【押し目買い・戻り売り】とは?手法と投資家の判断タイミング

FXはやみくもに売買するだけでは、長期的な収益化ができません。

押し目買い・戻り売りは、大きな利益獲得に期待ができるトレンド狙いの逆張り手法です。
エントリータイミングは逆張り的ですが、大きな流れでは順張りを狙った手法となります。

相場の波に乗るためには、チャート分析をして値動きの先行きを予測する必要があります。
この手法は多くのトレーダーが意識しているオーソドックスな戦略ですので、しっかり身に付けていきましょう。

それでは詳しく解説していきます。

押し目買いとは?

押し目買いとは、上昇トレンドのとき一時的に下げ止まった地点で買いをする手法のことです。

押し目買い

売買タイミング的には逆張りですが、上昇トレンドに便乗して少し下がったところで買うトレンドフォロー手法(順張り)なので、思惑通りに相場が動けば大きな利益に期待ができます。

押し目とは、マーケット用語で上昇している相場が少し下がることです。

どんなに上昇相場であっても、価格は上下を繰り返しながら長期的に上がっていきますが、その一時的に下がった地点が押し目となります。

上昇トレンドのときに安値と安値を結ぶとサポートラインとなりますが、この安値部分、いわゆる価格の「谷」を狙ってエントリーするのが、押し目買いのやり方です。

押し目買いのポイントは3点です。

  1. チャートを眺めて、相場は上昇トレンドであることを確認する。
  2. 上昇していた相場が一時的に下落したら、エントリーは近いと考える。
  3. 一時的に下落した相場が下げ止まって、上昇の兆しが出たら買い。

しかし、相場の世界には「押し目待ちに押し目なし」という有名な格言があります。
これは、押し目を待っていても、押し目にならないことで、エントリータイミングを逃してしまうことを表します。

非常に強いトレンドのときは押し目にならない場面もよくあります。
こういった局面では、高値更新のブレイクアウトを狙った手法を取り入れるのもいいでしょう。

戻り売りとは?

戻り売りとは、下降トレンドのとき一時的に上げ止まった地点で売りをする手法のことです。

押し目買いの反対のやり方となります。

戻り売り

戻るとは、マーケット用語で下落している相場が少し上がることです。引き戻すとも呼ばれています。

下降トレンドのときに高値と高値を結ぶとレジスタンスラインとなりますが、この高値部分、いわゆる価格の「山」を狙ってエントリーするのが、戻り売りのやり方です。

戻り売りのポイントは3点です。

  1. チャートを眺めて、相場は下降トレンドであることを確認する。
  2. 下落していた相場が一時的に上昇したら、エントリーは近いと考える。
  3. 一時的に上昇した相場が上げ止まって、下落の兆しが出たら売り。

押し目・戻りには、「初押しは買い、初戻りは売り」という格言もあります。

これは全ての相場には当てはまらず、あくまで経験則という位置づけですが、使い方によっては有効ともなります。

例えば、長く続いた上昇相場から下降トレンドに転換したとします。
こういった大きなトレンド転換後の「最初の押し目」「最初の戻り」は、効果的な局面となりやすいです。

投資家が押し目・戻りを判断するタイミング

それでは、どのくらい変動した地点を押し目・戻りの目安にすればいいのでしょうか。

ともに目安として、「上昇幅に対する下げ幅の割合」「下落幅に対する上げ幅の割合」がどのくらいかで判断する方法があります。

押し目を判断する目安として、半値押し(2分の1押し)3分の1押しが使われています。

半値押し、3分の1押し
戻りも同じく、半値戻し(2分の1戻し)3分の1戻しがあります。

半値戻し、3分の1戻し

押し目・戻りの分析に使えるテクニカル指標

「2分の1」「3分の1」はどのくらいの水準かをチャートを見て判断しにくいなら、自然界の黄金比を元にしたフィボナッチ・リトレースメントを使うのもいいでしょう。

テクニカル指標の定番である移動平均線をつかうのであれば、中期線(20日・21日・25日)を使って反発をみるのが分かりやすいのでおすすめです。

以下テクニカル指標、ライン描画は、押し目・戻りのライン分析に役立ちますので、ぜひ試してみてください。

押し目、戻りを判断するテクニカル指標はトレンド系が多いですが、RSIのようにオシレーター系で分析できるタイプもあります。

まずはいろいろ試してみて、自分地震がタイミングを測りやすいテクニカル指標を探してみてはいかがでしょうか。

押し目・戻りの判断で定番なのはフィボナッチ

フィボナッチ・リトレースメントは、テクニカル指標というよりはトレンドライン分析の一種で、押し目、戻りを分析しやすいと人気の分析手法です。

フィボナッチにはさまざまな種類がありますが、単にフィボナッチというときは、もっともメジャーなフィボナッチ・リトレースメントのことを指します。

下記の例でいえば、上昇トレンドのときはフィボナッチ・リトレースメントはある程度の明確な安値から高値にかけて描画します。

YJFXのExチャートにフィボナッチを描画して押し目を分析
参考チャート:YJFX! [2018年11月 米ドル/円 日足]
逆に下降トレンドのときは、高値から安値に向かって描画を行います。

 

フィボナッチ・リトレースメントの詳しい使い方は、以下記事も合わせてご覧ください。

関連記事

FXでは、押し目買い・戻り売りのタイミングを見るのにフィボナッチ・リトレースメントという分析手法があります。これは、相場がどのくらいの水準で戻るのかを分析する手法であり、FX会社のテクニカル指標にも標準で搭載されています。フィボ[…]

フィボナッチ・リトレースメントの見方・使い方

 

押し目・戻りの具体的なテクニックはこちらでご紹介しています。

関連記事

ディナポリ・チャートってご存知ですか?アメリカの有名な投資家、ジョー・ディナポリが考案したトレード手法であり、現代のトレーダーに多大な影響をもたらしたといっても過言ではないでしょう。ディナポリ・チャートは奥が深く、いきなり全[…]

ディナポリ・チャートを使ったトレード手法を徹底解説!

スマホでフィボナッチを描画しやすいアプリ

スマホアプリでは提供されていない業者が多いですが、GMOクリック証券のアプリ「GMOクリック FXneo」なら、かんたんに描画することができます。

GMOクリック FXneoはかんたんにフィボナッチを描画できる!
フィボナッチの描画もスムーズ!

またYJFX!のスマホアプリ「外貨ex」「FX Cymo」もフィボナッチを描画しやすいアプリです。

こちらは最新アプリの外貨exですが、マグネット機能によって、狙った位置に直感的に描画することができます。

スムーズにフィボナッチを描画できる
フィボナッチを描きやすい!

PC不要で押し目、戻りの判断に使えますので、ぜひお試ししてみてください。

GMOクリック証券「FXネオ」

GMOクリック証券はスプレッドが狭くスワップポイントは高いので、短期売買〜長期売買まで幅広く対応します。

操作性が抜群のスマートフォンアプリにより、外出先でも多彩な注文を柔軟に行えます。数少ないMac取引専用アプリを提供する会社なので、Macユーザーも安心ですね。
チャート上をクリックするだけで発注できる高機能取引システムにより、チャンスを逃がすことなく売買が行えます!

高機能チャート分析ツールであるプラチナチャートプラスは38種類のテクニカル指標が用意されていて、デモ取引でも利用が可能。
24時間電話サポートに対応し、FXのニュース配信も多いので、GMOクリック証券なら初心者の方も安心してお取引ができます!

GMOクリック証券「FXネオ」の口座開設 特典情報
特典期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大30,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でGMOクリック証券の口座開設ができます!

押し目買いと戻り売りを解説!
最新情報をチェックしよう!