トレンドラインの見方・引き方【FXライントレード分析術】

チャートで高値と高値、もしくは安値と安値を結んだ線のことを、トレンドラインを言います。

ネット上にはトレンドラインの間違った引き方を解説するコンテンツが溢れていますが、この機会に正しい描画方法を見に付けましょう。

こちらのページでは、トレンドラインの見方から、FX初心者の疑問となりがちな「トレンドラインの上手な引き方」について解説します。

チャートにトレンドラインを引く理由

トレンドラインは、現在の相場が上昇傾向か、下降傾向かを掴むため、また、相場の転換点を探し、売買タイミングを図るためにも使います。

トレンドラインを引くことによって、現在どのように推移しているのかを一目で判断することができ、右肩上がりなら上昇トレンド右肩下がりなら下降トレンド上下に平行にラインが引けるならレンジ相場となります。

トレンドラインや垂直線、水平線などの線を用いた分析による売買手法は「ライントレード」とも呼ばれています。

こちらの記事で使い方をマスターして、ライントレードに活用しましょう。

トレンドラインは2つある

トレンドラインには、サポートラインとレジスタンスラインの2つがあります。

複数の安値と安値を結んだ線のことを、サポートラインと呼びます。
反対に、複数高値と高値を結んだ線のことを、レジスタンスラインと呼びます。

また、ここでは分かりやすく2つに分類していますが、実際のチャートでは、それまでサポートラインとして機能していた線が、下抜けた瞬間にレジスタンスラインになったりもします。

サポートラインの見方

安値と安値を結んでできるサポートラインは、日本語では支持線と言います。

サポートラインは2点以上の安値を結ぶ
サポートラインは2点以上の安値を結ぶ

安値をサポートするかのごとく、サポートラインによって下値を支えることからサポートラインと呼ばれます。

サポートラインは最低でも2点以上の安値を結ぶことが条件となり、機能する安値が多いほど信頼性が高くなります。

サポートラインの売買サイン

サポートラインを引けている時点で上昇トレンドですから、基本的には押し目買いで買いタイミングを探っていきます。

関連記事

FXはやみくもに売買するだけでは、長期的な収益化ができません。押し目買い・戻り売りは、大きな利益獲得に期待ができるトレンド狙いの逆張り手法です。エントリー[…]

押し目買いと戻り売りを解説!

かんたんな押し目買いのイメージは以下です。

押し目買い

チャートをずっと見れない方は売買タイミングをよく見失うこともあるため、下記はサポートラインをあえてサポートゾーンにした例です。

押し目形成後の水平ブレイクアウト
押し目形成後の水平ブレイクアウト

正しくはこのサポートゾーンの下端となるサポートラインが買いタイミングとなりますが、このゾーン内であれば押し目買いで相場を捉えたと判断できます。

もし押し目買いのタイミングを見失ったとしても、直近の水平高値をブレイクした○の位置でブレイクアウトを狙うことができます。
上方ブレイクアウトの場合、押し目買いに比べると利幅は少なくなりますが、信頼性には期待ができる手法です。

サポートラインは単体でも分析できますが、トレンド継続時の買い場を判断するなら、移動平均線も併用して、グランビル買いの法則②、③を探ることも検討してください。

関連記事

グランビルの法則とは、移動平均線やゴールデンクロス・デッドクロスを考案したジョセフ・E・グランビルによって編み出されました。もともと株で使われていたグランビルの法[…]

「グランビル8つの法則」の見方・使い方を図解入りで解説!

レジスタンスラインの見方

高値と高値を結んでできるレジスタンスラインは、日本語では抵抗線と言います。

レジスタンスラインは2点以上の高値を結ぶ
レジスタンスラインは2点以上の高値を結ぶ

高値への抵抗として、上値を支える線であることから、レジスタンスラインを呼ばれます。

レジスタンスラインを結ぶ高値も最低2点以上が条件となり、機能する高値が多いほど信頼性も高くなります。

レジスタンスラインの売買サイン

サポートラインでご紹介した押し目買いの逆が「戻り売り」となり、先ほどと反対の見方で問題ありません。

トレンドラインが引ける時点で明確なトレンドが発生しているため、戻り売りが基本スタンスとなります。

戻り売り

押し目買い同様に、移動平均線を併用してグランビルの法則を使うと、よりトレンド継続時の売り場を探るのに役立ちます。

この場合、グランビル売りの法則⑥、⑦を探ってみてください。

それまで機能していたサポートラインを割って、直近の過去安値(レジスタンスラインの場合は過去高値)を抜けたらトレンド転換を示します。そして、過去安値の水平ラインを下方ブレイクアウトにより、下降トレンドの目線に戦略に切り替えることができます。

トレンドラインの引き方は接点と足種がポイント

まずはチャートで「複数の高値」または「複数の安値」を結ぶ線を引いてみましょう。

ラインの引き方ですが、まずは思った通りに何度も何度も描くのが上達の第一歩です!

失敗してもすぐに書き直せばいいだけですし、繰り返し練習しているうちに、自然と上手に描けるようになるでしょう。

例えば、複数の安値を結んでサポートラインを書くとします。

このとき、安値となる接点が3つ以上あると、よりそのトレンドラインの信頼度が高くなります。

トレンドラインへの接点となる安値(高値)が3つ、4つ、5つと増えるにつれ、そのラインはなかなか突破が難しいとされ、突破した場合はより強い力が働いたことにより、大きく抜けた方向に推移したりします。

またトレンドラインを引くときは、あまり短い足種で描かないことです。

1分足や5分足などの短い足種の場合、通貨ペアによってはレートのブレが大きく、すぐにラインを抜けたり割ったりします。

つまり、トレンドラインを引くときの足種は、日足など時間軸が長くなるほど、その分信頼性も高くなるので、最初のうちは日足あたりから始めてみるといいでしょう。

ヒゲをトレンドラインに収めるべき理由

トレンドラインを引くときのよくありがちな疑問ですね。

ローソク足のヒゲがトレンドラインに「収めるべき」か「多少はみ出しても気にしない」のどちらが正しいのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

このヒゲですが、正しくは「ヒゲも含めて必ずトレンドラインに収めることがルール」です。

トレンドラインの正確な描画ルール(サポートラインの場合)
  1. まず前提としてトレンドラインを引くとき、上昇トレンド時なら意味ある安値同士(下降トレンド時なら、意味ある高値同士)を結ぶ必要がある。
    「意味ある〜」とは❷、❹の条件を満たす安値を指す。
  2. サポートラインを下回る安値があってはならない。
    (※安値はラインに被ってはいけない。下回った安値があれば、意味のない安値を結んだことになる。)
  3. 描画したサポートラインを下回る安値がこの先出現したら、その時点で描画したサポートラインの役目は終わり、それと同時に下降トレンドに転じたかを見極めていく必要がある。
    もし反転上昇したら、新しいサポートラインを探し出す。
  4. サポートラインは、レートが過去の高値(山のピーク)を上方ブレイクした時点で描画できる。

そもそも安値や高値は、ローソク足でいうヒゲの先端のことですから、ヒゲを収まらないようにラインを引いた場合、正しくはトレンドラインとは呼ぶことができません。

そしてトレンドラインというのは、一度でも突破されたら、それまでのトレンドラインとして機能しなくなるため、トレンドラインと呼べないルールです。
(※これは日本テクニカルアナリスト協会の会員なら知っているお話です。)

そのためトレンドラインが突破されたら、新たにトレンドラインを再描画する必要があるということです。

ヒゲを収めた方が、よりラインの信頼度が高くなることは言うまでもありませんね。
きれいに収めないほうが自然なケースもあると思いますが、そんなときでも、出来るだけヒゲは収めて描くことを意識するとよいでしょう。

トレンドライン描画のポイント!

ヒゲを収めない方がラインをブレークするタイミングは早まりますが、少しでも分析の精度を上げることを考えてみてはいかがでしょうか。

相場急変時はヒゲが長く伸びたりしますので、そのようなときは、今後転換となるかも知れないと予測しておくことが大切です。

ヒゲは出来る限り収めるようにしつつ、ラインをブレークするタイミングを監視する方が重要だと言えます。

トレンドラインを引くときの注意点

トレンドラインは、どの通貨ペアに描画しても有効だとお考えではありませんか?

実はトレンドラインを引く前に、その通貨ペアは流動性が高いかを把握しておく必要があります。

これはトレンドラインにも水平線にも言えることですが、流動性が低い(=取引量が小さい)通貨ペアは、世界中のトレーダーが注目していませんので、描画したラインに達したからといって、効かずにそのサポート、レジスタンスは幻想であった可能性も出てきます。

そしてトレンドラインは個人の裁量で引けるので、短期の足種でラインを引いても意味がないケースもあります。

とくにドルストレートに比べると、クロス円は流動性が低く、ドルストレートの値動きに牽引されて動くため、テクニカル的にもドルストレートより難易度が高くなります。

いかにトレンドラインの信頼性を上げるかに注目するなら、ドルストレートで流動性が高い通貨ペアを選ぶことが重要となります。

 

通貨ペアごとの取引量については、下記記事もご参考にどうぞ。

関連記事

実際にFXを始めるとき、まずはじめに「どの通貨ペアを選ぶか」が最初の一歩となりますよね。初心者の方ほど、最初の通貨ペア選びにおいて、テクニカル分析がより効果的な通[…]

初心者の通貨ペア選び|テクニカル分析の効きと流動性の深い関係
関連記事

FXでは、初心者にも取引しやすい通貨ペアがあることを知っていますか?売買に興味を持つと、通貨ペアにはさまざまな組み合わせが存在することが分かりますね。もち[…]

初心者におすすめな通貨ペアは?通貨ペアごとの特徴・選び方を解説!

ライン分析は他にも色々ある

ここで紹介した以外にも、ラインを描くことによって分析する手法には、実にさまざまな種類があります。

斜めにこだわらず、水平線を引いて直近の高値・安値に注目することも重要です。

トレンドラインはお好みの足種に引けたり、お好みのローソク足の地点に描画できる自由度が高いです。
その反面、水平線は世界中の投資家が同じ価格で判断できるため、信頼性は水平線の方が高いと判断されています。

またクロス円など流動性が低い通貨ペアはドルストレートの値動きに牽引されて動きやすいため、流動性が高い通貨ペアに比べると、トレンドラインの信頼性にも注意しなければいけません。

関連記事

チャートに水平線を引いていますか?テクニカル要因を探っていくチャート分析にも、いろいろなやり方があります。FXをはじめたばかりの方は、本やインターネットで[…]

チャートの縦軸とローソク足に注目! トレンドラインより水平線が重要な1つの理由

 

またトレンドラインと同時に、三角保ち合いなどのチャートパターンを知っておくと、売買判断に役立てることができます。

関連記事

FXは中長期で大きなトレンドを形成することから、相場の天井・大底が出現することは滅多にありません。そのため通常の局面でトレードチャンスを探し出すには、保ち合い(も[…]

保ち合いのチャートパターンを一覧で解説!

これらの売買パターンは知っているのと知らないのでは、売買のチャンスが到来したとき、すぐに対応できるか、気付かずにスルーしてしまうかの分かれ道となってしまいます。

トレンドライン分析をするなら、チャートパターン分析もこの機会にしっかり身につけていきましょう。

 

各社のチャート機能は、こちらのページで詳しくご紹介しています。

関連記事

スプレッドの狭さや1,000通貨対応、通貨ペア数など、FX会社選びには実に多くの要素があります。FXは取引をするほど、取引画面に接する時間は長くなりますよね。[…]

チャート・取引ツール比較

おすすめチャートのFX会社

外為オンラインのチャートは、2つの通貨ペアを1つのチャートに重ねて表示できる「比較チャート」を搭載!値動きを比べながら売買が行えます。

外為オンライン

外為オンライン|新規取引口座開設でキャッシュバック最大150,000円

外為オンラインは1,000通貨単位に対応しているので、少額からFXを始めたい方にオススメ!

取引システムはシンプルながらも直感的に操作できる、初心者にも扱いやすいのが特徴。チャート機能も充実していて、比較チャートでは2つの通貨ペアを重ねて分析ができます。
またリピート系自動売買「iサイクル2取引」によって、手間をかけずに運用も可能です。

スマートフォンアプリ(iPhone/Android)、タブレットアプリ(iPadやAndroidタブレット)を使って出先でもスムーズに取引できます。
デモトレード対応に対応し、マーケット情報も豊富なので、FXの入門にもおすすめの業者です。

業界トップクラスの開催数を誇る無料セミナーは初心者にも分かりやすいと好評なので、都合のいい方はぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

外為オンラインの口座開設キャンペーン情報

キャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大150,000円をキャッシュバック!

こちらから無料で外為オンラインの口座開設ができます!