みんなのFX「通貨強弱」「ヒートマップ」が通貨ペア選びに便利!

FXトレードでは、そのときの旬な「最強通貨」と「最弱通貨」を考えることが重要になってきます。

これはデイトレからスイングトレードまでどんな取引期間においても共通です。

もっとも強い通貨ともっとも弱い通貨を選ぶことができたら、大きなトレンド、大きな利益を狙うことに期待できるからです。

FXにはさまざまな通貨ペアがあり、メジャーな通貨ペアといえば米ドル/円が筆頭ですが、チャンスがあるなら他の通貨ペアにチャレンジしたいとお考えの方も少なくないと思います。

こういった通貨ペア探しに便利なのが、みんなのFXのスマートフォンアプリに搭載された「通貨強弱」「ヒートマップ」です。

2つの通貨強弱ツールにはどんな機能が搭載してあるのかを解説しつつ、具体的な使い方もご紹介します。

「通貨強弱」の機能

通貨強弱では、一般的な通貨ペアのチャートとは異なり「通貨単体の強弱」を見ることができます。

これを使うことで、今相対的に買われている、もしくは売られている通貨を一目でチェックすることができます。

  • いまトレードではどの通貨ペアが有利か。
  • いまどの通貨ペアで「強い」「弱い」が明確か。

こういったマーケットの強弱を見るのに役立つツールとなっています。

通貨強弱では「チャート」「通貨ペアランキング」が用意されています。

チャート

こちらが通貨強弱のチャートです。

みんなのFX(スマホアプリ)に搭載された通貨強弱のチャート
通貨強弱(チャート)

強い通貨ほど上に、弱い通貨ほど下に表示されます。

国旗マークをタップするとラインが太字で表示されるので、特定通貨の動きが見やすくなります。

国旗マークをタップすると推移が見やすくなる

この通貨強弱のチャートでは、強弱値はそれぞれ対円で指数化されているため、日本円は必ず表示される仕様となっています。

当日朝の日本円をベースとしたリアルタイムな強弱の動きを、10分更新の間隔で閲覧することができます。

時刻の下にある▲のマークをスライドさせると、時系列での動きを見ることができ、国旗の順番も入れ替わるため、変化を見やすい作りとなっています。

最大で過去48時間の強弱推移を閲覧できる

デフォルトでは「本日」となっていますが、前営業日、1週間、1ヶ月、1年、10年に変更ができます。

チャート期間を本日、前営業日、1週間、1ヶ月、1年、10年から選択できる

デイトレなら本日のままでOKですが、中長期のトレードに使うなら期間を変更して使いましょう。

みんなのFXの全27通貨ペアを提供していますが、これに組み込まれている17通貨すべてが通貨強弱のチャートに対応しています。

「通貨編集」から、最大8通貨までお好みで選択ができます。

17通貨のうち8通貨までチャート表示が可能

対応通貨

日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、トルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランド、中国人民元、スイスフラン、カナダドル、香港ドル、シンガポールドル、ポーランドズロチ、ノルウェークローネ、スウェーデンクローナ

通貨ペアランキング

通貨強弱の通貨ペアランキングでは、通貨ペアごとの強弱をランキングで閲覧できます。

通貨強弱の通貨ペアランキング
通貨強弱(通貨ペアランキング)

以下は同時刻の弱い通貨ペア順です。

通貨強弱の通貨ペアランキング②

強い通貨ペアがレッド、弱い通貨ペアはブルーで示されます。また強い通貨ペアほど上に、弱い通貨ペアほど下に表示されます。

こちらの画像取得時点では、AUDNZD(豪ドル/NZドル)が最強通貨ペア、TRYJPY(トルコリラ/円)が最弱通貨ペアでした。

これらの通貨ペアをチャートで見てみましょう。

通貨強弱の更新時点で強かった通貨ペアのチャート
豪ドル/NZドルのチャート
通貨強弱の更新時点で弱かった通貨ペアのチャート
トルコリラ/円のチャート

豪ドル/NZドルは上昇、トルコリラ/円は下落していることが分かりますね。

「ヒートマップ」の機能

続いてヒートマップもご紹介します。

ヒートマップはリフィニティブ・ジャパン株式会社(旧トムソン・ロイター社)が提供している市場心理指数(リフィニティブ指数、以下RMI)をもとに、通貨ごとの強弱をグラフ化したものです。

通貨強弱と似ており、通貨の強弱を判断できる点は共通です。

しかしヒートマップでは『AI(人工知能)が機械学習と自然言語処理を使い、ニュースやソーシャルメディアをビッグデータ解析して市場データを数値化』しています。

つまり先ほどの通貨強弱は円ベースでの解析ですが、こちらは市場心理の解析(センチメンタルスコア)によるものが大きな違いです。

ヒートマップでは「マップ」「通貨ペアランキング」が用意されています。

マップ

マップでは世界37ヶ国の通貨ごとの強弱を、地域ごとに閲覧できます。

みんなのFX(スマホアプリ)に搭載されたヒートマップのマップ
ヒートマップ(マップ)

地域ごとというのもポイントで、市場ごと(ニューヨーク市場、ロンドン市場、東京市場)の強弱を判断しやすい作りとなっています。

RMIが強いほど買われやすく、弱いほど売られやすい傾向があり、強ければピンク、やや強めがレッド、中立はグレー、弱ければ水色、やや弱めがブルーで示されます。

ヒートマップの強弱を示すカラー

画面下部にあるバーを左右に動かせば、最大で過去48時間における、世界全体の推移を見ることもできます。

画面下部のバーを動かせば、過去48時間の通貨強弱の推移を見れる

マップに記された通貨コードをタップすると、画面下に国旗やセンチメンタルスコアが表示されます。

通貨コードをタップすると、通貨ごとのセンチメンタルスコアが表示される

さらにこの部分をタップすると、過去48時間の通貨ごとの推移を見られます。

センチメンタルスコアの詳細データ

地図も同様に、強い通貨はレッド系、弱い通貨はブルー系で表示されます。

強い通貨のセンチメンタルスコア例

このほかマップでは、暗号資産のビットコインも対応しています。

暗号資産のビットコインもヒートマップに対応

FX以外にビットコインもトレードする方は、ぜひ参考にしてみてください。

通貨ペアランキング

通貨ペアランキングでは、RMIを元にした通貨ペアの強弱がランキングで表示されます。

こちらも全27通貨ペアが対応しています。

みんなのFX(スマホアプリ)に搭載されたヒートマップの通貨ペアランキング
ヒートマップ(通貨ペアランキング)

以下は同時刻の弱い通貨ペア順です。

ヒートマップの通貨ペアランキング②

ただしデータの更新は1時間ごととなっており、ヒートマップの通貨ペアランキングよりも、通貨強弱の通貨ペアランキングの方がデータ更新が早いです。

とはいえ世界全体の過去〜現在まで強弱を見れるため、全体的な方向性を見るにも役立ちます。

通貨強弱、ヒートマップの使い方

通貨強弱とヒートマップを使えば、今どの通貨、通貨ペアが狙い目なのかを一発で判断することができます。

FXで大きな利益を得るために重要な「最強通貨」「最弱通貨」探しを、トレーディングアプリひとつで、パパっとチェックできるのが大きなメリットです。

例えば、米ドル/円とユーロ/円が強ければ、米ドルとユーロが強くて円が弱いことが分かります。

ヒートマップを使った三大メジャー通貨(米ドル、ユーロ、円)の強弱判断方法

このときユーロ/米ドルなら、買いが強い米ドルとユーロが拮抗してあまり値動きが出ない事も考えられます。

またおすすめの使い方ですが、通貨強弱、ヒートマップそれぞれの投資支援ツールを合わせて使うことです。
これにより、どの通貨ペアが上昇傾向か、下落傾向であるか、より高精度な分析に期待ができます。

ぜひ併用して、分析に活用してみてください。

通貨強弱、ヒートマップといった機能は、他社のFX取引アプリには基本的に搭載されていません。

みんなのFXだけではなく、同じくトレイダーズ証券・LIGHT FXのアプリでも使うことが可能ですが、LIGHT FXよりも通貨ペア数の多い、みんなのFXの方がおすすめです。

通貨強弱、ヒートマップはスマートフォンアプリでログインすれば利用が可能です。

使ってみたい方は、ぜひみんなのFXで口座開設を行ってお試しください。

スマホアプリでの起動方法

みんなのFXのスマートフォンアプリを起動してログインしましょう。

画面下部にある「マーケット」をタップしてください。
そして、上部のタブにある「通貨強弱」「ヒートマップ」をタップすれば起動ができます。

通貨強弱、ヒートマップの起動方法

このほか、みんなのFXではAIが米ドル/円の値動きを予測する「TMサイン」という投資支援ツールも利用できます。

詳しくは以下記事をご紹介しています。

関連記事

ときに売買判断を下すにあたり、ひとつの道しるべともなるのが、売買シグナル機能を搭載した取引ツールです。一般に売買シグナルツールというと、テクニカル指標固有のシグナルをチャートに表示させるタイプや、チャートパターンを検出してトレードチ[…]

みんなのFX|TMサイン|テキストマイニング(AI)による最新の売買シグナル配信サービスを解説!

他社と差が付く取引支援ツールでFX業者を選ぶなら、みんなのFXがおすすめです!

みんなのFX

トルコリラ/円、メキシコペソ/円など高金利通貨の最高水準スワップがみんなのFXの特徴!
長期的なスワップポイントの受け取りにイチオシの業者です。

スプレッドは業界最狭水準であり、約定率も高いので、デイトレードなど短期売買から中期売買にも向いています。1,000通貨単位から取引できますので、少額からスタートすることも可能です。

取引ツールには売買比率・価格分布(オープンオーダー)を搭載!どちらの方向でエントリーすればいいのか参考にするのもいいでしょう。
口座開設すれば、FX/シストレ/バイナリーオプション3つの取引ができるのも魅力。オンラインセミナー「みんなの金トレ」でFXを1から学べる環境が整っているのもポイントです。

みんなのFXの口座開設キャンペーン情報

2020年9月30日(水)までのキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大50,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でみんなのFXの口座開設ができます!

みんなのFXで使える投資支援ツール 通貨強弱&ヒートマップ徹底解説!
最新情報をチェックしよう!