外貨ex byGMOのスプレッド、スワップポイント、特徴やデメリットを徹底解説!

外貨ex byGMO
外貨ex byGMO|社名変更記念キャンペーン|最大39,000円キャッシュバック
  • 安心感が抜群、外貨ex byGMOは最高水準の取引環境を提供する業者
  • 低スプレッド・高スワップポイントで納得のスペック!
  • 1,000通貨に対応するため、少額から取引が可能
  • 新スマホアプリ「外貨ex」は、高機能で直感的な操作性を誇る。
  • 取引でPayPayか現金がもらえるから、取引するほどお得!
低スプレッド 高スワップ 高機能アプリ 高機能チャート 豊富な情報量 スキャル公式OK リピート系 シストレ
スプレッドと基本情報
米ドル/円米ドル/円ユーロ/円ユーロ/円ポンド/円英ポンド/円豪ドル/円豪ドル/円ユーロ/米ドルユーロ/米ドル
0.2銭原則固定0.5銭原則固定1.0銭原則固定0.7銭原則固定0.4pips原則固定
通貨単位初回入金額通貨ペアデモ口座取引ツール
1,000
通貨単位
指定なし24
通貨ペア
Windows Mac
iPhone iPad Android

※株主総会の決議を前提としています。

外貨ex byGMOの口座開設キャンペーン情報

2021年9月25日(土)〜 2021年12月21日(火)のキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大39,000円をキャッシュバック!

こちらから無料で外貨ex byGMOの口座開設ができます!

安心感を求めるなら、大手GMOインターネットグループの外貨ex byGMO「外貨ex」で決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。

1,000通貨に対応しているので、少額取引できるのも魅力です。

PC向け高性能チャートの「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!
カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

秀逸なのがiPhone/Androidアプリの「外貨ex」で、直感的にサクサクと発注でき、取引に役立つプッシュ通知機能が豊富です。

取引を楽しみながらPayPayか現金がもらえるのも、外貨ex byGMOならではの魅力となっています。

それでは外貨ex byGMOは他社に比べてどんな特徴があるのか、メリットやデメリットについても解説していきます。

外貨ex byGMOはGMOインターネットグループのFX会社

外貨ex byGMOはその名の通り、GMOクリック証券と同じくGMOインターネットグループのFX会社です。

これほどのネームバリューによって安心感を得られるFX会社は、そうそうありません。

外貨ex byGMOはすべてのトレーダーに最高水準の取引環境と上達の機会を提供

大手インターネット企業が親会社だけあって、スプレッドなどの取引条件や、スマホアプリなど取引ツールの機能面が優れているのが外貨ex byGMOの特徴です。

財政面の信頼度を計る「自己資本規制比率」はもともと高水準でしたが、年々と高まり2014年6月以降は1,000%以上を維持していることからも、財務の健全性の高さが伺えます。

GMOインターネットグループのFX会社であることと、高い信頼性の自己資本規制比率により、初心者も安心して取引できる環境が整っています。

多彩なサービスを展開している

FXサービス「外貨ex」のほかに、バイナリーオプション「オプトレ!」、投資信託と現在3つのサービスを展開しています。

外貨ex byGMOはFX、バイナリーオプション、投資信託を展開

なおオプトレはFX口座「外貨ex」と同時に口座開設することができます。取引の幅を広げられる多彩なサービスもまた、外貨ex byGMOの魅力なのです。

外貨ex byGMOのメリット・デメリット

13のメリット
  • 大手GMOインターネットグループのFX業者なので、安心感が抜群。
  • 1,000通貨対応により、最小で約4,000円から始められる。
  • メジャー通貨ペアのスプレッドが最狭水準!
  • バイナリーオプションのサービスを提供。
  • トルコリラ/円をはじめ、スワップポイントが業界最高水準!
  • スキャルピングに対応。
  • 選べるレバレッジコースが用意されている。
  • 分析専用MT4チャートの利用ができる。
  • スマホアプリがとにかく高機能!
  • 外貨で出金することができる。
  • 取引だけでPayPayか現金がもらえる。
  • eKYC(スマホでかんたん本人確認)対応により、最短で当日から取引できる。
  • コールセンターのサポート体制が充実しており、平日は24時間対応。
3つのデメリット
  • メジャー通貨ペア以外のスプレッドは、やや平均的な狭さ。
  • デモトレードは30日しか使えない。
  • 情報力は平均的で、ニュースベンダーはFXi24の1社のみ。

まずはざっとピックアップしましたが、良し悪しを踏まえて詳しく解説していきます。

スプレッド・通貨ペア数

外貨ex byGMOでは24通貨ペアを提供しています。

通貨ペア数は業界では平均的な水準ですが、主要通貨はもちろんのこと、人気の高金利通貨も提供していますので、取引していて不便を感じることはありません。

そして時間帯ごとに異なるスプレッドを提供しており、東京市場〜NYクローズまでの時間帯は、業界最狭水準のスプレッドが魅力です。

通貨ペア名AM9:00~
翌AM3:00
左記以外の時間帯
(メンテナンス時間を除く)
米ドル/円0.2銭4.0銭
ユーロ/円0.5銭6.0銭
ポンド/円1.0銭10.0銭
豪ドル/円0.7銭6.0銭
NZドル/円1.2銭8.0銭
カナダドル/円1.7銭8.0銭
スイスフラン/円1.8銭10.0銭
ユーロ/米ドル0.4pips4.0pips
英ポンド/米ドル1.0pips10.0pips
英ポンド/豪ドル1.5pips31.0pips
南アフリカランド/円1.3銭2.1銭
トルコリラ/円3.0銭*2取引画面で
ご確認ください
メキシコペソ/円0.4銭0.8銭
豪ドル/米ドル0.9pips6.0pips
NZドル/米ドル1.6pips10.0pips
人民元/円3.0銭6.0pips
香港ドル/円3.0銭6.0pips
ユーロ/英ポンド1.0pips10.0pips
ユーロ/豪ドル1.5pips10.0pips
米ドル/スイスフラン1.6pips10.0pips
ユーロ/スイスフラン1.8pips10.0pips
ポンド/スイスフラン2.8pips12.0pips
豪ドル/スイスフラン3.0pips10.0pips
カナダドル/スイスフラン3.0pips15.0pips

*1 原則固定(例外あり)
*2 トルコリラ/円は原則固定の対象外

深夜〜早朝の時間帯は、スプレッドがかなり広くなっていますね。
この時間帯は流動性が低いことで、多くのFX業者でスプレッドが広くなる時間帯です。

この時間帯は薄商いでなかなか取引チャンスがありませんし、寝ている方が大半でしょうから、これからFXを考えている方には3:00〜9:00のスプレッドが広くても基本的に影響がないでしょう。

スプレッドが広い時間帯はコストがかかるため、日中の9:00〜翌朝3:00の間で取引するようにしてください。

なおスプレッドは「新規注文時」に発生するため、決済ならスプレッドが広い時間帯でも全く問題ないので、覚えておいてください。

米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、カナダドル/円、スイスフラン/円、ユーロ/米ドルの8通貨ペアは、業界でも低スプレッド競争をするGMOクリック証券、DMM FX、外為どっとコムと同一です。
みんなのFXにはわずか及びませんが、業界最狭水準の狭さであることに違いはありません。

とくに米ドル/円はスプレッドが狭いので、取引コストを抑えた売買が可能です。

メジャー通貨ペア以外のスプレッドでは、メキシコペソ/円のスプレッドもかなり狭いです。

対円通貨ペアに比べると、対円以外のクロス通貨はスプレッドは広いですが、このあたりは他社も共通です。
ビギナーであればほぼ取引しない場合がほとんどなので、気にする必要はないでしょう。

1,000通貨単位から取引可能

取引単位は1,000通貨単位となっているため、少額から取引を始めることができます。(※一部のマイナー通貨を除く。)

同じく大手のGMOクリック証券、DMM FXは10,000通貨からの取引となるので、この辺が業者を選ぶひとつのポイントとなるでしょう。

取引証拠金約5,000円 最低取引単位1,000通貨単位

* レバレッジ25倍コースで米ドル/円120円の場合。南アランド、人民元、香港ドルは最低10,000通貨単位。

なお1,000通貨での取引でも取引手数料は発生しませんので、スプレッド以外のコストを気にする事なく安心して取引をすることができます。

スキャルピングを公式サポート

短期トレーダーの業者選びにおいて肝心になってくるのが、「公式にスキャルピングをサポートしているか」という点です。

「スキャルピングにもファンダメンタル分析にも重要なチャート。」

引用元:外貨ex byGMO 外貨exアプリ

外貨ex byGMO公式のスマートフォンアプリ解説ページに、「スキャルピングにもファンダメンタル分析にも重要なチャート」と記載があるように、スキャルピングに公式対応しています。

ただしどの業者ももちろんそうですが、何らかの機械などのプログラムなどで明らかにNGな売買を行うと、保有ポジションを強制決済されます。
こちらは外貨exの約款に記載されています。

お客さまが短時間のうちに、または高頻度で取引を行い、それにより当社が行うリスクの減少を目的としたカバー取引に影響を与えると当社が認めた場合。

最悪二度と外貨ex byGMOを使えなくなります。こういった売買は絶対行ってはいけませんので、くれぐれもご注意ください。

スワップポイントが高い!

通貨ペアごとに差はありますが、外貨ex byGMOのスワップポイントは業界最高水準です。

通貨ペア売りスワップ買いスワップ
米ドル/円-23円8円
ユーロ/円10円-25円
ポンド/円-23円8円
豪ドル/円-16円1円
NZドル/円-25円10円
カナダドル/円-18円3円
スイスフラン/円14円-29円
南アフリカランド/円-210円60円
トルコリラ/円-50円35円
メキシコペソ/円-210円60円
スワップポイント取得日・記載日:2021年11月1日
※南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は10万通貨あたりのスワップポイントを記載。

最新のスワップポイントはスワップポイント一覧でご確認ください。

他社と比較すると分かりますが、外貨ex byGMOは米ドル/円の買いスワップポイントが高い特徴を備えています。

スワップポイントというと新興国通貨に注目が集まりがちですが、高金利の新興国通貨は下降トレンドと隣り合わせという側面もあります。

そしてトレードの中心は、やはり米ドル/円でしょう。
米ドルは現状高金利ですし、普段のトレードでオマケ的にスワップポイントが付与される方が重要です。

最近は高金利通貨にも力を入れています。下記ページの月間累計スワップポイントを見ると分かりますが、メキシコペソ/円、トルコリラ/円のスワップポイントもとにかく高いです。

関連記事

FXでは、スワップポイント狙いのトレードが人気です。いわゆるスワップポイントは、FX版の利息といったイメージですね。日本円は低金利通貨ですので、トルコリラ/円[…]

FXスワップポイント15業者を徹底比較!

外貨ex byGMOは全体的にスワップポイントが高いので、スイングトレードやスワップ狙いのトレードにおいて、大きな力を発揮してくれます。

スワップだけ出金は可能?

外貨ex byGMOでは「スワップポイントだけを出金できるのか」気になる声も多いようです。

結論からいうと、スワップポイントだけを出金が可能です。

外貨ex byGMOではポジションを決済していなくても、日々ニューヨーククローズをまたいだ後のタイミング(夏6:00、冬7:00)に、スワップポイントは資産に反映されます。

そして資産に反映されたスワップポイントを出金依頼すれば、スワップポイントのみを引き出すことができます。

スワップポイントは出金しなくても日々資産に反映される仕組みにより、複利効果によって資金効率を高められることも外貨ex byGMOならではの魅力なのです。

選べるレバレッジコースを提供

FXの個人口座におけるレバレッジは最大25倍となっており、レバレッジは預け入れる証拠金で変動します。

これはどの業者にも例外はなく共通ですが、外貨ex byGMOでは「レバレッジコース」を提供しており、上限レバレッジを変更することができます。

外貨ex byGMOのレバレッジコース変更画面(PC取引ツール)

デフォルトでは25倍となっていますが、1倍・10倍に変更することができます。(変更後、コースに見合った証拠金が必要となります。)

全デバイスがデモトレードに対応

外貨ex byGMOはデモトレードに対応しています。

スマートフォン、タブレット、PCどのデバイスからでも、仮想マネーで練習が可能です。

外貨exのデモトレード画面
外貨exのデモトレード画面例

ひとつ注意点があり、デモ口座は1人1口座となっており、約1ヶ月間の利用しかできません。
本番口座を開設し、入金を済ませてからデモ口座を開設して練習すれば、本番開始ギリギリまでデモトレードすることができます。

外貨ex byGMOの場合は10万円〜1億円の範囲内でデモ口座の開始資金を設定することができます。
現実離れした金額ではなく、実際に始める金額に合わせて、本番をしっかり意識してデモトレードを行うようにしてください。

なおデモ口座は、外貨exの本口座における一部機能が制限されていますので、フル機能を使うなら口座開設を済ませておきましょう。

⇒外貨ex byGMO「デモトレード」

PC取引ツールが多彩

外貨ex byGMOの基本的なPC取引ツールが、外貨exとExチャートです。

外貨ex byGMOのWebブラウザ版取引ツール「外貨ex」
外貨ex byGMOのWebブラウザ版取引ツール「外貨ex」

外貨exはブラウザ版らしく、直感的に発注できるわかりやすい取引画面となっています。
1クリックで発注できるワンタッチ注文も搭載していますので、短期売買との相性も抜群です。

 

同じくブラウザ版の分析専用チャートとして、Exチャートが提供されています。

外貨ex byGMOのWebブラウザ版チャート「Exチャート」
外貨ex byGMOのWebブラウザ版チャート「Exチャート」

36種類と多彩なテクニカル指標がExチャートの強みであり、複数チャートに同一のテクニカル指標を表示させることもかんたんです。

人気のスパンモデル、スーパーボリンジャーから、GMMAやPivotといったコアなファンから支持されるテクニカル指標まで、豊富に用意されています。

Exチャートを見ながらワンタッチ注文が可能!
Exチャートを見ながらワンタッチ注文が可能!

設定したチャートは自動保存されるため、Exチャートなら次回起動時も同じ画面からスムーズに分析ができます。

なおワンタッチ注文画面をと同時に画面に配置すれば、チャートを見ながらスピーディーに発注することも可能です。

⇒外貨ex byGMO「Exチャート」

 

PCにインストールするタイプの取引ツール「Cymo」は2タイプ用意されています。

外貨ex byGMOのインストール版取引ツール「Cymo NEXT」
外貨ex byGMOのインストール版取引ツール「Cymo NEXT」

Cymo NEXTはWindows/Mac対応の取引ツールです。

直感的に組み合わせて発注できる注文画面により、より戦略的にトレードしたい中〜上級者向けといった位置付けでしょうか。
簡易的なチャートも搭載されていますが、移動平均線しか表示できないため、チャートはExチャートも併用するのがおすすめです。

⇒外貨ex byGMO「Cymo NEXT」

 

もうひとつのDesktop CymoはWindows専用のアプリです。

注文、テクニカル分析、ニュースの閲覧に対応しており、デスクトップを専有することなく独立させて表示させることができます。

外貨ex byGMOのインストール版取引ツール「Desktop Cymo」の併用例
「Desktop Cymo」と「Exチャート」の組み合わせ例

このようにExチャートと併用したり、他の作業をしながらDesktop Cymoで分析から取引まで行うことが可能です。

⇒外貨ex byGMO「Desktop Cymo」

分析専用・MT4チャートを利用可能

いまや世界的にもFX標準ツールとして用いられているMT4。
外貨ex byGMOでは自動売買などの取引は行えませんが、チャート分析専用としてMT4が提供されています。

外貨ex byGMOの高性能分析ツール MT4チャート

外貨ex byGMOオリジナルのインジケーターを豊富に用意していますので、ダウンロードしてチャートを自分好みにカスタマイズするのもいいですね。

⇒外貨ex byGMO「MT4」

スマホアプリ「外貨ex」の完成度が高い

外貨ex byGMOが人気の理由として挙げられるのが、新スマホアプリ「外貨ex」の完成度の高さにあります。

旧アプリのFX Cymo(現役)はなんと40万件以上のダウンロード実績がありますが、新たにリリースされたアプリはそれを上回る使いやすさと機能が実装されています。

外貨ex byGMOのスマホアプリ「外貨ex」のプライスボード(大)は1分チャートも閲覧できる

スマホアプリ版「外貨ex」のワンタッチ注文

取引チャンスを逃さない、相場変動通知を搭載

チャート上で発注、トレンドライン描画、スピーディーな発注操作といった基本機能を備えるのはもちろんのこと、プッシュ通知機能が豊富に搭載されています。

レート変動幅が大きい取引チャンスの通貨ペアを知らせてくれる価格変動通知や、経済指標の速報を通知する経済指標通知、指定レートを知らせるリミッター通知といった機能が内蔵されていますので、出先であっても取引機会を失うことがありません。

⇒外貨ex byGMOのiPhone/Androidアプリ「外貨ex」

タブレットアプリに完全対応

外貨exはiPadアプリ、Androidタブレットアプリどちらにも対応しています。

外貨ex byGMOのiPadアプリ版「外貨ex」に搭載された4分割チャート
4画面×最大4分割チャート

チャートは4つの画面、それぞれ最大4分割までできるので、最大16チャート表示に対応しています。

タブレット端末の大画面に最適化されており、チャート上で発注できることで、ストレスフリーな取引が可能です。

⇒外貨ex byGMOのiPadアプリ「外貨ex」

会員限定「プレミアムレポート」の閲覧ができる

会員の方は、値動きの重要な節目となるピボットポイントなどが記載されたマーケットレポートの閲覧ができます。

外貨ex byGMOのプレミアムレポート
外貨ex byGMOのプレミアムレポート

相場をより深く学ぶためにも、口座開設したら定期的に目を通す習慣を付けるようにしてみてください。

なおニュースベンダー(為替ニュースの配信元)は業界大手の「FXi24」が配信されています。
これだけでも十分満足のいく情報量ですが、さらに為替情報求めるならFXプライム byGMOと併用するのがおすすめです。

 

プレミアムレポートにある「みんなのオーダー」では、他のトレーダーの注文状況を確認できます。

顧客の多い外貨ex byGMOのオーダー情報では、注文量が多い価格を見れる
指値・逆指値注文状況
売買比率には全ての注文データが反映されている
売買比率
残ポジションは外貨ex byGMO全体の保有ポジション比率を示す
残ポジション

未約定注文のボリュームに注目して、値動きのきっかけとなりそうな価格帯を探すのもいいですね。

外貨両替(現受・現渡)が可能

外貨ex byGMOなら、外貨ex口座を使って外貨両替することができます。

外貨両替(現受け・現渡)の仕組み

米ドルの例

  • 現受(げんうけ):米ドル/円の買いポジションを建てて、米ドルの現物を受け取ること。
  • 現渡(げんわたし):米ドルを入金して売りポジションを建てて、日本円で受け取ること。

外貨両替の対象9通貨と手数料について

日本円、米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、英ポンド、スイスフラン、カナダドル、香港ドルの9通貨が対応しており、香港ドル/円以外は1,000通貨から両替が可能です。

もちろん外貨での受け取りには外貨預金口座が必要ですが、金融機関の窓口に比べると圧倒的なローコストで外貨両替できるサービスとなっています。

ファイナンススタジアムが復活!

ファイナンススタジアムとは、参加者の取引データをランキングした人気コンテンツで、サービスは終了していましたが、2021年1月に完全復活となりました。

FINANCE STDIUM(ファイナンススタジアム)

ファイナンススタジアム(公式サイト)

今回のファイナンススタジアムはさらにパワーアップしており、以下コンテンツが用意されています。

  • ランキング:利益を出しているトレーダーのランキング
  • ダッシュボード:取引情報が可視化され、自己分析ができる
  • マーケット:経済指標発表後、変動幅は何pipsかが可視化された、影響が分かりやすい経済カレンダー
  • ニュース・コラム:ニュース閲覧からコラムの閲覧・投稿が可能
ファイナンススタジアムのトレーダーランキング
ランキング
ファイナンススタジアムの経済カレンダー
経済カレンダー
ファイナンススタジアムの限定コラム
コラム

やはり復活を望む声が多かったトレーダーのランキングに注目ですが、経済指標カレンダーもかなり便利ですね。

また著名人によるファイナンススタジアム限定コラムも配信されていますので、通常の取引ツールでは得られない情報も閲覧できます。

外貨ex byGMOの会員なら、同じID・パスワードでファイナンススタジアムにログインできますので、ぜひ情報収集に使っていきましょう。

取引でPayPayか現金がもらえる

外貨ex byGMOで取引をすれば、10万通貨以上の取引でPayPay(または現金相当)をもらうことが可能です。

Wでもらえる!月間最大100万円相当

このあたりはGMOインターネットグループのFX会社ならではの強みとも言えますね。

約定数量または取引数量の条件クリアでランクアップすれば、より多くのポイント付与となります。
特典付与は以下イメージです。

約定数量に応じた特典シミュレーション

なお受け取りには、FX口座とYahoo JAPAN IDの連携が必須です。

誰でも10Lotの取引で特典付与となりますので、口座開設したら、すぐにマイページから連携しておきましょう!

関連記事

外貨ex byGMOでは、「月間最大100万円!取引するたびもらえるプログラム」という取引キャンペーンを開催しています。こちらのキャンペーンはかんたんなIDの連携[…]

Wでもらえる!月間最大100万円相当

新規口座開設キャンペーンを開催中!

外貨ex byGMO|社名変更記念キャンペーン|最大39,000円キャッシュバック

外貨ex byGMOでは、新規で口座開設された方向けに、最大39,000円キャッシュバックとお得なキャンペーンを開催中です。

  • 口座開設申込期間:2021年9月25日(土)~2021年12月21日(火)
  • お取引対象期間:口座開設完了月の翌々月最終営業日ニューヨーククローズ

キャンペーン適用期間は、口座開設月の翌々月最終営業日です。
つまり1月に口座開設した場合、2ヶ月後の3月末までが開催期間となり、新規注文の数量に応じて4月にキャッシュバックとなります。

キャンペーン達成は極端に達成しやすい条件ではありませんが、実質2〜3ヶ月で100万通貨ですので、1日数回取引を行うデイトレードなら、充分達成できるでしょう。

なお新規口座開設キャンペーン、PayPayキャンペーンは同時に参加することも可能です。

この機会に外貨ex byGMOでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

口座開設から取引までの手順

外貨ex byGMOでは口座開設のお申し込みから取引まで、4ステップで完了します。

STEP1 口座開設フォームに入力

口座開設時には、お名前、住所、連絡先などの情報を、手順に沿ってフォームに入力していきます。

以下はPCの口座開設フォーム例です。

外貨ex byGMOの口座開設フォーム

おおよそ5分あればお手続きは完了となります。

STEP2 本人確認書類、マイナンバーカードを送付

口座開設フォームに入力後、本人確認書類とマイナンバーカードをWebでアップロードして提出します。

外貨ex byGMO口座開設時の本人確認書類とマイナンバー記載書類

本人確認書類は、運転免許証や健康保険証が一般的です。

お申し込み時は、本人確認書類とマイナンバー記載書類の2点をお手元に準備しておきましょう。

STEP3 ログイン情報が届く

無事に口座開設が完了すると、「口座開設完了のお知らせ」が簡易書留郵便で届きます。

こちらに記載されたID、パスワードをログイン画面に入力すれば、取引画面を起動することができます。

口座開設はスマホがおすすめ!

外貨ex byGMOでは、これまでの口座開設手順に加えて、「スマホ最短手続き」を導入しています。

スマートフォンでお申し込みすると、リアルタイムに本人確認のお手続きができます。

これにより「口座開設完了のお知らせ」を郵送ではなく、「メール」で素早く受け取れる利点があります。

最短即日~1営業日で口座開設手続きが完了しますので、スピーディーに取引を始めたい方は、スマートフォンでお手続きをしましょう。

STEP4 入金後、取引開始

審査完了後郵送で届く「口座開設完了のお知らせ」または「メール」に記載された指定口座に入金をすることで、いよいよ取引をスタートすることができます。

入金時は銀行振込だと自身に振込手数料が発生します。

ネットバンクを利用した「クイック入金」なら入金の反映が早く、入金手数料が無料です。

外貨ex byGMO クイック入金の特徴

クイック入金は下記の金融機関が対応しています。

外貨ex byGMOのクイック入金に対応する金融機関

もちろん、取り急ぎ入金したいなら銀行振込でも問題ありませんが、振り込みコストを抑えるならクイック入金を利用しましょう。

外貨ex byGMOの詳細データ

口座開設と手数料について
商品種類FX、バイナリーオプション
外貨exとオプトレは同時口座開設が可能!
口座開設手数料無料
口座維持手数料無料
取引手数料無料
入金手数料クイック入金:無料
振込入金:お客様負担
出金手数料無料
(外貨出金手数料の場合、1回/1,500円が発生)
お取引開始までの期間お申込み後、最短当日から取引可能!
本人確認書類の提出方法スマホ最短手続き、Webアップロード

 

外貨ex byGMOの取引条件
最大レバレッジ個人口座:1倍、10倍、25倍
法人口座:通貨ペアごとに毎週変動
ロスカット証拠金維持率が50%以下となった場合
取引時間米国標準時間:月曜AM7:00~土曜AM6:50
米国夏時間:月曜AM7:00~土曜AM5:50
最大注文数量1注文/300万通貨
外貨入出金
外貨調達(受け渡し)
注文タイプリアルタイム注文、ワンタッチ注文、通貨毎全決済注文、リーブオーダー(指値注文、逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFO注文)、ワンタッチ全決済注文、全決済注文、トレール注文成行注文、2Way(両建て)注文、自動利食い・損切り設定
チャートから発注
メールサービスロスカットアラート、約定通知、プッシュ通知
取引ツール詳細Windowsブラウザ、Windows専用アプリ、Macブラウザ、Mac専用アプリ、Androidアプリ、Androidタブレットアプリ、iPhoneアプリ、iPadアプリ
デモトレード
売買シグナル
FX無料セミナー
※外貨ex byGMOアカデミーでオンラインセミナーを開催
カバー取引先
15社
バンク・オブ・アメリカ N/A、バークレイズ銀行、シティバンク N/A、ゴールドマン・サックス証券、香港上海銀行、JPモルガン・チュース銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、ナットウエスト・マーケッツPLC、ノムラ・インターナショナルPLC、SBIリクイディティ・マーケット、スタンダードチャータード銀行、三井住友銀行、UBS銀行
会社情報
会社名外貨ex byGMO株式会社(Gaika ex byGMO, Inc.)
登録番号一般社団法人金融先物取引業協会 会員番号1186号
所在地〒102-8223
東京都千代田区紀尾井町1-3
東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー23階
設立2003年9月1日
資本金4億9千万円
口座数421,405(2021年7月末)
自己資本規制比率1040.9%(2021年8月末)
信託保全三井住友銀行
みずほ信託銀行

外貨ex byGMOの特徴まとめ

  • GMOインターネットグループのFX業者なので、信頼性が高い。
  • 全24通貨ペアのスプレッドは国内最狭水準であり、米ドル/円は0.2銭原則固定。
  • 長期運用で差がつく、国内最高水準のスワップポイント!
  • 1,000通貨単位に対応しているので、初心者の方も低コストで始めることができる。
  • 36種類のテクニカル指標を搭載したExチャートは、動作が軽く使いやすい。
  • スマートフォン・タブレットアプリ「外貨ex」がとにかく高性能!
  • 買いポジションを保有した時のレートで、お得に円を外貨に交換できるので、海外旅行にも便利。
  • FXだけではなく、バイナリーオプションの取引も可能。

こちらから無料で外貨ex byGMOの口座開設ができます!