DMM FX「プレミアチャート」はニュース連動と比較チャート機能を搭載

DMM FXでは高機能な取引ツール、DMMFX PLUSが提供されており、パソコンからトレードする場合は、基本的にはこちらのツールで売買を行います。

これとは別に、分析専用チャートとして提供されているのがプレミアチャートです。

「なぜ取引ツールにもチャートがあるのに、プレミアチャートもあるの?」

と疑問に感じるかも知れませんね。

しかしプレミアチャートには、分析に役立つ独自の機能が多数搭載されています。
その分析機能によって、通常の取引ツールとは異なる視点でチャート分析を行える魅力を持ち合わせているのです。

それではプレミアチャートの特徴や機能、使い方を詳しくご紹介します。

プレミアチャートの特徴

まずはプレミアチャートの特徴を、かんたんにまとめました。

  • Windows、Macどちらにも対応する。
  • 29種類のテクニカル指標を搭載。
  • ワンタッチでフィボナッチを描画できる。
  • オシレーター系の領域にもトレンドラインを引ける。
  • FX20通貨ペア、CFD7銘柄をお好みで比較することができる。
  • ワンクリックで分割チャートに切り替えできる。
  • 経済指標がチャートに連動。
  • レートアラートを搭載し、画面上にポップアップで通知できる。

もちろん実際に売買をするDMMFX PLUSにも20種類のテクニカル指標が搭載されています。

しかしプレミアチャートでは、それよりも多い29種類のテクニカル指標を使うことができます。

また比較チャートはどちらにも搭載されているのですが、DMMFX PLUSの方は高度な分やや難しさもありますが、プレミアチャートの比較チャートは直感的に分析できる点が優れています。

それでは具体的な機能を見ていきましょう。

全29種類のテクニカル指標を提供

テクニカル指標はトレンド系15種類、オシレーター系14種類が用意されています。

プレミアチャートのテクニカル指標

定番の移動平均線ボリンジャーバンド一目均衡表から、人気のスパンモデルスーパーボリンジャーGMMAも使うことができます。
もちろん色やパラメーター等、細かく設定することが可能です。

トレンドラインは通常、上部のトレンド系の範囲にしか引くことができませんが、プレミアチャートならオシレーター系にも引くことができますので、「ダイバージェンス」を判断する分析にも応用ができます。

フィボナッチをワンタッチで描画!

ワンタッチ分析ツールを使えば、始点を終点を選択することもなく、ワンタッチでフィボナッチ・リトレースメントを表示させることができます。

DMM FXのプレミアチャートに搭載されたフィボナッチ・リトレースメント

とても簡単なので、パパっと押しや戻りの目安を判断したいときに重宝します。

ちなみにワンタッチ分析ツールには「価格分割」もあります。
こちらを使えばフィボナッチ同様に重要視されている、「1/3」「2/3「1/2」の水準をパパっと確認することができます。

4分割・6分割チャートで複数の通貨ペアを一覧表示

プレミアチャートは複数の分割チャートに対応しています。

2分割〜6分割チャートまで用意されているので、複数の値動きを同時に把握することができます。

プレミアチャートは4画面・6画面チャートに対応

複数のチャートを一覧で表示させることで、どの通貨ペアが今動いているのかが一目瞭然です。

いろいろな通貨ペアでの取引に挑戦したい方は、分割チャートを試してみてください。

経済指標がチャートと連動!

経済指標データがチャート上で連動していることが、プレミアチャートの魅力です。

プレミアチャートは経済指標とチャートと連動

チャート上部に表示される「▼」をクリックすると、値動きに影響を与えた経済指標の「予想」「結果」「前回結果」が表示されます。

なぜそのとき為替が動いたのか、チャートに連動する経済指標から判断することができます。

比較チャート機能で値動きの相関性が見れる!

比較チャート機能は、2つのチャートを重ねて表示できる機能です。

DMM.com証券では、FXの他にCFD取引もできます。

比較チャートでは通貨ペアだけではなく、CFD銘柄も対応しています。

そのため、米ドル/円と日経225の値動きを比べることも、比較チャートを使えばかんたんです。

比較チャートを使うには、1画面チャートの状態にしてで「テクニカル」をクリックしましょう。
そして左メニューにある「比較チャート」から、比較したい銘柄を選ぶだけです。

CFD銘柄との比較チャート機能を搭載

ちなみにDMM.com証券のCFD口座、DMM CFDでは7銘柄(NYダウ、ナスダック100、S&P500、日経225、金、銀、原油)を取り扱っています。

アメリカの株価指数や金、原油などと為替の相関性を発見できたら、取引にも大いに役立つでしょう。

レートアラート機能で狙ったタイミングを逃がさない

プレミアチャートではレートアラート機能を搭載しています。

レートアラートとは、指定したレートになると「音」と「ホップアップ」で知らせてくれます。

「このくらいの水準まで下がったら買いたい。」なんてときに便利な機能なんですね。

レートアラートを使うには、右側のメニューにあるベルのアイコンをクリックしましょう。
そうすると、アラートウインドウが表示されます。

レートアラート機能の表示方法

通知させたいレートを設定してOKをクリックしたら、あとは待つだけです。

アラートの変更をしたいときは、以下画像の赤丸部分のアイコンをクリックして変更もできます。

アラートの変更方法

そして、指定したレートになると音とホップアップでアラートが行われます。

 

DMM FXでもっとも実用的と感じるのが、やはり多彩な銘柄と比べられる「比較チャート」「ワンタッチのフィボナッチ」です。

また「オシレーター系の領域にトレンドラインを描画」できるチャートは貴重ですし、これによって分析の幅も広がりますね。

このプレミアチャートのように、ブラウザ版でアラート機能を備えるチャートはほとんどありません。
アラートを設定すれば、画面に張り付くことなく通知されますので、大きく変動している相場のときは特に重宝します。

デメリットがあるとすれば、DMM FXのプレミアチャートには注文機能がないことです。
ですが、プレミアチャートは取引ツールから起動するので、この部分はまず気にする必要はないでしょう。

DMMFX PLUSにプレミアチャートも組み合わせて使うことで、より高度な分析に力を発揮してくれます。

DMM FXで始めようと考えている方は、2つのツールを組み合わせて取引に活用していきましょう。

関連リンク:DMM FX|プレミアチャート 操作マニュアル

「プレミアチャート」のスペック

足種
12種類
  • ティック
  • 1分足
  • 5分足
  • 10分足
  • 15分足
  • 30分足
  • 1時間足
  • 4時間足
  • 8時間足
  • 日足
  • 週足
  • 月足
通貨ペア数
20通貨ペア
  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • スイスフラン/円
  • カナダドル/円
  • 南アフリカランド/円
  • ユーロ/米ドル
  • ポンド/米ドル
  • 豪ドル/米ドル
  • NZドル/米ドル
  • 米ドル/スイスフラン
  • 米ドル/カナダドル
  • ユーロ/ポンド
  • ユーロ/豪ドル
  • ユーロ/NZドル
  • ユーロ/スイスフラン
  • ポンド/豪ドル
  • ポンド/スイスフラン
チャートタイプローソク足 / ラインチャート / 平均足
テクニカル指標
29種類

【トレンド系】

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • エンベロープ
  • 回帰トレンド
  • HLバンド
  • 加重移動平均線
  • 一目均衡表
  • 指数平滑移動平均線
  • 線形回帰分析
  • ピボット
  • スパンモデル
  • スーパーボリンジャー
  • パラボリック
  • GMMA
  • フィボナッチピボット

【オシレーター系】

  • モメンタム
  • ストキャスティックス
  • アルーン・インディケーター
  • RSI
  • CCI
  • アルーン・オシレーター
  • 移動平均乖離率
  • ウイリアムズ%R
  • ROC
  • MACD
  • DMI
  • ATR
  • RCI
  • RVI
描画オブジェクト
12種類
  • 自動フィボナッチリトレースメント
  • 自動価格分割
  • トレンドライン
  • チャネルライン
  • ホリゾンタルライン(垂直線)
  • バーティカルライン(水平線)
  • フィボナッチアーク
  • フィボナッチリトレースメント
  • フィボナッチターゲット
  • フィボナッチファン
  • ローソク足本数計測
  • ローソク足値幅計測
画面分割最大6分割
注文機能
比較チャート機能
7銘柄
  • 日本225種株価指数/円
  • USDJ30/米ドル
  • ナスダック100指数/米ドル
  • 米国SPX500指数/米ドル
  • 原油/米ドル
  • 金/米ドル
  • 銀/米ドル
ニュース連動チャート
指定レート通知
デモトレード
売買シグナル
DMM FX

ローラのCMでおなじみのDMM.com証券は、ついに *FX口座数国内第1位を獲得!

DMMFXの魅力はなんといっても、常に業界トップクラスの低スプレッドです。
デイトレードで取引コストを抑えるなら、DMMFXがおすすめです。

29種類のテクニカル指標を搭載するプレミアチャートは、FX以外の銘柄(株価指数や金など)と値動きを比較することが可能。連動しているタイミングを見つけられれば、先取りして予測できるかも知れませんね!
取引通信簿という無料のツールが用意されており、こちらは自分の過去の取引データをグラフで見て、自分のトレードの傾向を判断して次の売買戦略に活用することができます。

また平日早朝のメンテナンスを廃止したため、平日は完全24時間の取引が可能になりました!

DMM FXの口座開設キャンペーン情報

20,000円キャッシュバックの詳細は公式サイトでご確認ください。

こちらから無料でDMM FXの口座開設ができます!

自分だけの設定が自由自在 DMMFX/CFD プレミアチャート
最新情報をチェックしよう!