スマホアプリ(iPhone/Android)でFX
CATEGORY

スマホアプリ(iPhone/Android)でFX

時代はスマホでFX!FXアプリ最強比較コンテンツを多数ご用意しました!

スマートフォンでFX取引をしよう!
スマホなら手軽にレートやチャートをチェックできて、出先でもサクッと取引ができちゃいます。

そのため、最近ではスマホでしか取引しないトレーダーも増えてきています。
スマホはいつでも持ち歩くものですから、自分に合ったFX業者を選びたいのが本音ですよね。

FX業者では必ずスマホアプリがリリースされているので、口座開設した業者のアプリは必ずインストールしましょう。

FXのスマホアプリは日々機能が追加されて、どんどん高機能に進化していますので、複数社の独自機能を併用していいところ取りするのもおすすめです。

それでは、スマホを中心としたトレードにおすすめなFX業者の選び方をご紹介します。

FXアプリをOS別(iPhone/Android)で比較!

iPhoneアプリ・Androidアプリで比較したい方はこちらのページをどうぞ。

関連記事

近年ではスマホアプリが進化を続けており、「FX取引はほとんどiPhoneでしか行わない!」という方も多くなってきています。スマホにFX取引アプリをインストールして[…]

iPhoneアプリでいつでも快適にFXトレード!iPhone × FX
関連記事

大手FX業者が提供するAndroid(アンドロイド)アプリを、さまざまな角度から徹底調査!現代において生活の一部となったスマートフォンですが、FX取引アプリさえイ[…]

Android × FX

FX業者のアプリレビュー記事はこちら!

各FX業者が提供をしているスマホアプリの機能・特徴・スペックは、以下ページでご覧ください。

YJFX!(ワイジェイFX)外貨exYJFX!(ワイジェイFX)FX CymoFXプライム byGMOPRIMEアプリS
外為オンライン外為オンラインみんなのFXみんなのFXGMOクリック証券GMOクリック FXneo
FXブロードネットFXブロードネット外為どっとコム外貨ネクストネオ

マネックス証券マネトレFX

DMM FXDMMFX外為ジャパン外為ジャパンLINE FXLINE FX
IG証券IG Trading楽天証券iSPEED FXインヴァスト証券トライオート
JFXMatrix TraderLIGHT FXLIGHT FXゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF)MT4
セントラル短資FXFXダイレクト+SBI FXトレードSBIFXトレードヒロセ通商LION FX 

FXのスマホアプリを機能で比較!

FXアプリでデモトレードをしたい方や、ひとつの機能に絞って各アプリの違いを比べたい方はこちらの記事をどうぞ。

関連記事

「FXってどんな投資なんだろう?」「とりあえずお試しで練習してみたい。」このように考えている方にとって最適なサービスが、デモトレードです。デモトレ[…]

デモトレードができるFXアプリをご紹介!【全14選】
関連記事

FXではエントリー(新規注文)とイグジット(決済注文)のタイミングが重要ですよね。いつ注文を発注するのか判断するにあたり、注目したいレートに設置しておくと便利なのが「[…]

「レートアラート」「pips変動通知」を搭載するFXアプリをご紹介!
関連記事

一部のFX業者は、顧客が発注している注文情報や保有しているポジション情報、その注文の割合を示す売買比率やポジション比率といったPC/スマホ向けのツールを提供しています。[…]

注文情報・売買比率・ポジション比率が見れるFXアプリなど全14種類をご紹介!
関連記事

スマートフォンで「ウィジェット」という機能を使っていますか?ウィジェットとは、スマートフォンアプリに搭載された「手軽に情報を取得できる機能」です。FXのウ[…]

【iPhone&Android】ウィジェット対応FXアプリをご紹介!株価アプリの使い方も解説!
関連記事

FXアプリでどれくらい高度な分析ができるのか、それは各社のチャート機能で大きく左右されてきます。PCと異なり、手のひらサイズのスマートフォンでは、チャートはどのく[…]

FXアプリをチャートで比較!
関連記事

FXトレーダーおなじみの一大イベントといえば、やはり経済指標を思い浮かべる方も多いでしょう。経済カレンダーが搭載されたFXアプリなら、出先でも経済指標発表の前に予[…]

経済指標をプッシュ通知できるFXアプリをご紹介!
関連記事

スマートフォン(iPhone/Android)で売買シグナルが利用できるFXアプリをご紹介します。売買シグナルアプリとは、アプリで買いどき・売りどきを示してくれる[…]

スマートフォンで使える、FX売買シグナルアプリ特集!

「基本スペック」と「スマホアプリの性能」の2点に注目!

ここで言う基本スペックというのはスプレッドの狭さ、1,000通貨対応といったFX業者の基本となる取引条件のことです。

根本となる部分ですので、まずは自分の条件に当てはまっているか確認しましょう。

スマートフォン対応業者の『スプレッド(米ドル円)』

もっとも取引される通貨ペアといえば、米ドル/円の右に出る通貨ペアはないでしょう。

各FX業者の米ドル/円スプレッドは取引業者選びの大きなポイントとなります。

*0.2銭原則固定(例外あり)の会社
  • YJFX!
  • 外為どっとコム
  • GMOクリック証券
  • DMM FX
  • マネックス証券
  • 外為ジャパン
  • FXブロードネット
  • みんなのFX
  • LINE FX
  • 楽天証券
  • IG証券
  • LIGHT FX
  • ヒロセ通商
  • JFX
*0.3銭原則固定(例外あり)のFX会社
  • *1 FXプライム byGMO
  • インヴァスト証券・トライオートFX
*0.4銭以上の会社
  • マネースクエア
  • 外為オンライン
  • 岡三オンライン証券

* スプレッド取得日:2021年6月1日
*1 1shot 50万ドル以下の場合
※参考:LINE FXのスプレッド一覧ページ

2020年にスプレッド競争が激化したことで、各社のスプレッドが急激に狭くなってきました。

もともとFXは低コストな投資ですが、数ある投資において取引コストでは優位性がとくに際立っています。

スマートフォン対応業者の『取引単位』

ほとんどの業者が1,000通貨(0.1lot)から取引ができます。

1円有利に変動したとき、1,000通貨(0.1lot)なら1,000円、10,000通貨(1lot)なら10,000円の利益になります。

ただし1,000通貨対応であっても、高金利通貨は非対応のケースが多いです。
このうち高金利通貨も1,000通貨に対応しているのは、外為どっとコム、みんなのFX、LIGHT FX、マネックス証券です。

取引単位が1通貨の会社
  • SBI FXトレード
取引単位が1,000通貨の会社
  • 外為オンライン
  • 外為どっとコム
  • YJFX!
  • FXプライム byGMO
  • マネックス証券
  • みんなのFX
  • LINE FX
  • 楽天証券
  • LIGHT FX
  • FXブロードネット
  • JFX
  • セントラル短資FX
  • ゴールデンウェイ・ジャパン
  • ヒロセ通商
取引単位が10,000通貨の会社
  • GMOクリック証券
  • DMM FX
  • IG証券

取引単位が少ないほど稼ぎになりにくく、1,000通貨はあくまでも超初心者向けといった位置付けです。
もちろん最初から1lotで取引する初心者の方もたくさんいます。

GMOクリック証券、DMM FXは取引単位が10,000通貨ですが、アプリの完成度がかなり高く高機能なので、その点も考慮して検討するのがいいでしょう。

FXアプリの性能はココに注目!

それでは取引に役立つ機能を比較してみましょう。各項目ごとに注目すべき機能をご紹介します。

FX会社名レート
更新頻度
プッシュ
通知
レート
アラート
値動き
予測機能
チャート
最大分割
テクニカル
指標
ライン
描画
みんなのFXみんなのFXリアル
タイム
経済指標
売買シグナル
1分割0.88種類4
FXプライム byGMOPRIMEアプリS1秒相場変動通知
経済指標
4分割1.818種類3
外為どっとコム外貨ネクストネオ1秒1分割1.616種類3
GMOクリック証券GMOクリック FXneoリアル
タイム
経済指標916分割1.212種類4
DMM FXDMMFX1秒経済指標4分割1.111種類4
YJFX!(ワイジェイFX)外貨exリアル
タイム
相場変動通知
経済指標
916分割1.515種類4
YJFX!(ワイジェイFX)FX Cymoリアル
タイム
相場変動通知
経済指標
1分割1.111種類4
LINE FXLINE FXリアル
タイム
相場変動通知
経済指標
4分割1.111種類3
マネックス証券マネトレFX1秒4分割1.515種類0
外為オンライン外為オンライン1秒相場変動通知4分割2.020種類4
FXブロードネットFXブロードネット1秒1分割1.414種類3
IG証券IG Tradingリアル
タイム
経済指標
1分割330種類3
楽天証券iSPEED FXリアル
タイム
812分割1.212種類4
外為ジャパン外為ジャパンリアル
タイム
4分割0.77種類0
JFXMatrix Traderリアル
タイム
相場変動通知
経済指標
4分割1.919種類4
インヴァスト証券トライオートリアル
タイム
1分割0.00
LIGHT FXLIGHT FXリアル
タイム
経済指標
売買シグナル
1分割0.88種類4
セントラル短資FXFXダイレクト+0.5秒経済指標4分割1.414種類4
FX会社名レート
更新頻度
プッシュ
通知
レート
アラート
値動き
予測機能
チャート
最大分割
テクニカル
指標
ライン
描画
FXブロードネット、外為ジャパンはiPhone版のスペックを記載。(それ以外の業者は、iPhone版/Android版のスペックは共通。)
チャート上で発注機能はすべてのアプリが対応しています。
ライン描画の◎はマグネット機能に対応。△は水平線、垂直線のみ対応。

レートの更新頻度

レートの更新頻度とは、表示レートがどれくらいの時間で更新されるか、表示スピードの早さのことです。通常、レート更新は1秒・3秒・5秒と選択することができたりします。

最近では、1秒もかからずにレート・チャートを「リアルタイム」で表示するアプリも台頭してきました。

チャートを閲覧しながらスピード注文が可能
スピード注文(縦)

レート更新が早いほどスマホの電池が消耗しやすいですが、スキャルピング・デイトレードにおいて、的確なタイミングで売買するには更新頻度が早いリアルタイム更新のアプリがおすすめです。

プッシュ通知

プッシュ通知とは、スマートフォン(iPhone/Android)に通知される機能のことです。

注文約定をプッシュ通知する業者は多いですが、これに機能性をもたせたアプリは多くはありません。

YJFX!、DMM FX、ヒロセ通商、JFXのアプリは、経済指標の「予想」「結果」を通知してくれますので、うっかり発表のタイミングを見逃すこともありません。

取引チャンスを逃さない、相場変動通知を搭載
YJFX!のプッシュ通知例
【激熱】など重要度を示す文字列が省略されずに通知されます。
ヒロセ通商のプッシュ通知例

ちなみにこのヒロセ通商のLION FXは、端末の音量をオンにしておくと「ガオ~」とライオンの鳴き声で知らせてくれるのですが、人前だと周りの人がびっくりするくらいリアルなので、くれぐれも音量にはご注意ください。

レートアラート

レートアラートとは、自分で指定したレートでアラート(通知)ができるサービスです。ターゲットメールとも呼ばれています。

こちらがDMMFXのレートアラート通知例です。
目を離していても、指定価格を知らせてくれるため、取引チャンスを逃しません。

スマホアプリ・DMMFXのレートアラート。指定価格になると画面にPush通知される。
プッシュ通知例

レートアラートは『この価格で注文しようかな』と考えるときに便利です。「手仕舞い」「損切り」の検討に使えますので、スマホでデイトレードかスイングトレードをするなら積極的に活用したい機能です。

値動き予測機能

値動き予測機能とは、未来の値動きをAIが予測する未来予想系チャートのことです。

PC版ではいくつかの業者でサービスが提供されていますが、FXの取引アプリ自体に搭載されているのはFXプライム byGMOのみです。
口座開設しなければ全機能の利用ができませんので、利用したい方はぜひ口座開設しておきましょう。

FXプライム byGMOのスマホアプリに搭載されたぱっと見テクニカル
FXプライム byGMOは値動き予測機能を搭載!

初心者の分析サポートツールともなるので、持っておいて損はないFXアプリのひとつです。

チャート上で発注

これは名称通り、チャートを見ながらそのまま直感的に発注ができる機能のことです。

GMOクリック注文のスピード注文はニュースを見ながら発注可能
スピード注文(横)

チャートと発注画面が別々だと、チャートを見れずに注文することになり、レートパネルの数字からしか価格の変化が判断できません。

チャート上での発注は、刻一刻と変化するマーケットに対応できることから、短期売買に向いています。

チャート最大分割

スマホはパソコンよりも画面が小さいので、原則1つの画面で1つのチャートが基本です。

4分割チャートを搭載している業者だと、このように4つのチャートを同時に閲覧ができます。
GMOクリック証券とYJFX!のアプリには、4分割チャートが4画面、つまり16画面のチャートが用意されています。

4つのタブに2〜4分割チャートの設定が可能!
最大4分割できる4画面チャート

使い方としては、「同一通貨ペアで異なる時間足を表示させて売買タイミングを判断する」「同一時間足で異通貨ペアを表示させて通貨の相関を判断する」といったやり方がおすすめです。

テクニカル指標

高度なチャート分析を戦略を考えていきたい方は、テクニカル指標の多い業者がおすすめです。

移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表といった主要なテクニカル指標はほとんどの業者で使えますので、ポピュラーなものしか使わないのであれば、さほど気にする必要はないでしょう。

テクニカル指標の搭載数は、MT4(ゴールデンウェイ・ジャパン)が30種類と豊富に取り揃えています。

MT4のスマートフォンアプリは30種類のテクニカル指標が利用可能!
スマホ版MT4はテクニカル指標が豊富

ライン描画

ライン描画はトレンドラインや水平線、フィボナッチを引ける機能のことで、レジスタンス・サポートの判断がしやすくなります。

GMOクリック FXneoはかんたんにフィボナッチを描画できる!
フィボナッチの描画もスムーズ!

高機能さでいえば、狙った位置に正確にライン描画ができフィボナッチも搭載する、GMOクリック証券のアプリがおすすめです。

アプリからの入金

「ロスカットに備えて入金額を増やしたい」「チャンスだからすぐ入金したい」こんなときにアプリ経由で入金ができると、出先のスマホトレードでとても重宝します。

ゴールデンウェイ・ジャパンはMT4なのでアプリ経由で入金できませんが、WEBブラウザからアクセスすればスマホからも入金ができます。

DMM FXのクイック入金は約340の金融機関に対応!
DMM FXのクイック入金は約340の金融機関に対応!

情報力も重要!

このほかアプリでは配信ニュースやマーケットレポートといった「情報力」も重要なポイントとなってきます。

各社では、どのくらいマーケット情報を取り扱うのか大きく差がありますが、フレッシュで豊富なマーケット情報というのは、為替相場を見極めていく上で大きなアドバンテージとなります。

情報力で外せないFX業者といえば外為どっとコムで、配信ニュースだけではなく、各種レポートを始めとした情報が多いので、学びやすい環境が整っています。

外為どっとコム|スマートフォン版マネ育ch
スマートフォン版マネ育ch

スマホでFX取引のまとめ

ここまでご紹介した機能面をベースに検討すれば、きっとあなたに最適な取引アプリが見つかるはずです。

高機能アプリとしては、YJFX!、FXプライム byGMOのアプリはかなり完成度が高いです。
次いで、*FX取引高国内1位・2位を争うGMOクリック証券とDMM FXの2社も、よく考えられた使い勝手の良さには定評があります。
マーケット情報に関しては、外為どっとコムが豊富に取り揃えています。

各社それぞれ特徴があり、完璧なFXアプリは存在しませんので、複数者のアプリを併用してそれぞれの強みを生かす使い方もおすすめです。

* ファイナンス・マグネイト社調べ 2012年1月~2019年12月

スマホアプリのよくあるご質問

スマホアプリの気になるコトをまとめました。

初心者にはどのスマホアプリがおすすめですか?

スマホアプリの機能だけではなく、スプレッドやスワップポイント、1,000通貨対応も総合的に考慮すると、みんなのFXYJFX!のアプリがおすすめです。

スマホアプリでデモトレードはできますか?

GMOクリック証券のアプリなら、本番取引用のアプリでデモトレードを行うことも可能です。

YJFX!DMM FX外為オンライン外為どっとコムなどの業者は、デモトレード専用で扱いやすいアプリを提供しています。

全ての業者ではありませんが、大半の業者はスマホアプリでデモトレードもできる環境を提供しています。

詳しくは、FX業者の公式デモトレードアプリ全12種類を比較!選び方のコツもご紹介の記事もご覧ください。

高機能なスマホアプリはありますか?

YJFX!のスマホアプリはスキャルピングしやすい発注画面となっており、チャート上のラインを動かして直感的に発注できる快適な操作性が魅力です。

GMOクリック証券DMM FXも人気の業者だけあって、機能・操作性ともに先進的なスマホアプリで好評を得ています。

みんなのFXのスマホアプリには、通貨自体の強弱を示す通貨強弱チャート、他ユーザーの売買動向が分かる売買比率、AIによる売買シグナル配信と他社にはない独自機能が豊富に搭載されています。

色々な条件でアラートできるアプリはありますか?

FX取引に重要な経済指標を通知してくれる機能は、ほとんどのスマホアプリに搭載されています。

注文したいレートに達したことを知らせるレートアラートも、ほぼ搭載されています。

FXプライム byGMOのPRIMEアプリSのように、一定の時間内で一定の変動幅があれば通知してくれるスマホアプリもあります。

詳しくは、レートアラート/変動通知に対応する全14種類のFXアプリをご紹介!の記事もご覧ください。

FXのアプリだけで稼ぐことは可能ですか?

個人の裁量によって差は出てきますが、もちろん可能です。

スマホアプリはPC取引ツールに比べると画面が小さいので、正直チャート機能は劣ります。
ですからスマホアプリでテクニカル分析が極めて重要となるスキャルピングやデイトレードをするなら、チャートが高機能なタイプを選ぶのがおすすめです。

とくにYJFX!GMOクリック証券のスマホアプリには4分割できる4画面チャートが搭載され、最大16画面のチャートを自由に設定できるため、分析力重視の方に向いています。

詳しくは、FXアプリをチャートで徹底比較!【テクニカル指標・ライン描画・分割チャート】の記事もご覧ください。