ヘッドアンドショルダー(三尊天井・逆三尊底)の見方・使い方

相場の天井・大底での売買判断に役立つ、ヘッドアンドショルダーについて解説します。

ヘッドアンドショルダーとは?

ヘッドアンドショルダーとは、天井圏に現れるチャートパターンのひとつです。

チャートパターンの形状が人間の上半身(頭、左肩、右肩)に見えることから、ヘッドアンドショルダーと呼ばれています。なお日本国内では、仏像が三体並ぶように見えることから、三尊(さんぞん)天井とも呼ばれています。
大底圏に現れるチャートパターンは、ヘッドアンドショルダーズ・ボトムと呼ばれ、それと区別して天井圏の場合は、ヘッドアンドショルダーズ・トップとも呼ばれたりします。

このヘッドアンドショルダーですが、
「3度上値(下値)更新をチャレンジをしたが、上値(下値)を更新できなかった。」
というチャートパターンであることから、天井圏(大底圏)であることを示す力は、WトップやWボトムよりも強いとされ、高い信頼度であると判断されています。

ヘッドアンドショルダーズ・トップの見方

ヘッドアンドショルダーズ・トップは、天井圏での「3つの山」の形が目印となります。
3つの山のうち、頭が左右の肩よりも高いことが、このヘッドアンドショルダーズ・トップの特徴となります。

すべての山の高さが同じであった場合は、トリプルトップとなります。

売りサイン

ヘッドアンドショルダーズ・トップ

  1. ネックラインを下に抜けるタイミングに買いサインとする見方(戻り売り)もありますが、ネックラインを少し下抜けた後に反転して上昇することも考えられます。
  2. ネックラインがレジスタンスラインとなり、上値を支えるラインとなってから売りサインと見た方が、より信頼性が高くなります。

ここで上図のネックラインに注目してみてください。

ネックラインは頭と肩の形成をするサポートラインとなって①のブレイクアウトとなり、②のレジスタンスラインの反転ポイントとなります。
天井圏からのトレンド転換を示唆する重要なラインとなりますので、しっかりと覚えておいてください。

ヘッドアンドショルダーズ・ボトムの見方

ヘッドアンドショルダーズ・ボトムは、通称「逆ヘッドアンドショルダー」とも呼ばれています。また「逆三尊底」ともいいます。
ヘッドアンドショルダーズ・ボトムは、大底圏での「3つの谷」の形が目印となります。
3つの谷のうち、真ん中の谷が深いことが、このヘッドアンドショルダーズ・ボトムの特徴となります。

すべての谷の深さが同じであった場合は、トリプルボトムとなります。

買いサイン

ヘッドアンドショルダーズ・ボトム

  1. ネックラインを上に抜けるタイミングに買いサインとする見方(押し目買い)もありますが、ネックラインを少し上抜けた後に反転して下降することも考えられます。
  2. ネックラインがサポートラインとなり、下値を支えるラインとなってから買いサインと見た方が、より信頼性が高くなります。

実際のチャートでヘッドアンドショルダーを見てみよう

こちらは米ドル/円の月足チャートです。

米ドル/円のヘッドアンドショルダーズ・ボトムとヘッドアンドショルダーズ・トップ
参考チャート:YJFX [米ドル/円 月足]

大きな期間の流れを表す長期チャートにおいて、きれいな形状のヘッドアンドショルダーはなかなか出現しにくいです。

ローソク足のヒゲがネックラインを割っている部分もありますが、戦後最高値の75円台からの125円台、そして98円台へ下落した局面において、ヘッドアンドショルダーズ・ボトム、ヘッドアンドショルダーズ・トップが出現しているのが確認できます。

ヘッドアンドショルダーのポイント

ヘッドアンドショルダーは、相場が反転する天井と大底で出現するチャートパターンですので、頻繁に発生はしません。信頼性の高い月足や日足は信頼性が高いですが、相場転換となる局面でしか出現しないからです。

また、戻り売りや押し目買いのタイミングで、レートが反転して再びネックラインを抜けるような状況もありますが、このような場合は天井や大底ではなかった可能性が高いと言えます。

レンジなどの一定幅で推移する保ち合いのチャートパターン(ペナント、フラッグなど)の多くは、小休止した相場が再び動き出すタイミングを狙った手法となりますが、このヘッドアンドショルダーやダブルトップ・ダブルボトムは戻り売り、押し目買いを狙う手法ですので、こちらのほうが取引における信頼性が高いとされています。
ですのでFX初心者の方は、戻り売りや押し目買いのタイミングを積極的に探すことをおすすめします。

注意点ですが、ヘッドアンドショルダーで天井・大底を見極める場合、短い期間だとダマシも多くなりがちですので、チャート分析の際には、日足など、長めの時間足で分析するといいでしょう。

 

なお30分足や1時間足、4時間足のヘッドアンドショルダーを自動で探すなら、サクソバンク証券の取引ツールも便利です。

サクソバンク証券の取引ツールで検出されたヘッドアンドショルダー

このようにチャートパターンを自動検出してくれますので、通貨ペアを問わず取引機会を探したい方は口座開設しておきましょう。

こちらから無料でサクソバンク証券FXの口座開設ができます!

 

各社のチャート機能は、こちらのページで詳しくご紹介しています。

関連記事

スプレッドの狭さや1,000通貨対応、通貨ペア数など、FX会社選びには実に多くの要素があります。FXは取引をするほど、取引画面に接する時間は長くなりますよね。ですから取引ツールやチャートの使いやすさというのは、FX取引において重[…]

チャート・取引ツール比較

おすすめチャートのFX会社

YJFX!のチャートはインストール不要のブラウザ版ながらも、インストール版のような保存機能を搭載!軽快ながらも、正確にトレンドライン描画できる高機能さが魅力です!

YJFX!(ワイジェイFX)「外貨ex」
JUMP with you! YJFX!

安心感を求めるなら、大手ヤフーグループのYJFX!「外貨ex」で決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

スマホ/タブレットアプリ「Cymo」は直感的にサクサクと発注でき、取引に便利なプッシュ通知機能も備えています。

取引を楽しみながらPayPayや現金相当を貯められるのも、YJFX!ならではの魅力となっています。

YJFX!の口座開設キャンペーン情報

2018年12月12日(木) 〜 終了日未定のキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大27,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でYJFX!「外貨ex」の口座開設ができます!

ヘッドアンドショルダーの見方・使い方
最新情報をチェックしよう!