チャート・取引ツールでFX会社を徹底比較!【ブラウザ版・インストール版】

スプレッドの狭さや1,000通貨対応、通貨ペア数など、FX会社選びには実に多くの要素があります。

FXは取引をするほど、取引画面に接する時間は長くなりますよね。
ですから取引ツールやチャートの使いやすさというのは、FX取引において重要なウエイトを占めているのです。

それでは各社の取引ツールを比較しながら、おすすめの取引ツールをご紹介します。

Webブラウザ版とインストール版によるFX取引の違いは?

FXの取引システムにはブラウザ版インストール版(専用ソフト)があります。
まずは、それぞれの取引システムの違いから見ていきましょう。

Webブラウザ版のチャート/取引システム

FXのブラウザ版取引ツールは、なんといっても手軽さが魅力!

Google ChromeやMicrosoft Edge、Safariなどで動作するのがブラウザ版の取引システムです。
メリットとして、インターネットに接続されたパソコンと、FX口座のID・パスワードがあればどこでも取引できる点にあります。
急に取引する必要があるときは、知人のパソコンを借りてトレードもできます。ただしこの場合は履歴の削除が必須です。

このように、Webブラウザ版取引システムは「お手軽」に使えるのがいいところです。
インストール不要なので、PC本体の容量を気にする必要もありません。
近年はHTML5という技術の台頭により、軽量に動作するブラウザ版チャートの開発に力を入れる会社が増えています。

本来、チャートに引いたラインを保存したり、自分でカスタマイズした取引画面を次回もそのまま起動させる、といった機能をブラウザ版は苦手でした。しかし近年では、YJFX!のExチャートのように自動保存機能を搭載したブラウザ版チャートも登場してきています。

関連記事

FXのチャートといっても業者ごとに「見やすさ」「使い勝手」が大きく違います。そして、ひと括りにチャートといっても、それぞれ以下のように異なる特徴があります。 Webブラウザ版の分析専用チャート(保存機能あり、なし) […]

FX初心者におすすめのWebブラウザ版チャート

インストール版のチャート/取引システム

インストール版取引ツールは、自由度が高く、高機能が魅力!

インストール版は専用に作られたアプリケーションで、自分の使いやすい取引環境を構築させたい方はインストール版がおすすめです。

まずブラウザ版にはない「チャートに引いたラインの保存機能」ですが、インストール版取引システムなら設定や保存ができるので、いつでも自分の取引環境を立ち上げられるのがメリットです。
ブラウザ版は通貨ペア・時間足を選び、テクニカル指標を表示させてトレンドラインを描画するといった流れを、起動させる度に何度も行わなくてはいけません。
とくに日足や月足を使った長期でトレンドを判断するとき、一度チャートにトレンドラインを描けばそれなりの期間でしっかり機能してくれます。

つまり、上級者のみならず本格的にFXに取り組みたい方は、自分のパソコンには出来る限り専用ソフトをインストールするのが望ましいです。

ブラウザ版チャート・取引ツールで比較

ブラウザ版の分析専用チャートや、ブラウザ版取引ツールで比較しています。

FX会社名
ツール名
タイプテクニカル
指標
トレール
注文
売買
シグナル
システム
トレード
デモ
トレード
Mac
対応
Exチャート分析専用チャート36
種類
プラチナチャート
プラス
分析専用チャート38
種類
FXトレーダー取引ツール一体型20
種類
MATRIX TRADER分析専用チャート
取引ツール一体型
30
種類
外為オンライン
チャート
取引ツール一体型26
種類

*1
ブラウザ版取引ツール一体型18
種類

*1
DMMFX PLUS取引ツール一体型20
種類
プレミアチャート分析専用チャート29
種類
プレミアチャート分析専用チャート29
種類
プライムチャート分析専用チャート54
種類

ちょいトレFX
マネックス
トレーダーFX
取引ツール一体型28
種類
G.comチャート分析専用チャート17
種類
FX会社名
ツール名
タイプテクニカル
指標
トレール
注文
売買
シグナル
システム
トレード
デモ
トレード
Mac
対応

インストール版チャート・取引ツールで比較

インストール版の取引ツールで比較しています。

FX会社名ツール名テクニカル
指標
トレール
注文
売買
シグナル
システム
トレード
デモ
トレード
Mac
対応
Cymo NEXT1
種類
Desktop Cymo36
種類
MT430
種類〜
はっちゅう君
FXプラス

種類
MATRIX TRADER18
種類
ダウンロード版18
種類

*1
プレミア
チャート
29
種類
プレミア
チャート
29
種類
FXTF MT430
種類〜
インストール版
外貨ネクストネオ
17
種類
C2、
.NET4
22
種類
FX会社名ツール名テクニカル
指標
トレール
注文
売買
シグナル
システム
トレード
デモ
トレード
Mac
対応
*1 リピート系注文を含む。
注)YJFX!のMT4は分析専用チャートとなります。

 

「比較チャート機能」を搭載するチャートを徹底的にまとめました。

相関性も兼ねてチャート分析したい方は、こちらの記事も参考にどうぞ。

関連記事

FX業者のチャートには数ある機能が搭載されていますが、意外と便利なのが「比較チャート」です。こちらのページでは、比較チャートにスポットを当てて、各チャートをご紹介していきます。まず比較チャートですが、これはひとつのチャート上[…]

2つのレートを1画面でチェックできる「比較チャート」徹底調査!

初心者におすすめのチャート

それでは初心者におすすめのチャートをピックアップしてご紹介します。

発注画面とともに、チャートで日々分析していきますから、チャートの機能は会社選びのポイントとなります。

どれも操作性は抜群で機能面も申し分ないので、FX取引に慣れ親しんだ中〜上級者もぜひ試してみてください。

ヒロセ通商「LIONチャートPlus+」

とにかく多機能さで頭ひとつ抜けているのが、ヒロセ通商が誇るLIONチャートPlus+です。

分析に特化したブラウザ版チャートながらも、注文機能も備えています。

以下チャートのように顧客の注文状況をチャート上で見れるので、どの水準で転換が起こりそうか判断に役立ちます。

LIONチャートPlus+の価格帯別注文数
LIONチャートPlus+の価格帯別注文数

このほか自動フィボナッチ、主要市場ごとの色分け機能、経済指標連動チャート、比較チャート、米国債チャート、売買シグナル通知、ローソク足の本数計算、ローソク足の値幅計算と、分析に便利な多数の機能が搭載されています。

多角的にチャート分析したい方は、ぜひ普段の分析に取り入れてみてください。

こちらから無料でヒロセ通商「LION FX」の口座開設ができます!

FXプライム byGMO「プライムチャート」

ブラウザ版チャートなら、HTML5ベースで作られたFXプライム byGMOのプライムチャートがおすすめです。

ブラウザ版ながらも「移動平均線のクロス」のように売買シグナルの登録ができ、シグナル発生となればチャート上に表示されますので、チャンスを逃がすことなくトレードが可能です。

プライムチャートは売買シグナル機能を搭載!
プライムチャートは売買シグナル機能を搭載!

テクニカル指標は業界最高水準となる54種類と、豊富に取り揃えられています。

軽快な動作が魅力の分析専用チャートとなっていますが、1クリックで「ハイスピード注文」の起動ができるため、スキャルピング・デイトレードとの相性も抜群です。

こちらから無料でFXプライム byGMO「選べる外貨」の口座開設ができます!

YJFX!「Exチャート&分析専用MT4」

YJFX!デフォルトのチャートがExチャートです。

複数のチャートを一度に変更できるので、素早くチャートをセッティングできるのが特徴です。

YJFX!のWebブラウザ版チャート「Exチャート」
YJFX!のWebブラウザ版チャート「Exチャート」

オシレーター系テクニカル指標の表示箇所にはトレンドラインを描けないチャートが多いなか、Exチャートは描画可能なのも強みのひとつ。
そのため、ダイバージェンスという強力なトレンド転換のサインを判断しやすいチャートです。

ブラウザ版ながらも、トレンドラインを描画しても設定が消えないのもExチャートのポイントです。

 

MT4には自動売買機能も搭載されていますが、チャート分析専用としても広く利用されています。

YJFX!のMT4は取引機能がない分析専用のため、普段の補助的なチャートに便利です。

YJFX!版MT4のチャート画面

MT4というと難しそうなイメージがありますが、このMT4なら誤発注の心配もなく、心ゆくまで分析に集中できますね。

プロの投資家は複数の画面(マルチモニター)でチャート分析を行ったりしますが、こういったチャートの主流であるMT4。
MT4にはテクニカル指標を無制限にインストールできますので、自由自在にチャート分析できるのも強みです。

こちらから無料でYJFX!「外貨ex」の口座開設ができます!

チャート・取引ツール比較
最新情報をチェックしよう!