GMOクリック証券のスマホアプリ「GMOクリック FXneo」の機能を詳しくご紹介!

国内のFX市場において、GMOクリック証券は顧客数・取引高がともに多く、抜群の知名度を誇ります。

そして、GMOクリック証券はスマートフォンアプリの使いやすさが抜群であることも人気の理由です。

日々進化するスマートフォンアプリ「GMOクリック FXneo」の特徴、機能や使い方まで詳しくご紹介します。

スマートフォンアプリの注目ポイント

こちらのページでは、iPhoneアプリ版を例に解説していますが、Android版アプリも機能は共通です。

GMOクリック FXneoで注目の機能は以下です。

  • 「Actionボタン」から、ラインを操作してチャート上で発注ができる。
  • 最大16分割(4画面✕4分割)のチャートを表示できる。
  • 足種、テクニカル指標、ライン描画が豊富。
  • iPhoneアプリ版がウィジェットに対応。
  • iPad、Androidタブレットも公式サポート。
  • 1タップでデモトレードを始められる。

まず基本的な画面構成から見ていきましょう。

GMOクリック FXneoのホーム画面
ホーム画面
GMOクリック FXneoの通貨ペア一覧
通貨ペア一覧
スワップポイントと取引証拠金の確認が可能。
スワップ/証拠金

スタイリッシュなデザインが特徴的で、操作性がよくタッチ操作の反応がいいアプリです。

日々のスワップポイントや証拠金も、アプリで確認することができます。

Actionボタンでチャート上で直感的に発注

業界に先駆けて搭載されたのが、Actionボタンです。

このActionボタンを使うことで、チャート上の水平ラインを使って直感的な位置で注文を入れることが可能です。

Actionボタンの使い方をかんたんにご紹介します。

まず、画面右側でチャートの価格がある部分を上下に動かすと、グリーンの水平ラインが出現して、Actionボタンもグレーからグリーンに変わります。

水平ラインを上下に動かして、新規注文または決済注文したいレートに合わせましょう。
そしてActionボタンをタップすると、注文方法を選べます。

新規注文なら、指値注文、逆指値注文、OCO注文、IFD注文、IFD-OCO注文から選択できます。
注文方法を選択後、取引数量やレートの微調整をして「確認画面へ」をタップで発注が行えます。

チャート上で視覚的に発注できるActionボタン。
「Actionボタン」でチャート発注!
チャート上で視覚的に発注できる。
利食い・損切りラインが分かりやすい!

上の画像はIFD-OCO注文の例ですが、複合注文の場合も視覚的に分かりやすいです。

このように、

「ここまで下がったら指値で新規注文したい」

「利食いや損切りをこの水準に入れたい」

と考えているケースでも、直感的に判断しやすい作りとなっています。

FX業者のパソコン版取引ツールでは、こういったチャート上での発注が現在の主流となりつつあります。
これをスマホアプリで「ラインを動かして発注する機能」を搭載したのは、GMOクリック証券が国内初となります。

決済注文も直感的!

以下1枚目の注文設定にあるように、あらかじめ決済時の利食いと損切りを設定しておけば、新規発注と同時に決済注文の発注が可能です。

短期売買でスピーディーに取引したい場面でも、しっかりとリスク管理しつつ、最短タップで発注操作を行うことができます。

あらかじめ利食い・損切りの設定ができる。
注文設定
損益の目安が決済注文画面で見れるので便利。
指値・逆指値の損益が分かりやすい!

通常の決済注文(指値/逆指値)を発注する際には、決済レートはどのくらいの損益目安であるかの「金額」も表示されます。
※2枚目の指値レート、逆指値レートにある決済損益(参考)の部分

決済時は指値=利益確定、逆指値=損切りとして、事前に発注しておくのに使われていますが、GMOクリック証券のアプリなら注文名を意識することなく、直感的にも注文しやすいのが魅力です。

4画面×4分割で最大16分割チャートに対応

Actionボタンとともに、もうひとつの魅力が、4画面に対応するチャートです。

4つの画面それぞれに4分割チャートを設定できるので、最大16分割のチャートにすることが可能です。

1つの画面は2分割〜4分割にでき、単一チャート⇔分割チャートは1タップで変更ができます。
分割チャートを左右にフリックすれば、タブ4画面のチャートをそれぞれ切り替えられます。

4つのタブに2〜4分割チャートの設定が可能!
最大4分割できる4画面チャート
1タップで4分割と1画面の切り替えができる。
4分割と1画面の切り替えもスムーズ!
タブ(4画面)ごとにテクニカル指標の設定ができる。
チャートはタブごとに設定可能!

テクニカル指標の設定は、各タブごとにお好みで設定可能です。

なお通貨ペアを選択するときに「リンク表示」という機能があります。
これは同一通貨ペアを複数画面・複数タブで、選択することなく連動させる機能です。

リンク表示をONにすれば、メインの通貨ペアを変えるだけで、複数画面の表示を一度でかんたんに変更させることができます。

スピード注文チャートが秀逸!

GMOクリック証券のスマートフォンアプリでは、スピード注文とチャートが融合した「スピード注文チャート」が提供されています。

チャートを見ながら発注できるスピード注文チャートは、縦・横画面どちらも対応しています。

チャートを閲覧しながらスピード注文が可能
スピード注文(縦)
GMOクリック注文のスピード注文はニュースを見ながら発注可能
スピード注文(横)

スピード注文チャートにするには、画面下部で「スピード注文」をタップし、続いて「チャートアイコン」のタップで表示ができます。

他社のアプリでは、レートの更新時間・チャートの更新時間が1秒以上かかるタイプも多いです。

しかしGMOクリック証券ではレート、チャートともにリアルタイム更新に対応しているので、刻一刻と変化する値動きを捉えるデイトレードとの相性が抜群なアプリとなっています。。

時間足/テクニカル指標/ライン描画が豊富

足種は合計16種類が用意されており、業界全体で見ても多いです。
3分、20分、2時間、6時間は他社でも珍しく、いろいろな時間軸でチャートを見られます。

全16種類と豊富な足種が揃っている!
チャートの足種
GMOクリック FXneoはかんたんにフィボナッチを描画できる!
フィボナッチの描画もスムーズ!

テクニカル指標は全12種類が提供されています。

単純移動平均(SMA)、指数平滑移動平均(EMA)、ボリンジャーバンド、一目均衡表、スーパーボリンジャー、スパンモデル、平均足、MACD、RSI、DMI/ADX、ストキャスティクス、RCI

描画ツールはフィボナッチ系がたくさん揃っているので、より自由度の高い分析が可能です。

トレンドライン、チャネルライン、垂直線、水平線、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・タイムゾーン、フィボナッチ・ファン、フィボナッチ・アーク、四角、三角、楕円

「マグネットモード」を使えば、狙ったローソク足にぴったりと張り付くため、きれいに描画することができます。

業界初!描画ラインを複数時間足で閲覧できる!

ほとんどのFXアプリでは、仮に日足でトレンドラインを引いたあと、1時間足を表示させてもトレンドラインを見ることができません。

しかしGMOクリック証券では、FXアプリで業界初となる、描画したラインを複数時間足での表示に対応しています。

チャートを表示させ、上部にあるチャート設定をタップ後、「描画ラインを時間足共通で表示」をONにすることで設定ができます。

チャート設定で「描画ラインを時間足共通で表示」をオンにする
チャート設定
日足にトレンドラインを描画
日足にトレンドラインを描画
足種を変更してもトレンドラインが消えない!
足種を変更してもトレンドラインが消えない!

上記は、日足にレジスタンスラインを描画した例です。
その後に週足に変更しても、ラインは消えずにしっかりと残っているのが確認できますね。

この機能を使えば、描画したトレンドラインは他の時間足でも機能しているか、確認しながら取引しやすいですね。

テクニカル派トレーダーにとって、相性がバッチリの機能となっています。

スパンモデル/スーパーボリンジャーがついに搭載

マーフィーこと柾木利彦氏考案の大人気テクニカル指標「スパンモデル」「スーパーボリンジャー」が搭載されています。

元々GMOクリック証券では未提供でしたが、以前のアプリリニューアル時に2つのテクニカル指標が搭載されました。

スパンモデルとスーパーボリンジャーを搭載!
スパンモデルとスーパーボリンジャーを搭載!

他社では搭載アプリが多かっただけに、待ち望んでいたユーザーも多かったのではないでしょうか。

重要度で絞り込みできる経済カレンダー

経済カレンダーでは、5段階の重要度で絞り込みすることができ、国ごとでも検索が可能です。

経済カレンダーは重要度で絞り込みできる。
経済カレンダー

他社では重要度の☆が3段階が主流ですが、GMOクリック証券は5段階なので、具体的に絞り込めるようになっています。

変動が想定される経済指標を見つけたいトレーダーにとって、嬉しい機能となっています。

iPhone/Androidともにウィジェット対応

GMOクリック FXneoはiPhone版、Android版どちらもウィジェットに対応しています。
iPhone版とAndroid版ではウィジェットの機能に違いがあります。

まずはiPhone版では、「レート」「チャート」をウィジェットで見ることができます。

iPhoneでもウィジェットでレート、チャートを確認できる。
Phoneでのウィジェット表示例

ウィジェットに表示させたい通貨ペアは、「通貨ペア」→「設定」と進み、並び替えることで設定ができます。

ウィジェットでは移動平均線付きチャートで、時間軸の変更もできるため、アプリを起動せずとも手軽に相場動向を判断することができます。

もともとウィジェットが豊富に使えるAndroid版なら、ウィジェットの選択肢もより広がります。

Android版はレート、チャート、経済カレンダーがウィジェットに対応。
Android版はウィジェットが豊富
Android版ウィジェットのレートアラート表示例
ウィジェット版・レートアラート例

Android版は「レート」「レート+チャート」「経済カレンダー」がウィジェットに対応しており、レートと経済カレンダーはアラートにも対応しています。
数あるAndroidのウィジェットでも高機能ですので、Androidユーザーの方はぜひ使ってみてください。

スマートフォンアプリ「GMOクリック FXneo」は、指紋認証によるログインができるようになったため、利便性もより向上しています。

より磨きのかかったGMOクリック証券の新アプリで、次世代のトレーディングを試してみてはいかがでしょうか。

GMOクリック証券のスプレッド、スワップポイント、取引ツール、特徴などの基本スペックは下記ページをご覧ください。

関連記事

GMOクリック証券 低スプレッド&高スワップポイントで、短期〜長期売買まで対応! 操作性が抜群のスマートフォンアプリを利用できる。 […]

GMOクリック証券|FX取引高 世界第1位

関連リンク:GMOクリック FXneo 操作マニュアル

iPhone/Androidアプリ「GMOクリック FXneo」のスペック一覧

注文種類スピード注文、指値・逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFO注文
その他:ドテン注文、両建て、全決済注文
チャートタイプローソク足、ライン、ドット、バー
足種Tick、1分、3分、5分、10分、15分、20分、30分、1時間、2時間、4時間、6時間、8時間、日、週、月
レート更新時間リアルタイム
テクニカル指標
[トレンド系]
テクニカル指標
[オシレーター系]
チャートから発注
スワップポイントの表示
マーケット情報MarketWin24、ダウ・ジョーンズ、日本証券新聞、経済カレンダー
トレンドライン描画トレンドライン、平行ライン(チャネルライン)、垂直ライン(バーティカルライン)、水平ライン(ホリゾンタルライン)、フィボナッチ・リトレースメント、四角、三角、楕円、フィボナッチ・タイムゾーン、フィボナッチ・ファン、フィボナッチ・アーク
アプリからの入出金入金のみ
指定レート通知アラート
自動ログイン
GMOクリック証券「FXネオ」

GMOクリック証券|FX取引高 世界第1位

GMOクリック証券はスプレッドが狭くスワップポイントは高いので、短期売買〜長期売買まで幅広く対応します。

操作性が抜群のスマートフォンアプリにより、外出先でも多彩な注文を柔軟に行えます。数少ないMac取引専用アプリを提供する会社なので、Macユーザーも安心ですね。
チャート上をクリックするだけで発注できる高機能取引システムにより、チャンスを逃がすことなく売買が行えます!

高機能チャート分析ツールであるプラチナチャートプラスは38種類のテクニカル指標が用意されていて、デモ取引でも利用が可能。
24時間電話サポートに対応し、FXのニュース配信も多いので、GMOクリック証券なら初心者の方も安心してお取引ができます!

GMOクリック証券「FXネオ」の口座開設 特典情報
特典期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大300,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でGMOクリック証券の口座開設ができます!