長期的にFX・BOで勝つために大事な、トレーディングの思考やメンタル術

FXやバイナリーオプションで長期的に勝つためには、ブレない取引の思考を持ち、メンタル的に成長することが最初の第一歩です。

常に意識しておいてほしい、相場に挑む心構えともなる「見えない部分」についてご紹介します。

自己売買ルールを守り、一度決めたら流されない

やみくもな売買をしないためには、「最低限こうしよう」といったルールを作ることが早道です。

自己売買ルールの例

ルールを守る

急に売買ルールといっても分からない方のために、売買ルールの一例を見てみましょう。

  • 取引する通貨ペアを絞る
  • 取引する通貨ペアを絞らず、今もっともトレンドのある通貨ペアで取引する
  • 夜は取引せず、スキルアップするまでは日中しか取引しない
  • チャンスがあればいつでも取引するが、必ず翌日にはポジションを持ち越さない
  • むやみにレバレッジを上げずに、上限を守る
  • 決めた証拠金維持率を下回らないようにする
  • +50pipsで利益確定、−30pipsで損切り
  • pipsにはこだわらず、利益確定・損切りはチャートの売買サインを最優先にする
  • エントリーしたら、ニュースや周囲の意見に流されない
  • 自分で決めた証拠金額まで増えるまでは、lot数を増やさない
  • 買ったらlot数を増やし、負けたらlot数を減らす
  • 休むも相場。負け続けたり、チャンスがなければエントリーしない

FXはシンプルに考えて、含み益になってから決済すれば利益となります。
取引する通貨ペアから、取引する時間帯、取引量、取引期間、全て決めるのは自分自身です。
チャートに表示させるテクニカル指標から時間足にいたるまで、どの部分を重視するかは自分でチョイスしなければいけません。

ポジション保有中に、反対に動いて不安になったとき、FX仲間の話を聞いて当初の戦略がブレて損切りしたが、結果として調整局面だったため、自分を信じていれば損切りしなくても良かった、なんてこともある話です。

人は感情的な生き物ですから、考えが変わることはしょっちゅう起こります。

FXもバイナリーオプションも自分好みの戦略で売買ができるため、いかに自分の売買ルールを徹底的に守り、不要な情報に振り回されないための情報の断捨離できるかが本当に大切です。

自分のレベル、経験に見合ったルール作り

初めてのFXなら、値動きが穏やかで情報の多い米ドル/円がおすすめですが、上級者ほど通貨ペアにこだわらず、チャンスがある通貨ペアを探して売買を行なっています。
取引をずっと続けてくると、通貨ペアごとの傾向や注意点の情報も自然に入ってくるようになりますので、最初から焦る必要は全くありません。

まず、メモ帳でもExcelでもなんでもいいので、パソコンやノートの目立つところに、自分がどのようなトレードをするのか書き出しておきましょう。

初心者の方であれば、

  • 50万円の利益を達成するまでは「米ドル/円」しか取引しない
  • 取引数量は1lotで、保有ポジションは1つまで
  • レバレッジは絶対に10倍以下に抑える。
  • 損切りの価格帯を決めて、反対に動いたら必ず損切りする
  • デイトレなら、寝る前までに必ず決済する。
  • 複数のテクニカル指標でシグナルが重なったときに新規注文/決済をする

このとき、「n日移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロス」と「MACDのクロス」と2つのシグナルが重なったらエントリーといった風に、自分の売買タイミングを具体的に決めておくとブレずに済むので良いです。
このようなルールだけでも、退場となるリスクは軽減されるハズです。
FXもバイナリーオプションも投資なので、単純な予想ではなくしっかりと想定して組み立てるようにしてください。

勝てるようになってきたら、「自分ルール」を1ヶ月や1年ごとにアップデートして、中級者、上級者へとステップアップしていきましょう。

過去の失敗を見直そう

失敗を恐れずに挑戦して成功に繋げる

なぜここで失敗したのか、過去のトレードをしっかり見つめ直すと、失敗した原因を把握することができます。
「このような理由があって売買した。」ことを決済してから改めて考えると、そのときの判断が間違っていたことに気づくでしょう。
失敗は恐れるのではなく、失敗した経験を生かしていけば、長期的にステップアップしていくことができます。

FX業者のチャートには「自由にメモを書き込める機能」もありますので、これに簡易的に記録を残していってもいいですし、日々トレード日記をつけていくやり方もおすすめです。

投資資金の管理を徹底する

長期的に相場で生き残るための資金管理についてお話します。

FXは余裕を持った証拠金で!

上で挙げた損切りは、資金管理する上で必須です。
同時に、適正な証拠金維持率を保ち、強制ロスカットを避けることも本当に大切です。
損切りは「損小利大」を目指すための行為ですが、強制ロスカットとなると資金が大きく減って「利小損大」となってしまいます。

ロスカットリスクを避けるためには、一定の証拠金維持率を保って、レバレッジを抑える必要があります。

取引画面にログインしたら、証拠金維持率(有効証拠金)実効レバレッジに日々注目して、一定水準を下回ったらすぐ入金するようにしてください。

バイナリーオプションは1日の損失額を設定する

バイナリーオプションはFXと違って、予想が外れたら購入額がそのまま損失となります。
値動きをしっかりと分析して購入しなければ、単純な丁半バクチとなってしまいますので、ギャンブルとならないように注意しましょう。

購入額自体はFXよりも低いので、予測通りとならなくてもどんどん購入してしまいがちです。そのため、1日の損失額を決めて挑むようにしてください。
例えば、「1日の負けは5,000円まで」と決めておくと、1ヶ月(20日)全て負けたとしても10万円で収まることとなります。

レバレッジや証拠金の概念がない分、資金管理を徹底して、バイナリーオプションだからといって分析を怠らないようにしましょう。

自分自身のメンタル面を保つ

投資とメンタルは切っても切れない関係であり、ブレないハートの強さで日々冷静に取引していくのが、成長の近道です。

メンタルをコントロールするためのコツをご紹介します。

長期的に勝つには、1取引毎に一喜一憂しない

誰だって大きくpipsが取れたり、バイナリーオプションの予想が的中したら嬉しいものです。
しかし長期的に稼ぐトレーダーほど、感情の起伏は邪魔な存在であると考えています。
人は感情的になっているときほど間違いを犯しやすく、負けた分を取り返そうとして取引金額を大きくしてしまったり、勝てているからといって冷静にならずに売買して失敗することもあります。

「上級トレーダーになるほど、金額がただの数字に見えてくる。」という話を聞いたことはありませんか?
このセリフをいう人は、落ち着いて売買できる器を持っているということです。

目の前の売買に熱くなってしまうギャンブル脳ではなく、淡々と冷静にこなす投資脳を持ち続けることが大事なのです。

商材に頼らず、己の相場観を磨くこと

チャートを解説するビジネスマン

FXやバイナリーオプションでは、勝率◯◯%などと得体の知れない情報商材が数多くインターネットに出回っています。中には詐欺商材も多いと聞きます。
いい師匠がいればまた別ですが、結局のところ相場の世界で生き残っていくには、少しづつ自分自身の相場観を養うしかありません。

最短で利益を手に入れようとショートカットを考えることよりも、世界情勢やチャート分析にアンテナを張るべきです。
自分自身で掴んだ相場観というのは、一生モノのの武器となり、自分自身の大きな財産となります。
焦らず急がず、じっくりと相場観を磨いていきましょう。

バイナリーオプションおすすめの会社

初めてのバイナリーオプションなら、GMOクリック証券の「外為オプション」がおすすめです!

外為オプションはスマホから直感的に取引でき、取引ルールが分かりやすいので、初心者の方も安心して始められます。

GMOクリック証券「外為オプション」
GMOクリック証券のバイナリーオプション

バイナリーオプションでもっとも有名なのが、GMOクリック証券の外為オプションです。
もちろん安心の国内企業で金融庁認可済みサービスなので、海外系と異なり入出金で心配する必要もありません。

FX通貨ペアのほか、日経225やNYダウなど株価指数銘柄をバイナリーオプションで取引できるのも、GMOクリック証券の特徴です。

取引システムはとにかくシンプルで分かりやすい、明快さが魅力。操作に戸惑うことなく、最小1,000未満で、円高か円安か予測する取引ができます。
それでいて高機能スマホツールなので、スマホで高度なチャート分析をするなら外為オプションがオススメです。

こちらから無料でGMOクリック証券「外為オプション」の口座開設ができます!

長期的にFX・BOで勝つために大事な、トレーディングの思考やメンタル術
最新情報をチェックしよう!