バイナリーオプションが取引できる時間帯と値動きの傾向

みなさんはどのようなタイミングでバイナリーオプションをしていますか?
早朝に売買しようとしたら、時間外で取引できなかった経験がある方もいるかも知れません。

取引できる時間と、1日の時間帯ごとの値動き傾向について解説します。

為替の取引時間について

まずはFXの取引時間について見ていきましょう。

FXは土日を除く、月曜日の朝〜金曜日のニューヨーク・クローズまでの間に取引ができます。
金曜日の営業時間は0時をまたいだ土曜日の朝方です。

つまり、土曜日の早朝〜月曜日の早朝がFX取引ができない時間となります。
土日は世界中の外国為替市場が休場により、レート配信が行われていないことが理由です。

ただし休日(祝日)の場合は取引することが可能です。
日本国内で定められた休日は他国には影響しないからです。

ここでひとつお伝えしておきますが、主要国・地域であるアメリカ、日本、ユーロ圏、イギリスのどこかで休日があった場合、当該国の流通量が少なくなります。

そうするとスプレッドが拡大しやすく、荒く方向性のない値動きになりやすいことから、FX取引の際には注意する必要があります。(業界ではこの値動きのことをチョッピーと呼ばれています。)
また例外もあり、年末年始とクリスマスに関してはほとんどの国がお休みムードとなるため、取引できなかったり、取引時間が短縮されたりします。

FXとバイナリーオプションの取引時間の違い

バイナリーオプションも基本的にはFXと同じスケジュールですが、FXよりも取引時間が短い業者が多いです。

例えば、標準時間におけるGMOクリック証券の取引時間を見てみましょう。

  • FX:月曜午前7:00〜土曜午前7:00
  • バイナリーオプション:月〜金曜日共通で午前8:00〜翌午前5:00

平日であれば、FXは途切れることなく取引できるのに対し、バイナリーオプションは早朝の取引に対応していません。

このように同じ業者の為替取引であっても、サービス提供時間が異なるのです。

 

各バイナリーオプション提供業者の詳しい取引時間を知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

関連記事

各社のバイナリーオプションの取引回数や開始時刻・判定時刻で徹底比較!金融庁のルールにより、現在国内のバイナリーオプションは1回号の取引時間が2時間以上と定められています。バイナリーオプションの回号とは、1取引が何回開催される[…]

1日の取引回数や取引時間でバイナリーオプションを比較

 

それでは為替レートは1日の時間帯ごとに、どういった値動き傾向があるのかを見てみましょう。

【早朝】の値動き傾向

早朝の取引はオセアニアから始まります。
ウェリントン市場(ニュージーランド)を筆頭に、シドニー市場(オーストラリア)が続きます。

週末のNYクローズ後に大きな要因があると、月曜日のマーケット・オープン時はその流れを受けて、窓が空いたり、窓を埋める動きを見せることもあります。
ただし、基本的に早朝の値動きは軟調である場合が多いです。

早朝の取引で値動きがあまりないことを予測するなら、ラダーオプションの場合は現在の価格に近い「高価格オプション」を購入したり、範囲内に収まることを予測する「レンジインオプション」との相性が良いでしょう。

【日中】の値動き傾向

9:00になると東京株式市場が開きます。
少し遅れて香港、上海、シンガポールの市場が始まってきます。

近年では中国株の動向に注目が集まっていますが、アジア市場の値動きはヨーロッパやアメリカの主要なマーケットが動いている時間帯に比べると限定的です。

なおFXでは、日中の値動きが穏やかな米ドル/円は初心者にも取引しやすいことで人気がありますよね。

バイナリーオプションの売買戦略はその日の相場動向次第ですが、日中は「早朝」ほどではないものの小変動の時間帯なので、ラダーなら高価格オプションを購入して高勝率を狙うか、レンジインオプションと相性がいいでしょう。

【夕方】の値動き傾向

為替変動は夕方になってくると徐々に激しさを増してきます。
ドイツを中心とした欧州市場やロンドン市場が16:00頃から動き出してくると、それまでの値動きとは逆の方向性にトレンドが変わることもしばしばあります。

夕方の取引としては、その日のユーロ圏、イギリスの主要な経済指標発表を、事前にチェックしておくと便利です。

相場の方向性がはっきりしている場面であれば、円安方向(円高方向)で複数オプションを購入する、といった戦略も生きてきます。

【夜〜深夜】の値動き傾向

21:00にアメリカ・ニューヨーク市場が始まると、1日でもっとも為替が激しく動く時間帯へと突入していきます。

特にロンドン市場、欧州市場とニューヨーク市場が重複する21:00〜2:00が流通量が極めて多く、各国のトレーダーによって盛り上がりを見せます。
この時間帯はアメリカの重要指標の発表が多く、米ドル/円であっても1円以上変動することもあります。

バイナリーオプションの場合、こういった変動の激しいときは、現在の価格帯から大きく乖離した低価格のオプションを購入して、予測通りとなる確率は低いものの大きいリターンを狙う、といったやり方もできますね。

ここまで時間帯別の取引例をご紹介しましたが、バイナリーオプションは、相場変動の大小、トレンドの強弱を見極めて戦略的に売買していきましょう!

YJFX!「オプトレ!」

オプトレ!はヤフーグループのFX会社、YJFX!のバイナリーオプションです。
1,000円未満で取引でき、通貨ペアごとに11回、開催されています。

特徴としては、業界最多の8通貨ペアを提供していることで、1日の取引チャンスが多い点です。
また他社の判定期間は2分に対し、オプトレ!の判定期間は60秒なので、購入・途中売却をギリギリまで検討できます。
もうひとつ、レンジオプションは独自のワイドレンジによって、予測範囲を調整できるのも強み。

柔軟なシステムで取引するなら、オプトレ!がイチオシです。

こちらから無料でYJFX!「オプトレ!」の口座開設ができます!

GMOクリック証券「外為オプション」

バイナリーオプションでもっとも有名なのが、GMOクリック証券の外為オプションです。
もちろん安心の国内企業で金融庁認可済みサービスなので、海外系と異なり入出金で心配する必要もありません。

FX通貨ペアのほか、日経225やNYダウなど株価指数銘柄をバイナリーオプションで取引できるのも、GMOクリック証券の特徴です。

取引システムはとにかくシンプルで分かりやすい、明快さが魅力。操作に戸惑うことなく、最小1,000未満で、円高か円安か予測する取引ができます。
それでいて高機能スマホツールなので、スマホで高度なチャート分析をするなら外為オプションがオススメです。

こちらから無料でGMOクリック証券「外為オプション」の口座開設ができます!

FXプライム byGMO「選べる外為オプション」

GMOクリック証券と同じGMOグループによる、もうひとつのバイナリーオプションサービス。
外為オプションは最長3時間の取引ですが、選べる外為オプションは「最長2時間」となっているのが大きな違いです。

もう一点、外為オプションの判定時刻は奇数時間(11:00、13:00など)に対し、選べる外為オプションは偶数時間(10:00、14:00など)です。
プラットフォームは共通なので、判定時刻の違いを利用して、2口座を組み合わせてより収益チャンスを狙うこともできます。

なおFXプライム byGMOでは値動き予測チャート「ぱっと見テクニカル」が提供されており、バイナリーオプションに使うこともできます。

こちらから無料でFXプライム byGMO「選べる外為オプション」の口座開設ができます!

トレイダーズ証券「みんなのオプション」

みんなのオプションは、初心者にも使いやすい取引システムなので、迷うことなく売買できます。
1lotあたり50円〜990円で購入でき、購入自体はわずか3ステップで、スピーディーにかんたんに行えます。

定番のラダーオプションに加えて、一定範囲を予測するレンジオプションに対応するのもポイント。
取引ツールはスマホやタブレットに最適化されているので、場所を選ぶことなくバイナリーオプションができます。

こちらから無料でみんなのオプションの口座開設ができます!

バイナリーオプションの取引可能時間と、時間帯ごとの値動き傾向について
最新情報をチェックしよう!