ダブルトップ・ダブルボトムの見方・使い方

ローソク足のチャートパターン分析でもっとも有名なのが、これから解説するダブルトップとダブルボトムです。

相場の天底で捉えたのち、上手くトレンドに乗れれば、大きな利益に期待ができる分析方法です。

FXでもっとも基本的なチャートパターンとなるダブルトップ・ダブルボトムの見方と、売買するときの具体的な使い方をご紹介します。

ダブルトップの見方

ダブルトップは、天井圏での「M」の形が目印となります。

上昇を続けた相場が、上値抵抗線(レジスタンスライン)を抜けることなく、ネックラインを下回るとき、ダブルトップが形成されます。

売りサイン

ダブルトップのネックラインとエントリーポイント

  1. ネックラインを下にブレイクアウトするタイミングを売りサインとする見方もありますが、ネックラインを少し下抜けた後に反転して上昇することも考えられます。
  2. ネックラインがレジスタンスラインとなり、上値を支えるラインとなってから売りサイン(戻り売り)と見た方が、より信頼性が高くなります。

ダブルボトムの見方

ダブルボトムは、大底圏での「W」の形が目印となります。

下落を続けた相場が、下値抵抗線(サポートライン)を割ることなく、ネックラインを上回るとき、ダブルトップが形成されます。

買いサイン

ダブルボトムのネックラインとエントリーポイント

  1. ネックラインを上にブレイクアウトするタイミングを買いサインとする見方もありますが、ネックラインを少し上抜けた後に反転して下降することも考えられます。
  2. ネックラインがサポートラインとなり、下値を支えるラインとなってから買いサイン(押し目買い)と見た方が、より信頼性が高くなります。

ダブルトップとダブルボトムのポイント

ダブルトップとダブルボトムは、相場が反転する天井と大底で出現するチャートパターンですので、頻繁に発生しません。

チャートパターンが形成されたと思っていても、ブレイクアウトや戻り・押し目のタイミングで、レートが反転して再びネックラインを抜けるような状況もありますが、このような場合は天井や大底ではなかった可能性が高いと言えます。

そして、ダブルトップやダブルボトムなどで天井・大底を見極める場合、チャートの足種が短い期間だとダマシも多くなりがちです。

チャート分析にあたり、日足などの長期間でトレンドラインを描画して、長期的な方向性を十分理解して分析していきましょう。

ダブルトップ・ダブルボトムの類似売買パターン

ダブルトップとダブルボトムは山・谷が2つですが、山・谷がそれぞれ3つ形成されるときは、トリプルトップ、トリプルボトムといいます。

トリプルトップ、トリプルボトムはダブルトップやダブルボトムに比べて上値、下値で跳ね返される回数が多く、天井・底をつける動きを見せやすいことから、トリプルトップやトリプルボトムの方が信頼性は高くなります。

そして、トリプルトップの真ん中の山が高いものをヘッドアンドショルダー(ヘッドアンドショルダーズ・トップ)、トリプルボトムの真ん中の谷が深いものをヘッドアンドショルダーズ・ボトムといいます。

こちらはさらに出現頻度が低くなるため、トリプルトップ、トリプルボトムよりも信頼性は高くなります。

関連記事

チャートにサポートライン、レジスタンスラインを引いてトレンドライン分析を行うようになってくると、「ヘッドアンドショルダー」に興味を持つ方も出てくるのではないでしょうか。ヘッドアンドショルダーが出現すれば、強力な相場の反転を示唆してく[…]

ヘッドアンドショルダーの見方・使い方

おすすめチャートのFX会社

YJFX!のチャートはインストール不要のブラウザ版ながらも、インストール版のような保存機能を搭載!

軽快ながらも、正確にトレンドライン描画できる高機能さが魅力です!

YJFX!(ワイジェイFX)「外貨ex」

安心感を求めるなら、大手ヤフーグループのYJFX!「外貨ex」で決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

スマホ/タブレットアプリ「Cymo」は直感的にサクサクと発注でき、取引に便利なプッシュ通知機能も備えています。

取引を楽しみながらPayPayや現金相当を貯められるのも、YJFX!ならではの魅力となっています。

YJFX!の口座開設キャンペーン情報

2020年12月1日(火)〜 終了日未定のキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大27,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でYJFX!「外貨ex」の口座開設ができます!

ダブルトップ・ダブルボトムの見方・使い方
最新情報をチェックしよう!