外為オンラインが初心者に使いやすい「9つの理由」とFX口座の特徴まとめ!

外為オンライン
外為オンライン|はじめようFX 今なら口座開設+お取引で最大¥150,000キャッシュバック
  • シンプルで使いやすい、初心者も使いやすい取引システムを採用!
  • 1,000通貨単位対応により、少額から始めることができる。
  • 自動で利益を狙えるリピート系注文「iサイクル2取引」が人気!
  • ディールスコープで顧客のポジションが丸わかり!
  • レベルに合わせたセミナーが豊富!学べる環境が整っている。

低スプレッド 高スワップ 高機能アプリ 高機能チャート 豊富な情報量 スキャル公式OK リピート系 シストレ

スプレッドと基本情報
米ドル/円米ドル/円ユーロ/円ユーロ/円ポンド/円英ポンド/円豪ドル/円豪ドル/円ユーロ/米ドルユーロ/米ドル
1.0銭原則固定2.0銭原則固定3.0銭原則固定3.0銭原則固定1.0pips原則固定
通貨単位初回入金額通貨ペアデモ口座取引ツール
1,000
通貨単位
指定なし26
通貨ペア
Windows Mac
iPhone iPad Android
外為オンラインの口座開設キャンペーン情報

キャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大150,000円をキャッシュバック!

こちらから無料で外為オンラインの口座開設ができます!

外為オンラインはどんな会社?

元AKB48・大島優子のCMで外為オンラインを知る方も多いのではないでしょうか。

OSHIMA YUKOのFX

外為オンラインは、さまざまなFXサービスを提供するISホールディングスの中心的FX業者です。

取引プラットフォームには、同グループ企業のシステム会社「㈱アイアンドエーエス」が開発した「FX-ASP」が採用されています。
FX関係者の間では「i&AS系システム」(外為オンライン系ともいう)として知られており、これが外為オンラインFXの中核となる『初心者に使いやすいプラットフォーム』の代名詞となっています。
なおIS系のFX会社にはFXブロードネット、アイネット証券、ライブスター証券があります。

スプレッドは他社より広めですが、スプレッド競争に参加するのではなく、企業精神として『高品質なセミナーや情報提供で、顧客の利益向上に努めていく』姿がうかがえます。
なかでも外資系銀行で元チーフディーラーを努めた「佐藤正和氏」による本社での会場セミナーは、外為オンラインの顔とも言える内容となっており、絶大な人気で連日賑わいを見せています。

FX口座数は547,325口座(2018年12月末)と、実は業者別の単独でみると国内第3位となるほどの多さです。
顧客満足度の高さも顧客数に反映されているように、FXをイチから本格的に学びつつ、初心者にも使いやすい取引ツールこそが外為オンラインの真髄なのです。

外為オンラインのメリット

まずは外為オンラインの長所から見ていきましょう。

外為オンライン9つのメリット
  • 1,000通貨単位に対応しているので、少額から取引できる。
  • ロスカット水準が異なるコース(L25、L25R)を用意。
  • 「iサイクル2取引」でほったらかし運用が可能!無料キャンペーンで手数料も有利。
  • 取引ツールは、PC操作に不慣れな初心者にも使いやすい。
  • スワップポイントはそれなりに高い。
  • デモトレードに対応している。
  • 充実の会場セミナーは、業界トップクラス!
  • 有名アナリスト、有名トレーダーのレポートが豊富。
  • 高金利通貨のトルコリラ/円、メキシコペソ/円が用意されている。
  • 新規口座開設キャンペーンが達成しやすい!

外為オンラインのデメリット

外為オンラインのデメリット
  • スプレッドはFX業者の平均に比べると広い。

デメリットとしてはスプレッドがやや広いことが挙げられます。
言い換えれば、デメリットはこれだけであるということ。

もちろんスキャルピングのような超短期売買には向かないため、こういったトレードをするならYJFX!GMOクリック証券ヒロセ通商などの低スプレッド業者を選ぶべきです。

スプレッド・通貨ペア数

外為オンラインでは基本的な通貨ペアから、新興国をはじめとした高金利通貨まで用意しています。

通貨ペア数自体は平均的ですが、最初のうちはメジャー通貨ペアが中心となりますので、通貨ペア数自体にこだわる必要はありません。

通貨ペア名*スプレッド
米ドル/円1.0銭
ユーロ/円2.0銭
ポンド/円3.0銭
豪ドル/円3.0銭
NZドル/円6.0銭
カナダドル/円5.0銭
スイスフラン/円5.0銭
豪ドル/スイスフラン6pips
豪ドル/NZドル10pips
豪ドル/米ドル2pips
ユーロ/豪ドル8pips
ユーロ/カナダドル7pips
ユーロ/スイスフラン6pips
ユーロ/ポンド4pips
ユーロ/NZドル12pips
ユーロ/米ドル1.0pips
ポンド/豪ドル9pips
ポンド/スイスフラン10pips
ポンド/NZドル17pips
ポンド/米ドル3pips
NZドル/米ドル6pips
米ドル/カナダドル6pips
米ドル/スイスフラン4pips
南アフリカランド/円15銭
トルコリラ/円6.0銭
メキシコペソ/円6.0銭

* スプレッド取得・記載日:2020年12月1日
※掲載スプレッドは原則固定(例外あり)ですが、市場急変時や流動性低下時は拡大する場合があります。

外為オンラインと相性が良いのは、iサイクル2取引が示す中長期売買であり、損失を限定しながら利益を狙えるトレール注文にも対応しています。
佐藤正和さんのセミナーに参加すると分かるのですが、考え方としてはスイングトレード的な相場動向の見方を学ぶことができます。

なお外為オンラインの各種コンテンツですが、中長期的な展望が多いです。
取引期間が短くなるほど退場者の多いFXですが、『中長期目線で大きな利ざやを狙う』なら、外為オンラインは学びながら取引できる環境が整っています。

スワップポイント

外為オンラインは高金利通貨のスワップポイント付与に力を入れていて、特にトルコリラ/円、メキシコペソ/円の買いスワップポイントが高水準です。

通貨ペア売りスワップ買いスワップ
米ドル/円-40円5円
ユーロ/円0円-30円
ポンド/円-30円0円
豪ドル/円-35円0円
NZドル/円-30円0円
カナダドル/円-35円5円
スイスフラン/円0円-30円
南アフリカランド/円-350円50円
トルコリラ/円-125円20円
メキシコペソ/円-150円50円
スワップポイント取得日:2020年12月1日 記載日:2020年12月2日
※南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は10万通貨あたりのスワップポイントを記載。

最新のスワップポイントはスワップポイント表をご覧ください。

あまり知られていないのですが、外為オンラインのスワップポイントは、他社に比べて日々の変動が少ないことも特徴です。

こういった通貨ペアがレンジ相場を形成しているときは、相乗効果に期待できるiサイクル2取引を検討するのもひとつの手です。

 

外為オンラインと他社のスワップポイントは、こちらのページで比較しています。

関連記事

FXで人気のトレード手法である、スワップポイント狙いのスワップトレード。銀行預金につきものの利息ですが、スワップポイントとはFX版の利息といったところです。日本円は低金利通貨ですので、トルコリラ/円、メキシコペソ/円などの高金利通貨を買[…]

FXスワップポイント15業者を徹底比較!

1,000通貨単位に対応!

まず取引単位ですが、通常の1/10となる1,000通貨単位に対応していますので、少額から取引を始められます。

取引単位を比較(データ取得日:2020年10月8日)
10,000通貨の業者
米ドル/円42,400円4,240円
豪ドル/円30,300円3,030円
トルコリラ/円5,400円540円
メキシコペソ/円19,700円1,970円

外為オンラインではトルコリラ/円、メキシコペソ/円が仲間入りとなり、これに南アフリカランド/円も加えた「三大高金利通貨」が現在では取引可能です。
新興国通貨は値動きが激しいので余裕のある証拠金で取引すべきですが、金額だけでいえば米ドル/円よりも少額で始めることも可能です。

iサイクル2取引に関しては、長期に渡って初期手数料無料キャンペーンが継続しており、ランキングから選ぶだけの明快さが外為オンラインだけの特徴です。

なお、外為オンラインのスワップポイントは業界最高とまではいきませんが、上位に食い込む水準の高さも魅力となっています。

L25、L25Rから選べる取引コース

1,000通貨単位、10,000通貨単位それぞれでロスカット水準が異なる、4つのコースを用意しています。
外為オンラインのL25コースとL25Rコースの違い

miniなしが10,000通貨単位のコース、miniありが1,000通貨単位のコースです。

口座開設した段階のデフォルト口座はL25Rで、こちらのロスカット水準は100%です。レギュラー口座に対して、Rが付かないコースのロスカット水準は20%です。

外為オンライン L25、L25Rの違い
コースL25コース(1万通貨)
L25 miniコース(1,000通貨)
L25Rコース(1万通貨)
L25R miniコース(1,000通貨)
ロスカット水準20%100%
証拠金判定ありなし
ロスカットのタイミング遅い早い
ロスカット後の残金少ない多い

1米ドル=80円のとき、5万円を入金し、10,000通貨買ったときの例を見てみましょう。

ロスカット水準100%のL25R、L25R miniコース
L25R、L25R miniコース

一般的なルールのロスカット水準100%のコースでは、ロスカット(強制決済)のタイミングが早いぶん、ロスカット後の残金は多く残ります。

この場合、1.8円の下落でロスカットされるため、78.2円がロスカットラインとなります。

 

ロスカット水準20%のL25、L25 miniコース
L25、L25 miniコース

ロスカット水準20%のコースはロスカット後の残金は100%のコースよりも少なくなる反面、ロスカットされにくいのが特徴です。

4.36円の下落でロスカットされるため、75.64円がロスカットラインとなります。

 

なおロスカット水準20%のL25、L25 miniでは、「証拠金判定」というルールも採用しています。

L25、L25 miniコースの「証拠金判定」ルール
L25、L25 miniコースの証拠金判定

AM6:45(アメリカがサマータイム中はAM5:45)の証拠金判定時刻のときに、その日の取引証拠金を下回っていたら、ロスカットとなります。
これにより、2重で未然に大きな損失を防ぐルールとなっています。

そこそこの資金で損失を守るならデフォルトのL25Rで問題ないですが、少額から始めて損失を許容しつつ取引したいならL25miniに変更するのもいいでしょう。
※「設定」→「コース追加」の手順で進めればコース変更ができます。

取引ツールが直感的で使いやすい!

外為オンラインのPC取引ツールとスマホアプリ

外為オンラインの取引ツールは、初心者でも直感的に使いやすいオールインワンシステムです。
高機能なブラウザ版となっており、パソコンにソフトをインストールすることなく、カスタマイズできるのが魅力!

外為オンラインのPC版・取引画面
外為オンラインのPC版・取引画面

FXは取引方法だけではなく、「取引ツール」の使い方も身に付ける必要があります。
初めてのFXですべて同時に身につけようとすると、これが大きなストレスとなってしまうことも珍しくありません。

操作に慣れない方がいきなりプロと同じ取引ツールを使おうとすると、使い方を覚えることだけで大きな負担となってしまいます。

その点、外為オンラインの取引ツールなら、ストレスがかからず最初から取引に集中できます。
操作性のよい取引ツールで、なおかつ少額から売買できることが外為オンラインの強みです。

高機能チャートが豊富!

取引ツールと同様、外為オンラインチャートもまた直感的で扱いやすく、機能面においても申し分ない仕上がりとなっています。

テクニカル指標は全26種類用意されており、移動平均線の派生系であるGMMAは、相場のトレンドが判断しやすいので分析に重宝します。

比較機能を備えた外為オンラインチャート

操作性で注目となるのが、チャート上で発注できる機能です。

チャート上で右クリックすれば、水平線と注文レートが表示されます。
これを上下に動かして発注できるため、チャートに描いたトレンドラインに合わせて、直感的に判断して注文するといったことも可能です。

⇒外為オンラインチャート

 

このほかJava版チャートも提供されており、こちらには「ハイブリッドチャート」という、過去から現在にかけての値動きを複数足種で閲覧できるチャートも提供されています。

過去から現在の値動きを複数足種で見れる、ハイブリッドチャート
ハイブリッドチャート

売買の時期を見極めるのに便利ですので、こちらも合わせてお試しください。

ディールスコープで顧客のポジション動向がわかる!

ユーザーのポジション動向をグラフ化したツールが「ディールスコープ」です。

具体的なポジション数・人数とその差を閲覧できるのが、ディールスコープの特徴です。
ディールスコープ

このツールを使えば、ポジション数(買い・売り・買いと売りの差)とそれぞれの人数が見れるため、他のトレーダーはどっちの方向で注文しているかが一目瞭然となります。

通常、ポジション動向が見れるツールは「45%・55%」などとパーセンテージでしか見れない場合が主流ですが、ディールスコープならより細かなデータを取得できるのが強みです。
外為オンラインは口座数が多いので、多くのユーザーのポジション動向を見極める上で、非常におすすめできる業者です。

iサイクル2取引で手間をかけずに利益を狙える

iサイクル2取引は、外為オンラインのリピート系注文です。

リピート系注文は「ここで買い」「ここで売り」といった判断を自分で行わないため、普段FXに時間がとれない方と相性がいい自動売買です。

外為オンラインのiサイクル2取引
外為オンラインのiサイクル2取引

コンピューターが自動で発注することから、感情的なトレードで損切りが苦手でしたら、iサイクル2取引を検討する価値は大いにあるでしょう。

リピート系注文はいくつかの業者から提供されていますが、外為オンラインなら有利な売買手数料で注文を行うことができます。

\ 新規口座開設者は、iサイクル2取引の手数料が90日間無料キャンペーンを実施中! /

⇒iサイクル2取引

他社では通貨ペア、リピート幅、損切り幅等を手動で設定しなければいけませんが、外為オンラインでは好成績のランキングから選ぶだけなので、圧倒的にかんたんな仕組みなのも魅力です。

スマートフォンアプリ

PC版と同じく、スマートフォンアプリも分かりやすくてシンプルな画面構成が特徴です。

ただシンプルなだけではなく、トレンドラインを引いたり、1タップで発注できたり、レートアラートが設定できたりと、取引に必要な機能は揃っています。

外為オンライン・iPhoneアプリ版のホーム画面。複数の情報を一度に把握しやすい作り。
ホーム画面
外為オンライン・iPhoneアプリ版のチャートは充実のテクニカル指標14種類を搭載。
オシレーター系は複数表示が可能!
iサイクル2取引を選択するとブラウザから注文が可能。
iサイクル2取引の注文画面

スマートフォンアプリのテクニカル指標は全14種類で、同時に複数表示させれば多角的に分析が行えます。

スマートフォンアプリのマーケットニュース配信は3社と多く、多彩な投資情報を収集できます。
またリピート系注文のiサイクル2取引は、アプリ経由のWebブラウザから発注が可能です。

⇒外為オンラインのiPhone/Androidアプリ

⇒外為オンラインのiPadアプリ

FX・リピート系どちらもデモトレードに対応

スマホ・タブレット・PCでデモトレードできる!

デモトレードが用意されている業者では、利用期間は1ヶ月で設けられている場合が主流です。
またリピート系注文がデモトレードに対応している業者は多くありません。

外為オンラインなら無期限でデモトレードできるため、注文方法を試すとしても、焦らずに自分のペースで練習できます。

デモ口座を開設すると同時に、iサイクル2取引が自動で発注されます。
そのためリピート系注文をイメージしにくいのであれば、まずはデモでお試しすると、全体像がつかみやすいのでおすすめです。

初心者に一押し!会場セミナーが多く、分かりやすい

外為オンラインのFXセミナー

顧客の教育に力を入れていることが、開催数の多い会場セミナーに現れていることからも、外為オンラインは顧客の教育に熱心な会社です。

セミナーが人気の秘密は、レベルに合わせたセミナーを受講できる点にあります。

6段階のレベルに合わせたFXセミナー

当サイトやFX入門書で基本を学ばれた方でしたら、レベル3以上がおすすめです。

「ゼロから始める!シリーズ」では初心者向けに、パソコン取引システム、iPhoneアプリ/Androidアプリの操作説明セミナーを開催しています。

ゼロからはじめる!シリーズ

FX業者は東京に本社が多いため、会場セミナーというと東京での開催が主流です。

全国FXセミナー

しかし外為オンラインの全国FXセミナーでは、東京本社以外の各地でも無料セミナーを開催しています。

セミナー開催都市
北海道札幌
東北地方仙台
関東地方横浜、大宮、宇都宮、高崎、静岡、浜松
中部地方名古屋、新潟、長野
近畿地方大阪、神戸、京都
中国地方広島、岡山
九州地方福岡

アナリスト佐藤のセミナーが大人気

アナリスト佐藤のFXセミナー

ある程度取引方法が理解できた方は、外為オンライン本社のセミナールームで開催される「アナリスト佐藤の中上級者向けセミナー」の参加をご検討ください。
佐藤氏のセミナーは分かりやすさが好評を得ており、遠方から参加される方も多いのが特徴です。

「FXは難しいと思っていたけれど、よりFXの感覚がつかみやすくなった。」との声も多いので、時間に余裕のある方は気軽に参加してみましょう。
他社ではオンライン型のセミナーが多いですが、外為オンラインは会場型のセミナーを用意しているため、講師への質疑応答やコミュニケーションが可能であることが対面セミナーの魅力です。

外為ラボで有名アナリストのレポートが読める!

外為ラボのFXレポート

外為オンラインの注目コンテンツが外為LAB.(外為ラボ)です。

外為ラボでは柾木利彦氏(マーフィー)をはじめ、有名アナリストによるマーケットレポートを無料で閲覧できます。
経験則のあるアナリスト陣によるレポートですので、とても読み応えがあります。ファンダメンタルズ分析・テクニカル分析を学ぶ情報源として、ぜひ活用してみてください。

新規口座開設キャンペーン!

2020年に入り、外為オンラインのキャンペーンがフルリニューアルしました。

新規口座開設で最大150,000円キャッシュバック!

新規口座開設の完了から最大3ヵ月間において、約定済み新規注文の累積取引数量に応じて、最大150,000円がキャッシュバックとなります。

キャッシュバック条件は以下。

取引数量キャッシュバック
100 万通貨 ~ 500万通貨未満5,000円
500 万通貨 ~ 1,000万通貨未満25,000円
1,000万通貨 ~ 1,500万通貨未満50,000円
1,500万通貨 ~ 2,000万通貨未満75,000円
2,000万通貨 ~ 2,500万通貨未満100,000円
2,500万通貨 ~ 3,000万通貨未満125,000円
3,000万通貨以上150,000円

ポイントは3ヶ月も期間が設けられていることと、リピート系注文が使える点です。

1万通貨で1日2回、iサイクル2取引が毎日リピートすれば、最低でも5,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。
※1Lot×2(1日)×20(1ヶ月の営業日)=40万通貨、40×3(ヶ月)=120万通貨

キャッシュバックを受け取りやすいリピート系注文なら、外為オンラインがイチオシです!

外為オンラインの詳細データ

口座開設と手数料について
商品種類FX、くりっく365
口座開設手数料無料
口座維持手数料無料
取引手数料無料
入金手数料クイック入金:無料
振込入金:お客様負担
出金手数料無料
お取引開始までの期間お申込み後、3〜5営業日
本人確認書類の提出方法Webアップロード、メール、FAX、郵送
外為オンラインの取引条件
最大レバレッジ個人口座:1〜25倍
法人口座:通貨ペアごとに毎週変動
ロスカットL25Rコース:証拠金維持率が100%以下となった場合
L25コース:証拠金維持率が20%以下となった場合
取引時間米国標準時間:月曜日AM7:00~土曜AM6:55
米国夏時間:月曜日AM7:00~土曜AM5:55
最大注文数量500万通貨
外貨入出金
外貨調達(受け渡し)
注文タイプ成行 / 指値 / 逆指値 / IFD / OCO / IFDO / トレール / 成行+OCO / リバース(途転)/ iサイクル2取引 / サイクル2取引
チャートから発注
メールサービス約定通知 / レートアラート / ロスカットアラート / 経済指標(FX Wave)
取引ツール詳細Windowsブラウザ / Macブラウザ / Androidアプリ / Androidタブレットアプリ /iPhoneアプリ / iPadアプリ
デモトレード
売買シグナル
無料FXセミナー
カバー取引先
11社
OCBC証券 / ドイツ銀行 / 三井住友銀行 / アイネット証券 / ナットウエスト・マーケッツPLC / みずほ銀行 / ゲインキャピタル・ジャパン / バークレイズ銀行 / CGS-CIMB証券 / ひまわり証券 / ライブスター証券
会社情報
会社名株式会社外為オンライン
登録番号関東財務局長(金商)第276号
所在地〒100-6224
東京都千代田区丸の内1-11-1
設立2003年4月28日
資本金3億円(平成26年12月10日現在)
口座数562,754(2019年12月末)
自己資本規制比率677.7%(2020年6月末)
信託保全三井住友銀行
みずほ信託銀行

外為オンラインの特徴まとめ

  • 初心者にも安心、1,000通貨単位に対応しているので少額からFXができる!
  • iサイクル2取引なら、普段忙しい方でも自動で利益を狙える。
  • スワップポイントが高いので、中長期的なトレードにも向く。
  • 著名なアナリストによるマーケットレポートが充実しており、口座開設者は会員限定レポートの閲覧ができる。
  • 外為オンライン本社で開催されている会場セミナーは、佐藤正和氏の解説が分かりやすいと好評。

こちらから無料で外為オンラインの口座開設ができます!

外為オンライン|かしこいFXで毎日はもっと楽しくなる。
最新情報をチェックしよう!