未来の値動きを自動で予測してくれるツールです。

ぱっと見テクニカルは値動き予測に特化されたチャート補助ツール。
ぱっと見テクニカル

いくつかの業者でも同じようなツールが提供されていますが、ぱっと見テクニカルがもっともカスタマイズの自由度が高いです。

ぴたんこテクニカルは、ぱっと見テクニカルと同じような未来予想系のチャートに加えて、チャート上で売買シグナルを見ることができます。

外為どっとコム ぴたんこテクニカルのお天気シグナル
お天気シグナル

その売買シグナルに従って売買した場合の損益シミュレーションも見れるので、テクニカル指標毎にシグナルの精度もかんたんに判断することが可能です。

なおバイナリーオプションでどのオプションを購入するといいのか、場面や戦略に合わせたテクニックがあります。
以下の記事にまとめていますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

関連記事

バイナリーオプションでどのオプションを売買するか、なかなか決められない経験はありませんか?「予測通りになりやすい高価格オプションを購入したけど、大きく反対に動いた[…]

バイナリーオプション戦略とテクニック