LIGHT FXのiPhone/Androidアプリの機能を詳しくご紹介!

「分析に便利なツールが多数搭載されたスマートフォンアプリを使いたい。」

このようにお考えの方に最適なのが、トレイダーズ証券「LIGHT FX」のアプリです。

同じくトレイダーズ証券が手掛ける、みんなのFXのスマートフォンアプリとは基本的に同一仕様なのですが、現時点で他社のアプリを大きく凌駕するほど、優れた分析機能を誇るアプリとなっています。

それでは具体的に、LIGHT FXのアプリでは「どんな注文」「どんな分析」が行えるのか、詳しくご紹介していきます。

LIGHT FXアプリの機能

はじめに、LIGHT FXに搭載された機能をまとめておきます。

LIGHT FXアプリで注目の機能
  • スピーディーな発注ができるスピード注文を搭載。
  • 自動利食い・自動損切りに対応する注文を用意。
  • チャート上で発注が可能。
  • 拡大鏡とマグネット機能で引きやすい描画ツール。
  • 業界トップレベルを誇るマーケット情報(通貨強弱、ヒートマップ、ポジションブック、TMサイン)。

低スプレッド、高スワップポイント、高約定力、スキャルピング対応がLIGHT FXの特徴です。

とくにスプレッドは極限まで狭く、スワップポイントは業界でもトップ水準の高さですから、超短期売買から中長期売買までオールマイティー口座として使いやすい業者です。

なおスマートフォンアプリはiPhone/Androidどちらも共通仕様ですので、機能面に違いはありません。

それではアプリの特徴を見ていきましょう。

レート一覧をタップで注文できる

まずアプリのログイン後に表示されるのが「レート一覧」の画面です。

レート一覧の表示は、2サイズから切り替えが可能です。

下記は2020年12月時点のキャプチャですが、スプレッドはかなり狭いことが確認できますね。

iPhoneアプリ版LIGHT FXのレート一覧
レート一覧

レート一覧では、表示させる通貨ペアの表示・非表示や順番の変更も行えます。

取引をするには、レート一覧から取引したい通貨ペアをタップすることで、注文画面に進むことができます。

定番の注文方法を用意

スマートフォンアプリ版の注文方法では、下記が用意されています。

LIGHT FXの注文方法

成行注文、ストリーミング注文、指値注文、逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFO注文、時間成行注文注文、一括決済注文、両建注文、決済指値幅注文、決済逆指値幅注文

iPhoneアプリ版LIGHT FXの成行注文
成行注文
iPhoneアプリ版LIGHT FXの指値・逆指値注文
指値・逆指値注文
iPhoneアプリ版LIGHT FXのOCO注文
OCO注文

あいにくLIGHT FXではトレール注文を提供しておりません。
しかし初心者には取り扱いが難しいので、それほど気にする必要はないと思います。

一般的な注文方法は揃っていますので、LIGHT FXはスプレッドの狭さを生かした短期トレードか、高スワップポイント狙いで長期保有がおすすめの業者です。

自動利食い・損切りに対応するスピード注文

多くの業者でストリーミング注文(=高速注文)を提供していますが、LIGHT FXのストリーミング注文にあたるのが「スピード注文」です。

このスピード注文は成行注文と同じで、レート一覧から成行の注文画面を表示させるか、スピード注文のタブから進むかだけが違いしかありません。

ですがスピード注文なら、タブの1タップだけで注文画面へと遷移するスピーディーさが魅力です。

さらに先ほどの「決済指値幅」「決済逆指値幅」を組み合わせれば、1タップの新規発注だけで決済注文も同時発注が可能です。

iPhoneアプリ版LIGHT FXのスピード注文
スピード注文
iPhoneアプリ版LIGHT FXのスピード注文+チャート
スピード注文+チャート
決済指値・決済逆指値の指定が可能
注文設定

この2つは、新規でスピード注文をする前にあらかじめ決済時の指値幅(利食い)、逆指値幅(損切り)をpips指定しておけば、ONにしておくことで自動で利食いか損切りができます。

確実な収益化と損失リスクをコントロールするためにも、積極的に使っていきたい注文機能となっています。

なおスピード注文画面でスリッページ設定をするときは、画面中央にある注文設定をタップすれば、スリッページの上限値を指定できます。

またチャート上でスピード注文をすることも可能で、チャートを開いて上部の「注文」をタップですれば、チャートを眺めながら発注できるのもポイントです。

チャートを見ながら発注するなら、チャート表示範囲の広い横画面がおすすめ
スピード注文+チャート(横)

チャートを見ながらスピード注文をするなら、ローソク足の表示範囲が広い横画面での表示がおすすめです。

チャート

チャートには8種類のテクニカル指標が用意されており、パラメーターの変更にも対応します。

通常は、王道のテクニカル指標があれば事足りるため、テクニカル指標数にこだわる必要はありません。
ただし好みのテクニカル指標がない場合は、他社のFXアプリと併用するのがベストです。

iPhoneアプリ版LIGHT FXのチャート
チャート
チャート設定でパラメーターの変更が可能
チャート設定
マグネット機能と拡大鏡で描きやすい描画ツール
描画ツール

描画ツールでは5種類(トレンドライン、チャネルライン、水平線、垂直線、フィボナッチ・リトレースメント)が用意されています。

描画時には自動で表示される拡大鏡が見やすく、さらに「マグネット機能」を使うことで、狙ったローソク足の高値・安値に正確に描くことが可能です。

マーケット情報

マーケット情報はアプリ下部の「マーケット」タブで閲覧ができます。

為替ニュースはFXi24が配信されているので、市況オーダー状況などトレードに便利な情報が配信されています。

このほかLIGHT FXでは通常のニュースに加えて「高金利通貨専用ニュース」もFXi24から限定で独占配信されています。

高金利通貨のニュースではトルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランド、中国人民元の4通貨が対象となっており、スワップポイント狙いのトレードにも便利ですね。

為替ニュースはFXi24が配信
為替ニュース(一覧)
市況オーダー状況も配信されている
ニュース(詳細)
マイナー通貨の経済指標も豊富に配信
経済指標

経済指標はロシア、ブラジル、インドといったマイナー通貨国までカバーしており、デフォルトで多くの経済指標が配信されています。
しかし日時、重要度、国で絞り込みができるので、取引に必要な経済指標を探し出すこともかんたんです。

なお通常はマーケット情報というと、こういった為替ニュースや経済指標、マーケットレポートをイメージする方が多いのではないでしょうか。

LIGHT FXの弱点となるのが、あいにくアナリストや著名投資家のマーケットレポートが用意されていないことです。

しかしこれ以上に、LIGHT FXではマーケットの動きを示す情報ツールが多彩に用意されており、これが他社にはない大きな魅力となっています。

通貨強弱

通貨強弱のチャートは、通常のチャートとは異なり、通貨単体の強弱を示したチャートです。

LIGHT FXで提供している全17通貨のうち、最大8通貨までを選んで表示させることができます。
チャート期間は当日〜過去10年で変更ができ、バーを左右に動かせば選択期間内の推移も見られます。

この通貨強弱を使えば、相対的に売られている通貨、買われている通貨をひと目でチェックでき、今チャンスとなる通貨の組み合わせを把握するのに役立てることが可能ですね。

iPhoneアプリ版LIGHT FXの通貨強弱チャート
通貨強弱 チャート
iPhoneアプリ版LIGHT FXの通貨強弱 通貨ペアランキング
通貨ペアランキング

通貨強弱の通貨ペアランキングは、通貨強弱の組み合わせによる各通貨ペアの強弱をランキング化させたものです。

つまり「今もっとも強い通貨ペア」「もっとも弱い通貨ペア」を強弱順で確認することができます。

ヒートマップ

ヒートマップはリフィニティブ・ジャパン株式会社(旧トムソン・ロイター社)が直近24時間のデータで算出した市場心理指数をベースとした、通貨ごとの強弱を示すツールです。

先ほどの通貨強弱は通貨自体の強弱に対し、ヒートマップはAIがニュースやSNSのテキストデータから通貨ごとの強弱を示すのが大きな違いです。

こちらも時系列データの閲覧ができ、為替だけではなくビットコインも対応しています。

iPhoneアプリ版LIGHT FXのヒートマップ
ヒートマップ
iPhoneアプリ版LIGHT FXのヒートマップ 通貨ペアランキング
通貨ペアランキング

通貨強弱と同じく、ヒートマップの通貨ペアランキングはヒートマップによる強弱をランキング化したものです。

関連記事

FXトレードでは、そのときの旬な「最強通貨」と「最弱通貨」を考えることが重要になってきます。これはデイトレからスイングトレードまでどんな取引期間においても共通です。もっとも強い通貨ともっとも弱い通貨を選ぶことができたら、大き[…]

みんなのFXで使える投資支援ツール 通貨強弱&ヒートマップ徹底解説!

ポジションブック

ポジションブックの価格分布は、保有ポジションを価格帯ごとに示したツールです。

トレイダーズ証券のユーザーの保有ポジションは、どの価格帯に集中しているかを判断することができます。

iPhoneアプリ版LIGHT FXのボジションブック(価格分布)
価格分布
iPhoneアプリ版LIGHT FXのボジションブック(売買比率)
売買比率

売買比率では、通貨ペアごとの売りポジションと買いポジションの人数比率と、通貨ペアごとのポジション量の比率を閲覧できます。

TMサイン

TMサイン(テキストマイニングサイン)は、AI(人工知能)が1時間後の米ドル/円は上昇・下落を予想して、売買方向のシグナルを表示するツールです。

テキストマイニング(自然言語解析)が示すように、LIGHT FXで配信する為替ニュースとレートのテキストデータから有益な情報を検出する技術と機械学習によって、米ドル/円の値動きを予測します。

iPhoneアプリ版LIGHT FXのTMサイン
TMサイン

TMサインは数分〜数十分おきに配信されますが、使う際には、予測方向と予測確率それぞれの推移に注目してみてください。

予測方向が同一方向で、かつ高確率で推移していれば、1時間後の方向は堅調であると活用ができます。

関連記事

ときに売買判断を下すにあたり、ひとつの道しるべともなるのが、売買シグナル機能を搭載した取引ツールです。一般に売買シグナルツールというと、テクニカル指標固有のシグナルをチャートに表示させるタイプや、チャートパターンを検出してトレードチ[…]

みんなのFX|TMサイン|テキストマイニング(AI)による最新の売買シグナル配信サービスを解説!

 

LIGHT FXのスマートフォンアプリ(iPhone/Android)【まとめ】

LIGHT FXのアプリにはレートアラートがなく、テクニカル指標がやや少なめで、マーケットレポートがないことが弱点です。

しかしそれを払拭するほど、取引を有利に進めるのに便利な分析に役立つツールが豊富です。

もしデメリットを補填するのであれば、FXプライム byGMOのアプリか、外為どっとコムのアプリを併用すれば、情報収集が強化され、チャート分析もしやすいのでおすすめです。

iPhone/Android版「LIGHT FX」のスペック一覧

注文種類成行 / ストリーミング / 指値 / 逆指値 / IFD / OCO / IFO / 時間成行 / 一括決済 / 両建 / 決済指値幅 / 決済逆指値幅
チャートタイプローソク足 / ラインチャート / バーチャート
足種1分 / 5分 / 10分 / 15分 / 30分 / 1時間 / 2時間 / 4時間 / 日 / 週 / 月
レート更新時間リアルタイム
テクニカル指標
[トレンド系]
テクニカル指標
[オシレーター系]
チャートから発注
スワップポイントの表示✕(アプリ内ブラウザで確認可能)
マーケット情報FXi24
トレンドライン描画
アプリからの入出金
指定レート通知アラート
自動ログイン機能
LIGHT FX

業界最狭水準のスプレッド、業界最高水準のスワップポイントがLIGHT FXの魅力!

1,000通貨対応なので、最小0.1ロットと少額からFXを始めることができます。

今話題を集めているのが、売買シグナル配信サービスの「TMサイン」です。
これは、AIが検出した売買シグナルを閲覧できるもので、会員の方はスマホアプリでプッシュ通知で通知させることも可能です。

さまざまな取引スタイルに挑戦したいなら、スキャルピングから中長期売買までオールマイティーに対応するトレイダーズ証券をご検討ください。

LIGHT FXの口座開設キャンペーン情報

2021年6月30日(水)までのキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大50,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でLIGHT FXの口座開設ができます!

トレイダーズ証券「LIGHT FX」のiPhone/Androidアプリ特集!
最新情報をチェックしよう!