未決済ポジションでもスワップポイントを出金できるFX業者【一覧まとめ】

注文を持ち続けるほど、受け取れる金額が大きくなるスワップポイントは、FXの魅力のひとつですよね。
実はポジションが未決済の状態でスワップポイントを「出金できる会社」「出金できない会社」があります。

それぞれの違いと、長期のスワップ金利狙いに向くFX会社をご紹介します!

スワップは未決済でも出金できる会社・できない会社がある

対円の高金利通貨ペアといえば、トルコリラ/円、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円が代表的ですよね。
こういった通貨ペアを買いで保有すると、大きなスワップポイントの受け取りに期待ができます。

なかには「取引で含み益が出てきたから、スワップポイントだけ引き出したい。」というニーズも主婦には多いかも知れません。

FXではポジションを決済することなく、スワップポイントだけを出金して、株の配当金のように受け取ることができます。
より一層の複利効果に期待して、スワップポイントで追加ポジションを建てる戦略もできるでしょう。

未決済ポジションのスワップポイントを出金できない会社では、スワップポイントは日々証拠金に反映されます。
スワップポイントを積み重ねて証拠金に余裕できてから、さらにポジションを追加すれば、自動的に複利効果を生むこととなります。

どちらのやり方でも複利効果を狙った運用が可能ですが、より有利なのは自動的に精算される「建値変更方式」の業者です。

スワップポイントは出金すると課税対象に

確定申告の際、FXの損益は雑所得の扱いとなります。

例えば会社員のトレーダーで、含み益が15万円のポジションがあっても、決済しなければ課税対象とはなりません。
これは為替変動による為替差益、スワップポイントによる金利差益どちらでも、含み益であれば同様です。

ポジションを決済して実現益となり、年間20万円以上の利益が出たら、確定申告する必要があります。

スワップポイントのみを出金するということは、スワップ分の含み益を確定させて、実現益になることを意味します。
そのため、ポジションを決済していなくても、スワップだけで20万円以上出金した場合は確定申告しなければいけません。

未決済ポジションでも、課税対象になる会社もある

YJFX!マネースクエアオアンダ・ジャパンセントラル短資FXは、ポジション保有中であっても、スワップポイントは日々精算される仕組みです。
ニューヨーククローズをまたいでロールオーバーするたびに、自動的に証拠金(口座残高)に反映されます。
これらの業者は、建値変更方式を採用しています。

つまり日々のスワップポイントは実現益となりますので、ポジション保有中であってもスワップ分は課税対象となります。

YJFX!の未決済ポジションにおけるスワップは課税対象
YJFX!の未決済ポジション:スワップは課税対象
マネースクエアの未決済ポジションにおけるスワップは課税対象
マネースクエアの未決済ポジション:スワップは課税対象
オアンダ・ジャパンの未決済ポジションはスワップは課税対象
オアンダ・ジャパンの未決済ポジション:スワップは課税対象
セントラル短資FXの未決済ポジションにおけるスワップは課税対象
セントラル短資FXの未決済ポジション:スワップは課税対象

大量の注文を保有している方以外にはそれほど関係ありませんが、上記4社で取引している方は、確定申告に向けてスワップポイントの実現益は20万円以上であるかを把握しておくようにしてください。

ただしこれらのFX会社は、スワップポイントが日々証拠金に反映されることで、証拠金が増えていくことでレバレッジは低くなっていきます。

つまり未決済ポジションが課税対象となる会社は、課税対象外の会社に比べると、ロスカットリスクが下がるメリットがあるのです。

建値方式については、以下記事で詳しく解説しています。

関連記事

ロールオーバーを正しく理解すると、スワップポイント狙いの長期運用において、上手な確定申告の進め方にもつながってきます。ロールオーバーの仕組みから、各社のロールオーバー時間の比較までご紹介します。ロールオーバーとは?異なる通貨[…]

ロールオーバーとは?値洗いとスワップポイントが発生となる仕組み

スワップポイントの出金対応・比較表

やはりポジションを手仕舞いしなくても、スワップポイントを任意のタイミングで出金できる会社だと、他の投資に資金を回したり、ちょっとしたお小遣いにすることもできて便利かもしれません。

また含み益を一部だけ決済するなど、確定申告の時期をコントロールできる点については有利だと言えます。

FX会社名未決済ポジションの
スワップ課税方式
*1
未決済ポジションの
スワップのみ出金
未決済ポジションの
スワップ複利運用
出金
手数料
課税無料
非課税無料
非課税無料
非課税無料
非課税無料
非課税無料
非課税無料
非課税無料
非課税
*2
無料
課税
*2
無料
トライオートFX課税無料
非課税無料
課税無料
非課税無料
非課税
*2
無料
課税
*2
無料
課税無料
FX会社名未決済ポジションの
スワップ課税方式
未決済ポジションの
スワップのみ出金
未決済ポジションの
スワップ複利運用
出金
手数料
*1 未決済ポジションのスワップポイントが非課税 = 建値方式
未決済ポジションのスワップポイントが非課税 = 値洗い方式(または建値変更方式)
*2 スワップポイントのみの出金は不可。

各社のスワップポイントはこちらで比較しています。

関連記事

FXで人気のトレード手法である、スワップポイント狙いのスワップトレード。銀行預金につきものの利息ですが、スワップポイントとはFX版の利息といったところです。日本円は低金利通貨ですので、トルコリラ/円、メキシコペソ/円などの高金利通貨を買[…]

FXスワップポイント15業者を徹底比較!

課税・非課税について

ほとんどのFX会社は建値維持方式といって、ポジションを決済しなければ課税対象にはなりません。
セントラル短資FXなどの「値洗い方式」を採用しているFX会社は、スワップポイントが付与されるロールオーバーの時点で課税対象となります。

ただし、決済ポジションのスワップに対する課税対象の有無は、異なった取り扱いがされる場合も時にはありますので、最寄の税務署や税理士にお問い合わせするのが最も確実です。

未決済ポジションのスワップポイント出金について

*2のYJFX!やインヴァスト証券では、スワップポイントは日々有効証拠金に反映されるのでスワップ利益によっては確定申告の対象となりますが、スワップポイントの金額分出金依頼をすれば、ポジションを決済することなくスワップポイントのみ出金可能です。

対してFXプライム byGMOゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF)などはスワップのみの出金は不可です。 スワップ狙いのトレードにおいて決済するまで非課税なのはメリットですが、ポジション決済後でなければ出金できません。

なお未決済ポジションのスワップポイントが非課税の会社であっても、20万円以上のスワップポイントを出金依頼をすれば課税対象となります。
またポジション保有時に証拠金、実質のスワップポイントを出金すれば、レバレッジが上がってしまう点にはくれぐれ注意しましょう。

未決済ポジションのスワップポイントが非課税なら、確定申告をコントロールしやすい。
既存のポジションを決済することなく、そのポジション分のスワップポイントを出金できる方が、自由度が高い。

ヒロセ通商はスワップポイントの出金金額が自由!

スワップポイントのみを出金しやすい業者は、ヒロセ通商です。

ヒロセ通商はポジションを持ったままスワップを振替可能!
ヒロセ通商のスワップポイント振替機能

スマートフォンは非対応ですが、PC取引ツールから出金手続きが可能です。

「LION FX C2」でのスワップ振替・操作手順

注文 → スワップ振替 → チェックボックスにチェック → 金額に問題なければ「OK」→ 振替確認画面で「振替送信」をクリック

「.NET4」「Mac専用アプリ」でのスワップ振替・操作手順

設定の「注文&動作設定」をクリック → 注文動作設定のスワップポイント振替を「使用する」に変更
ポジション一覧でチェックを入れ「スワップ振替」をクリック →「確認画面へ」→ スワップポイント振替内容確認の画面で「振替」をクリック

出金額は下限がありませんので、少額のみ引き出せるのも魅力となっています。

ヒロセ通商「LION FX」

ヒロセ通商はスキャルピングOKで、業界最高水準のスワップポイントも魅力。

FX業界で随一ともいえる、豊富なキャンペーンを開催しており、達成しやすい条件であることからも注目されています。また取引するほどもらえる食品キャンペーンも顧客から大人気!

低スプレッド&高速約定とスピーディーな売買ができるので、短期売買との相性も抜群です。

ヒロセ通商の口座開設キャンペーン情報

好条件のおすすめ口座開設キャンペーン!

2020年11月1日(日)までのキャンペーン期間中に新規口座開設+ポンド/円片道15万通貨以上の取引で5,000円をキャッシュバック!(最大50,000円)

こちらから無料でヒロセ通商「LION FX」の口座開設ができます!

未決済ポジションでもスワップポイントを出金できるFX業者【一覧まとめ】
最新情報をチェックしよう!