アイランドリバーサル|激レア激熱サインのローソク足パターンを解説!

アイランドリバーサルって聞いたことはありますか?

日経225(日経平均株価)やNYダウ、個別株なんかではよく出現する、天底の反転を示唆するローソク足パターンです。

残念ながらFXのチャートではあまり出現しないのですが、これを知っていることで、FXでも反転を捉えるのに役立てることができます。

それではアイランドリバーサルについて解説していきます。

アイランドリバーサルとは?

チャートで相場がトレンド方向に窓(ギャップ)という空間を開けるように、上昇相場なら上方向に、下降相場なら下方向にレートが放れ、再び同じくらいの幅で窓を開けて、レートが元の水準に戻ってくるローソク足パターンのことです。

両窓のギャップと高値(安値)それぞれが「離れ小島」のようなフォーメーションに見えることから、アイランド(島)リバーサル(反転)と呼ばれています。

アイランドリバーサルが形成となれば、大きなトレンドの転換となることも多いです。

古くから日本で使われている酒田五法でも「宵の明星」「明けの明星」と名付けられており、天底を示すシグナルとして知られています。

アイランド・トップ

上に窓が開いた動きをギャップアップといい、開いた窓を埋めるように下に窓が開けばギャップダウンとなり、ギャップダウンをもってアイランド・トップの完成となります。

アイランド・トップ(三川宵の明星)
アイランド・トップ(三川宵の明星)

アイランド部分のローソク足の本数ですが、日足なら最低でも1本あれば、アイランドリバーサルとして見なされます。

1日で反転することもあれば、数日かけて反転することもありますが、期間が短いほど反転の勢いが強いと判断することができます。

実際にアイランド・トップとなったチャート例はこちらです。

リバーサルトップとなった日経225
参考チャート:日本経済新聞社

酒田五法では「よいの明星」と呼ばれています。

もしアイランド部分が1本で十字線だった場合は、「宵の十字星」といい、強力な売りシグナルとなります。

アイランド・ボトム

アイランド・トップとは逆の形状で、下落局面でギャップダウンとなり、その後窓を埋めるようにギャップアップとなればアイランド・ボトムとなります。

アイランド・ボトム(三川明けの明星)
アイランド・ボトム(三川明けの明星)

アイランド・ボトムも実際のチャートで見てみましょう。

リバーサルボトムとなった日経225
参考チャート:日本経済新聞社

酒田五法では「明けの明星」と呼ばれています。

もしアイランド部分が1本で十字線だった場合は、「明けの十字星」といい、強力な買いシグナルとなります。

スパイクフォーメーションのアイランドリバーサルにも注目

短期間で急激な上昇トレンド、下落トレンドそれぞれの組み合わせで出現するフォーメーション分析に、スパイクフォーメーション(スパイクトップ、スパイクボトム)があります。

ダブルトップ(ダブルボトム)やヘッドアンドショルダーズ(ヘッドアンドショルダーズ・ボトム)と同じように天底で出現する形状ですが、スパイクフォーメーションは「より鋭角なワントップ」のイメージです。

近年でいうと、コロナショック時のようなV字型のチャートですね。

スパイクトップ+アイランド・トップ
スパイクトップ+アイランド・トップ
スパイクボトム+アイランド・ボトム
スパイクボトム+アイランド・ボトム

マーケットを揺るがすような急激なトレンドのときに、スパイクフォーメーションと思われる形状が形成され、その天底でアイランドリバーサルが短期間で出現したら、トレンド転換を強く示唆する可能性が出てきます。

日経225、NYダウの反転シグナルはFXのトレードにも役立つ

日経225やNYダウといった株価指数の動きは為替相場とも相関関係にあることから、こういった銘柄は米ドル/円の値動き要因ともなります。
ですから株価指数の動向を見ていない方でも、為替以外のマーケットに目を向けることで、為替相場のトレンド判断に役立ちます。

つまり日経225やNYダウでアイランドリバーサルを見つけられたら、米ドル/円の天底を捉えうる一つの要因となるのです。

通常、窓が空いてアイランドリバーサルが期待されるケースでは、その後は窓を埋めにいく動きが想定されています。
窓を埋めにいく展開がないと納得しないトレーダーは多いのではないでしょうか。

なおFXでは、極端にレートが飛ぶ動きは多くないため、アイランドリバーサルとならず、片方だけ窓が開くことは時折見られます。

実際に窓が開いたあと、トレンドが継続するのか、その後反転して窓埋めの展開になるのかは分かりません。
しかしトレンド継続、トレンド反転に関わらず、窓開け後は大きな変動となりやすい傾向があります。

そのためFXではアイランドリバーサルとならずとも、窓開けした相場に注目していくと、トレードチャンスを見つけるよりよい機会となります。

もし天底の反転を探すなら、日足以上で移動平均線、MACDなどテクニカル指標の位置関係を見ながら窓開け・窓埋めを探してみてください。

アイランドリバーサルを見つけるときの注意点

日経225を例に、解説していきます。

実は日経225(現物)と日経225CFDでは、チャートの形状が違います。

そもそも日経225ですが、東証一部上場のうち選定された225銘柄を平均化させた日本を代表する株価指数です。
つまり一般的な日経225というと、現物の値動きのことを指しています。

対して日経225CFDは、日経225の値動きを原資産としており、大阪取引所(大証)、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)、シンガポール証券取引所に上場された「日経225先物」に連動したものであることが違いです。

まずは現物のチャートをご覧ください。

日経225のチャート(現物)
日経225のチャート(現物)

続いて、同じ期間で表示させたGMOクリック証券CFDのチャートです。

GMOクリック証券のチャート(日経225CFD)
GMOクリック証券のチャート(日経225CFD)

CFDでは現物を保有することなく、現物の値動きベースとしたレートで売買できるわけですが、取引時間が限定された現物と異なり、ほぼ24時間取引できることから、レートに違いが出てきます。

それ以上に、店頭CFD業者はカバー取引先の金融機関から提示されたうちの有利なレートから顧客に配信されていることもあり、現物のチャートと比べると、ギャップが出現しにくくなっています。

GMOクリック証券CFDのチャートを見ると分かりますが、日経225はなめらかな動きをしていることが分かりますね。

そうするとアイランドリバーサルが判断しにくいため、現物価格をチャートで見ることがポイントとなってきます。

アイランドリバーサルの判断におすすめのチャート

アイランドリバーサルは、個別株ならCFD提供業者のチャートで見ることができますが、株価指数はCFD提供業者のチャートではなかなか見られません。

そこでおすすめなのが、日経225を算出・公表している日本経済新聞社のSmartChartPLUS(スマートチャートプラス)というチャートです。

⇒スマートチャートプラス|日経平均株価

ニュース表示など一部機能は有料ですが、チャートはほとんどの機能が無料で使うことができて、スマホにも対応しています。

ちなみにスマートチャートプラスでは、NYダウも現物のチャートで見れたり、テクニカル指標の表示もできるので、アイランドリバーサルの判断に便利です。

スマートチャートプラスで表示させたNYダウと移動平均線

↑記事執筆時点のチャートですが、NYダウはギャップダウンして大きく下げており、米大統領選間際ということもあり、今後の展開が注目されています。

アイランドリバーサル【まとめ】

FXトレーダーもCFDトレーダーも、普段使っているチャートを補完する目的で、アイランドリバーサルを見つけやすいスマートチャートプラスを使ってみてはいかがでしょうか。

なお日経225やNYダウを売買できるCFDにも興味があるなら、低スプレッドで取引手数料は完全無料、さらに取り扱い銘柄数も豊富なGMOクリック証券がおすすめです。

もちろんFX口座もスプレッドの狭さ、取引ツールの高機能さは優秀で、GMOクリック証券なら株価指数をバイナリーオプションで取引も可能です。

GMOクリック証券「FXネオ」

GMOクリック証券はスプレッドが狭くスワップポイントは高いので、短期売買〜長期売買まで幅広く対応します。

操作性が抜群のスマートフォンアプリにより、外出先でも多彩な注文を柔軟に行えます。数少ないMac取引専用アプリを提供する会社なので、Macユーザーも安心ですね。
チャート上をクリックするだけで発注できる高機能取引システムにより、チャンスを逃がすことなく売買が行えます!

高機能チャート分析ツールであるプラチナチャートプラスは38種類のテクニカル指標が用意されていて、デモ取引でも利用が可能。
24時間電話サポートに対応し、FXのニュース配信も多いので、GMOクリック証券なら初心者の方も安心してお取引ができます!

GMOクリック証券「FXネオ」の口座開設 特典情報
特典期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大30,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でGMOクリック証券の口座開設ができます!

激レア激熱サインのローソク足パターン、アイランドリバーサルを徹底解説!
最新情報をチェックしよう!