初心者の通貨ペア選び|テクニカル分析の効きと流動性の深い関係

FXを始めるとき、まずはじめに「どの通貨ペアを選ぶか」が最初の一歩となりますよね。

初心者の方ほど、最初に通貨ペア選びをする上で、テクニカル分析がより効果的な通貨ペアを選ぶことはとても肝心となってきます。

もちろん、テクニカル分析が効力を発揮しているかは、そのときどきのマーケットによって異なります。

しかし通貨ペアごとの取引量や流動性を見ることで、どれくらいテクニカル分析の信頼性が高いかを判断する、ひとつの目安となります。

 

それでは、どういった通貨ペアがテクニカル分析に忠実な動きをしやすいのでしょうか。

取引量や流動性を基礎から解説しつつ、流動性の違いがテクニカル指標にどのように影響するかをご紹介します。

取引量と流動性について

まずはじめに取引量、流動性それぞれを解説します。

取引量

FXの取引量というと、どのような通貨が活発に売買されているかを示すものです。

実際のデータは後述しますが、やはり基軸通貨である米ドルの取引量がもっとも多いです。

とくにユーロ、円との組み合わせによる通貨ペア「ユーロ/米ドル」「米ドル/円」は、市場参加者の多さに比例して、活発に取引が行われています。

こういった取引量が多いメジャー通貨ペアは、「買いたい人」「売りたい人」がたくさんいて売買が成立しやすいため、相場が乱高下しにくい特徴があります。
つまり、ユーロ/米ドル、米ドル/円のチャート形状は、なめらかな動きをしやすい傾向にあります。

逆に新興国通貨(マイナー通貨)のように、市場参加者や取引量が少なければ、売買相手が見つかりにくいことで取引の不成立が起こりやすくなります。
つまりメジャー通貨ペアと比較すると、取引量が少ない通貨ペアほど、粗っぽい形状のチャートになりやすい傾向があります。

流動性

基本的には、「流動性=取引量」と同じような意味合いがあります。

市場参加者が多いほど流動性が高く、自分が買いたくて注文をしたとき、売りたい相手がすぐ見つかります。

逆に、取引量が少ないマイナー通貨を取引するときや、雇用統計前やクリスマス前にポジションをクローズする投資家が多いときは、流動性が低下します。

流動性が低下しているとき、自分の注文レートで売買相手が見つからないと、他に注文のある価格を探しにいきます。

こういった理由により、雇用統計やマイナー通貨の取引ほど、相場が乱高下しやすくなります。

このように、取引量が極端に少なく、売買がスムーズに行えないリスクを流動性リスクといいます。

もちろん正月もポジションを保有しない投資家が多いため、流動性が低下しやすいです。
2019年の正月にはフラッシュクラッシュが発生し、米ドル/円は10分の間に5円以上下落しました。

これも板(注文)が薄くなった相場が狙われた、流動性リスクの典型的な例です。

 

それでは実際に、通貨毎にどれくらい取引量に違いがあるのか見ていきましょう。

通貨ごとの取引量ランキング

こちらはBIS(国際決済銀行)のデータで、4年に1度のペースでデータが公開されています。

2019年のデータが最新ですが、参考までに2016年のデータも載せています。

2019年通貨別取引量ランキング

通貨2016年取引量
(%)
2019年取引量
(%)
米ドル43.844.15
ユーロ15.716.15
10.88.4
ポンド6.46.4
豪ドル3.453.4
カナダドル2.552.5
スイスフラン2.42.5
人民元22.15
香港ドル0.851.75
NZドル1.051.05
その他通貨1111.55
合計100100

参考リンク:BIS – Foreign exchange turnover in April 2019

 

通貨別に見ると、過半数に迫るほど米ドルの取引量がずば抜けているのが分かりますね。

取引量の多い米ドル、ユーロ、円を合わせると、取引量全体の70%近くまで占めるほど割合が高くなっています。

FXでは、取引量の多い通貨ほど値動きに与える影響が大きいです。

そのためマーケットでは、トランプ大統領の発言のように、取引量の多い通貨発行国(アメリカ、EU)の動向を重視しなければいけません。

通貨ペアごとの取引量ランキング

同じくBISの調査による、通貨ペアごとの取引量です。

2016年と2019年の4月において、1日あたりで平均化した取引量の割合です。

2019年通貨ペア別取引量ランキング

通貨ペア2016年2019年
取引量
(10億米ドル)
シェア
(%)
取引量
(10億米ドル)
シェア
(%)
ユーロ/米ドル1,17223.11,58424.0
米ドル/円90117.887113.2
米ドル/ポンド4709.36309.6
米ドル/豪ドル2625.23585.4
米ドル/加ドル2184.32874.4
米ドル/人民元1923.82694.1
米ドル/フラン1803.62283.5
米ドル/香港ドル771.52193.3
ユーロ/ポンド1002.01312.0
米ドル/ウォン781.51251.9
米ドル/印ルピー561.11101.7
米ドル/SGドル811.61101.7
ユーロ/円791.61141.7
米ドル/NZドル781.51071.6
米ドル/ペソ901.81051.6
米ドル/クローナ661.3861.3
米ドル/クローネ480.9731.1
ユーロ/フラン440.9731.1
米ドル/レアル450.9661.0
米ドル/ルーブル531.1631.0
その他通貨ペア7751598115
全通貨ペア5,0661006,590100

やはりユーロ/米ドルの取引シェアが多く、外国為替の世界全体で約1/4と圧倒的に多いです。

米ドル/円、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドルを加えた4通貨ペアでは、全体で50%以上の取引量となります。

各通貨ペアごとの変動率

続いて各通貨ペアごとの変動率も見てみましょう。

以下はデータ取得日時点における、52週(直近1年間)のデータになります。

通貨ペア変動率
(%)
米ドル/香港ドル0.08
米ドル/人民元0.3
米ドル/シンガポールドル0.34
ユーロ/スイスフラン0.46
米ドル/カナダドル0.5
ユーロ/米ドル0.52
米ドル/円0.56
米ドル/スイスフラン0.57
スイスフラン/円0.58
豪ドル/NZドル0.59
ユーロ/カナダドル0.6
ユーロ/円0.62
豪ドル/カナダドル0.67
カナダドル/スイスフラン0.7
豪ドル/米ドル0.71
ユーロ/豪ドル0.73
ユーロ/ポンド0.75
ポンド/米ドル0.75
NZドル/米ドル0.76
米ドル/スウェーデンクローナ0.76
カナダドル/円0.78
ユーロ/NZドル0.78
ポンド/スイスフラン0.79
豪ドル/スイスフラン0.8
ポンド/カナダドル0.8
ポンド/円0.84
NZドル/円0.87
豪ドル/円0.89
ポンド/豪ドル0.89
ポンド/NZドル0.95
米ドル/メキシコペソ0.95
ビットコイン/米ドル1.19
米ドル/トルコリラ1.36
金/米ドル1.38
米ドル/南アフリカランド1.39
銀/米ドル2.05

データ取得元:https://jp.investing.com/tools/forex-volatility-calculator

 

この表の見方としては、米ドル/円を100円とした場合、変動率が仮に1%なら、年間平均で1日あたり1円の変動があることを意味します。

米ドル/円は0.56なので、その日のレートをベースにすれば、平均で56pipsの変動があることを指します。

 

流動性のあるユーロ/米ドルや米ドル/円を基準にすると、米ドル/香港ドル、米ドル/人民元、米ドル/シンガポールドル、ユーロ/スイスフランなど変動率が小さい通貨ペアもあります。

これらは流動性があるわけではないのですが、変動率が小さい理由は、ペッグ制といってドルやユーロといった強い通貨の値動きに連動させる仕組みを採用しているためです。

また参考までにビットコイン、金、銀の変動率も掲載していますが、こうしてみると南アフリカランド、トルコリラメキシコペソといったマイナー通貨は変動率の大きい通貨であることが分かりますね。
(上の表は対米ドルですが、対円の場合の変動率はもっと高くなります。)

 

たとえば、米ドル/円が100円でトルコリラ/円が20円だとしましょう。
そうすると、通貨ペアごとにレート水準が違いますし、取引に必要な証拠金に差も出てきます。

となると「変動幅は何円」かで判断した場合、表面的な値動きが見えにくいですよね。

しかし、メジャー通貨以外の組み合わせやマイナー通貨を含んだ通貨ペアは、「変動率」の視点で見ると、いかに値動きが激しいかが確認できたと思います。

取引量が多く流動性が高いほど、テクニカル分析が効きやすい

以下2枚のチャートは、コロナウイルスショックで大きく相場が下げたときのものです。

※おおよそ4週間のチャートで、移動平均線は5日と21日を表示。

取引量が多い米ドル/円チャートの移動平均線
参考チャート:ヒロセ通商 米ドル/円 4時間足 2020年4月20日〜2020年3月13日
取引量が少ない南アフリカランド/円チャートの移動平均線
参考チャート:ヒロセ通商 南アフリカランド/円 4時間足 2020年4月20日〜2020年3月13日

画像にある「○」は、ゴールデンクロス、デッドクロスした地点です。

この大きな相場の動きで米ドル/円はデッドクロス、ゴールデンクロスともに1回ずつですが、南アフリカランド/円は3回ずつ発生しているのが分かりますね。

南アフリカランド/円といえどクロス円で米ドルを介しており、マイナー通貨は主要通貨の動きに引率されやすいのです。

しかしながら、テクニカル指標のサインとしては、「ダマシの少ない、米ドルの方がテクニカルの信頼性が高い」ことが分かります。

このように、取引量が少ない通貨ペアに比べると、ユーロ/米ドルや米ドル/円は流動性の高さによって、テクニカルが効きやすい特徴のある通貨ペアとなります。

もちろん変動の大きい通貨ペアも魅力的ですが、これからFXを始めたいと考えている方は、チャート分析しやすいことも念頭に入れて、通貨ペアを選んでみてはいかがでしょうか。

みんなのFX

トルコリラ/円、メキシコペソ/円など高金利通貨の最高水準スワップがみんなのFXの特徴!
長期的なスワップポイントの受け取りにイチオシの業者です。

スプレッドは業界最狭水準であり、約定率も高いので、デイトレードなど短期売買から中期売買にも向いています。1,000通貨単位から取引できますので、少額からスタートすることも可能です。

取引ツールには売買比率・価格分布(オープンオーダー)を搭載!どちらの方向でエントリーすればいいのか参考にするのもいいでしょう。
口座開設すれば、FX/シストレ/バイナリーオプション3つの取引ができるのも魅力。オンラインセミナー「みんなの金トレ」でFXを1から学べる環境が整っているのもポイントです。

みんなのFXの口座開設キャンペーン情報

2020年9月30日(水)までのキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大50,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でみんなのFXの口座開設ができます!

FXプライム byGMO「選べる外貨」

安定性の高いサーバーと約定力100%により、FXプライム byGMOはデイトレードとの相性が抜群です。
またFX業界トップクラスを誇るマーケット情報は、中〜長期売買にも役立ちます。

強靭な取引システムとともに、1クリックで発注できる高速注文により、狙ったレートで必ず約定します。
値動きが激しいときでも抜群の約定力なので、雇用統計など相場急変時のトレードにもおすすめ。

高機能チャート「プライムチャート」は売買シグナルをチャート上で見られます。音声通知もできるので、チャンスを見逃すこともありません。
未来のレート予測分析ツール、ぱっと見テクニカルが利用できるのも魅力!チャート分析が苦手な初心者にも使いやすく、口座開設さえすれば無料で使うことができます。

FXプライム byGMOの口座開設キャンペーン情報

2020年8月1日(土)~2020年9月30日(水)取引終了時までに新規口座開設+取引条件達成で、最大505,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でFXプライム byGMO「選べる外貨」の口座開設ができます!

LINE FX

ETF、投資信託と続き、LINE証券による第3弾のサービスとして始動したのがLINE FX!

スマートフォンアプリ(iPhone/Android)はシンプルで使いやすさに優れており、初心者でも直感的に売買できるのが魅力です。

メッセージアプリ「LINE」との連携が抜群で、「経済指標発表」「指定レート通知」のほか、大きな値動きを知らせる「相場変動通知」をLINE上で知らせてくれます。

業界最狭水準のスプレッドとともに、スワップポイントが極めて高く、南アフリカランド/円、トルコリラ/円でスワップ狙いのトレードにイチオシの業者です。

LINE FXの口座開設キャンペーン情報

先着4万人限定!
2020年10月2日(金)までに口座開設し、キャンペーン期間中に1回の取引だけで5,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でLINE FXの口座開設ができます!

初心者の通貨ペア選び|テクニカル分析の効きと流動性の深い関係
最新情報をチェックしよう!