FX約30社を徹底比較!
初心者におすすめな口座をご紹介!

FXの知りたいコトはスピーディーに解決。為替入門なら情報量日本一を目指すFXクイックナビで!

FX初心者におすすめの業者

\ 初心者におすすめの業者を厳選! /
はじめてのFXは、みんなが使っている人気の業者を選ぶのがおすすめです!
外為どっとコム
外為どっとコム|みんかぶFX総合部門No.1
  • 低スプレッドで約定スピードが早いので、短期売買と相性抜群!
  • 少額から取引OK、露ルーブル/円以外が1,000通貨対応
  • マイナー通貨ペアが豊富で高スワップなので、金利狙いのトレードにも向く!
  • 人気のバイナリーオプションも取引できる。
  • 業界トップクラスの豊富なマーケット情報
低スプレッド 高スワップ 高機能アプリ 高機能チャート 豊富な情報量 スキャル公式OK リピート系 シストレ
* 米ドル/円
米ドル/円
通貨単位初回入金額通貨ペアデモ口座
0.2銭1,000
通貨単位
指定なし30
通貨ペア

* 原則固定(例外あり)。スプレッド取得・記載日:2021年6月1日

外為どっとコムの口座開設キャンペーン情報

新規口座開設し、スマホアプリログインで1,000円、10万円以上の入金で1,000円、20万通貨以上の取引で1,000円をキャッシュバック!(かんたん条件で合計3,000円!)
最大103,000円をキャッシュバック!

※口座開設キャッシュバックキャンペーンの適用期間は口座開設月から翌々月末まで(2021年2月1日(月)午前7時00分より開始)

こちらから無料で外為どっとコムの口座開設ができます!

YJFX!「外貨ex」
新規口座開設+お取引で最大27,000円キャッシュバック|ヤフーグループのFX YJFX!
  • 安心感が抜群、YJFX!はヤフーグループのFX業者
  • 低スプレッド・高スワップポイントで納得のスペック!
  • 1,000通貨に対応するため、少額から取引が可能
  • 新スマホアプリ「外貨ex」は、高機能で直感的な操作性を誇る。
  • 取引でPayPayか現金がもらえるから、取引するほどお得!
低スプレッド 高スワップ 高機能アプリ 高機能チャート 豊富な情報量 スキャル公式OK リピート系 シストレ
* 米ドル/円
米ドル/円
通貨単位初回入金額通貨ペアデモ口座
0.2銭1,000
通貨単位
指定なし24
通貨ペア

* 原則固定(例外あり)。スプレッド取得・記載日:2021年6月1日

YJFX!の口座開設キャンペーン情報

2020年12月1日(火)〜 終了日未定のキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大27,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でYJFX!「外貨ex」の口座開設ができます!

GMOクリック証券
GMOクリック証券|FX取引高世界第1位
  • 低スプレッド&高スワップポイントで、短期〜長期売買まで対応!
  • 操作性が抜群のスマートフォンアプリを利用できる。
  • CFDの分析もできる、高性能なプラチナチャートを提供
  • 気軽なお試しにうれしい、デモトレード対応
  • 超高速「スピード注文」で取引チャンスを逃がさない。
低スプレッド 高スワップ 高機能アプリ 高機能チャート 豊富な情報量 スキャル公式OK リピート系 シストレ
* 米ドル/円
米ドル/円
通貨単位初回入金額通貨ペアデモ口座
0.2銭10,000
通貨単位
指定なし20
通貨ペア

* 原則固定(例外あり)。スプレッド取得・記載日:2021年6月1日

GMOクリック証券「FXネオ」の口座開設 特典情報
特典期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大30,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でGMOクリック証券の口座開設ができます!

外為オンライン
はじめようFX 今なら口座開設+お取引でキャッシュバック¥5,000 外為オンライン
  • リピート系注文業界の雄といえば、大人気の外為オンライン!
  • シンプルで使いやすい、初心者も使いやすい取引システムを採用。
  • 「iサイクル2取引」なら、かんたん・自動・お任せで利益を狙える。
  • 1,000通貨単位対応により、少額から始めることができる。
  • 顧客のポジションが丸わかりのツール、ディールスコープを提供
低スプレッド 高スワップ 高機能アプリ 高機能チャート 豊富な情報量 スキャル公式OK リピート系 シストレ
* 米ドル/円
米ドル/円
通貨単位初回入金額通貨ペアデモ口座
1.0銭1,000
通貨単位
指定なし26
通貨ペア

* 原則固定(例外あり)。スプレッド取得・記載日:2021年6月1日

外為オンラインの口座開設キャンペーン情報

キャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大150,000円をキャッシュバック!

こちらから無料で外為オンラインの口座開設ができます!

FXプライム byGMO「選べる外貨」
新規口座開設で最大50.5万円キャッシュバック!|FXプライム byGMO
  • 雇用統計も安心!強靭なサーバーで、高い約定率を誇る!
  • 未来のレートを自動予測する「ぱっと見テクニカル」が大人気!
  • 秀逸のプライムチャートは売買シグナルの表示に対応。
  • スキャルピング公式OKで、1,000通貨対応なので少額取引も可能。
  • 配信数は業界最多水準を誇る、20種類以上の為替情報
低スプレッド 高スワップ 高機能アプリ 高機能チャート 豊富な情報量 スキャル公式OK リピート系 シストレ
* 米ドル/円
米ドル/円
通貨単位初回入金額通貨ペアデモ口座
0.3銭*11,000
通貨単位
指定なし20
通貨ペア

* 原則固定(例外あり)。スプレッド取得・記載日:2021年6月1日
*1 1回の注文が50万Lot以下の場合。

FXプライム byGMOの口座開設キャンペーン情報

22021年6月1日(火)~2021年7月31日(土)取引終了時までに新規口座開設+取引条件達成で、最大505,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でFXプライム byGMO「選べる外貨」の口座開設ができます!

FX初心者の第一歩は、最適な「トレードスタイル」選び

FXのトレードスタイルを大きく分けると、取引期間によって4つの手法があります。

初期資金別!かんたんFXトレードスタイル選び!

最初のポイントとなるのが「資金量」「取引の期間」「取引のリスク」「売買手法」です。

FXをスタートする前に、おおよその初期資金や取引期間、許容できるリスクを決めておくと、ギャンブルではなく資産運用としてFXに取り組んでいくことができます。

証拠金取引には「レバレッジ取引」の意味があり、FXではレバレッジが高いほど資金効率が良いメリットがありますが、変動リスクも考慮する必要があります。

初期資金とリスク・リターンに合わせた目標を立てる

まずは「資金量」「取引の期間」「取引のリスク」について説明します。

投資のリスクとリターンは基本的に比例します。つまり少資金で大きな金額を狙うほど、ハイリスク・ハイリターンとなりがちです。

= おすすめ度
急に大きく増やしたい
ハイリスク・
ハイリターン
それなりに増やしたい
ミドルリスク・
ミドルリターン
のんびりと増やしたい
ローリスク・
ローリターン
少資金
目安:〜10万円
★★☆☆☆★★★☆☆★★★★★
中資金
目安:〜30万円
★★★☆☆★★★★☆★★★★★
大資金
目安:50万円〜
★★★☆☆★★★★★★★★★★

これからFXを始めたい初心者の方は、余剰資金でありつつ余裕をもった金額で始めると、長期的に利益を生みやすくなります。

少額・高レバレッジで取引すると資金効率は高いですが、わずかな変動で強制ロスカットとなるリスクも高くなります。
そのため、最初に入金する金額に余裕を持たせるとロスカットされにくくなるメリットがあるのです。

まずは短期的に大きく稼ごうと考えず、コツコツと確実な利益を積み重ねることを意識していきましょう。

なお、1,000通貨対応のFX業者なら少額から始めることができます。

大別すると「裁量取引」と「自動売買」がある

続いて 「売買手法」について説明します。

FXの売買手法を大きく分けると「裁量(さいりょう)取引」「自動売買」があります。

裁量取引とは?

人アイコン

自分で売買タイミングを判断する取引

自動売買とは?

ループアイコン

プログラムが自動で売買を行なう取引

裁量取引がFXのキホン

ほとんどのビギナーが最初に始めるのが裁量取引で、俗にいうFX取引がこれにあたります。

チャート分析、情報収集、自身の相場観をもとに、「買いで新規注文」「売りで決済注文」といった売買タイミングを自分で判断していきます。

FXは自分で売買判断をする取引

裁量取引には、取引期間ごとに4つのトレードスタイルがあります。

  • 決済までの取引を数秒から数分で完了させる「超短期取引」
  • 少額から始められるが、瞬発的な判断力が必要
資金の目安:取引回数:
テクニカル分析の重要度:ファンダメンタルズの重要度:
  • 売買を寝る前までに終わらせる、1日完結型の「短期取引」
  • 翌日にポジションを持ち越さないので、睡眠中の価格変動リスクがないのがメリット
資金の目安:小〜中取引回数:
テクニカル分析の重要度:ファンダメンタルズの重要度:
  • 数日〜数週間ポジションを保有する「中期取引」
  • 価格変動に耐えられる証拠金が必要だが、中長期的なトレンドの乗れば大きな利益を狙える
資金の目安:取引回数:
テクニカル分析の重要度:ファンダメンタルズの重要度:
  • 数週間〜数ヶ月、長いと1年単位でポジションを保有する「長期取引」
  • 長期目線になるほど証拠金が必要で、1回の取引で大きな利益を狙える
  • スワップトレードという金利目的のトレードスタイルも、ポジショントレードの一種といえる
資金の目安:取引回数:
テクニカル分析の重要度:ファンダメンタルズの重要度:

自動売買の要は「プログラムや注文方法選び」

自動売買はシステムトレード(略してシストレ)とも呼ばれ、「このタイミングで買ってこのタイミングで売る」ことをプログラムが自動で行なうものです。
最初に選ぶプログラムによってどのようなトレードをするかが決まるため、相場に合わせたプログラム選びが着目ポイントとなります。

シストレは大きく分けると「売買戦略系」と「リピート系」のシステムがあり、現在はリピート系注文が主流となっています。

売買戦略系のシストレ
  • 開発者が作ったプログラム(売買戦略)を動かして自動売買するタイプ
  • 主に各社で提供するMT4や、みんなのシストレのコピートレードなど
資金の目安:テクニカル分析の重要度:ファンダメンタルズの重要度:
リピート系のシストレ
資金の目安:中〜大テクニカル分析の重要度:ファンダメンタルズの重要度:

裁量取引、シストレどちらを選ぶ?

裁量取引とシストレのどちらで始めるかは、それぞれのメリット・デメリットを理解して、特性を知る必要があります。

裁量FXと自動売買

裁量取引のメリット
  • 自分の考えで判断して取引できる
  • テクニカル分析の知識・技術が身につく
  • 追求する利幅、決済タイミングが自由自在
裁量取引のデメリット
  • 相場に張り付くと拘束される時間が長くなる
  • 感情・心理に左右されて思い通りのトレードが難しい
  • 常に相場に張り付くことが難しい
シストレのメリット
  • 相場の拘束時間が短いので、時間がない方にも向く
  • 人間の感情的な弱さをカバーでき、精神的な負担が少ない
  • プロが作った売買プログラムを利用できる
シストレのデメリット
  • 知らないうちに損失拡大もあるので、パフォーマンスのチェックが必要
  • 優良の売買プログラムは高価なことも
  • パソコンが不慣れな方には、正直MT4は取り扱いにくい

FXの仕組みを理解していないと、いきなりシストレはハードルがやや高いです。初心者の方は、基本的な知識を身に付けやすくFXのスタンダードである、裁量トレードから始めましょう!

基本的な仕組みを理解すれば、今後シストレを始めるときの売買戦略選び・リピート系の設定にも役立ちます!

それでは口座開設のポイントもみていきましょう。

FX口座開設の重要なポイント!

1. 投資入門者は取引ツールの使いやすさが大切

これからFXを始めるにあたり、もっとも重視したいのが、取引ツールの使いやすさです。
注文方法など最低限覚えることもありますので、画面が見やすくて扱いやすいと、ストレスがかからず取引に集中できるからです。

取引ツールの使いやすさでおすすめなのは、外為オンラインです。

外為オンラインのPC取引ツールとスマホアプリ
外為オンラインの取引ツールは使いやすさが魅力!

自動で利益を追求できるリピート系注文機能を備えていて、普段忙しい方からも好評を得ています。

2. 短期売買をするなら低スプレッド業者

売買のときにかかる「スプレッド」は、FXでは実質の取引コストです。

BidとAskの差額がスプレッド
 Bit(売値)
売り注文
スプレッド Ask(買値)
買い注文
110.5200.2110.522

チャンスがあって1日に何度も取引したいなら、スプレッドが狭いFX会社を選ぶようにしてください。
低スプレッドのFX会社はみんなのFX外為どっとコムGMOクリック証券DMM FXです。

3. 気軽に挑戦するなら、少額からできる業者

FXはLot(ロット)という単位で取引をします。

通常FXは1万通貨(1Lot)ですが、1,000通貨対応なら「0.1lot」から取引が可能です。
1米ドル= 111円のとき、米ドル/円は約4,500円から注文ができることになります。

1,000通貨対応なら1/10の金額から始められる!

YJFX!など1,000通貨対応の会社なら、少額からお試し感覚で始められます!

4. 悩んだら、複数業者で口座開設!

FX業者は業者ごとに強みがありますからデイトレ用、スイング用、情報収集用、サブ口座用と使い分けるのがベストです。

まれにシステムトラブルで取引できなくなってしまうこともあり、そんな状況に備えるために最低でも2〜3口座は用意しておくのがおすめです。

複数業者のツールを比べてみよう!

どの業者がいいのか悩んだら、ピックアップした複数社で口座開設してみてはいかがでしょうか。
スプレッド、取引ツール、自動売買など、業者ごとによって特色が異なり、すべてのニーズを満たす完璧な業者は存在しません。

大切なのは、自分の手で実際に触ってみたときの使用感を大切にするということ。
まずはツールをいろいろ試してみてください。そうすると、自ずと自分に合ったメインにすべき業者が見えてきます。

5. 口座開設キャンペーンはハードルが高い

当サイトでも各社の口座開設キャンペーンについて取り上げていますが、「口座開設キャンペーンを意識する必要がない」というと矛盾していると思う方も少なくないでしょう。

実はFXの新規顧客向けのキャンペーンというのは、条件達成の敷居が以外と高いです。
デイトレードのように1日に何度も売買を繰り返すようなトレードを継続しないと、達成しにくいのが現状です。
ですから、キャンペーンの現金キャッシュバックは、あくまでも「棚ぼた」だと割り切って業者選びをしてみてください。

だだし現在、LINE FX、外為どっとコム、FXTFはかんたんに達成できるキャンペーンを開催しています。
まずはこの3社で取引して、取引資金を増やすのもいいですね!

– FX業者のスペック早見表 –

FX会社名米ドル/円
米ドル/円スプレッド
通貨単位通貨ペア数キャッシュ
バック
外為どっとコム0.2銭1,000
通貨単位
30
通貨ペア
最大
103,000円
0.2銭1,000
通貨単位
29
通貨ペア
最大
50,000円
0.2銭1,000
通貨単位
24
通貨ペア
最大
27,000円
0.3銭
*1
1,000
通貨単位
20
通貨ペア
最大
505,000円
0.2銭10,000
通貨単位
20
通貨ペア
最大
30,000円
0.2銭10,000
通貨単位
21
通貨ペア
200,000円
LINE FX0.2銭1,000
通貨単位
23
通貨ペア
最大
5,000円
0.2銭1,000
通貨単位
16
通貨ペア
-
1.0銭1,000
通貨単位
26
通貨ペア
最大
150,000円
0.2銭1,000
通貨単位
26
通貨ペア
最大
20,000円
IG証券0.2銭10,000
通貨単位
約100
通貨ペア
最大
50,000円
FX会社名米ドル/円
米ドル/円スプレッド
通貨単位通貨ペア数キャッシュ
バック
スプレッド取得・記載日:2021年6月1日
※掲載スプレッドは原則固定(例外あり)ですが、市場急変時や流動性が低下している状況では拡大する場合があります。
※参考:LINE FXのスプレッド一覧ページ
*1 1回の注文が50万通貨以下の場合。

FX初心者のよくあるご質問

FXの気になるコトをまとめました。

FXではどのくらい儲けることができますか?
取引量によって変わってきますが、スタンダードな1万通貨(1ロット)なら、予想した方向に1円分動いたら1万円が利益となります。

もし10万通貨の取引なら、1円分がプラス方向に変動したら10万円が利益となりますが、初心者には現実的ではありません。

ほとんどの業者では1,000通貨(0.1ロット)から取引できますが、1円の変動で1,000円が利益となります。
短期売買なら10銭(10pips)の変動で100円が利益となります。

取引量が多いほど収益に結び付けやすいのは事実ですが、まずは大きく稼ぐよりも、大きく損をしない売買技術を身に付けることを心がけてみてください。

最小いくらから取引できますか?
取引量に応じて異なりますが、大まかな目安は以下です。

1万通貨の場合、レバレッジを効かせないなら100〜110万円の資金が必要ですが、レバレッジを上限の25倍まで効かせるなら最小4〜5万円程度で取引できます。

1,000通貨の取引なら、必要資金から取引の損益まで「10分の1」で済みますので、最大レバレッジの25倍なら約4,000〜5,000円で取引ができます。

レバレッジを効かせるほど、損失方向に推移したとき強制ロスカットされやすく、これにより損失リスクが高くなります。
初心者が最大でも3倍〜10倍に抑えておくのがおすすめで、1万通貨なら約10〜30万円が必要になります。

元手の用意に悩んでいる方は、少額から取引できる1,000通貨がおすすめで、3万円の入金であっても損失リスクを抑えた取引が可能です。

なおFXでは最小4〜5円で取引することも可能で、SBIネオモバイル証券なら100円を入金すれば、デモ口座感覚で取引ができます。

FXで借金はしますか?
FXではロスカットのルールにより、元手以上の損失をする前に強制的に決済される仕組みがあるため、基本的には借金を抱えることはありません。

ときには例外もあり、急激な相場の変化によりロスカットによる決済時にスリッページが発生し、ごくまれに元手以上の損失となる可能性もあります。
しかし通常の売買ではこういった心配をする必要はなく、一定の損失になった時点で強制的にポジションは精算されます。

とはいえ過度な損失を防ぐためにも、新規注文時に逆指値注文(損切り)を入れておいたり、週末リスク(土日の変動要因で、月曜日早朝に大きくかい離してスタートすること)を避けるためにも、金曜日の営業時間中にポジションを決済しておく戦略も重要です。

国内FXと海外FXで悩んでますがどっちがいいですか?
海外FXにはゼロカットという、顧客が元手以上の損失をしない仕組みがあり、興味を持つ方も少なくないようです。

国内FXでは全額信託保全が義務化されているため、業者が倒産しても預け入れた資金は100%戻ってきますが、海外FXでは信託保全が義務ではないため、業者が倒産しても預け入れた資金が戻ってくる保証はありません。

このほか入出金トラブルがあっても日本の法律の適用外で解決できないケースが多く、金融庁は無認可業者で取引しないよう喚起しています。

参考リンク:無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について|金融庁当サイトでは、金融庁が認可していて安心して取引が可能な、国内のFX業者のみを掲載しています。

どの取引スタイルがおすすめですか?
ときには年単位となるポジショントレードを除くと、大きくスキャルピング、デイトレード、スイングトレードと3つの取引スタイルがあります。

  1. スキャルピング:数秒〜数分の取引。少ない資金で始められ、レバレッジを効かせやすい。利益を積み重ねるには、取引回数と判断の速さが重要。
  2. デイトレード:数十分〜1日以内の取引。FXでも定番のスタイルで人気。
  3. スイングトレード:2、3日〜数週間の取引。スキャルピングよりもある程度の元手が必要。落ち着いて売買タイミングを待てる人に向く。

自身の性格、考え方で選ぶのが吉ですが、スキャルピングはかんたんではなく、短期売買で熱くなるほど初心者はギャンブル的になりやすいです。
まずはデイトレードかスイングトレードでじっくりチャート分析しながらトレードするのがおすすめです。

取引でコストはどのくらいかかりますか?
FXでは通貨ペアごとにスプレッドが提示されており、買値と売値の差額で取引コストそのものを表しています。
買ってから決済しても、売ってから決済しても、同じようにスプレッドは発生します。スプレッドは1通貨あたりを示しているので、0.2銭なら1万通貨の往復取引(買い→決済、または売り→決済)で20円が取引コストとなります。
注文が約定した瞬間にスプレッドが発生するので、スプレッド幅以上の変動で決済すれば利益となります。
仮に一切変動がないとしたら、新規注文と同時に決済すれば、20円が損失となります。為替は刻一刻と動いているため、新規の注文が約定と同時に相場が予想通りに動いたら、すぐに含み益となる仕組みです。
スプレッド以外に取引手数料は発生しますか?
基本的には、自己判断で取引をする裁量取引では、取引手数料はほとんどの業者が無料です。

なおFXプライム byGMOでは1万通貨の取引では取引手数料は発生しませんが、1万通貨以下(1,000通貨や9,000通貨)に限り、1通貨あたり片道3銭が取引手数料として発生します。

システムトレード、リピート系注文などの自動売買では、業者が開発したシステムを利用するため手間がかからない分、取引手数料が発生する傾向にあります。

このほかGMOクリック証券では、ロスカット時の手数料として、ロスカット1回あたり500円が発生します。

詳しくは各社の公式サイトでご確認ください。

スワップポイントとは何ですか?
二国間の金利差を調整して受け払いする仕組みです。

日本は低金利国ですので、高金利通貨を買いで保有すると、二国間の金利差としてスワップポイントを受け取ることができます。
逆に日本円よりも高金利の通貨を売りで保有すると、スワップポイントは支払いとなります。

スワップポイントは、ポジションをNYクローズからNZオープンにかけて保有すると受け払いが発生します。
時間帯でいうと、業者により異なりますが7:00(サマータイム時は6:00前後)です。

つまり短期売買でポジションを翌日に持ち越さないスキャルピング、デイトレードではスワップポイントは発生しないということになります。

初心者が注目すべき業者選びのポイントは?
1日に何回も取引を繰り返すスキャルピングでは、スプレッドの狭さがもっとも重要です。
わずかな変動だけでも利益に繋げやすいからです。さらにスキャルピングを禁止していない業者を選ぶのもポイントです。
これは業者のサーバーに負担がかかりやすいのが理由で、禁止と知らずに取引すると、最悪口座が凍結となる可能性があります。デイトレードも、基本的にはスキャルピングと同じでスプレッドが狭い業者を選びましょう。
1日以上ポジションを保有するなら、少ない取引回数でデイトレードよりも大きな利幅を狙うため、スプレッドによるコストの重要度は短期売買に比べると下がります。スイングトレードでは、スプレッドに加えてスワップポイントの高さにも注目してみてください。
米ドル/円を1万通貨取引するとき、スプレッドが0.2銭でスワップポイントは1日5円だとしましょう。スプレッドのコストは20円なので、4日分のスワップポイントを受け取れたら取引コストはペイできますね。
ただし大きな取引量でスイングトレード行うなら、やはりスプレッドが狭い業者の方が収益化しやすいです。長期となるポジショントレードなら、スプレッドは無視してスワップポイントが安定的に高い業者を選びましょう。このほか、使いやすそうなツールを提供しているかにも注目して業者を選んでみてはいかがでしょうか。
利益を得たら何かすることはありますか?
FXは確定申告時には雑所得の扱いであり、税制は20.315%となっています。給与所得者が、給与所得以外の雑所得で年間に20万円以上利益を得たら、必ず確定申告する必要があります。
取引にかかったコストは経費にでき、これには書籍やPC代などが対象となります。また申告分離課税の対象であり、損失が出ても3年間は損失の繰越控除ができます。
つまりCFDや先物の取引も同時に行っている場合、前年の全体の収支がマイナスなら、当年は全体の収支がプラスでも、前年のマイナス収支を差し引いて税額の決定がお個なれるということです。
つまりFXを始めて1年目にマイナスになったとしても、確定申告しておくと、2年目、3年目で利益となっても課税額が抑えられるメリットがあります。

CATEGORY 各カテゴリーの最新記事