【スマホ対応】外為どっとコムの「外為注文情報」を使った分析方法をご紹介!

外為注文情報とは、外為どっとコムで取引しているユーザーの注文状況(指値・逆指値)をグラフで確認できいるツールです。

この外為注文情報を使って、FX相場の予測に役立てる方法をご紹介します。

かんたんに外為注文情報を説明

外為注文情報は、外為どっとコムの顧客の注文データです。

「指値注文」「逆指値注文(ストップ注文)」がどのレートに入っているか、ひと目で判断することができます。

米ドル/円、ユード/米ドル、トルコリラ/円の3つを並べた外為注文情報
外為注文情報の表示例

指値/逆指値注文ですので、
「ここで買いたい」「ここで売りたい」
と判断してすでにオーダーしているが、まだ約定していない注文のボリュームを見ることができます。

外為注文情報を起動させよう

外為注文情報はPCでもスマホ(iPhone/Android)でもどちらでも使えます。
それぞれで表示させる方法を見てみましょう。

パソコンで外為注文情報を表示

  1. WEBブラウザ版またはリッチアプリ版で、「外貨ネクストネオ」にログインします。
  2. WEBブラウザ版:「マーケット情報」をクリックします。
    リッチアプリ版:「外為情報ナビ」をクリックします。
  3. 外為情報ナビが表示されたら、「ツール」をクリックします。
  4. 「外為注文情報」が表示されます。
WEBブラウザ版ではマーケット情報をクリック!
外為注文情報の起動方法:WEBブラウザ版
リッチアプリ版では「外為情報ナビ」をクリック!
外為注文情報の起動方法:WEリッチアプリ版
外為情報ナビのツールをクリックで表示!
外為情報ナビのツールをクリックで表示!

スマホで外為注文情報を表示

まずスマートフォンアプリ「外貨ネクストネオ」にログインします。(iPhoneアプリ/Androidアプリどちらも共通です。)

メニューをタップする
メニューをタップ!
外為情報ナビをタップ!
外為情報ナビをタップ!
ツールをタップで表示される!
ツールをタップで表示される!
  1. メニューをタップします。
  2. 情報ツールの「外為情報ナビ」をタップします。
  3. ブラウザで外為情報ナビが起動したら、上部メニューをスライドさせて「ツール」をタップします。
  4. 「外為注文情報」が表示されます。

外為注文情報の使い方

使い方はいたってかんたんで、単純に通貨ペアを選ぶだけの分かりやすいツールとなっており、全通貨ペアが対応しています。

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ユーロ/米ドル
  • 豪ドル/円
  • ポンド/円
  • NZドル/円
  • カナダドル/円
  • スイスフラン/円
  • 香港ドル/円
  • ポンド/米ドル
  • 米ドル/スイスフラン
  • 南アフリカランド/円
  • 豪ドル/米ドル
  • NZドル/米ドル
  • ユーロ/豪ドル
  • トルコリラ/円
  • 人民元/円
  • ノルウェークローネ/円
  • スウェーデンクローナ/円
  • メキシコペソ/円
  • ポンド/豪ドル
  • ユーロ/ポンド
  • 米ドル/カナダドル
  • 豪ドル/カナダドル
  • ユーロ/NZドル
  • 豪ドル/NZドル
  • 米ドル/トルコリラ
  • ユーロ/トルコリラ
  • シンガポールドル/円
  • 露ルーブル/円

FXは通貨ペアごとに特徴が異なりますが、外為注文情報でもその特徴を垣間見ることができます。

まず注文量の多い米ドル/円であれば、まとまった損切り注文が入りやすいため、節目となるレートからストップロスを巻き込んだ動きを見せやすい特徴があります。

それとは対象的に、トルコリラ/円などスワップポイント狙いの長期トレードでは、頻繁に損切りは行われません。そのため損切りのオーダーが少なく、なおかつ買いオーダーの多さが目立ちます。
そのかわり、ふとした瞬間において、極端なオーダーの偏りによるストップロスの巻き込みを狙われるケースもあります。

米ドル/円の圧倒的な取引量に比べると、豪ドル/円、NZドル/円などは取引量が大きく少なくなるため、ある程度まとまったオーダーが入ってこないと動きにくい傾向もあります。

こういった「通貨ペア毎にある変わらない特性」に注目して活用してみましょう。

見方は単純!オーダーが多い価格帯を見よう

外為注文情報は10分ごとに更新され、その結果が5分後に表示される、というもの。
つまり、閲覧時点の5分前のオーダー情報ということになります。

まずは画面の見方から解説します。

外為注文情報の見方
外為注文情報の見方
  1. 通貨ペアを選択します。
  2. 左側:売り注文。塗りつぶした青色が「売りの指値」、白抜きが「売りの逆指値」となります。
  3. 右側:買い注文。塗りつぶしたオレンジ色が「買いの指値」、白抜きが「買いの逆指値」となります。
  4. メモリが10個以上ならピンク色の背景になり、マウスカーソルを合わせると注文量も見られます。
  5. 現在レートは、水色の背景で中央に表示されます。
  6. メモリの単位が表示されます。単位は通貨毎に異なります。
外為注文情報の基本的な見方
  • 買いが多い → 上昇する可能性が高いことを示唆する。
  • 売りが多い → 下落する可能性が高いことを示唆する。

基本的な見方ですが、売りオーダー全体よりも買いオーダー全体に厚みがあれば、上昇しやすいと判断ができます。逆の場合も同様です。

単純に新規・買いと新規・売りの注文量だけで判断するならば、
「注文量が多いレートで反転しやすいだろう。」
とボリンジャーバンド的な使い方ができるというわけです。

レンジ相場のときでしたら、変動幅が分かれば格段にトレードしやすくなりますよね。

例えば、外為注文情報に買い・売りそれぞれが同じくらいの注文量があるとしましょう。
買い・売りに1箇所づつ突出したレートがあれば、レンジの上限・下限の目安に応用させる、ということもできます。

米ドル円はストップロスの溜まったレートに注目

米ドル/円は国内でもっとも取引されており、世界でも2番目に取引量のある通貨ペアです。
その取引量の多さにより、ストップロス(損切り注文)もまとまったオーダーが入りやすいです。

はじめにお伝えしておくと、ストップロスというのは、溜まったレートを抜けると勢いづきやすい特徴があります。FXの損失は反対売買している人の利益となりますから、ストップロスを巻き込んで大きく上昇(下落)すると、勢いに乗った相場になりやすいというわけです。

米ドル/円は取引量が多いため、こういった転換となる価格を見つけやすい特徴があります。「100円」「101円」などキリの良いレートを巡る攻防のときにストップロスが溜まりやすかったりします。
オーダー情報を見る際には、ピンク色の突出したレートに注目してください。

【公式で紹介しているチャートとの併用術をご紹介!

2019年1月21日に、外為どっとコムよりオウンドメディア「外為情報ナビ」が公開されました。これにより、外為注文情報などのさまざまな取引データを手軽に閲覧できるようになりました。

外為情報ナビ・外為注文情報
https://www.gaitame.com/markets/tool/

外為情報ナビのPickUpコーナーにある「今日の注文情報」では、チャートと外為注文情報を併用した分析が公開されています。

外為情報ナビ「PickUp」にある『今日の注文情報』

こちらが今日の注文情報の一例です。

外為どっとコムによるチャートと外為注文情報の併用例

主に米ドル/円、ユーロ/円における節目となる価格帯が1日1回、その日の午前中に公開されています。

これを『自分自身でもやってみたい!』なんて方のために、併用する手順をご紹介します。
やり方さえ分かれば、他の通貨ペアでも試したり、夕方〜深夜の相場分析に生かすこともできます。

まず併用に使うチャートですが、インストール版・外貨ネクストネオのチャートを使用します。ブラウザ版にもチャートはありますが、縦軸の幅をうまく調整できませんので、インストール版のチャートを使ってください。

 

それではやり方を見ていきましょう。

❶ 「外為注文情報ナビ」→「取引データ」にある、分析したい通貨ペアの注文情報の「別ウインドウで表示」をクリック。

外為情報ナビの外為注文情報で、別ウィンドウで表示をクリック。
別ウィンドウで表示をクリック。

インストール版・外貨ネクストネオにログインし、「チャート」をクリック。同じ通貨ペアにして「60分足」に変更。

インストール版・外貨ネクストネオを起動してチャートをクリック。
チャートをクリック。

❸ 2つの画面を並べて、注文情報の上端にある価格をベースに、チャート上端の価格帯をだいたいで合わせる。

チャートを60分足に変更し、外為注文情報とチャートの上部レートを合わせる。
外為注文情報とチャートの上部レートを合わせる。

❹ 注文情報の中央値をベースにして、チャートを上下に調整して合わせる。高さが合わない場合は、ローソク足の表示本数を調整する。(画像の例は130本)

外為注文情報とチャートの現在地付近のレートを合わせる。
現在地付近のレートを合わせる。

❺ 微調整が終わったら、最後に水平線を引く。

オーダーが多いレートに水平線を描画する。
オーダーが多いレートに水平線を描画する。

以上ここまでの流れで、チャートと外為注文情報を並べて分析することができますので、ぜひお試ししてみてください。

外為注文情報に限ったことではありませんが、「有能」であっても「万能」ではありません。
ただし、多くの参入するトレーダーの心理を読み解く上で強力な道しるべとなる、見えない相場状況を可視化する便利なツールであることに違いはありません。

FXで利益につなげていくためにも、「外為注文情報」「チャート分析」双方を駆使して分析精度を高めていきましょう!

外為どっとコム「外貨ネクストネオ」

「豊富なツール」「業界最大級のマーケット情報」が外為どっとコムの強み! 1,000通貨対応、デモ取引も可能です。

低スプレッド・約定スピードの早さを生かした短期売買から、業界最高水準のスワップポイントで中〜長期売買までオールマイティーに対応します。自己資本規制比率が高く、サポート体制も万全ですので初心者も安心の業者です。

オンラインセミナー「マネ育」のほか、本社のある東京汐留で会場セミナーを開催していますので、外為どっとコムなら学びながらステップができます!

外為どっとコムの口座開設キャンペーン情報

新規口座開設し、スマホアプリログインで1,000円、10万円以上の入金で1,000円、マネ育FXスクール(Webセミナー)のテスト合格&アンケートで1,000円をキャッシュバック!(合計3,000円)
さらに期間中10万通貨の取引だけで1,000円、最大103,000円をキャッシュバック!

こちらから無料で外為どっとコムの口座開設ができます!

2020年10月1日時点の情報です。最新情報は外為どっとコム公式HPでご確認ください。
iPhone/Android対応 外為どっとコム「外為注文情報」特集!
最新情報をチェックしよう!