「グランビル8つの法則」の見方・使い方を図解入りで解説!

グランビルの法則とは、移動平均線ゴールデンクロス・デッドクロスを考案したジョセフ・E・グランビルによって編み出されました。

もともと株で使われていたグランビルの法則ですが、もちろんFXでもCFDでも、どんな投資にも使うことができます。
逆に言えば、FXで使い方をマスターすれば、株取引にも応用ができますね。

1960年代に出版されたグランビルの著書でこの法則は発表されましたが、現代でも全く色褪せることなく、売買のタイミングを計るために活用されています。

グランビル8法則の全売買サイン

グランビルの法則のオリジナルでは、200MA(200日移動平均線)を使っていますが、長期売買だけではなく、もちろん短期売買でも使うことは可能です。

とはいえ信頼性を上げるならオリジナル同様、チャートの足種は日足か週足を使い、長期のトレンドで判断するやり方がおすすめです。

それでは、グランビルの法則全ての売買サインから見ていきましょう。

グランビルの法則には売りポイントが4つ、買いポイントが4つ、全部で8つの法則があります。

①〜④ = 買いポイント ⑤〜⑧ = 売りポイント

グランビルの8法則

基本的な見方としては、「移動平均線」と「レート」の形状や位置関係で判断していきます。

  • 為替レートはどちらの方向性に動いているか
  • 為替レートはどれくらい勢いが強いか
  • 移動平均線が上昇・下落しているのか
  • 為替レートに対して、移動平均線はどんな位置関係か

これらを見て、その後の値動きを探っていく流れとなります。

グランビルの法則【4つの買いポイント】

買いの法則①

グランビル買いの法則1

【新規買い】

移動平均線が横ばいか上向きのとき、価格が上昇して移動平均線を上抜いたら買い。

つまり、移動平均線とレートのゴールデンクロスとなります。

買いの法則②

グランビル買いの法則2

【押し目買い】

移動平均線が上昇中に、価格が一時的に移動平均線を下回ったものの移動平均線に変化がなく、価格が上昇に転じたら買い。

買いの法則③

グランビル買いの法則3

【買い増し】

移動平均線が上昇中に、価格が移動平均線に近づいて下降したが、タッチせずに再上昇したら買い。

買いの法則④

グランビル買いの法則4

【短期の買い】

移動平均線が下落中に、価格が移動平均線を下抜けて大きく離れているとき、移動平均線の位置まで反発を狙った買い。

グランビルの法則【4つの売りポイント】

売りの法則⑤

グランビル売りの法則5

【新規売り】

移動平均線が横ばいか下向き始めたとき、価格が移動平均線を下抜いたら売り。

つまり、移動平均線とレートのデッドクロスとなります。

売りの法則⑥

グランビル売りの法則6

【戻り売り】

移動平均線が下降中に、価格が一時的に移動平均線を上回ったものの移動平均線に変化がなく、価格が下落に転じたら売り。

売りの法則⑦

グランビル売りの法則7

【売り増し】

移動平均線が下降中に、価格が移動平均線に近づいて上昇したが、タッチせずに再下降したら売り。

売りの法則⑧

グランビル売りの法則8

【短期の売り】

移動平均線が上昇中に、価格が移動平均線を上抜けて大きく離れているとき、移動平均線の位置まで反発を狙った売り。

移動平均線の期間は何日がベストか?

もともとアメリカ・ウォール街の記者であったグランビルですが、グランビルの法則は200日移動平均線をベースとしています。
これは、期間を長くすることで、ダマシを極力少なくするためであったと言われています。
チャートに表示させる期間を200日のように長くすればダマシは少なくなりますが、売買サインも比例して表示回数が少なくなります。

逆に5日など、期間を短くすると売買サインは増えるものの、ダマシも多くなるので注意が必要です。

中期的な分析には20日、21日、25日がよく使われていますので、期間は最低でも20日以上でチャート分析をするといいでしょう。

なおFXで200日移動平均線だと、グランビルの法則によるシグナルがなかなか出現しませんので、スイングトレードで日足を使うなら75日もおすすめです。

また、グランビルの法則は、世界中のトレーダーは誰もが知る売買サインです。

つまり移動平均線を見て、どのタイミングで押し目買いや押し目売りをするかの判断材料にされていますので、今の為替レートはどの時間足が意識されているのかを考えることが大切です。

それと同時に、通貨ペアの流動性にも目を向ける必要があります。

流動性が低い通貨ペアほど、移動平均線でシグナルが出ていても、世界的には注目されておらず、最終的には結局、シグナルではなかった結果となることも十分考えられます。
日本ではユーロ円などのクロス円は高い人気を誇りますが、世界的にはドルストレートしか取引されていません。

極端に通貨ペアを絞る必要はないと思いますが、ある程度は(世界的に)人の目に触れていて、それなりに流動性が高い通貨ペアの方が、グランビルの法則に代表されるような動きを見つけやすいでしょう。

移動平均線のクロスを通知できるチャート

グランビルの法則を検出して自動で通知してくれるようなシステムはあるか、試しに調べてみましたが、残念ながら見つけることができませんでした。

やはり、8つの法則を頭に叩き込んで、「ここで反転したら売買しよう」と自分自身でチャートを見て判断していくのが、身に付けるための最短ルートだと言えるでしょう。

キレイなチャートにならないこともよくありますので、まずはチャートとにらめっこして頭に叩き込んでみてください。

ただし、「レートと移動平均線のクロス」であれば、唯一IG証券のWeb版取引ツールが対応しています。

任意の期間(200日など)の移動平均線とレートがクロスしたら、メールでお知らせする使い方ができます。
もし高機能チャートをお探しでしたら、IG証券で口座開設してIGチャートを使いましょう。

関連記事

日経225やNYダウで発生した売買シグナルを通知できたら、便利だと思いませんか。米ドル/円などのFXには売買シグナルを通知させる取引システムは多くあります。し[…]

CFD銘柄で売買シグナルを通知!「IGチャート」の設定方法を解説!

おすすめチャートのFX会社

IG証券のPC取引ツールはFX、CFD、ノックアウトオプション、バイナリーオプションが取引できる、オールインワン仕様の高機能プラットフォームが魅力です。

業界でも珍しい同期機能があり、PCで設定したテクニカル指標やトレンドラインは、スマホアプリでは自動的に同期されて表示させる仕組みです。
これにより、トレードはPC主体で、出先でスマホで売買するとしても、冷静に判断しやすいのではないでしょうか。

さらに売買シグナル通知機能を備え、チャート上で経済指標の結果を確認できるユーザビリティを誇ります。
チャート上でラインを動かすだけで発注できる直感的な操作性により、チャンスを逃すこともありません。

IG証券は通貨ペア数が豊富なので、多くの取引チャンスを見つけたい方にイチオシの業者です。

IG証券「FX口座」

IG証券|新規口座開設キャンペーン Twitterフォロー+新規口座開設+取引で最大5万円

IG証券のFX口座では、業界トップクラスとなる約100通貨ペアを提供しており、国内で唯一ブラジルレアルの取引が可能です。

軽快ながらも高機能な取引ツールには、業界でも高度な売買シグナルアラートを搭載し、Twitterを見ながらトレードも可能!

わずかな保証金で100%確実に指定レートで決済できる「ノースリッページ注文」を、国内で唯一提供しています。

チャートには1秒足、10秒足、3分足など、他社にはない短期足が複数用意されているのもポイント。
スプレッドが狭くサクサク約定するため、IG証券は短期売買との相性が抜群です!

IG証券の口座開設キャンペーン情報

2021年10月31日(日)までのキャンペーン期間中に新規口座開設し、FXの取引条件に応じて最大5万円をキャッシュバック!
FX以外(CFD、ノックアウトオプション)の場合は、最大5万円キャッシュバック+他社からの乗り換えで1万円ボーナス!

こちらから無料でIG証券の口座開設ができます!