チャート発注が魅力!DMM FXの高機能取引ツール「DMMFX PLUS」を徹底解説!

これからFXをスタートさせたいとお考えの方でしたら、このような悩みを考えていませんか?

「取引ツールを使いこなせるか心配。」

「シンプルでなおかつ機能が揃ったツールを使いたいけど、どれがいいのか分からない。」

これに当てはまる、使いやすい高機能取引ツールがDMMFX PLUSです。

人気のFX業者、DMM FXでは2つの取引ツールが提供されていますが、こちらのDMMFX PLUSはシンプルな操作性と高機能が融合された次世代トレーディングツールです。

基本的な機能から、便利機能、使い方までを詳しくご紹介します。

DMMFX PLUSの魅力!

まずはDMMFX PLUSの優れた魅力から見ていきましょう。

  1. インストール不要のWebブラウザ型を採用!
  2. 狙ったレートを逃さない、ストリーミング注文を搭載。
  3. チャート上で直感的に発注ができる。
  4. チャート連動、複製機能が充実。
  5. 複数通貨ペア間の変動をかんたんに比較できる。
  6. 売買比率で、他のトレーダーの注文動向が丸見え。
  7. レイアウトはお好みの配置に設定が可能。
  8. 自動保存機能で、次回起動時も同じ画面でスタート。

インストール不要のWebブラウザ型を採用

DMMFX PLUSはWebブラウザ版の取引ツールです。

DMM FXの高機能取引ツール「DMMFX PLUS」
DMM FXの高機能取引ツール「DMMFX PLUS」

Edge、Google Chrome、Safariなどからアクセスするだけで利用できるため、PCにインストールする手間がなく、さらに空き容量を心配する必要もありません。

たしかに一昔前は、ブラウザ版取引ツールはインストール版に劣るので定説でした。

しかしDMMFX PLUSは、最新鋭の技術で作られたシンプル・軽快・高機能と三拍子揃った取引ツールです。

狙ったレートを逃さない、ストリーミング注文を搭載

刻一刻と変化するマーケットで利ざやを狙うデイトレードでは、瞬時の判断がカギとなります。

トレードではいかにスピーディーに、狙ったレートで注文できるかが重要になってきます。

DMMFX PLUSでは高速発注できる「ストリーミング注文」を提供しており、ワンクリックで発注できる注文画面によって、狙ったレートで瞬時に注文を約定させることができます。

DMMFX PLUSの発注パネル
「売」「買」をワンクリックで発注可能!

さらに自動損切り機能も搭載しています。
「発注レートから10pips逆に動いたら損切り」のように、逆指値注文による損失リスクのコントロールをかんたんに行えます。

ストリーミング注文だけではなく、指値注文/逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFO注文も直感的操作で発注できる魅力を備えています。

チャート上で直感的に発注ができる

「注文のしやすさ」において、DMMFX PLUSは優れた力を発揮します。

注文は注文パネルだけではなく、チャート上でも直感的に発注が可能なので、値動きの推移を見ながらスピーディーに取引できるのがポイントです。

またデフォルトで、以下の「チャート注文」レイアウトが用意されています。

DMMFX PLUSのチャート注文レイアウト

チャートを見ながら注文しやすく、保有ポジションの管理もしやすいので、テクニカル重視でトレードしたい方はぜひ試してみてください。

チャート連動、複製機能が充実

取引ツールのチャートには、チャートの連動や複製機能が多数搭載されています。

まずこちらが、チャートの複製機能です。

DMMFX PLUSのチャート複製機能

チャート複製を選択すれば、同一通貨ペア、同一テクニカル指標など、全く同じチャートの複製ができます。

 

続いてテクニカル指標のコピー機能です。

テクニカル指標コピーをクリックし、コピー先を選択

同じテクニカル指標が、選択したチャートに反映

「テクニカル指標コピー」をクリックし、コピー先のチャートを選択するだけで、同じ設定のテクニカル指標を表示させることができます。
複数のテクニカル指標を表示させているときに便利な機能です。

 

また連動機能も搭載されています。

いくつかのチャートで連動をONにすれば、通貨ペア、BID/ASK、足種の背景が連動を示す黄色となります。

連動をONにしたチャートは通貨ペア、BID/ASK、足種が連動する

連動させたチャートはひとつのチャートで通貨ペアや足種を変更すれば、他の連動チャートにも反映されます。

この3つの機能を使えば、本当に爆速でチャート設定ができます!
DMMFX PLUSなら、お好みの画面を作るのもかんたんです。

複数通貨ペア間の変動をかんたんに比較できる

DMMFX PLUSには比較チャートが搭載されています。

この比較チャートは、為替レート同士の変動率を比較できる機能です。

DMMFX PLUSの比較チャート

例えばある日にちを起点にしたとき、現在の変動率はどのくらいの水準であるか、複数通貨ペアを比較することができます。

基準の通貨ペアに対し、相関性(同じように動くか、動かないか)はどのくらいかを判断できる「相関分析」、レート水準はどのくらいさがあるかを示す「データ差分分析」も搭載。

多角的な分析を行えるのが、比較チャートならではのメリットです。

売買比率で、他トレーダーの注文動向が丸見え

DMMFX PLUSには売買比率(注文比率、人数比率)が搭載されています。

注文比率は約定前の指値注文、逆指値注文それぞれの比率を示します。
売り・買いはどちらの方向に多く注文が入っているのが、直感的に判断することができます。

DMM FXの売買比率

人数比率は、注文比率を人数で示したものです。
DMM FXで注文しているトレーダー全体の人数は、売り・買いどちらに偏っているのか判断することができます。

売買比率は5分ごとに更新されますが、手動で更新することも可能です。

レイアウトはお好みの配置に設定が可能

取引画面でチャートや注文画面をどのように配置するかは、すべて自由自在です。

お好みのレイアウトを作ったら、「レイアウト」→「レイアウト保存」と進みます。

DMMFX PLUSでレイアウト保存の方法

 

レイアウト名を入力して「保存」をクリックしましょう。

レイアウト名を入力して保存をクリック

 

そうするとレイアウトの中に、カスタマイズしたレイアウトが保存されます。

カスタマイズして保存した取引画面

一度保存さえすれば、その後に配置を変更したとしても、すぐにオリジナルの取引画面に戻すことができます。

自動保存機能で、次回起動時も同じ画面でスタート

レイアウトは保存しなくても、取引画面は自動保存機能に対応しています。

自動保存機能に対応していない取引ツールの場合、保存し忘れてログアウトすると、まだ最初のデフォルト画面となるため、取引画面を調整するには再び設定し直す必要が出てきます。

その点DMMFX PLUSは何もしなくても、各パーツの配置からテクニカル指標、描画したトレンドラインまで、そのままの設定で次回起動時も使うことができます。

そのため、いちいち保存するような取引システムではないため、煩わしさが一切ありません。

ストレスフリーに使える取引プラットフォームであることも、DMMFX PLUSの魅力です。

チャート上で発注する方法

こちらでは、誰でも直感的に注文することができる「チャート上で発注」する手順をご紹介します。

チャート上の発注したいレート付近で右クリックし、指値か逆指値を選択

 

注文画面が表示されます。
注文レートの調整をしたら「注文」をクリックします。

注文レートの微調整ができる

最初に発注するときは「決済同時発注」で任意の損切り幅で発注した方が、損失リスクをコントロールできます。
この損切りレートは、約定するまでは自由に変更できます。

※決済同時発注の損切り幅はデフォルトで10pipsとなっていますが、変更する場合は「設定・その他」→「注文共通設定」から設定できます。

 

確認画面となりますので、問題なければ注文実行をクリックしてください。

問題なければ注文実行をクリック

 

注文完了となりました。「閉じる」をクリックして、注文完了画面を閉じます。

注文完了画面

 

新規注文が約定すると、買注文から買サマリの表示になります。
売注文は、決済同時発注で設定した損切りラインです。

新規注文が約定すると、買注文が買サマリになる

 

この売注文は、ドラッグすれば注文レートを変更できます。

売注文をドラッグすれば、注文レートを変更できる

 

こちらは損切りを下側に移動させてみた例です。
注文レートは調整することができ、問題なければ「注文変更」をクリックします。

注文レートを調整したら注文変更をクリック

 

注文変更が問題なければ、「注文実行」をクリックします。

問題なければ注文実行をクリック

 

注文変更が完了となりました。「閉じる」をクリックします。

注文変更完了

 

すぐに利食いするときは、「買サマリ」をクリックし、「チャート一括決済」から決済が行えます。

買サマリをクリックし、チャート一括決済で決済ができる

 

チャート発注でおすすめの使い方ですが、利益が乗ってきたら、「売注文」(新規が買いの場合)をドラッグして、損切りレートをコツコツとずらすのがおすすめです。

以下は、買いから入って予想通りに上昇したあと、売注文ラインを上方向に引き上げる例です。
この例では、買サマリの上に逆指値を移動すれば、下落しても損失とならず、レートが上昇するたびに逆指値を引き上げれば、上昇に応じた利益の追求ができます。

利益が乗ってきたら、逆指値を引き上げていくのがおすすめ(新規が買い注文の場合)

これはトレール注文を手動で行うイメージですね。
そうするとレートに追従して利益を追求できるとともに、逆に動いたときの損失リスクを抑えられます。

DMMFX PLUSなら、チャート上で直感的に指値注文や逆指値注文を修正できるので、デイトレードとの相性も抜群です!

 

DMMFX PLUSの魅力が伝わりましたでしょうか。

口座開設すれば、このほかにプレミアチャートという分析専用チャートを使えるのもポイントです。

初心者にも使いやすくて、高機能な分析や発注機能を備えた取引ツールをお探しでしたら、DMM FXをご検討してみてください。

DMM FX「DMMFX PLUS」のスペック

足種
12種類
  • ティック
  • 1分足
  • 5分足
  • 10分足
  • 15分足
  • 30分足
  • 1時間足
  • 4時間足
  • 8時間足
  • 日足
  • 週足
  • 月足
通貨ペア数
20通貨ペア
  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • スイスフラン/円
  • カナダドル/円
  • 南アフリカランド/円
  • ユーロ/米ドル
  • ポンド/米ドル
  • 豪ドル/米ドル
  • NZドル/米ドル
  • 米ドル/スイスフラン
  • 米ドル/カナダドル
  • ユーロ/ポンド
  • ユーロ/豪ドル
  • ユーロ/NZドル
  • ユーロ/スイスフラン
  • ポンド/豪ドル
  • ポンド/スイスフラン
チャートタイプローソク足 / ラインチャート / 平均足
テクニカル指標
14種類

【トレンド系】

  • SMA(単純移動平均線)
  • EMA(指数平滑移動平均線)
  • WMA(加重移動平均線)
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド
  • ピボットポイント
  • エンベロープ
  • パラボリックSAR
  • スパンモデル
  • スーパーボリンジャー

【オシレーター系】

  • MACD
  • RSI
  • RCI
  • ストキャスティクス
描画オブジェクト
2種類
  • トレンドライン
  • フィボナッチ・リトレースメント
画面分割最大6分割
注文機能
9種類
  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • OCO注文
  • IF-Done注文
  • IF-OCO注文
  • ストリーミング注文
  • クイック決済
  • 一括決済
比較チャート機能
ニュース連動チャート
指定レート通知
デモトレード
売買シグナル
DMM FX

ローラのCMでおなじみのDMM.com証券は、ついに *FX口座数国内第1位を獲得!

DMMFXの魅力はなんといっても、常に業界トップクラスの低スプレッドです。
デイトレードで取引コストを抑えるなら、DMMFXがおすすめです。

29種類のテクニカル指標を搭載するプレミアチャートは、FX以外の銘柄(株価指数や金など)と値動きを比較することが可能。連動しているタイミングを見つけられれば、先取りして予測できるかも知れませんね!
取引通信簿という無料のツールが用意されており、こちらは自分の過去の取引データをグラフで見て、自分のトレードの傾向を判断して次の売買戦略に活用することができます。

また平日早朝のメンテナンスを廃止したため、平日は完全24時間の取引が可能になりました!

DMM FXの口座開設キャンペーン情報

20,000円キャッシュバックの詳細は公式サイトでご確認ください。

こちらから無料でDMM FXの口座開設ができます!

DMM FXの高機能取引ツールDMMFX PLUSを徹底解説!
最新情報をチェックしよう!