バイナリーオプションで使える全8種類の手法・テクニック【まとめ】

バイナリーオプションでどのオプションを売買するか、なかなか決められない経験はありませんか?

「予測通りになりやすい高価格オプションを購入したけど、大きく反対に動いた。」

「収益率重視で低価格オプションをいつも購入しているけど、なかなか思惑通りにならない。」

なんて経験がある方は多いのではないでしょうか。

これはトレンドを判断することで、そのときの局面で有効的な戦略を見極めるのに役立ちます。

一口にバイナリーオプションといっても、実に色々な戦略が存在します。
こちらでは、場面ごとに使えるバイナリーオプションの売買テクニックをご紹介します。

値動きが穏やかなときは高勝率狙いのローリターン戦略

値動き材料が少なくて方向性に乏しいレンジ相場のときは、ローリターン戦略ができます。

円高方向、円安方向どちらにも大きく動きにくいと判断できる場面ですから、現在のレートに近いオプションを購入するのが理にかなっていますね。

レンジ相場のとき、日本時間の日中10:00〜15:00あたりでイベントがない場面ほど相性がいい戦略です。

バイナリーオプションの高勝率戦略

1Lotで売買した例は以下となります。

【予測通りのとき】

購入額ペイアウト利益
780円1,000円220円

【予測が外れたとき】

購入額ペイアウト損失
780円0円780円

値動きが穏やかなときの両建て戦略

為替レートが動かず、このままレンジで推移すると判断するときは、現在の目標レートの上下にあるオプションを両建てする戦略ができます。

以下の例でいうと、110円より円高で、なおかつ109.85円より円安の範囲に収まった場合、両方のオプションから利益を得ることができます。

バイナリーオプションの高勝率両建て戦略

もし一方の予測が外れても、一方は必ずペイアウトとなるため、両建てによりリスクを抑えながら売買ができるのが、この戦略の特徴です。

【両方が予測通りのとき】

購入額ペイアウト利益
550円+510円
=1,060円
2,000円940円

【一方の予測が外れたとき】

判定時のレートが110.00円より上の場合
購入額ペイアウト利益損失損益合計
550円+510円
=1,060円
1,000円490円550円−60円
判定時のレートが109.85円より下の場合
購入額ペイアウト利益損失損益合計
550円+510円
=1,060円
1,000円450円610円−160円

ある程度の変動を想定したミドルリターン戦略

レンジ相場ほどでもなく、大きな経済指標の予定があるわけでもなく、そこそこ値動きがある場面のときはミドルリターン戦略ができます。

ローリターン戦略に比べると、予測通りとなる確率は下がるものの購入金額を抑えられる利点があります。

しかしながら、後述するハイリターン戦略に比べると予測通りとなる確率は上がるため、ミドルリターン戦略ではしっかりとトレンドの強さ、判定時刻時の値動き予測を見極めて活用していきましょう。

バイナリーオプションのミドルリターン戦略

【予測通りのとき】

購入額ペイアウト利益
300円1,000円700円

【予測が外れたとき】

購入額ペイアウト損失
300円0円300円

大きな変動を狙ったハイリターン戦略

大きな変動が見込まれているときは、円安方向または円高方向でもっとも安いオプションを購入する戦略ができます。

予測通りになりにくいオプションのため安い価格で設定されていますが、経済指標で需要なイベントが控えているときは、大きな値動きに期待してハイリターンを狙うことができます。

たとえ予測が外れても、損失額が小さいこともハイリターン戦略の特徴です。

バイナリーオプションの高ペイアウト戦略(上昇)

バイナリーオプションの高ペイアウト戦略(下落)

【予測通りのとき】

購入額ペイアウト利益
50円1,000円950円

【予測が外れたとき】

購入額ペイアウト損失
50円0円50円

両建てのハイリターン戦略

ハイリターン戦略ではオプションの購入価格が安くなっているため、両建て戦略も可能となります。

大きな変動が見込まれているが、円高方向と円安方向どちらに動くか読めないときに有効的となります。

バイナリーオプションの両建て高ペイアウト戦略

【一方が予測通りのとき】

購入額ペイアウト利益
100円1,000円900円

【両方の予測が外れたとき】

購入額ペイアウト損失
100円0円100円

低価格オプションでFXのリスクヘッジ戦略

FXで保有ポジションがあるとき、価格が安いオプションを複数Lot購入して、FXのポジションのリスクヘッジに使うことができます。

例えばFXで110円で買いポジションを保有した例をご覧ください。

バイナリーオプションのFXリスクヘッジ戦略

この戦略ではポイントは2つあります。

  1. FXで反対方向のオプションを購入すること
  2. その価格まで変動した場合、損失をヘッジできるLot数を購入すること

【予測通りのとき】

購入額ペイアウト利益
50円×6Lot
=300円
6,000円5,700円

【予測が外れたとき】

購入額ペイアウト損失
50円×6Lot
=300円
0円300円

110円でエントリーした1Lotの買いポジションが109.50まで下落した場合、5,000円の含み損となります。

しかし109.55円より円高のオプションを、50円で6Lot購入して予測通りとなれば、300円の購入額でペイアウト6,000円−購入額300円=利益は5,700円となります。

つまり大きな下落によってFXのポジションが損失となっても、少ないオプションの購入額でヘッジさせることが可能となります。

FXのポジションは含み益、含み損どちらの場合でも使うことができます。

含み損の場合なら、少ないコストで大きな損失の回避に役立てることができ、含み益の場合は利益の確保に活用できます。

トレンドがあるときは一方向の積み重ね戦略

トレンドがそこそこ強いときはミドルリターン戦略ができるのですが、よりトレンドが明確だと判断できるときは、その方向のオプションを積み重ねて購入する戦略ができます。

以下は下降トレンドが明確に現れたと判断したときに、円高方向のオプションを複数購入した例です。

満期時の為替レートが109.70以下となれば、3つのオプションが全てヒットとなりペイアウトとなります。

バイナリーオプションの積み重ね戦略

【全ての予測通りのとき】

購入額ペイアウト利益
550円+320円+
130円=1,000円
3,000円2,000円

【全ての予測が外れたとき】

購入額ペイアウト損失
550円+320円+
130円=1,000円
0円1,000円

【一部の予測が外れたとき】

判定時のレートが110.00円より下の場合
購入額ペイアウト利益損失損益合計
550円+320円+
130円=1,000円
1,000円450円450円0円
判定時のレートが109.85円より下の場合
購入額ペイアウト利益損失損益合計
550円+320円+
130円=1,000円
2,000円450円+680円
=1,130円
130円1,000円

この戦略では、高価格のオプションがヒットとなれば、低価格のオプションがヒットしなくとも損益ではトータルで相殺することも場面によっては可能となってきます。

 

なお短期トレードとなるバイナリーオプションにおいて、トレンド方向を狙うトレードと相性抜群なのが、FXプライム byGMOのFXアプリ、PRIMEアプリSです。

このアプリには通常のレート通知のほか、「レート変動幅通知」という機能が搭載されているのですが、変動を感知する間隔は、業界最短の1分間となっています。

FXプライム byGMOのレート変動幅通知

例えば1分間で20pipsのように、任意のpips変動をアラートで知らせてくれるので、急変動によるトレンド追従に役立てることができますね。

FXプライム byGMOの勝ち組BOトレーダーの会話
画像引用元:FXプライム byGMO

FXプライム byGMOの勝ち組BOトレーダーは重宝してこの機能をつかっていますので、ぜひ取引に役立ててみてはいかがでしょうか。

キリ番、重要レートの厚い壁を狙った反転狙い戦略

キリ番とは110.00円、111.00円といった、キリのいい番号(レート)のことです。
ラウンドナンバーやダブルオー(末尾が00のこと)とも呼ばれています。

また過去に付けた直近高値・直近安値に描画した水平ラインや、重要なトレンドラインの延長線上は、テクニカル的にもトレンドの節目となることから重視されています。

こういったキリ番、重要なレートとなる節目のレートでは、売り勢と買い勢による攻防と場面となりやすいことから、反転かブレイクアウトが注目されています。

キリ番など節目レートでの反転を狙ったバイナリーオプション戦略

この節目レートで何度も跳ね返されるときは、壁は厚いと判断してオプションを購入する戦略ができます。

そのときのトレンドを見極めることが最重要

バイナリーオプションに限らずFXの短期売買でも考え方は共通ですが、そのときのトレンドはどんな傾向であるかを見極めることが、戦略選びにおいてもっとも重要となります。

まず基本はとなるのが、上昇トレンドか下降トレンドか、トレンドレス(レンジ相場)かを判断するのが最初の一歩です。

トレンドを見極めるにはトレンドライン(サポートライン、レジスタンスライン)を引くことと、移動平均線を表示させることがスタンダードです。

しかしほとんどの業者では、バイナリーオプションの取引画面でテクニカル分析ができないため、別途チャートを使用して分析をすることが必須となります。

簡易的なラインチャートだけで取引すると、丁半博打となりやすい点には注意しなければいけません。

なおバイナリーオプションは約2時間の取引ですから、分析時は1時間足や日足で中長期のトレンドを把握しながら、5分足でチャート分析していくのがおすすめです。

バイナリーオプション戦略のポイント

よく巷では海外のバイナリーオプションが話題に上がりますが、金融庁は海外バイナリーオプションを一切認可していませんので、取引しないようご注意ください。

たとえ利益となっても出金できないリスク、業者が倒産しても資産が保護されないリスクがあります。

なかには30秒後や1分後の予測をすればいいだけという謳い文句もあります。
しかし日本国内のバイナリーオプションでは取引時間が2時間といっても、権利放棄といって途中売却ができますので、購入後すぐに売却できるため、実はこの点に優劣は一切ないのです。

ですから国内バイナリーオプションでもFXと同じようにチャート分析を行って、短期でのトレードも可能です。

 

以下記事でバイナリーオプションに便利な無料のツール(未来予想チャート、売買シグナルツールなど)をご紹介していますので、合わせてご覧ください。

関連記事

バイナリーオプション取引に役立つ、無料で使える売買シグナルツールをご紹介します。まずはじめにお伝えしておきますが、得体の知れない「有料の売買シグナルツール」には十[…]

【無料】売買シグナルツールでバイナリーオプションを徹底比較!
関連記事

スマートフォン(iPhone/Android)で売買シグナルが利用できるFXアプリをご紹介します。売買シグナルアプリとは、アプリで買いどき・売りどきを示してくれる[…]

スマートフォンで使える、FX売買シグナルアプリ特集!
関連記事

これからFXを始める方や、最近FXを始めたばかりの方は、いつエントリーすればいいのか分からず悩むこともありますよね。そんな時に便利なのが、FX会社が無料で提供して[…]

無料で使える売買シグナルツールでFXを攻略しよう!

 

YJFX!「オプトレ!」

オプトレ!店頭通貨バイナリーオプション

オプトレ!はヤフーグループのFX会社、YJFX!のバイナリーオプションです。
1,000円未満で取引でき、通貨ペアごとに11回、開催されています。

特徴としては、業界最多の8通貨ペアを提供していることで、1日の取引チャンスが多い点です。
また他社の判定期間は2分に対し、オプトレ!の判定期間は60秒なので、購入・途中売却をギリギリまで検討できます。
もうひとつ、レンジオプションは独自のワイドレンジによって、予測範囲を調整できるのも強み。

柔軟なシステムで取引するなら、オプトレ!がイチオシです。

こちらから無料でYJFX!「オプトレ!」の口座開設ができます!

GMOクリック証券「外為オプション」

GMOクリック証券のバイナリーオプション

バイナリーオプションでもっとも有名なのが、GMOクリック証券の外為オプションです。
もちろん安心の国内企業で金融庁認可済みサービスなので、海外系と異なり入出金で心配する必要もありません。

FX通貨ペアのほか、日経225やNYダウなど株価指数銘柄をバイナリーオプションで取引できるのも、GMOクリック証券の特徴です。

取引システムはとにかくシンプルで分かりやすい、明快さが魅力。操作に戸惑うことなく、最小1,000未満で、円高か円安か予測する取引ができます。
それでいて高機能スマホツールなので、スマホで高度なチャート分析をするなら外為オプションがオススメです。

こちらから無料でGMOクリック証券「外為オプション」の口座開設ができます!

FXプライム byGMO「選べる外為オプション」

円高?円安?為替の動く方向を予測 選べる外為オプション

GMOクリック証券と同じGMOグループによる、もうひとつのバイナリーオプションサービス。
外為オプションは最長3時間の取引ですが、選べる外為オプションは「最長2時間」となっているのが大きな違いです。

もう一点、外為オプションの判定時刻は奇数時間(11:00、13:00など)に対し、選べる外為オプションは偶数時間(10:00、14:00など)です。
プラットフォームは共通なので、判定時刻の違いを利用して、2口座を組み合わせてより収益チャンスを狙うこともできます。

なおFXプライム byGMOでは値動き予測チャート「ぱっと見テクニカル」が提供されており、バイナリーオプションに使うこともできます。

こちらから無料でFXプライム byGMO「選べる外為オプション」の口座開設ができます!

トレイダーズ証券「みんなのオプション」

みんなのオプション|1,000未満でできる投資 取引金額は1Lotあたり50〜990円

みんなのオプションは、初心者にも使いやすい取引システムなので、迷うことなく売買できます。
1lotあたり50円〜990円で購入でき、購入自体はわずか3ステップで、スピーディーにかんたんに行えます。

定番のラダーオプションに加えて、一定範囲を予測するレンジオプションに対応するのもポイント。
取引ツールはスマホやタブレットに最適化されているので、場所を選ぶことなくバイナリーオプションができます。

こちらから無料でみんなのオプションの口座開設ができます!

IG証券「バイナリーオプション」

業界最多の23銘柄を提供|IG証券のバイナリーオプション

IG証券のバイナリーオプションでは、業界最多20銘柄以上を提供しています。

FXだけではなく、日経225やNYダウなどの株価指数、金や原油などの商品まで、そのバラエティーは多岐にわたります。

さらに特徴的なのが、取引期間が「2時間」だけではなく「当日」も用意されているため、戦略的な売買が可能です。

取引ツール上で高度なテクニカル分析しながら売買できることも、IG証券ならではの魅力です!

こちらから無料でIG証券の口座開設ができます!