トレンド相場とレンジ相場 – 相場に合わせた通貨ペアの選び方

FXで利益を得ていくには、トレンド相場・レンジ相場の見極めが重要になってきます。
相場はどのように見極めるべきであるか、それはトレンドを判断することから始まります。

そもそもトレンドとは、日本語に直訳すると「傾向」のことです。

トレードをする前に、今の相場はどのような傾向であるかを把握しておかなければいけません。
『木を見て森を見ず』ということわざもあるように、目先だけを見て全体(つまりトレンド)を見れていなければ、トレードチャンスだと判断したが、それは誤りであったケースもあるからです。

例えば、5分足で何度も反転していた高値圏でショートしたが、反転せずに上昇し、改めて日足でチャートを見ると強い上昇トレンドだった、という苦い経験がある方もいるかも知れません。

ですからFX取引において、「今の米ドル/円は上昇トレンド中の調整局面だな。」のように、マーケットの動向を頭の中で思い描けるくらいにイメージできると、大変有利になってきます。
なぜならトレンドを加味した上で、どちらの方向に、どの価格でエントリーすべきかが明確になってくるからです。

それではトレンド相場・レンジ相場の基本的な見極めから、相場に合わせた戦略をご紹介します。

トレンド相場とは?

そもそもトレンド相場とは、具体的にどのような局面を指すのが見ていきましょう。

こちらは2020年5月19日時点における、豪ドル円の日足チャートです。

上昇トレンドと下降トレンドの例
参考チャート:ヒロセ通商

コロナショックによる暴落後に、継続して上昇する動きが見られていますね。

こうした一方向に向かって大きく勢いが続く動きのことを、トレンド相場といいます。
継続して上がっていれば上昇トレンド、継続して下がっていれば下降トレンドです。

1分足、5分足のような小さな値幅で短期的に勢いが続いても、トレンド相場とはなりません。

あくまでも大きな方向性を示す動きがトレンド相場ですから、最低でも1時間足か4時間足、主に日足で大きなトレンドが発生していれば、トレンド相場と呼ぶことができます。

王道のスイングトレードでトレンドに乗るべし

トレンド相場では、相場の大波に逆らわずに乗って、サーフィンするイメージでトレードを行うのが基本です。
このトレード手法は、順張りトレンドフォローと呼ばれています。

欧米では「トレンドには逆らわずに乗れ」との格言もあるように、欧米の投資家に多いトレード手法です。
そして国内でも、大きな利益を得るトレーダーの多くがスイングトレードを行っています。

順張りは発生したトレンドの方向にエントリーするやり方で、上昇トレンドなら買い、下降トレンドなら売りで仕掛けていきます。

その日のうちに決済するデイトレードよりも、トレンドが続く限り利益の追求ができるスイングトレードが順張りの王道です。

スイングトレードでは短期的な値動きに惑わされないことが大事で、分足に翻弄されないメンタルが必要であることは言うまでもありません。

急変動に備えるためにも、逆指値注文で損失リスクをコントロールすることが必須です。

トレンド相場向きの通貨ペア

マーケットにトレンドが生まれると、例えば米ドル/円が上昇トレンドになったなら、ユーロ/円やポンド/円などほかの対円メジャー通貨も同じようなトレンドになりやすい傾向があります。

そもそもユーロやポンドなど米ドル以外の通貨であっても、基軸通貨の米ドルを介する仕組みです。
例えばユーロを買った場合、実は円で米ドルを買い、米ドルでユーロを買うことになります。
つまりユーロ/円はユーロと円だけではなく、ユーロ/米ドルの値動きも加わった合成通貨ペアとなります。

ですから米ドル/円が明確なトレンド相場であれば、ユーロ/円やポンド/円はさらに値幅のあるトレンド相場となりやすい特徴を備えているのです。

クロス円にこだわらないなら、豪ドル/米ドルユーロ/豪ドルに注目してみてもいいかも知れません。

オーストラリアは中国との経済的な結びつきが強いことから、中国の経済指標が豪ドルの値動きに反映されるほど影響があります。つまり仮想敵国同士の疑似的な通貨ペア、という側面もあります。
また資源国通貨の側面もあり、銅や金価格との相関性にも注目が集まっています。

豪ドル/米ドルの4時間足チャート
参考チャート:ヒロセ通商 豪ドル/米ドル 4時間足 2020年5月19日時点

世界が注目する大国同士の通貨ペア「米ドル/人民元」は、FXではあまり一般的ではありません。
そのかわり豪ドル/米ドルなら、YJFX!ヒロセ通商などの業者で取引が可能です。

「豪ドル/米ドル」の大きなトレンドに注目してみても面白いと思います。

 

ユーロ/豪ドルも大きなトレンドで動きやすく、NYダウなど米・株価指数と逆相関の通貨ペアとして知られています。

先ほどの豪ドル/米ドルチャートでは豪ドル高方向で上昇ですが、ユーロ/豪ドルはユーロ売リ・豪ドル買いで下落方向に推移します。

ユーロ/豪ドルの4時間足チャート
参考チャート:ヒロセ通商 ユーロ/豪ドル 4時間足 2020年5月19日時点

コロナ後の相場でスイングトレードをするなら、豪ドルとユーロの動向に注目してみてはいかがでしょうか。

レンジ相場とは?

こちらは、最初のトレンド相場のときと同じチャートです。

トレンド相場の値動き

安値をつけたA点から直近までの値動きを拡大して見てみましょう。

トレンド相場のなかにレンジ相場が存在する
参考チャート:ヒロセ通商

こうしてチャートを見ると、いくつかの箇所で、勢いが停滞して横ばいに推移しているのが確認できますね。

これがレンジ相場です。

そもそrangeには範囲という意味があり、海外ではBoxed Range(箱入り範囲)とも呼ばれていることから、ボックス相場や横ばい相場とも呼ばれています。

レンジ相場のときに、レートが上端・下端に達したら反対に動くと想定してトレードする手法は、逆張りと呼ばれています。

一般的に、FXではレンジ相場7割、トレンド相場3割とも言われていますが、これはトレンド相場であっても足種や範囲の視点を変えるとレンジ相場である場合が多いからなのですね。

もちろん、相場全体を占める割合が多いレンジ相場を狙ったトレードが有利、という訳ではありません。

2018年11月に、日本銀行が行ったアンケートに興味深い内容があります。

最近のアンケートでは、7割の投資家が順張りの投資戦略を採るという結果もみられている。順張り戦略を採る個人投資家は、ごく短い時間に売買を繰り返すことが多いとの指摘もあることから、本稿では、個人投資家の売買について、高頻度の取引データも活用しつつ、投資期間別にみた考察を行った。その結果、投資期間が一日以上の投資では逆張りの特徴が確認された。一方、投資期間が一日未満の投資については、全体として逆張りの特徴がみられるものの、局面次第では順張りの特徴もあることが確認され、日中の相場変動の抑制に作用しない場合もあることが示唆された。

引用元:日銀レビュー 外為証拠金取引における個人投資家の投資行動

日本人の逆張り好きは世界的にも有名で、上記アンケートではスキャルピング、デイトレードをするトレーダーが、全体の8割を占めており、逆張りは短期トレーダーに多いことが明らかになっています。

いくらレンジが形成されているといっても、近い将来、レートは必ずレンジを抜く動きを見せるため、逆張りするにはダマシも多くなるのが欠点です。

レンジ相場向きの通貨ペア

繰り返しになりますが、逆張りの基本は短期トレード(スキャルピング、デイトレード)です。

短期におけるレンジ相場向きの通貨ペアとは、トレンドのない局面において、レンジ相場ならではの一定範囲で推移する通貨ペアを選ぶことが重要です。

これには条件があり、短期レンジの逆張りで売買を繰り返すには、スプレッドが狭くて流動性が高い通貨ペア(取引量が多いため不安定な値動きになりにくいこと)が条件となります。

つまり通貨ペアとしては、世界でもっとも取引量が多いユーロ/米ドル、次いで取引量の多い米ドル/円がこれに該当します。

相場がレンジ相場に突入してきて、スキャルピングかデイトレードで逆張りを考えるなら、コスト面でも有利なユーロ/米ドルと米ドル/円が向いているといえます。

関連記事

デイトレードなどの短期売買において、もっとも重要となるのがスプレッドです。2020年現在の標準スプレッドとして、米ドル/円は0.2銭が狭い水準として各社揃っています。また低スプレッドと同時に「スプレッド提示率」「約定力」も重要に[…]

FX12通貨ペアのスプレッドを徹底比較!

中長期のレンジをリピート系注文で狙うには

リピート系注文で中長期にかけて利益を狙っていくには、上下一定の範囲で推移しやすい通貨ペアであるか、またスプレッドの狭さもポイントとなってきます。

月足チャートをで過去5年〜10年程度の値動きを見るとわかりやすいのですが、一方向に大きくトレンドを作ることなく、一定範囲で動く通貨ペアがリピート系注文に適していると判断の目安にもなります。

たとえば米ドル/スイスフラン、豪ドル/NZドル、カナダドル/スイスフラン、NZドル/米ドル、NZドル/カナダドルあたりがレンジ相場で推移しやすい通貨ペアとなります。

このなかで、スプレッド的に有利なのはNZドル/米ドル豪ドル/NZドルですので、通貨ペア選びの参考にしてみてください。

関連記事

近年FX業界で話題をかっさらっているのが、「リピート系FX」「リピート系注文」と呼ばれる注文方式を採用した発注システムです。ネットや口コミでリピート系FXに興味を持った方も少なくないかも知れません。リピート系注文を始めるには、注[…]

今話題のリピート系FXとは?

長期足種からトレンドを判断せよ

トレンド相場かレンジ相場かを判断するには、まずは長期足種で全体像を把握し、短い足種に向かってチェックしていくようにしましょう。

長期足種から短期足種の順番でトレンド判断

月足→週足→日足とチャートを見て上昇傾向が続いていれば、上昇トレンドと捉えることができます。

決して短い足種からトレンドを判断しないように、くれぐれも注意してください。
トレンド判断は、長期足種から順番に確認することが鉄則です。

トレンド判断に役立つツール

トレンド判断には、このFXスクリーナーが便利です。

かんたんな見方をご紹介していきます。

上部左から2番目のカラムをクリックし、「変動率」「評価」のみにチェックを入れてください。
そして上部右側にある通貨ペアを、すべてから「主要」「マイナー」の2つに変更してください。そうするとメジャー通貨、マイナー通貨の組み合わせで変動が大きく、テクニカル指標に基づいた売買のサインを判断することができます。変動率をクリックすると、変動幅のプラス・マイナスが大きい通貨ペアごとに並べ替えできます。変動幅が大きく、さらに「強い買い」「強い売り」が出ていれば、大きなトレンドで動きそうだと想定される通貨ペアとなります。

※無料アカウントの場合、足種は1日(日足)から変更ができません。
※項目にある評価は、移動平均線と各種オシレーター系テクニカル指標から総合的に算出されています。

高機能チャートのTradingViewは、無料アカウントでもチャート設定をWeb上で保存できます。本格的に使いたい方は無料アカウントを作成しましょう。

⇒TradingViewの新規登録はこちら(無料)

なおこのツール上の通貨ペア名は、FX業者の通貨ペアと順番が逆になっているのも多いです。
例えば、FX業者ではEUR/AUDが一般的ですが、こちらではAUD/EURの表記です。もし評価が買いの場合、FX業者では売りのサインとなります。
くれぐれも誤解のないよう、ご注意ください。

トレンド相場を判断してスイングトレードするなら、このツールも使ってみて判断材料に役立ててみてください。

おすすめのFX業者はココ!

みんなのFX

トルコリラ/円、メキシコペソ/円など高金利通貨の最高水準スワップがみんなのFXの特徴!
長期的なスワップポイントの受け取りにイチオシの業者です。

スプレッドは業界最狭水準であり、約定率も高いので、デイトレードなど短期売買から中期売買にも向いています。1,000通貨単位から取引できますので、少額からスタートすることも可能です。

取引ツールには売買比率・価格分布(オープンオーダー)を搭載!どちらの方向でエントリーすればいいのか参考にするのもいいでしょう。
口座開設すれば、FX/シストレ/バイナリーオプション3つの取引ができるのも魅力。オンラインセミナー「みんなの金トレ」でFXを1から学べる環境が整っているのもポイントです。

みんなのFXの口座開設キャンペーン情報

2020年9月30日(水)までのキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大50,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でみんなのFXの口座開設ができます!

FXプライム byGMO「選べる外貨」

安定性の高いサーバーと約定力100%により、FXプライム byGMOはデイトレードとの相性が抜群です。
またFX業界トップクラスを誇るマーケット情報は、中〜長期売買にも役立ちます。

強靭な取引システムとともに、1クリックで発注できる高速注文により、狙ったレートで必ず約定します。
値動きが激しいときでも抜群の約定力なので、雇用統計など相場急変時のトレードにもおすすめ。

高機能チャート「プライムチャート」は売買シグナルをチャート上で見られます。音声通知もできるので、チャンスを見逃すこともありません。
未来のレート予測分析ツール、ぱっと見テクニカルが利用できるのも魅力!チャート分析が苦手な初心者にも使いやすく、口座開設さえすれば無料で使うことができます。

FXプライム byGMOの口座開設キャンペーン情報

2020年8月1日(土)~2020年9月30日(水)取引終了時までに新規口座開設+取引条件達成で、最大505,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でFXプライム byGMO「選べる外貨」の口座開設ができます!

GMOクリック証券「FXネオ」

GMOクリック証券はスプレッドが狭くスワップポイントは高いので、短期売買〜長期売買まで幅広く対応します。

操作性が抜群のスマートフォンアプリにより、外出先でも多彩な注文を柔軟に行えます。数少ないMac取引専用アプリを提供する会社なので、Macユーザーも安心ですね。
チャート上をクリックするだけで発注できる高機能取引システムにより、チャンスを逃がすことなく売買が行えます!

高機能チャート分析ツールであるプラチナチャートプラスは38種類のテクニカル指標が用意されていて、デモ取引でも利用が可能。
24時間電話サポートに対応し、FXのニュース配信も多いので、GMOクリック証券なら初心者の方も安心してお取引ができます!

GMOクリック証券「FXネオ」の口座開設 特典情報
特典期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大30,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でGMOクリック証券の口座開設ができます!

トレンド相場とレンジ相場
最新情報をチェックしよう!