フィボナッチ・リトレースメントの見方・使い方 – 押し目と戻りの分析術

FXでは、押し目買い・戻り売りのタイミングを見るのにフィボナッチ・リトレースメントという分析手法があります。
これは、相場がどのくらいの水準で戻るのかを分析する手法であり、FX会社のテクニカル指標にも標準で搭載されています。

チャート分析でフィボナッチを活用できるように、こちらのページで基礎から使い方まで詳しくご紹介します。

そもそもフィボナッチとは

フィボナッチとは、13世紀イタリアの数学者「レオナルド・フィボナッチ」が考えだした不思議な数列のことです。

自然界や建造物などで美しいと感じられるモノは、すべて黄金比(1:1.618、約5:8)で成り立っているという法則です。

ギリシャのパンテノン神殿、エジプトのピラミッド、名刺、植物、貝などの形状がフィボナッチの黄金比の代表例ですね。

そもそもフィボナッチ数列とは、1、1で始まり、3番目の数は1と1を足した2、その次の4番目は1と2を足した3というように、隣り合った二つの数字を足して繋げていった数列のことです。

フィボナッチ数列

1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144、233、377、・・・

そもそもフィボナッチ数列によるテクニカル分析は、マーケットの値動きもまた自然現象の一部であると考えるアプローチからきています。
つまり、複雑に見える為替の値動きであっても、フィボナッチ数列に従う一般的な売買ルールを見つけてトレードに活かそうとするものです。

このフィボナッチ数列はエリオット波動理論のベースにもなっており、こういった側面も相まって、FXでフィボナッチが重要視されている理由となっています。

自然界にも存在するフィボナッチ数列ですが、数学的にも多くの興味深い性質があります。

なかでも注目されているのが、最初の2つの1を除くと、隣り合った数字の比率は、黄金比率「1:1.618」に限りなく近づいていく性質です。
(2:3=1:1.5、3:5=1:約1.67、8:13=1:1.625、13:21=1:約1.615、・・・)

また縦、横が黄金比率となる長方形は、もっとも美しく均整が取れているといわれています。

そしてフィボナッチ数列では、1つおきの数字の比率は1:2.618に、2つおきの数字の比率は1:4.236に、限りなく近づいていくという性質もあります。

この「1.618(逆数の0.618)」「2.618(逆数の0.382)」「4.236(逆数の0.236)」をフィボナッチ比率といいます。

FXでは、フィボナッチ比率に基づいた23.6%、38.2%、61.8%、76.4%、100%、123.6%、138.2%、161.8%といった数字がテクニカル分析で使われています。

フィボナッチ比率を用いたテクニカル分析には下記の種類があります。

フィボナッチ比率を用いたテクニカル分析

  • フィボナッチ・リトレースメント
  • フィボナッチ・ファン
  • フィボナッチ・アーク
  • フィボナッチ・エクスパンション
  • フィボナッチ・チャネル
  • フィボナッチ・タイムゾーン

フィボナッチ・リトレースメントの見方・使い方

それでは王道のフィボナッチ・リトレースメントを解説します。

フィボナッチ比率をベースとしたテクニカル分析にはさまざまな種類がありますが、単にフィボナッチやフィボと呼ばれるときは「フィボナッチ・リトレースメント」のことを指します。

ちなみにリトレースメントには「引き返し、後戻り」という意味がありますが、フィボナッチ・リトレースメントでは価格が安値から高値、または高値から安値へと推移したとき、水平ラインの反転を探る目的で使っていきます。

FXにおけるフィボナッチ・リトレースメントでは通常、0%〜100%のうち「0%」「23.6%」「38.2%」「50%」「61.8%」「100%」と6つの数値で分析が行われます。

上昇トレンドで押しを判断する方法

例えば、現在上昇トレンドとして、ある程度下がったところで押し目買いしたいと考えているとします。

そこで一定の期間における安値と高値を選び、安値から高値にかけてフィボナッチ・リトレースメントを描画します。

フィボナッチ・リトレースメントを安値から高値に描画したときの戻り
安値から高値に描画したときの戻り

このようにフィボナッチ・リトレースメントを描画するといくつかの水平線が描画されますが、この中でも「38.2%」「61.8%」「50%」の3つの数値が特に重要視されており、それぞれがサポートの目安に使うことができます。

50%はフィボナッチ比率ではありませんが、いわゆる半値押しとして、相場反転のポイントとなることから重視されています。

このとき、もし100%まで戻ったときは「全押し」となります。

詳しくは実際のチャートを例にご覧ください。

まず上昇トレンドのときは、押しを探っていきます。
今後も上昇が続くと想定するとき、ある程度下がったところで買いたい地点をフィボナッチ・リトレースメントで目星を付けていきます。

YJFXのExチャートにフィボナッチを描画して押し目を分析
参考チャート:YJFX! [2018年11月 米ドル/円 日足]
こちらのチャートを見ると、61.8%が押しのポイントとして2回効いているのが分かりますね。

YJFX!のExチャートの場合は、2/3押しの76.4%も表示されるのがポイントです。

フィボナッチ・リトレースメントで押しの判断【まとめ】

安値から高値までの上げ幅から23.6%、38.2%、50.0%、 61.8%、76.4%押した水準を、押し目買いの目安に使う。

下降トレンドで戻りを判断する方法

下降トレンドのときは、一定期間における高値から安値にかけて描画していきます。

フィボナッチ・リトレースメントを高値から安値に描画したときの戻り
高値から安値に描画したときの戻り

23.6%、38.2%、61.8%に50%(半値戻し)を加えたラインがレジスタンスとなり、100%まで戻ったら全戻しとなります。

下落局面の実際のチャート例は以下です。

YJFXのExチャートにフィボナッチを描画して戻りを分析
参考チャート:YJFX! [ユーロ/米ドル 日足 2018年4月〜11月]
このように、選択期間における安値を0%、高値を100%として、その38.2%、50%、61.8%近くまで相場が引き返してきたとき、一旦もみ合うと予測し、それまでのトレンドがある方向にエントリーする使い方をします。

チャートにフィボナッチ・リトレースメントを描画するときのポイントは以下です。

  1. ある程度、明確となっている天井と底を見つけて描画すること。
  2. 現在のレートが、選択した高値と安値の間にあること。
  3. レートの左から右にかけて描画すること。
フィボナッチ・リトレースメントで戻りの判断【まとめ】

高値から安値までの下げ幅から23.6%、38.2%、50.0%、 61.8%、76.4%戻した水準を、戻り売りの目安に使う。

大きく相場が動いているときは「38.2%」に注目!

強い上昇や下降が発生したときには、38.2%を押し目(戻り)とする見方をします。
これは、強いトレンド発生時には相場に勢いがあることから、38.2%前後の位置で弱い押し目や戻りを形成しながらトレンドが継続するパターンがよく見られるからです。

フィボナッチ・リトレースメントでは、この38.2%のラインがもっとも重要視されています。

上昇トレンドのとき

上昇トレンドが続くと予測したとき、反転した38.2%の地点が押し目買いのポイントとなります。

上昇トレンドなら安値から高値に描画する
参考チャート:YJFX! [ ユーロ/米ドル 日足 2018年9月〜11月]

下降トレンドのとき

下降トレンドが続くと予測したとき、反転した38.2%の地点が戻り売りのポイントとなります。

下降トレンドなら高値から安値に描画する
参考チャート:YJFX! [2018年11月 米ドル/円 4時間足]
一般的に、38.2%を最初の下げの目安としますが、38.2%のみがポイントとなるわけではなく、状況によっては61.8%や50%がエントリーポイントとなったりもします。

「61.8%」もフィボナッチのポイント!

弱いトレンドのときには、61.8%が押し目(戻り)のエントリーポイントであると、一般的に見られています。

トレンドの初期形成時や、安定的にトレンドが継続している場合、61.8%前後で押し目や戻りとなるパターンもよく発生したりします。
このとき、61.8%にレートが戻る部分を短い時間足で見ると、小さなトレンドが発生していることも多く、このトレンドが終わるタイミングで、61.8%を基準とした押し目買いや戻り売りを的確に狙う、といったやり方もあります。

38.2%と61.8%のほか、半値戻しの地点となる「50%」前後もよくチェックされているポイントとなります。

フィボナッチ・リトレースメントの注意点

38.2%の位置で押し目や戻りを作っている場面では、方向感が見えにくくなったり、フラッグやペナントなど保ち合いのチャートパターンが発生することもよくあります。
このような状況のとき、トレンドが調整局面となり値動きが小休止することもあります。

また、レートがフィボナッチ・リトレースメントのサポートライン(レジスタンスライン)を付き抜けたときは、トレンド転換となり、反対にレジスタンスライン(サポートライン)へと切り替わることもよくあります。

押し目、戻りの分析に役立つフィボナッチ・リトレースメントですが、必ずしも確実ではありません。あくまでも「変動のきっかけになりやすい地点」との意識で、分析に生かしていくのがいいでしょう。

いろいろなフィボナッチの見方

これまで解説したフィボナッチ・リトレースメント以外にも、フィボナッチ系にはさまざまなテクニカル指標が提供されています。

フィボナッチ・リトレースメントに比べると知名度は高くないですが、使い方を理解しておけば異なる角度から分析するのに役立ちます。

このうちフィボナッチ・ファンとフィボナッチ・アークは、フィボナッチ・リトレースメントに時間の概念を取り入れたタイプとなります。

それでは、ほかのフィボナッチの見方もご紹介します。

フィボナッチ・ファン

フィボナッチ・リトレースメントは、時間の推移を無視して価格のみを分析の対象としています。
対してこのフィボナッチ・ファンは、フィボナッチ・リトレースメントに時間の要素を加えたテクニカル指標です。

ファンには「扇」の意味があるように、フィボナッチ・ファンは扇状に広がるラインが特徴です。

高値と安値の間に描かれた扇状の線を見て、サポート、レジスタンスの目安にすることができます。

上昇トレンドで押しを判断する例で解説します。

ある一定期間の安値(A)と高値(B)を見つけ、高値から垂直ラインを安値の水平ライン(A’)が交わるところまで引き、フィボナッチ比率で分割します。

そして安値から38.2%、50%、61.8%のある垂直ラインを結んだのがフィボナッチ・ファンです。

フィボナッチ・ファンの見方

実際のチャートに描画した例は以下です。

フィボナッチ・ファンの描画例
参考チャート:FXプライム byGMO

38.2%はサポートとならず下抜けしましたが、その後61.8%のラインが効いていることが分かりますね。

価格は、時間とともに上下に変動しながら推移していきます。

水平線のフィボナッチ・リトレースメントと異なり、斜めにラインが引いていることから、時間とともにサポート、レジスタンスの価格水準が変化するのが大きな違いです。

つまりチャートでいう縦軸の価格要素、横軸の時間要素どちらも含まれているのが特徴です。

フィボナッチ・ファンの使い方【まとめ】

時間推移から見たフィボナッチ比率による斜めのラインを転換の目安にができる。

フィボナッチ・エクスパンション

フィボナッチ・エクスパンションは、いったん調整局面となった後、再び元のトレンドへの値動きが再開したとき、どこまでトレンドが進むかを判断するテクニカル指標です。

つまり、上昇トレンドが押し目を形成後どれくらい上昇するか、下降トレンドが戻りを形成後どれくらい下落するかの判断に使われており、「どの水準で利食いすればいいか」を判断するために使われています。

時間的要素は入っておらず、フィボナッチリトレースメントを応用したタイプとなります。

このエクスパンションには「拡大、拡張」という意味があります。

上昇トレンドを例にすれば、AからBへ上昇した後、保ち合いとなりCで下げ止まったとします。
その後、上昇トレンドが再開して保ち合いをブレイク後にエントリーしたら、A~Bの価格差となる61.8%、100%、161.8%が利食い目標になります。

ちなみにA→B→C→100%までのN字型の動きは、一目均衡表の波動論でいうN波と同じです。

フィボナッチ・エクスパンションの見方

フィボナッチ・リトレースメントとの違いは、以下画像をご覧ください。

フィボナッチ・エクスパンションとフィボナッチ・リトレースメントの違い
フィボナッチ・エクスパンションとフィボナッチ・リトレースメントの違い

実際のチャートに描画した例は以下です。

フィボナッチ・エクスパンションの描画例
参考チャート:FXプライム byGMO

利食い目標は38.2%、50%、61.8%・・・とパーセンテージが小さい順番で設定することができます。

上昇局面であれば、フィボナッチ・リトレースメントがトレンドの谷(押し目)、フィボナッチ・エクスパンションはトレンドの山(反転)で売買の目星をつける使い方ができます。

フィボナッチ・エクスパンションの使い方【まとめ】

トレンドは最終局面までどのくらい伸びるのか、ポジション保有時において利食い判断の目安にできる。

フィボナッチ・アーク

フィボナッチ・アークは、フィボナッチ・リトレースメントに時間軸要素を加えたテクニカル指標です。

アークというのは「円弧」という意味で、円弧の水準がそれぞれサポート、レジスタンスとなります。

上昇トレンドなら、安値(A)から高値(B)に線を引きます。
そしてBを中心に、A~B間の距離で38.2%、50%、61.8%の水準となる同心円状に描かれたアークが、フィボナッチ・アークとなります。

A~B間は距離が長くなるほど、アークは大きくなります。
つまり高値と安値による価格の高低差が同一のケースでも、時間差が長いほど、アークも大きくなるのが特徴です。

実際のチャートに描画した例は以下です。

フィボナッチ・アークの描画例
参考チャート:FXプライム byGMO

こちらは38.2%を下抜け、50%はサポートとならず下落の勢いが強まってきた例です。61.8%を下抜けたらより下落の勢いが強くなることが考えられます。

※もしMT4で使う場合、デフォルトで描画するとほぼ直線のようなフィボナッチ・アークが描画されてしまいます。
これを修正するには、描画したラインを右クリック→「表示中のライン等」→対象のFibo Arcsを選択して「編集」→パラメーターにあるスケールを「10〜30程度」に変更すれば、他のチャートのような半円にすることができます。

このようにフィボナッチ・アークは、フィボナッチ・リトレースメントやフィボナッチ・ファンと同様に、トレンド相場における押し目・戻りの判断に使うことができます。

フィボナッチ・アークの使い方【まとめ】

時間推移から見たフィボナッチ比率によるサークルラインを転換の目安にできる。

フィボナッチ・チャネル

フィボナッチ・チャネルは、価格がチャネルラインをブレイクしたとき、次のチャネルラインがどこになるかをフィボナッチ比率で判断するテクニカル指標です。

まずトレンドラインを引き、トレンドラインと平行なチャネルラインを引きます。

トレンドラインとチャネルラインの値幅を1倍としたとき、61.8%(1.618倍)、100%(1倍)、261.8%(2.618倍)、423.6%(4.236倍)それぞれのラインがフィボナッチ・チャネルとなります。

以下は、AとBでトレンドライン(サポート)を引き、Cでチャネルラインを引いた例です。

フィボナッチ・チャネルの描画例
参考チャート:FXプライム byGMO

Cのチャネルライン(レジスタンス)をブレイク後、61.8%、100%、161.8%の順でサポートを引き上げていく使い方ができます。

価格が61.8%以上に推移した場合は、フィボナッチ・チャネルの描画時よりも価格が大きく推移しているため、トレンドは非常に強いと判断ができます。

価格が0ライン(サポートorレジスタンス)と100%の間で推移している場合は、フィボナッチ・チャネルの描画時と同じトレンドの強さを継続していると判断ができます。

価格が100%に到達せず0ラインを抜けてきた場合は、現在のトレンドが減速し、逆転している可能性があることを示すサインとなります。

フィボナッチ・チャネルの描画に関しては、間違って解説するサイトがかなり多いのでご注意ください。

通常のチャネルラインでの描画と同じく、上昇トレンド時はサポートラインを起点に上方向へ、下降トレンド時はレジスタンスラインを起点として下方向へ描画することを覚えておきましょう。

フィボナッチ・チャネルの使い方【まとめ】

トレンド継続時に、価格がチャネルラインをブレイク後、トレンド方向への値動きはどれくらいの範囲で進むのか目安にできる。

フィボナッチ・タイムゾーン

フィボナッチ・タイムゾーンは、日柄(日数)のみを対象としたテクニカル指標です。
タイプとしては、価格ではなく「時間」にフィボナッチ数列の要素を加えたタイプとなります。

チャート上には、フィボナッチ数列の1、1、2、3、5、8、13、21、34、・・・が垂直に描画されます。

フィボナッチ・タイムゾーンは、フィボナッチ数列で相場の転換点(山や谷)となるタイミングを測ろうとするもので、これらの垂直線付近で、大幅な価格変動があるかも知れないと推測するのに使われています。

実際のチャートに描画した例は以下です。

過去の重要な転換点となる、2点の高値と安値(安値と高値)を結ぶように選択することが、描画時のポイントです。

フィボナッチ・タイムゾーンの描画例
参考チャート:FXプライム byGMO

ただし他のフィボナッチ系ツールと異なり、描画するポイントは個人の裁量で大きく左右されることから、描画するにあたり充分に注意する必要があります。

こころなしか転換ポイントを捉えているようにも感じますが、正直ほかのフィボナッチ系ツールに比べるとあまり実践向きではありません。アノマリー程度に留めておくようにしましょう。

フィボナッチ・タイムゾーンの使い方【まとめ】

将来に高値・安値をつける転換点はいつであるか、日時(時間)を判断する目安にできる。

フィボナッチ・リトレースメントが使えるFX会社は?

フィボナッチ・リトレースメントはYJFX!、FXプライム byGMO、GMOクリック証券など、多くの会社で利用ができます。
YJFX!ならPC、スマートフォンアプリどちらでもフィボナッチ・リトレースメントを使えるのがポイントです。

FX会社名PCブラウザ版
取引ツール
PCインストール版
取引ツール
スマホアプリ

手動

手動

自動

手動
-
手動

手動

手動
外貨ex
手動

手動

手動
FX Cymo
手動

手動

手動

手動

手動

手動
-

手動

手動

手動

手動

自動

手動

手動

手動

手動

自動

手動

手動

手動

手動
FX会社名PCブラウザ版
取引ツール
PCインストール版
取引ツール
スマホアプリ
○:フィボナッチ・リトレースメント対応
△:対応だが保存機能なし
✕:未対応
-:インストール版取引ツールが未提供

「手動」「自動」とありますが、フィボナッチ・リトレースメントを描画する際に、自分で描画するタイプか、ボタン1クリックで自動描画できるタイプかの違いを示しています。
自動描画機能は自分が狙った位置に描画できないデメリットもありますが、どの位置に描画すればいいか悩むことがないため、初心者の方にはおすすめです。

また(主にブラウザ版で)ライン描画を行ったときに、そのままラインが保存されるタイプを○、保存機能がないチャートは△で示しています。
ライン保存機能があれば、次回チャートを表示させた際にも再描画することなく、ラインが残っているので便利です。

さまざまなフィボナッチ系ツールも使いたいなら、PCチャートならFXプライム byGMO、スマホアプリならGMOクリック証券が多彩です。

各社のチャートを比較するなら、こちらのページもご覧ください。

関連記事

スプレッドの狭さや1,000通貨対応、通貨ペア数など、FX会社選びには実に多くの要素があります。FXは取引をするほど、取引画面に接する時間は長くなりますよね。ですから取引ツールやチャートの使いやすさというのは、FX取引において重[…]

チャート・取引ツール比較

 

ディナポリ・チャートでフィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・エクスパンションを使った具体的なトレード手法は、こちらのページでご紹介しています。

関連記事

ディナポリ・チャートってご存知ですか?アメリカの有名な投資家、ジョー・ディナポリが考案したトレード手法であり、現代のトレーダーに多大な影響をもたらしたといっても過言ではないでしょう。ディナポリ・チャートは奥が深く、いきなり全[…]

ディナポリ・チャートを使ったトレード手法を徹底解説!

おすすめチャートのFX会社

YJFX!のチャートはインストール不要のブラウザ版ながらも、インストール版のような保存機能を搭載!軽快ながらも、正確にトレンドライン描画できる高機能さが魅力です!

YJFX!(ワイジェイFX)「外貨ex」

安心感を求めるなら、大手ヤフーグループのYJFX!「外貨ex」で決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

スマホ/タブレットアプリ「Cymo」は直感的にサクサクと発注でき、取引に便利なプッシュ通知機能も備えています。

取引を楽しみながらPayPayや現金相当を貯められるのも、YJFX!ならではの魅力となっています。

YJFX!の口座開設キャンペーン情報

2018年12月12日(木) 〜 終了日未定のキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大27,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でYJFX!「外貨ex」の口座開設ができます!

フィボナッチ・リトレースメントの見方・使い方
最新情報をチェックしよう!