みんなのFXのiPhone/Androidアプリの機能を詳しくご紹介!

スプレッドの狭さ、スワップポイントの高さにおいて競争力のあるFX会社といえば、みんなのFXを思い浮かべる方も多いでしょう。

みんなのFXのスマートフォンアプリは、必要な機能がシンプルにまとまっているので、直感的な操作で扱いやすいのが魅力です。

注目の機能として、通貨自体の強弱が見れる強弱チャートやヒートマップを搭載し、顧客のポジション情報や売買比率を閲覧でき、売買シグナル配信にも対応しているので、より戦略的な売買を行うことができます。

それでは、みんなのFXのスマートフォンアプリ「FXトレーダーアプリ版」の特徴や機能をご紹介します。

レート一覧

まずはレート一覧画面から見ていきましょう。

レート一覧では、全31通貨ペアを確認することができます。
見ての通りスプレッドが狭いので、みんなのFXは短期売買と相性のいい会社です。

レート一覧の大サイズ
レート表示①
レート一覧の小サイズ
レート表示②

画面右上の設定では、通貨ペアの並び順や表示・非表示のカスタマイズができます。

2種類のチャートを利用できる

みんなのFXでは、2つのチャートを使うことができます。

シンプルチャート

デフォルトチャートとなる「シンプルチャート」のテクニカル指標は、単純移動平均線(SMA)、指数平滑移動平均線(EMA)、一目均衡表、ボリンジャーバンド、DMI、KDJ、RSI、MACDの8種類が用意されています。

FXトレーダーアプリ版のシンプルチャート
シンプルチャート
フィボナッチなどトレンドライン描画にはマグネット機能を搭載!
マグネット機能を搭載する描画ツール
チャートを見ながら発注できる「チャート注文」を搭載
チャート注文

KDJはあまり聞いたことがないテクニカル指標かもしれませんが、ストキャスティクスのことです。

トレンドライン描画には「マグネット機能」が搭載されているので、狙った位置に一寸も狂わずに描くことができます。

またチャートを見ながらスピード注文もできますので、分析しながらスピーディーな発注も可能です。

TradingView

まだ大人気のチャート「TradingView」を使うことも可能です。

みんなのFXのアプリにTradingViewが搭載
TradingViewチャート
インジケーター(※85種類)
  • ADX (平均方向性指数)
  • Alligator (ウィリアムズ・アリゲーター)
  • ALMA (アルノールグー移動平均)
  • AMA (適応移動平均)
  • AO (オーサム・オシレーター)
  • Aroon (アルーン)
  • ASI(累積スイングインデックス)
  • ATR (アベレージ・トゥルー・レンジ)
  • Average Price (平均価格)
  • BB (ボリンジャーバンド)
  • BB%B (ボリンジャーバンド%B)
  • BBW (ボリンジャーバンド幅)
  • BOP (バランス・オブ・パワー)
  • CCI (商品チャネル指数)
  • Chande Kroll Stop (シャンデ・クロール・ストップ)
  • ChandeMO (シャンデ・モメンタム・オシレーター)
  • CHOP (チョピネス・インデックス)
  • Chop Zone (チョップゾーン)
  • CHV (チャイキン・ボラティリティ)
  • Coppock Curve (コポックカーブ)
  • CRSI (コナーズRSI)
  • DC (ドンチャンチャネル (HLバンド))
  • DEMA (二重指数移動平均)
  • DMI (方向性指数)
  • DPO (トレンド除去プライスオシレーター)
  • DSMA (2重移動平均)
  • EMA (指数移動平均)
  • EMA Cross (指数移動平均の交差)
  • Envelopes (エンベロープ)
  • Fisher Transform (フィッシャー・トランスフォーム)
  • Fractal (ウィリアムズ・フラクタル)
  • Hamming MA (ハミング移動平均)
  • HMA (ハル移動平均)
  • HV (ヒストリカル・ボラティリティ)
  • Ichimoku Cloud (一目均衡表®)
  • KC (ケルトナーチャネル)
  • KST (ノウ・シュア・シング)
  • LRM (線形回帰スロープ)
  • LSMA (最小二乗移動平均)
  • MA Cross (移動平均線の交差)
  • MACD
  • Majority Rule (多数決)
  • Mass Index (マス・インデックス)
  • McGinley Dynamic (マッギンリー・ダイナミック)
  • Median Price (中央価格)
  • MOM (モメンタム)
  • Moving Average Multiple (複合移動平均)
  • Parabolic SAR (パラボリック・ストップ&リバース)
  • Pivot (ピボットポイント・スタンダード)
  • PPO (プライスオシレーター)
  • Ratio
  • ROC (レート・オブ・チェンジ)
  • RSI (相対力指数)
  • RVGI (相対活力指数)
  • RVI (相対ボラテリティ指数)
  • SMA (単純移動平均)
  • SMIエルゴディックインジケーター/オシレーター
  • SMMA (平滑移動平均)
  • Spread
  • Standard Deviation (標準偏差)
  • Standard Error (標準誤差)
  • Standard Error Bands (標準誤差バンド)
  • STOCH (ストキャスティクス)
  • STOCH RSI (ストキャスティクスRSI)
  • SuperTrend
  • TEMA (3重指数移動平均)
  • TRIX (トリックス)
  • TSI (トゥルー・ストレングス・インデックス)
  • TSI (トレンド・ストレングス・インデックス)
  • TSMA (3重移動平均)
  • Typical Price (標準価格)
  • UO (アルティメット・オシレーター)
  • VI (ボルテックス・インジケーター)
  • VIX (ボラティリティ・インデックス)
  • Volatility Close-to-Close (ボラティリティ・クローズ・トゥ・クローズ)
  • Volatility O-H-L-C (ボラティリティOHLC)
  • WMA (加重移動平均)
  • WPR (ウィリアムズ%R)
  • Zig Zag (ジグザグ)
  • グッピー複合型移動平均 (GMMA)
  • プライス・チャネル
  • 上昇/下降
  • 移動平均チャネル
  • 移動平均線とEMA(指数平滑移動平均線)の交差
  • 線形回帰曲線
描画ツール(※82種類)
  • トレンドライン
  • 矢印
  • レイ
  • インフォライン
  • 延長線
  • トレンド角度
  • 水平線
  • 水平レイ
  • 垂直線
  • 十字線
  • 平行チャネル
  • フラットトップ/ボトム
  • 非平行チャネル
  • フィボナッチ・リトレースメント
  • フィボナッチ・エクステンション
  • ピッチフォーク
  • シフ・ピッチフォーク
  • 変形シフ・ピッチフォーク
  • インサイド・ピッチフォーク
  • フィボナッチ・チャネル
  • フィボナッチ・タイムゾーン
  • ギャン・ボックス
  • 固定ギャン・スクエア
  • ギャン・スクエア
  • ギャン・ファン
  • フィボナッチ・ファン
  • フィボナッチ・タイムエクステンション
  • フィボナッチ・サークル
  • ピッチファン
  • フィボナッチ・スパイラル
  • フィボナッチ・アーク
  • フィボナッチ・ウェッジ
  • ブラシ
  • マーカー
  • 長方形
  • 楕円
  • パス
  • 曲線
  • 折れ線
  • 三角形
  • 回転長方形
  • 円弧
  • 二重曲線
  • テキスト
  • 固定テキスト
  • ノート
  • 固定ノート
  • 道しるべ
  • 吹き出し
  • バルーン
  • 価格ラベル
  • 価格ノート
  • 矢印マーカー
  • 左矢印
  • 右矢印
  • 上矢印
  • 下矢印
  • 旗マーク
  • XABCDパターン
  • サイファーパターン
  • ABCDパターン
  • トライアングルパターン
  • スリードライブパターン
  • ヘッドアンドショルダー
  • エリオット推進波 (12345)
  • エリオット波動トライアングル (ABCDE)
  • エリオット波動トリプルコンボ (WXYXZ)
  • エリオット修正波 (ABC)
  • エリオット波動ダブルコンボ (WXY)
  • サイクルライン
  • 時間サイクル
  • 正弦波
  • ロングポジション
  • ショートポジション
  • 予測
  • 日付範囲
  • 価格範囲
  • 日付と価格範囲
  • バーのパターン
  • ゴーストフィード
  • プロジェクション
  • アイコン

※2022年12月26日時点

スマホアプリのTradingViewチャートでは、インジケーター(テクニカル指標)、描画ツールともに80種類以上が用意されており、自由自在に分析を行うことが可能です。

スピード注文を搭載!

画面下部のメニューから、スピード注文を発注することができます。

1タップで発注できるスピード注文を搭載
スピード注文
スピード注文設定でFIFO注文や決済同時発注の設定ができる
スピード注文設定

スピード注文では注文画面を表示させずに発注できるため、スキャルピングやデイトレードなど、早い決断が求められるトレードとの相性が抜群です。

決済同時発注をONにすれば、決済指値(利食い)、決済逆指値(損切り)も新規注文と同時に自動が可能です。

マーケットニュースはFXi24を配信

マーケットニュースでは独自情報で人気のFXi24が配信されています。

マーケットニュースはFXi24で、みんなのFX限定高金利通貨ニュースも配信
マーケットニュース(一覧)
マーケットニュースの詳細画面
マーケットニュース(詳細)

どの価格帯に大きな注文が入っているかを確認できる「メガオーダー」もFXi24で配信されているため、注目すべき価格帯もマーケットニュースで知ることができます。

経済指標は前日・当日・翌日の情報を見れる

経済指標は当日のほか、前日と翌5日分のデータも閲覧できます。

経済指標は前日・当日〜5日先までの情報を見れる
経済指標
経済指標、TMサイン、レート通知などプッシュ通知機能が豊富
プッシュ通知設定

経済指標はプッシュ通知に対応しており、重要度の高い経済指標だけ通知させる、といった使い方もできます。

投資支援ツール「通貨強弱&ヒートマップ」

みんなのFXの取引ツールには、通貨強弱とヒートマップが搭載されています。

通貨強弱では、通貨そのものの強弱をチャートで閲覧できます。

これにより、その時もっとも強い通貨、もっとも弱い通貨の組み合わせが分かり、旬の通貨ペアを一瞬で見つけることが可能です。

チャート期間も任意で選べるので、短期〜長期での分析まで幅広く対応します。

みんなのFX(スマホアプリ)に搭載された通貨強弱チャート
通貨強弱(チャート)
チャート期間は本日、前営業日、1週間、1ヶ月、1年、10年から選択できる
通貨強弱チャートの期間
通貨強弱の通貨ペアランキング(強い順)
通貨強弱(通貨ペアランキング)

通貨強弱の「通貨ペアランキング」では強い通貨ペア、弱い通貨ペアをランキングでチェックすることも可能です。

みんなのFX(スマホアプリ)に搭載されたヒートマップのマップ
ヒートマップ(マップ)
通貨コードのタップで通貨毎のセンチメンタルスコアを見れる
通貨ごとの推移
ヒートマップの通貨ペアランキング(強い順)
ヒートマップ(通貨ペアランキング)

ヒートマップの「マップ」では、強い買い傾向はピンク、買い傾向は赤色、強い売り傾向は水色、売り傾向は青色、中立はグレーで示されます。
これを使えば、どの通貨が強いのか、弱いかを一目で視覚的に判断することができます。

さらに画面下部にあるスライダーを動かすことで、通貨全体の強弱の推移を見られます。

通貨名をタップすれば、強弱の推移は通貨ペアごとにチェックすることができます。

「通貨ペアランキング」では強弱(上昇傾向、下落傾向)がランキングで可視化されるため、ロング/ショートどちらでどの通貨ペアが狙い目であるか、瞬時に判断できます。

「ヒートマップ」は、リフィニティブ・ジャパン株式会社(旧トムソン・ロイター社)が提供している市場心理指数(TRMI)を元に可視化されたツールで、会員限定で利用できます。

ぜひ取引の判断材料に役立ててみてください。

関連記事

FXトレードでは、そのときの旬な「最強通貨」と「最弱通貨」を考えることが重要になってきます。これはデイトレからスイングトレードまでどんな取引期間においても共通です[…]

みんなのFXで使える投資支援ツール 通貨強弱&ヒートマップ徹底解説!

売買比率&価格分布で他トレーダーの動向がわかる!

もうひとつの注目機能が、ポジションブック(価格分布、売買比率)です。

みんなのFX 価格分布の見方
価格分布の見方

価格分布では、顧客がポジション保有した価格帯を閲覧できます。
こちらのデータを見ることで、どの価格帯でポジション(売り、買い)を保有した人が多いか把握することができ、売買戦略に役立てることができます。

保有ポジション情報を示す価格分布
価格分布
保有ポジションの割合を示す
売買比率

売買比率では、顧客のポジション比率を通貨ペアごとに閲覧できます。

売買比率には人数とポジションがあります。

  • 人数比率:その通貨ペアを保有する人数の割合
  • ポジション比率:その通貨ペアのポジション量の割合

また、みんなのFXのポジションブックは、更新は1分ごとで業界最短です。
つまりリアルタイムな顧客のポジション動向を知れることが、他社にはない、みんなのFXならではの特徴となっています。

AIによる売買シグナル配信の「TMサイン」

さらに、みんなのFXで今もっとも注目の機能が、TMサイン(テキストマイニング・サイン)です。

これは、AI(人工知能)がマーケットニュースや米ドル/円の為替レートを自動で解析して、売買シグナルを配信する機能です。

みんなのFXのiPhoneアプリでTMサインを表示
TMサインの表示例
経済指標、TMサイン、レート通知などプッシュ通知機能が豊富
プッシュ通知設定
TMサインのプッシュ通知例
TMサインのプッシュ通知例

TMサインでは売/買の方向と、その確率に注目して使ってみてください。

「メニュー」→「設定」→「プッシュ通知設定」と進むと、TMサインのプッシュ通知をすることができます。
※デフォルトではOFFになっています。

出先でも取引チャンスを逃したくない方は、TMサインをプッシュ通知しておくと便利です。

関連記事

売買判断を下すとき、その方向は合っているか不安な気持ちになった経験はありませんか?そんなときにサポートしてくれるのが、売買シグナル機能を搭載した取引ツールです。[…]

みんなのFX|TMサイン|テキストマイニング(AI)による最新の売買シグナル配信サービスを解説!

多彩なプッシュ通知機能を搭載

スマートフォンアプリ「FXトレーダー」には豊富なプッシュ通知機能が搭載されています。

先に挙げた経済指標、TMサインのほか、※1約定通知、※2アラート通知、※3ロスカット通知が搭載されています。

さらに、指定した価格に達したことを知らせてくれる「レート通知(レートアラート)」、指定した時間内に一定の変動があったことを知らせる「変動幅通知」も搭載されています。

レート通知は現在レートを見ながら10件設定できる
レート通知
みんなのFXでは変動幅通知を細かく設定できる
変動幅通知
変動幅通知のプッシュ通知例
プッシュ通知例

このように取引チャンスを知らせてくれるプッシュ通知機能が揃っていることも、みんなのFXのスマホアプリの魅力です。

※1 注文が約定したことを通知
※2 120%を下回った時点で、ロスカットが近いことを知らせるロスカットアラート通知
※3 証拠金維持率が100%以下となれば、ロスカットが執行されたことを通知

みんなのFXのアプリの短所は?

他社にはない優れた機能が搭載されている反面、物足りなさを感じるかも知れない点も知っておきましょう。

デメリット
  • スワップポイントはアプリ内で確認できるが、やや確認しにくい。

もともとレートアラート機能が非搭載であるデメリットがありましたが、現在ではレート通知と変動幅通知が搭載されたことで、ほぼ弱点はなくなったといえます。

また高スワップが魅力のみんなのFXですが、レートパネルなどの画面でスワップポイントを確認することができません。

「メニュー」→「スワップカレンダー」と進めば、みんなのFXのホームページ内でスワップカレンダーを確認できますが、もう少し直感的にできたほうが使い勝手がいいので、この点はバージョンアップに期待したいところです。

多少の短所はあれど、みんなのFXはスプレッド、スワップポイントともに好条件なので、デイトレードからスワップ狙いのトレードまで十分に活躍してくれるでしょう。

 

こちらのページで解説した機能は、PC版取引ツールにも搭載されています。
詳しくは以下記事も合わせてどうぞ。

関連記事

みんなのFXが提供する高機能版取引ツール、FXトレーダーには取引を有利に進めるための機能がふんだんに盛り込まれています。他社とは一線を画す機能の数々は、トレード中[…]

みんなのFX「FXトレーダー」徹底解説!

 

みんなのFXのスプレッド、スワップポイント、取引ツール、特徴などの基本スペックは下記ページをご覧ください。

関連記事

みんなのFX 全31通貨ペアにおいて業界最狭水準スプレッドを提供! 高金利通貨を含め、全通貨ペアのスワップポイントが高い! ヒートマ[…]

みんなのFX|スプレッド業界最狭水準

関連リンク:みんなのFX|操作マニュアル FXトレーダーアプリ版

iPhone/Android版「みんなのFX」のスペック一覧

注文種類成行注文、ストリーミング注文、スピード注文、指値注文、逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFO注文、時間成行注文、一括決済注文、両建て注文、決済指値幅、決済逆指値幅
チャートタイプローソク足、ラインチャート、バーチャート
足種1分、5分、10分、15分、30分、1時間、2時間、4時間、日、週、月
レート更新時間リアルタイム
テクニカル指標
[トレンド系](シンプルチャート)
テクニカル指標
[オシレーター系](シンプルチャート)
チャートから発注
スワップポイントの表示✕(アプリ内ブラウザで確認可能)
マーケット情報FXi24
トレンドライン描画
(シンプルチャート)

トレンドライン、平行線(チャネルライン)、水平線、垂直線、フィボナッチ・リトレースメント
アプリからの入出金
指定レート通知アラート
自動ログイン機能

※テクニカル指標、描画ツールなどチャートスペックはデフォルトチャートの情報を記載。TradingViewではテクニカル指標、描画ツールともに80種類以上の利用可能。

みんなのFX

みんなのFX|スプレッド業界最狭水準

みんなのFXは、スワップポイント狙いでおすすめの業者です。

メジャー通貨からトルコリラ/円などの高金利通貨まで、全通貨ペアにおいて「業界最高水準」「一本値」「ほぼ固定スワップ」を提供しています。
これにより長期にかけて、安定的にスワップポイントを受け取ることができます。

スプレッドは業界最狭水準であり、約定率も高いので、デイトレードなど短期売買から中期売買にも向いています。全通貨ペアが1,000通貨単位から取引できますので、どんな通貨ペアも少額からスタートが可能です。

取引ツールには売買比率・価格分布(オープンオーダー)を搭載!どちらの方向でエントリーすればいいのか参考にするのもいいでしょう。
口座開設すれば、FX/シストレ/バイナリーオプション3つの取引ができるのも魅力。オンラインセミナー「みんなの金トレ」でFXを1から学べる環境が整っているのもポイントです。

こちらから無料でみんなのFXの口座開設ができます!