バイナリーオプション
CATEGORY

バイナリーオプション

バイナリーオプション初心者向けコンテンツ&徹底比較!

そもそもバイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは、一定時間後のレートが目標レートよりも円安か円高かを予想する金融商品です。
購入ができる時間内で対象となるオプションを購入し、判定時刻に「上方向」「下方向」が予想通りとなれば、収益にすることができます。

ラダーオプション

英語だとBinary Optionなので、略してBOとも呼ばれています。

未来の上下を予測する取引を行うことに関しては、為替を投資対象とするFXと同じなんですね。

参考までにウィキペディアの出典もご覧ください。

バイナリーオプション(英語: binary option)は為替金融商品の一種である。

一般的な株式や外国為替証拠金取引(FX)は、値段が「上昇する」か「下落する」かを予測し、その後の「値動き」に応じて「利益か損失」が確定し、その「値幅」に応じて「損益金額」が変動する。
バイナリーオプション取引の「ハイ・ロー」も、値段が「上昇する」か「下落する」かを予測し、その後の「値動き」に応じて「利益か損失」が確定する点は同じだが、「損益金額」は「値幅」によって変動することなく固定される。またレバレッジが無いので追証が無いのも特徴。よって、「最大損失額」を限定して取引できる。

引用元:ウィキペディア(Wikipedia)

まず「用意されているオプションの中から選んで購入する」という仕組みが、バイナリーオプションとFXが大きく違う点です。
そのため、利益と損失は購入した時点で決まっているので、「利益も損失も自分でコントロールできる。」ことがバイナリーオプションの特徴です。

最小で1lotあたり *約50円〜990円の範囲内で購入でき、予想通りになれば1,000円がペイアウト(利益)となります。

FXはある程度の変動によって収益となりますが、バイナリーオプションは方向性を予想する商品なので、相場の変動がわずかなときでも収益を生む機会となります。

このように、FXに比べると少額で始められ、いかなる相場でも収益チャンスとなるのが、バイナリーオプションなのです。

* FX業者ごとにより購入金額は異なります。

このような商品性の違いにより、為替が動いているときはFX、値動きが穏やかな局面ではバイナリーオプションと使い分ける戦略も可能となります。

バイナリーオプションの利益となる仕組み

バイナリーオプションで主流に取引されているラダーオプションの仕組みを見ていきましょう。

すでにハイ&ロー(High & Low)という言葉と聞いたことがある方もいるかも知れません。余談ですが、実はハイローもこのラダーオプションのことを指しているのです。
他にはレンジオプション、ワンタッチオプションがありますが、まずは基本形であるラダーオプションを中心に取り組んでみてください。

外為オプションは取引ルールが明快!

それでは、ラダーオプションを採用するGMOクリック証券の「外為オプション」を例に基本的なルールを解説します。

外為オプションの1回の取引時間は3時間です。開始時刻から、満期(取引終了)の2分前までは自由に購入ができます。
この取引が、通貨ペアごとに1日に10回開催されています。

ラダーオプションの取引ルール

例えば、目標レートが97円のときに「円高」と予測して、300円のオプションを1lot購入します。
満期時に目標レートを下回っていれば、1,000円受け取ることができます。
つまり、このときの利益は700円となります。

バイナリーオプションは途中で売却できる!

満期時まで待たずとも、受付終了までの時間内であれば、取引途中でも売却することができます。
(途中売却は、BO用語で正しくは「権利放棄」といいます。)

金融庁のルールに基いて、日本国内の業者は必ず権利放棄ができる仕組みです。

途中売却の仕組み

途中売却すると、本来受け取れる金額よりも利益率は低くなるものの、確実に利益に繋げられることになります。

バイナリーオプションで利益を上げているトレーダーほど、この途中売却を上手く活用していますので、状況に応じて戦略的に活用していきましょう。

各社バイナリーオプションの一覧表

FX会社名取引タイプ通貨ペア最低
購入額
ペイアウト
/ 1Lot *1
テクニカル
指標
スマホ
対応 *2
オプトレ!ラダー
レンジ
8
通貨ペア
約50
〜990円
1,000円
固定
外為オプションラダー5
通貨ペア
約50〜
999円
1,000円
固定

13種類
選べる外為オプションラダー5
通貨ペア
約50〜
999円
1,000円
固定

13種類
みんなのオプションラダー
レンジ
5
通貨ペア
50〜
990円
1,000円
固定
外貨ネクストバイナリーラダー6
通貨ペア
約40〜
999円
1,000円
固定
*1 業者ごとに呼び名が異なる場合もありますが、lotに統一して記載。
*2 全業者スマートフォンのSafari、Google Chromeなどのブラウザで取引可能。
  • ラダー・・・判定時刻のとき、基準レートを超えればペイアウト。
  • レンジ・・・判定時刻のとき、一定の範囲に収まっていればペイアウト。

上記の表には掲載していませんが、サクソバンク証券ではバイナリーオプションの元祖とも言えるバニラオプション(FXオプション、貴金属オプション)の取引が国内で唯一可能となっています。

バニラオプションというのは、買いなら損失は限定的で利益は無限大となり、売りなら利益は限定的で損失は無限大となる、本格的なバイナリーオプションのようなもの。バイナリーオプションは損失も利益も限定的ですが、FXオプションならより多くの利益を追求できる分、リスクも持ち合わせている商品設計となっています。
上級トレーダー向きですが、FXとFXオプションを組み合わせれば、リスクヘッジしながら高収益を狙うことも可能です。

どんな人がバイナリーオプションに向いている?

バイナリーオプションがFXと大きく違うのは、以下の3点です。

  1. 予想外となったとき、購入額そのものが損失額となる。
  2. 取引する期間が決まっている。
  3. 利益率を考慮した売買ができる。

バイナリーオプションは、取引期間と利益・損失は購入した時点で決まっています。
それに対しFXは、自分の裁量次第で取引する期間から狙うpipsまで自由に決められ、価格変動そのものの大きさが利益・損失の大きさに直結します。
FXではポジションがマイナスとなったら、利益が出るまで塩漬け(長期保有)したりナンピンすることありますが、バイナリーオプションは取引期間が決まっているので、FXのように長期間マイナスポジションを耐えるようなことはありません。

また決済のタイミングが掴めず、含み益が目減りしてから決済してしまった経験がある方もきっといるでしょう。
バイナリーオプションは取引のスタート時点で利益率と損失を考慮した売買ができるので、FXで損切りが苦手な方にも運用資金をコントロールしやすいのです。

バイナリーオプション、FXそれぞれのメリット・デメリットをまとめると以下となります。

バイナリーオプションのメリット
  • 取引ルールがわかりやすく、明快である。
  • 購入額以上の損失をすることが絶対にない。
  • 期限が決まっているので、精神的な負担が少ない。
バイナリーオプションのデメリット
  • 途中売却可能だが、決済タイミングの自由度はFXの方が上回る。
  • 購入時点で、利益が限定されている。
FXのメリット
  • 決済のタイミングは自分自身の判断で決められる。
  • 値動きが大きいほど、大きな利益の利益の追求ができる。
FXのデメリット
  • 戦略を持ってトレードするには、多くの注文を覚える必要がある。
  • 相場が反対方向に動くほど、損失が大きくなる。
  • 含み損を抱える期間が長いほど、精神的に負担もかかる。

なかなか損切りができずに悩んでいるなら、バイナリーオプションから相場観を養うのも良いかもしれませんね!

勝つために実践したいチャート分析術!

バイナリーオプションの大半の取引画面のチャートでは、簡易的なラインチャートが使われています。
テクニカル指標の表示ができないシステムがほとんどであり、単純な予想だけで売買をするのはギャンブルとなりがちですので、しっかりとチャート分析を行なうことをおすすめします。

外為オプションのラインチャート

GMOクリック証券では、取引画面上部にあるプラチナチャート+をクリックすると、軽快な動作が魅力である高機能チャートの利用ができます。

プラチナチャートプラスはテクニカル指標が豊富!
プラチナチャートプラスはテクニカル指標が豊富!

長期的に利益の追求をするには、ローソク足にトレンドラインを引いたり、トレンド系、オシレーター系指標を用いて分析する習慣を心がけるようにしてください。

海外バイナリーオプションと自動売買ツールに注意

バイナリーオプションを始めようとするとき、海外バイナリーオプション業者の情報も出てきます。
得てして「高勝率」「絶対儲かる」「100%キャッシュバック」などと甘い謳い文句により、興味を持つ方もいるかも知れません。しかし安易な考え方で始めてしまい、取り返しのつかない結果となっては元も子もありません。

これは海外BOに限らず海外FXでも同じことが言えるのですが、金融庁は海外の無登録業者からの勧誘に対し注意喚起しています。
全国の消費生活センターに寄せられる相談でもっとも多いのが「出金拒否」です。
せっかくの資金で運用したのに出金できないとなると、単なる詐欺業者です。無登録海外業者の場合、トラブルとなっても責任追及が極めて困難なのが現状です。

高額な自動売買ツールを売りつけて海外業者で取引させようとするオプザイルなどの悪徳グループも存在します。
こうったツールは国内業者では使用できません。海外系業者の判断基準として国内では規制されている判定時刻が1分、3分のように短いバイナリーオプションとなっている点もまた、見極めるべき特徴です。

これからバイナリーオプションを始めるなら、当サイトでご案内する金融庁認可済みの国内5業者から選ぶようにしてください。

海外業者の詐欺については、下記にある公的機関の情報をご覧ください。
知るぽるとでは「SNSを使った高額な投資ソフトの販売行為」の詳細がマンガでわかりやすく解説されています。

バイナリーオプションおすすめ業者

2020年現在、こちらがバイナリーオプションができる国内FX業者です。
海外業者は出金拒否などのトラブルにより消費者センターへの相談も多いため、金融庁認可済みの国内業者を選ぶようにしてください。

FX会社名取引タイプ通貨ペア最低
購入額
ペイアウト
/ 1Lot *1
テクニカル
指標
スマホ
対応 *2
オプトレ!ラダー
レンジ
8
通貨ペア
約50
〜990円
1,000円
固定
外為オプションラダー5
通貨ペア
約50〜
999円
1,000円
固定

13種類
選べる外為オプションラダー5
通貨ペア
約50〜
999円
1,000円
固定

13種類
みんなのオプションラダー
レンジ
5
通貨ペア
50〜
990円
1,000円
固定
外貨ネクストバイナリーラダー6
通貨ペア
約40〜
999円
1,000円
固定
*1 業者ごとに呼び名が異なる場合もありますが、lotに統一して記載。
*2 全業者スマートフォンのSafari、Google Chromeなどのブラウザで取引可能。
  • 2020年7月24日

バイナリーオプションを取引方法(ラダー、レンジ、タッチ)で比較

バイナリーオプションには3種類の取引タイプがあり、どの取引タイプを利用できるかはFX会社ごとに異なります。 そのときの相場状況によって使い分けることもできます。 実際の売買をする前に、しっかりと取引タイプの違いを理解しておくようにしてください。 まず […]

  • 2020年7月15日

目標レートなどの取引ルールでバイナリーオプションを比較

一口にバイナリーオプションといっても、目標レート(権利執行価格)の本数や、目標レート間の値幅(pips間隔)は各社異なります。 そこで、目標レートの「本数」と値幅に焦点を当てて各社の取引ルールの違いを見ていきましょう。 ラダーオプションを目標レート本 […]

  • 2020年4月13日

バイナリーオプションをペイアウト倍率で比較

国内バイナリーオプション業者のペイアウト倍率を徹底比較しました。 ペイアウト倍率は公式に公表されていないデータですが、オプションの最小購入金額を一定期間内で公正に調査した実測値によるものです。 国内バイナリーオプションのペイアウト倍率などで比較 「▲ […]

  • 2020年7月15日

バイナリーオプションを最低入金額・最小購入額で比較!

日本国内のバイナリーオプションを、最小でいくらから取引できるか比較しました。 「バイナリーオプションに興味があるけど、なんだか不安だな。」 「まずは少ない軍資金から始めたい。」 このように考えている方は、まずは *最低入金額で各バイナリーオプションを […]

  • 2020年7月15日

最大購入金額(取引上限額)でバイナリーオプションを比較

「できるだけ多くの発注数量を入れて購入したい。」 そんな中級以上のBOトレーダー向けに、国内バイナリーオプションを最大購入金額でまとめました。 バイナリーオプション最大取引金額などで比較 下記表では、1取引および1日の取引上限数量で比較しています。 […]

  • 2020年4月13日

各種手数料や入出金でバイナリーオプションを徹底比較!

バイナリーオプションは基本的に売買手数料のかからない投資ですが、条件によっては各種手数料が発生することもあります。 こちらのページでは、各社の手数料体系をまとめています。 口座管理手数料、入出金手数料などの情報一覧 「▲▼」をクリックすると、並べ替え […]

  • 2020年7月15日

バイナリーオプションをデモトレード対応で徹底比較!

バイナリーオプションをコツコツと慣れながら始めたい方は、デモトレードから始めてみてはいかがでしょうか。 はじめに各業者のデモトレード対応状況から見ていきましょう。 バイナリーオプションをデモトレードで比較 みんなのオプションではデモトレードを行うこと […]

  • 2020年7月15日

経済指標連動チャートでバイナリーオプションを比較

チャート上で経済指標を確認できれば何かと便利です。 いつ経済指標の発表があるのか、発表タイミングをチャートで視覚的に見れると、価格の安いオプションを購入して高ペイアウトを狙う戦略に生かすことができます。 また大きく変動しそうだと思ったら、事前に転売し […]

  • 2020年7月15日

1日の取引回数や取引時間でバイナリーオプションを比較

各社のバイナリーオプションの取引回数や開始時刻・判定時刻で徹底比較! 金融庁のルールにより、現在国内のバイナリーオプションは1回号の取引時間が2時間以上と定められています。 バイナリーオプションの回号とは、1取引が何回開催されるかを表すものです。 平 […]

  • 2020年4月13日

バイナリーオプションを通貨ペア数で徹底比較!

国内バイナリーオプション業者の取り扱い通貨ペア、銘柄の一覧情報です。 バイナリーオプションで基本となる「米ドル/円」「ユーロ/円」「ポンド/円」「ユーロ/米ドル」は全社で用意されています。 初心者の方でしたら米ドル/円から始める場合が大半でしょうから […]