GMOクリック証券|スプレッド、スワップなど特徴・詳細データ【長所/短所も】

GMOクリック証券
GMOクリック証券はFX取引高世界第1位
  • 低スプレッド&高スワップポイントなので、短期売買〜長期売買まで幅広く対応!
  • 操作性が抜群のスマートフォンアプリを利用できる。
  • プラチナチャートプラスが高機能でテクニカル指標が豊富!
  • デモトレードからも始められる。
  • 高速な「スピード注文」で取引チャンスを逃がさない!

低スプレッド 高スワップ 高機能アプリ 高機能チャート 豊富な情報量 スキャル公式OK リピート系 シストレ

スプレッドと基本情報
米ドル/円米ドル/円ユーロ/円ユーロ/円ポンド/円英ポンド/円豪ドル/円豪ドル/円ユーロ/米ドルユーロ/米ドル
0.2銭原則固定0.5銭原則固定1.0銭原則固定0.7銭原則固定0.4pips原則固定
通貨単位初回入金額通貨ペアデモ口座取引ツール
10,000
通貨単位
指定なし20
通貨ペア
Windows Mac
iPhone iPad Android
GMOクリック証券「FXネオ」の口座開設 特典情報
特典期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大30,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でGMOクリック証券の口座開設ができます!

高評判の実力!FX取引高は世界第1位!

今や世界のFX取引高において、ベスト10のほとんどを日本の会社が占めていることからも、日本のFX市場は世界的にも注目されています。

そんな国内市場において、* 7年連続で世界第1位の取引高を誇るのがGMOクリック証券です。

* 2012年1月~2018年12月、ファイナンス・マグネイト社調べ

ファイナンス・マグネイト調べによる2018年世界FX取引高のベスト5社
FX取引高は7年連続で世界第1位!

調査元はFXに特化した海外創業のWebメディアだけあって、世界全体での統計結果となっています。

このように、FXが大人気の近年において『もっとも多くの取引が行われているFX業者』がGMOクリック証券なのです。

それではなぜここまで顧客に利用されているのか、評判の理由をご紹介します。

メリット

まずはメリット、みんなに愛される長所から見ていきましょう。

スマホアプリが使いやすい!

GMOクリック証券としては4代目となるFXアプリ「GMOクリック FXneo」が2018年にリリースされました!

国内初、分割可能な4つのタブにより、最大16チャートの表示が可能。複合注文もチャート上で視覚的に設定できます。

4つのタブに2〜4分割チャートの設定が可能!
最大4分割できる4画面チャート
チャート上で視覚的に発注できる。
利食い・損切りラインが分かりやすい!
スパンモデルとスーパーボリンジャーがついに搭載!
スパンモデルとスーパーボリンジャーを搭載!

スパンモデル、スーパーボリンジャーなどのテクニカル指標やフィボナッチ・リトレースメントなどライン描画も豊富。
iPhone/Androidどちらもウィジェットでサクッとチャートやレートチェックできるのも特徴です。

もちろんタブレット端末(Androidタブレット、iPad)にも対応しています。

初心者〜上級者までおすすめな、扱いやすいうえに超高機能なアプリです。

⇒GMOクリック FXネオ

低スプレッドで国内最狭水準を引率

GMOクリック証券のスプレッド

FX業者間でしばしばスプレッド競争が行われますが、そのなかでいち早く低スプレッドを提供し、業界全体の引率役ともなるのがこのGMOクリック証券です。

スプレッドはどの通貨ペアも最小水準となっているため、低コストでデイトレードできるのも魅力のひとつです。

高スワップポイントであり「出金可能」

GMOクリック証券は高スワップ&スワップのみ出金も可能

低スプレッドとともに、スワップポイントもまた業界屈指の高さで提供されています。そのため短期〜長期売買とスタイルに合わせた売買が可能です。

南アフリカランド/円、トルコリラ/円など高金利通貨のスワップも高いので、スイングトレードや金利狙いのトレードにも向いています。

またポジションを決済することなく、スワップポイントのみの出金が可能です。ポジション保有して早朝のニューヨーククローズのタイミングで、スワップポイントが口座に反映されます。 その後処理が完了する1時間後くらいにはスワップポイントを出金できるようになります。

比較チャートを搭載した高機能チャート

「プラチナチャートプラス」は、38種類のテクニカル指標・25種類の描画オブジェクトを搭載した、軽快な動作の分析専用チャートです。

プラチナチャートプラス
プラチナチャートプラス

注文機能こそ搭載していないものの、多彩な分析を可能とする機能が詰め込まれています。

NYダウや日経平均と通貨ペアを比較できる
プラチナチャートプラスの比較チャート機能

なかでも注目なのが、「比較チャート」で、為替以外の銘柄との値動きをかんたんに比較が可能です。
これにより、FX相場と親和性の高い日経平均、NYダウ、WTI原油、金、米10年債などとの相関性を判断してトレードする戦略も生きてきます。

⇒プラチナチャートプラス

操作性が抜群!インストール版取引ツール

インストール版ツール「はっちゅう君FXプラス」は、カスタマイズ性に優れた自由度の高いトレーディングツールです。

はっちゅう君FXプラスの取引画面
インストール版「はっちゅう君FXプラス」

1クリックで発注できるスピード注文を搭載しているため、取引チャンスを逃さずに売買ができます。
チャート上からも発注できるので、機能面での充実も申し分ありません。

ユーザービリティも秀逸であり、チャート上での右クリックにより、スピード注文から注文の修正まで直感的に行えるのもポイントです。

注文チャートから発注する方法
チャート上で直感的に発注できる!

搭載しているテクニカル指標は8種類とやや少なめですので、プラチナチャートプラスと併用して使うのがおすすめです。

⇒はっちゅう君FXプラス

デモトレードに対応

PC、スマートフォンどのデバイスからでもデモトレードができます。
なおデモトレードをするなら、チャート画面が大きくて分析しやすいPC版の取引画面に慣れれば、スキル的にもステップアップできるのでおすすめです。

GMOクリック証券のブラウザ版取引ツール
はじめてならブラウザ版ツールがおすすめ!
GMOクリック証券のインストール版取引ツール
高機能版のインストール版も利用できる!

デモはPC環境だとブラウザ版、インストール版どちらでも可能となっており、初心者の方には操作がシンプルなブラウザ版、経験者には高機能なインストール版「はっちゅう君FXプラス」をお試しください。

デモトレードの期間は1ヶ月です。本口座を開設して取引環境を整えてからデモをスタートすれば、じっくり練習できるのでおすすめです。

⇒GMOクリック証券のデモトレード

デメリット

包み隠すことなくデメリットもご紹介します。
GMOクリック証券を選ぶには、しっかりと短所も知っておきましょう。

GMOクリック証券のデメリット
  • 1,000通貨単位に未対応
  • 通貨ペア数が多いわけではない
  • 有名講師によるセミナー、マーケットレポートがない
  • ロスカット手数料で500円が発生する

1,000通貨単位に未対応

1,000通貨単位対応の業者なら最小4,000円で米ドル/円の取引ができますが、GMOクリック証券での取引は10,000通貨からとなります。

つまり米ドル/円を取引するには、最小40,000円程度が必要となります。
通貨ペアにもよりますが、レバレッジを抑えてトレードするなら、余裕を持った初期資金で始めるようにしてください。

どうしても1,000通貨から取引したい方は、以下ページをご覧ください。

関連記事

「FXに興味はあるけれど、一体いくらからできるのかな?」「少額から始めるやり方に注意すべきことはある?」初めてのFXだと少し不安で尻込みしたり、なかなか一歩を踏み出せないこともありますよね。そこで、少額から取引できる『1,0[…]

1000通貨でFX!

通貨ペア数が多いわけではない

用意されているのは全通貨ペアです。通貨ペア数はFX業界全体で見れば平均的な水準であり、極端に多いわけではありません。

そのかわりトルコリラ/円、メキシコペソ/円、南アフリカランド/円と高金利で注目を集める通貨ペアはしっかり用意されています。
スプレッドは他社に比べて競争力があり、スワップポイントはスワップカレンダーを見ても高水準で推移していますので、スワップ狙いのトレードと相性がいいと言えます。

FX初心者が最初に手を付けるのは米ドル/円がほとんどですが、実は通貨ペア数の多さは上級トレーダーでない限り重要ではありません。
基本的にはメジャー通貨の組み合わせで事足ります。

通貨ペア数の多さにこだわるのは、FX取引に慣れたからでも遅くはありません。

有名講師によるセミナー、マーケットレポートがない

基本的にGMOクリック証券では会場セミナーやオンラインセミナーといったセミナーが開催されていません。また著名アナリストによる相場展望などのマーケットレポートも配信されていません。

こればかりは企業の考え方によるものですので、セミナーに参加したりレポートを読みたいのであれば、他社を併用するやり方もあります。

例えば同じGMOグループのFXプライム byGMOは、GMOクリック証券よりもスプレッドが広いものの、業界トップクラスのマーケット情報が会員向けに配信されています。またメキシコペソ/円の取引も可能ですので、それぞれの利点を補うように組み合わせてみてはいかがでしょうか。

ロスカット手数料で500円が発生する

ロスカットは顧客の損失が膨れるのを防ぐ仕組みですが、GMOクリック証券ではロスカットの際に、ロスカットとは別にロスカット手数料として500円が発生します。

ほとんどの会社ではロスカット手数料がかかりませんので、ロスカット手数料がどうしても嫌なら他社を選ぶしかありません。

ただし、何度もロスカットされるような証拠金で取引を繰り返すようでは、相場で生き残っていけません。ロスカット手数料をケチるよりも『ロスカットされない証拠金で挑むこと』が圧倒的に重要です。

まだまだある!GMOクリック証券の魅力

魅力がいっぱいなGMOクリック証券には、まだまだ特徴があります。

AndroidWearに対応

AndroidOSを搭載したスマートウォッチのAndroidWearに対応しています。

その名はズバリFXWatch!時計のデザインにマッチしたチャート、レートの美しさはまさに感動ものです。

FXWatch!の表示例

もちろん通貨ペアや足種の選択も、スマートウォッチのみで可能。

チャートの長押しでFXアプリの起動が可能

アプリとの連携も抜群で、チャートの長押しでFXアプリの起動させることもできます。

ほとんどの投資商品をカバーする

総合ネット証券だけあって、FX、バイナリーオプション(外為オプション)、CFD(GMOクリック証券CFD)のみならず、多彩な商品ラインナップを揃えているのも魅力のひとつ。
また取引所FX(くりっく365)の365FXも提供しています。

将来的に株式、投資信託、先物、債券、クラウドファンディングにチャレンジしたいとお考えでも、ステップアップできる環境がしっかりと整っています。
さらに全ての口座は同一のID・パスワードで利用できる分かりやすさもまた、他社にはない特徴なのです。

24時間無料サポートで安心

HDI格付け調査「問い合わせ窓口/Webサポート部門」で最高評価の三つ星を獲得!

GMOクリック証券はフリーダイヤル、メールで24時間いつでも無料でサポートしています。

サポート業界で世界最大グループの日本支部「HDI-Japan」より国内最高評価の「三つ星」を獲得!
「初めてのFXだからツールを使いこなせるか不安だな。」と感じている方でも、心配することはありません。コールセンターの対応はお墨付きなので、安心してお問い合わせできるのも魅力です。

GMOクリック証券が向くタイプは?

1,000通貨未対応など惜しい部分もありますが、やはり高機能ツールを利用できるのがGMOクリック証券の強み。ツールはどれも使いやすいので、初めてのFX口座にも適している会社です。

スプレッドが狭くスワップポイントは高いので、デイトレード、スイングトレード、スワップ狙いのトレードどんな手法にもオールマイティーに対応します。

GMOクリック証券の詳細データ

口座開設と手数料について
商品種類FX、バイナリーオプション、くりっく365
口座開設で、FX、バイナリーオプション、株式、CFD、先物オプションなど全てのお取引が可能!
口座開設手数料無料
口座維持手数料無料
取引手数料無料
入金手数料クイック入金:無料
振込入金:お客様負担
出金手数料無料
お取引開始までの期間お申込み後、最短2営業日
本人確認書類の提出方法Webアップロード、メール、FAX、郵送
「FXネオ」の取引条件
最大レバレッジ個人口座:1〜25倍
法人口座:通貨ペアごとに毎週変動
ロスカット証拠金維持率が50%以下となった場合
取引時間米国標準時間:月曜AM7:00~土曜AM7:00
米国夏時間:月曜AM7:00~土曜AM6:00
最大注文数量1取引/200万通貨(米ドル/円のみ100万通貨)
外貨入出金
外貨調達(受け渡し)
注文タイプスピード(ストリーミング) / 成行 / 指値 / 逆指値 / IFD / OCO / IFDO
チャートから発注
メールサービス約定通知 / 注文失効通知 / ロスカット通知 / ロスカットアラート通知 / 追加証拠金通知 / 強制決済通知 / ニュース
取引ツールWindowsブラウザ / Windows専用アプリ / Macブラウザ / Mac専用アプリ / Androidアプリ / Androidタブレットアプリ / iPhoneアプリ / iPadアプリ / docomo携帯 / Softbank携帯
デモトレード
売買シグナル
FX無料セミナー
会社情報
会社名GMOクリック証券株式会社 (GMO CLICK Securities, Inc.)
登録番号関東財務局長(金商)第123号
所在地〒150-0031
東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
設立平成17年10月28日
資本金43億4,666万3,925円
口座数645,136口座(FXネオ、2019年11月)
自己資本規制比率473.8%(2019年9月末)
信託保全三井住友銀行
みずほ信託銀行
三井住友信託銀行
日証金信託銀行

GMOクリック証券「FXネオ」の特徴まとめ

  • *FX取引高7年連続世界第1位の業者!
  • 第三者評価機関からの評判も良く、2013年オリコン顧客満足度ランキングのFX総合部門では第1位を獲得。
  • 全通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準なので、デイトレードにも最適!
  • スワップポイントも業界最高水準と高いので、長期運用にも向いている。
  • FX専用口座はスピード口座開設が魅力で、最短2営業日でFXとバイナリーオプション(外為オプション)の取引が可能。
  • チャートシステムの「プラチナチャートプラス」は軽快に動作し、操作性も分かりやすいため、FX初心者にも扱いやすい。

* ファイナンス・マグネイト社調べ 2012年1月~2018年12月

こちらから無料でGMOクリック証券の口座開設ができます!

FX取引高7年連続 世界第1位
最新情報をチェックしよう!