【通貨ペア数・国内最多】サクソバンク証券FXが評判の理由をすべてご紹介!

サクソバンク証券FX
米国雇用統計指標発表時でも約定率100%|サクソバンク証券
  • FXの取り扱い通貨ペア数において、*1 国内No.1の業者!
  • 約定力があり、変動制スプレッドはコアタイム(夕方〜深夜)がとくに狭い。
  • 通貨ペアによるが、スワップポイントは全体的に高水準。
  • もっとも早く取引できる業者で、月曜日は3:00から取引可能。
  • オートチャーティストを搭載する高機能取引ツール!

低スプレッド 高スワップ 高機能アプリ 高機能チャート 豊富な情報量 スキャル公式OK リピート系 シストレ

*2 スプレッドと基本情報
米ドル/円米ドル/円ユーロ/円ユーロ/円ポンド/円英ポンド/円豪ドル/円豪ドル/円ユーロ/米ドルユーロ/米ドル
0.2銭0.5銭1.1銭0.6銭0.4pips
通貨単位初回入金額通貨ペアデモ口座取引ツール
1,000
通貨単位
指定なし158
通貨ペア
Windows Mac
iPhone iPad Android
サクソバンク証券の口座開設キャンペーン情報
現在開催中の口座開設キャンペーンはありません。

こちらから無料でサクソバンク証券FXの口座開設ができます!

*1 2019年12月9日時点。
*2 2019年11月8日~2019年12月6日の平均スプレッド(10Lotあたり、日本時間9:00〜翌1:00)を記載。

 

サクソバンク証券のFX口座は、国内No.1の通貨ペア数を誇ります。

雇用統計時でも広がりにくい変動スプレッドと約定力の高さが魅力で、スキャルピングも公式にサポート。コアタイムとなる夕方〜深夜はかなり狭いスプレッドで配信されています。
トルコリラ/円などスワップポイントの高さは業界最高水準ですので、金利狙いのスイングトレードの相性も抜群です。

CFD取引もできる取引ツール・SaxoTraderGOは、プラットフォームを選ばないマルチデバイスとなっており、搭載されているオートチャーティストは取引チャンスを知らせてくれるのもポイント。なおインストール版なら *1 バニラオプション、先物取引にも対応します。

国内でもっとも早くから取引できるサクソバンク証券では、*2 月曜日は朝3時から取引できますので、突発的なニュースがあってもいち早く取引できるのも強みです。

*1 国内で主流のバイナリーオプションはオプション取引の一種ですが、バニラオプションは本来のオプション取引であり、世界中で取引されています。
*2 非サマータイム時は4時から取引可能。

国内唯一!月曜日3時からFXができる!

サクソバンク証券は月曜日早朝3時から取引できる!

FX取引というと、通常は月曜日7:00からの取引となります。

しかしサクソバンク証券は月曜日3時から取引ができるため、土日に突発的なニュースがあっても、どの業者よりもいち早く取引をスタートすることができます。
他のFX業者と異なり、オセアニア市場の金融機関が動き出す時間に照準を合わせている、ということなんですね。

つまり週末の為替変動要因による「窓開け」を狙った「窓埋めトレード」をするなら、サクソバンク証券が最適なFX業者となります。

メンテナンスは取引時間外となる週末に行われていますので、サクソバンク証券は平日24時間取引することが可能です。

サクソバンク証券の取引時間

  • オーストラリア夏時間・米国標準時間:月曜AM3:00 〜 土曜AM7:00
  • オーストラリア標準時間・米国夏時間:月曜AM4:00 〜 土曜AM6:00

FX通貨ペア数「国内No.1業者」

サクソバンク証券はFX通貨ペア数国内No.1

サクソバンク証券の通貨ペア数は、国内最大となる150通貨ペア以上を用意しています。

トルコリラ、メキシコペソといった注目の高金利通貨はもとろんのこと、ロシア・ルーブル、イスラエル・シュケルといった珍しい通貨まであります。対円だけではなく、外貨×外貨の組み合わせも多いので、選択肢の自由度の高さは圧倒的です。

通貨ペア数が豊富だと、そのぶん収益チャンスも広がりますし、ニュースでマイナー通貨が話題になってもすぐに取引できることもメリットです。

また同一のプラットフォーム内で、CFD銘柄の値動きを見たり、CFD取引も可能となっています。

サクソバック証券のスプレッドは業界最狭水準!

特に流動性が高くなる17:00〜25:00の時間帯になれば、スプレッドがかなり狭くなるのが特徴で、米ドル/円なら0.3銭以下になることもよくあります。

サクソバンク証券のスプレッド

実はメジャー通貨ペアだけではなく、南アフリカランド/円、トルコリラ/円など高金利通貨のスプレッドもかなり競争力のある狭さとなっています。

また国内ではスキャルピング不可となる業者もありますが、サクソバンク証券はスキャルピングを公式サポートしています。

約定力が高く、スプレッドが広がりにくい

サクソバンク証券は、雇用統計発表時においても注文がしっかり通る高い約定力を誇ります。
矢野経済研究所による調査では、約定率が100%となる結果となりました。

雇用統計発表前後における、スプレッドと約定率の調査結果

雇用統計時におけるサクソバック証券のスプレッドと約定率
雇用統計発表前後における、スプレッドと約定率の調査結果

実際に配信されたデータを見ると、雇用統計時にスプレッドを拡大させて固定する業者もあるなかで、非常に狭い水準でスプレッドが提供されているのが分かります。

実際の米ドル/円、ユーロ/ドルの配信スプレッドデータ
雇用統計発表前後の配信スプレッドデータ

相場急変に強いサクソバンク証券なら、値動きが激しい相場でも他社より有利なスプレッドで取引が可能です。

高金利通貨のスワップポイントが高水準!

スワップポイントの高さにおいても、非常に有利な条件で提供されています。

スワップポイントを狙ったトレードでは、平均的なスワップの付与が安定した業者選びが必須です。サクソバンク証券は平均的にも高水準のため、年間を通して安定した受け取りに期待ができます。

サクソバンク証券 1万通貨あたりのスワップポイント
スワップポイント調査日:2018年9月27日

通貨ペア数が豊富ですから、高金利で注目されているトルコリラ/円よりも実はスワップポイントが高い、「スイスフラン/トルコリラ」といった通貨ペアをトレードが可能なのも特徴です。

SaxoTraderGOは高機能チャートを搭載

サクソバンク証券には2つのプラットフォームがありますが、基本的にはこのブラウザ版「SaxoTraderGO」が一般ユーザーのメインツールとなります。

「SaxoTraderGO」のFX取引画面
「SaxoTraderGO」のFX取引画面

50種類のテクニカル指標、18種類のライン描画を揃えており、それぞれの投資スタイルに合わせた自由自在な分析が行えます。

国内初!オートチャーティスト内蔵の取引ツール!

オートチャーティストとは、プログラムが自動で収益機会を知らせてくれる分析補助ツールのことです。
提供業者はかなり限られていますが、サクソバンク証券のオートチャーティストは、国内で唯一、取引ツール自体に組み込まれているタイプとなります。

チャートパターンの詳細。そのまま発注も可能。
取引ツールに内蔵されたオートチャーティスト

売買シグナルの発生を確認しながらそのままトレードできるため、使い勝手の良さもポイント!初心者〜上級者まで使える、売買タイミングの参考に活用できるツールとなっています。

⇒サクソバンク証券のオートチャーティスト

オーバーレイチャートが秀逸!

オーバーレイチャートは、1つのチャートに複数通貨ペアや為替以外の銘柄を表示できる機能です。

全画面表示にしたオーバーレイチャート
オーバーレイチャートの表示例

為替とNYダウや日経225などと変動を比較すれば、米ドル/円の取引にも大いに役立ちます。

⇒オーバーレイチャート

スマホアプリはPC版と連動!

PC版、スマホアプリ版(iPhone/Android)それぞれのSaxoTraderGOは連動しています。

例えば、朝パソコンでボリンジャーバンドを設定すれば、昼にスマホで起動するとその設定で表示されます。

iPhoneアプリでのFX通貨ペア表示例
FX通貨ペア
iPhoneアプリのテクニカル指標
iPhoneアプリのテクニカル指標
iPhoneアプリに搭載された比較チャート
オーバーレイチャートはアプリにも対応

機能的には、PC版をそのままモバイル版に最適化させた画面構成となっており、iPad、Androidタブレットにも対応しています。

 

またオートチャーティストはスマホアプリにも搭載されています。

スマートフォンアプリに搭載されたオートチャーティスト
アプリでシグナル発生が分かる!
アプリ版オートチャーティストのシグナル詳細
詳細データで精度をチェック。

今どの通貨ペアにシグナルが発生しているか、パパっとチェックでき、そのままトレードすることも可能です。

プロトレーダー向け「SaxoTraderPRO」も提供!

PC専用のインストール版ツール「SaxoTraderPRO」は、WIndows/Macともに対応します。

機関投資家や専業トレーダーといった、大口トレーダー向けのプロフェッショナル仕様です。

マルチディスプレイに対応しており、FX/CFDのほかに先物取引や、国内唯一となるFXバニラオプションや貴金属オプションの取引もできます。

SaxoTraderPROはマルチディスプレイに対応
SaxoTraderPROはマルチディスプレイに対応

基本的には無料で使えますが、より情報を求めるならば、サブスクリプションといって追加費用を支払うことで高度な環境の構築も可能です。

例えば以下の歩み値では、株式/CFD銘柄の取引時間、取引量、回数などの情報を閲覧することができます。
Depth Traderでは、取引所からの板情報を見ながら取引できます。もちろん自分自身の注文も反映されます。

「歩み値」では株式/CFD銘柄において取引時間、取引量、回数などの情報を閲覧できる。
歩み値
Depth Traderで取引所の板情報を参照しながら取引できる
Depth Trader(板情報)

上記の歩み値はサブスクリプション(Level 1)、Depth Traderはサブスクリプション(Level 2)が条件となります。

初心者が本格的に扱うのはやや難易度が高いですが、上級者の方はカスタマイズのしやすいインストール版も試してみてはいかがでしょうか。

この他に、上級トレーダー向けにMT4の提供も行っており、API連携も可能となっております。

サクソバンク証券の詳細データ

口座開設と手数料について
商品種類FX(プロ向けでMT4もあり)、CFD、先物、オプション取引(FXバニラオプション、貴金属オプション)
口座開設手数料無料
口座維持手数料無料
取引手数料無料(通常のスタンダードコース)
※プロ用のアクティブトレーダーコースは手数料が発生します。
入金手数料クイック入金:無料
振込入金:お客様負担
出金手数料無料(月/3回まで)
お取引開始までの期間お申込み後、最短2営業日
本人確認書類の提出方法Webアップロード
サクソバンク証券FXの取引条件
最大レバレッジ個人口座:25倍
法人口座:通貨ペアごとに毎週変動
ロスカット証拠金維持率が100%以下となった場合
追加証拠金制度は不採用!
取引時間米国標準時間:月曜AM4:00~土曜AM7:00
米国夏時間:月曜AM3:00~土曜AM6:00
最大注文数量コース毎による
外貨入出金
外貨調達(受け渡し)
注文タイプリミットIOC(スリッページ指定成行) / 成行 / 指値 / 逆指値 / IFD / OCO / IFDO / トレール
チャートから発注
メールサービスレートアラート / ロスカットアラート / マージンコール
取引ツール詳細Windowsブラウザ / Windows専用アプリ / Macブラウザ / Mac専用アプリ / Androidアプリ / iPhoneアプリ / iPadアプリ
デモトレード
売買シグナル
無料FXセミナー
会社情報
会社名サクソバンク証券株式会社(Saxo Bank Securities Ltd.)
登録番号関東財務局長(金商)第239号
所在地〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー22F
設立平成18年4月
資本金3億円
口座数非公開
自己資本規制比率543.6%(2019年10月末)
信託保全日証金信託銀行

サクソバンク証券FXの特徴まとめ

  • 150通貨ペア以上と、国内最多の通貨ペアを取り揃える業者!
  • 約定力が高くスプレッドが狭いので、スキャルピングにも向いている。
  • NDD方式なので価格の透明性が極めて高く、雇用統計時もスプレッドが広がりにくい。
  • 高金利通貨のスワップポイントが高水準なので、長期運用との相性も良い。
  • FXのほか、CFD(株価指数、商品、米国株など)、オプション取引(FX、貴金属)、海外商品先物(CME、NYMEX、ICEなど)と取り扱い金融商品が豊富!
  • 月曜日は朝3時から取引できる。
  • オーバーレイチャートで値動きを比べることができる。
  • オートチャーティストを搭載!取引チャンスの通貨ペアを知らせてくれる。
  • 上級向けだが、APIを使ったMT4のトレードも可能!

こちらから無料でサクソバンク証券FXの口座開設ができます!

投資手段にも変革を!
最新情報をチェックしよう!