「レートアラート」「pips変動通知」を搭載するFXアプリをご紹介!【全15選】

FXで重要となるエントリー/イグジットのタイミングですが、注目となる価格帯に設置しておけば便利なのが「レートアラート」です。
レートアラートは指定レートをお知らせしてくれる機能のことですが、アプリ設定しておけば収益チャンスを知るのに大いに役立ちます。

こちらのページでは、各社のスマートフォンアプリ(iPhone/Android)に搭載されたレートアラート機能を比べるとともに、何pips動いたかを知らせる「レート変動通知」など特筆すべき機能もご紹介します。

レートアラートで過去の重要な高値/安値を通知させよう

そもそも、スマホアプリでレートアラートを使うべきである理由について説明します。

FX取引において重要となるのが、直近高値・直近安値、前日高値・前日安値など、過去の高値・安値に引いたラインです。
ゆえにトレンドラインよりも、こういったターニングポイントに描画にした水平線の方が信頼性が高いとされています。

実は初心者ほど高値・安値よりもトレンドラインにこだわりがちな方が多いですが、プロのトレーダーほど高値・安値に注目している割合も多いです。
その理由として、トレンドラインは個々の考え方で引けますが、水平線のラインブレイクは世界中のトレーダーが注目するポイントだからです。

そんな水平線を使ったスマホでのトレードに便利なのが、レートアラート機能です。
狙った価格にアラートを設置しておけば、レートに達したことを知られてくれますので、うっかりトレードチャンスを逃してしまうことも少なくなるはず。

それでは、各社のアラート機能の特徴と違いを詳しくご紹介します。

レートアラート機能を搭載したFXアプリ一覧

指定価格を通知する機能は業者によって「プライスアラート」「リミッター通知」「ターゲットメール」「アラーム」などと呼び名が異なりますが、ここではレートアラートに統一して比べています。

FX会社名アラート
設置本数
レートを
見ながら設定
アラート
通知方法
特徴
30件プッシュ通知レート変動通知も対応
売買シグナル通知も対応
外貨ex50件プッシュ通知
メール通知
レート変動通知も対応
通貨ペア毎に設定可能
FX Cymo50件プッシュ通知
メール通知
レート変動通知も対応
通貨ペア毎に設定可能
20件アプリ内通知
80件プッシュ通知
メール通知
各通貨ペアごとに
現在レートの上下に
2件ずつ設定可能
26件アプリ内通知
24件アプリ内通知
10件プッシュ通知レート変動通知も対応
LINEで通知
20件プッシュ通知
メール通知
前日高値・安値で設定可能
レート変動通知も対応
10件プッシュ通知
メール通知
前日高値・安値で設定可能
レート変動通知も対応
04件アプリ内通知
20件プッシュ通知
メール通知
前日高値・安値で設定可能
レート変動通知も対応
30件プッシュ通知移動平均線への到達を
アラート設定可能
上限なしプッシュ通知設置可能上限なし
FX会社名アラート
設置本数
レートを
見ながら設定
アラート
通知方法
特徴

「レートを見ながら設定」はBid/Askなど実際のレートを見ながら設定できるかどうかを示します。

  • プッシュ通知・・・スマートフォンがロック中であっても、指定価格に到達したら画面上に通知されます。
  • メール通知・・・指定価格に到達したら、メール送信によってお知らせされます。
  • アプリ内通知・・・指定価格に到達したら、起動中のみアプリ画面上に通知されます。

通知方法でもっとも利便性がよいタイプがプッシュ通知です。他のアプリ使用中であったり、バッグに入れていても、音やバイブとともに画面上にお知らせされます。
次いでメール通知もまた、アプリを起動していなくてもレート到達がメールで届きますので便利です。
アプリ内通知はアプリ起動中のみ、アプリ上に通知されますので、取引アプリ起動時間の長い短期トレーダー向けであり、中長期トレードには向きません。

このほかには、○○分間の間に○○pipsの変動があったらお知らせする「レート変動通知」という機能もあります。こういったポイントに着目しながら、各社の詳しいスペックを見て使いやすいFXアプリを見つけましょう。

各アプリのレートアラート画面を見てみよう!

それでは、レートアラートの設定画面や通知画面を交えながら、各社の機能の違いをご紹介します。

FXプライム byGMO「PRIMEアプリS」

同社のサービス終了となった売買シグナルアプリ「外為ウォッチ」ですが、実は同様の機能が取引アプリに実装されました。

プッシュ通知にはレート通知、レート変動通知、経済指標通知が対応。

FXプライム byGMOのiPhoneアプリに搭載されたレート通知。
レート通知・設定画面
FXプライム byGMOのiPhoneアプリに搭載されたレート変動幅通知。
レート変動幅通知・設定画面
FXプライム byGMOのiPhoneアプリに搭載されたに搭載された経済指標通知。
経済指標通知・設定画面

それぞれ設定可能件数が多く、チャートを見ながら設置できるのでアラート対応でイチオシのアプリです。

プッシュ通知をタップすれば「ハイスピード注文」画面が起動するので、リアルタイムにトレードできるのもポイントです。

こちらから無料でFXプライム byGMO「選べる外貨」の口座開設ができます!

YJFX!「外貨ex」

レートアラートを一括管理しやすいのが、YJFX!の新スマホアプリ「外貨ex」!

基本的なレートアラートの機能はFX Cymoと共通で、現在レートの上方向・下方向それぞれ通貨ペアごとに設定可能です。

リミッター設定では通貨ペアごとに2本ずつアラートを設定できる
リミッター設定
現在レートを起点にリミッター設定が可能
現在レートを起点に設定可能
スマホアプリ「外貨ex 」のリミッター プッシュ通知例
プッシュ通知例

ひとつの画面で全通貨ペアのアラートを管理でき、現在レートを起点に設定できるので、扱いやすいユーザーインターフェースとなっています。

過去15分以内で25pips以上の変動を知らせる「価格変動通知」もプッシュ通知ができ、USD/JPY、EUR/JPY、EUR/USD、AUD/JPYの4通貨ペアが対応。
主要通貨ペアで今どの通貨ペアが変動しているのか、外出時でも見逃すことなくトレードに役立てられます。

こちらから無料でYJFX!「外貨ex」の口座開設ができます!

YJFX!「FX Cymo」

YJFX!のスマートフォンアプリ「FX Cymo」は、各通貨ペアごとにリミッター通知(レートアラート)を設定しやすい作りとなっています。

レートアラートをたくさん設置したとしても、画面がごちゃごちゃしないユーザーインターフェースが非常に魅力的です。

YJFX!「FX Cymo」のリミッター設定画面。
リミッター設定画面
YJFX!のリミッター設定は、通貨ペアごとに設定できるのが特徴。
通貨ペア毎に設定
FX Cymoのリミッター・プッシュ通知画面。
リミッターのプッシュ通知例

もうひとつのアプリ、外貨exと同様に「価格変動通知」にも対応しています。

今動いている通貨ペアの取引チャンスを、出先でもすばやくキャッチすることができます。

こちらから無料でYJFX!「外貨ex」の口座開設ができます!

GMOクリック証券「GMOクリック FXneo」

GMOクリック証券のプライスアラートはアプリ内通知型が採用されていて、最大20件のアラートを設定することができます。アプリさえ起動しておけば、スリープ中であってもしっかり通知が行われます。

アラートが発生するとそのまま新規注文、建玉サマリー、チャート画面に移動できるのも、GMOクリック証券のアプリならではのポイントです。

GMOクリック証券のアプリではホーム画面の「アラート/通知」から設定を行います。
アラート設定画面①
「+」「ー」をタップすれば、現在レートを起点にして設定できます。
アラート設定画面②
指定レートに達すれば、アプリ内で通知されます。
アラート発生画面

発生したアラートは無効になりますが、再びボタンをONにすればもう一度設定することも可能です。

なおAndroid版なら、ホーム画面にレートウィジェットを表示させて、ホーム画面に「お知らせ」「ポップアップ」で通知させることも可能です。

関連記事

ウィジェットとは、スマートフォンアプリに搭載された「手軽に情報を取得できる機能」です。FXの場合は取引アプリにログインすることなく、ホーム画面上で素早くレート、チャート、ニュースなどを閲覧することができます。しかしiPhone、An[…]

【iPhone&Android】ウィジェット対応FXアプリをご紹介!株価アプリの使い方も解説!

こちらから無料でGMOクリック証券の口座開設ができます!

DMM FX「DMMFX」

DMM FXのスマートフォンアプリは、プッシュ通知とメール通知どちらにも対応しています。

1通貨ペアあたり、現在レートの上方向と下方向にそれぞれ2つずつアラートの設定ができます。

DMM FXには20通貨ペア用意されていますので、最大でなんと80件とかなり多くのアラートを設定することができます。

DMM FXのスマートフォンアプリでは、「メニュー」→「設定」→「一般設定」→「レートアラート」から設定できます。
設定手順
現在レートを見ながら、通貨ペアごとに上下それぞれに2つずつまで設定可能です。
レートアラート設定画面
スリープ中であっても、プッシュ通知で指定レートを知ることができます。
プッシュ通知例

画面左上にある「メニュー」 →「設定」→「一般設定」→「レートアラート」と進むと設定可能です。

このほか経済指標アラートにも対応しています。

こちらから無料でDMM FXの口座開設ができます!

外為オンライン

外為オンラインのスマートフォンアプリは、レートアラートはアプリ内通知型が採用されています。

アラートの登録は1通貨ペアあたり1件登録でき、26通貨ペア用意されているため最大26件まで登録可能です。

実際のレート(Bid/Ask)を見ながら設定することができ、同一通貨ペアで新たに再設定した場合は、新たに設定した内容が有効になります。

外為オンラインのスマートフォンアプリでは、「メニュー」→「設定」からアラート設定を行います。
設定手順①
「レートアラート」をタップすれば設定ができます。
設定手順②
レートアラートは各通貨ペアごとに1つずつ設定できます。
アラート通知例

外為オンラインはスマートフォンからでもリピート系注文の発注がしやすいので、リピート系注文で発注したいレートをアラートで設定しておくのもいいでしょう。

こちらから無料で外為オンラインの口座開設ができます!

FXブロードネット

外為オンラインのアプリと同じプラットフォームが採用されているため、アラートも基本的に同一の仕様です。

通貨ペアごとに1件ずつアラートの設定ができますが、外為オンラインとは通貨ペア数の違いにより、FXブロードネットでは24件までアラートを設置することができます。

FXブロードネットのアプリは、外為オンラインと同じシステムが採用されています。
アラート設定画面
レートは上下にスクロールして設定することができます。
レートの設定
指定レートに達すると、アプリ内で通知されます。
アラート通知例

外為オンライン同様に、スマートフォンからリピート系注文「トラッキングトレード」の発注ができますので、気になるレートにアラートを設定しておく使い方がおすすめです。

こちらから無料でFXブロードネットの口座開設ができます!

LINE FX「FX取引アプリ」

他社とは一線を画するサービスを提供しているのが、LINE FXです。

アプリでは、最大10件までアラートを設定することができます。

LINE FXのアラート設定画面
アラート設定画面
アラートは最大10件まで設定可能
アラート一覧画面
指定レートに達すると、LINEで通知される
指定レートはLINEで通知

指定レートに達したら、取引アプリではなく、メッセージアプリのLINEで通知してくれます。

普段お使いのLINEとの連携が優れているため、LINEでメールしているときでも、相場の動向をパパっとチェックすることができます。

このほかLINE上では「レート変動通知」「経済指標通知」もプッシュ通知に対応しています。

こちらから無料でLINE FXの口座開設ができます!

JFX「Matrix Trader」

ヒロセ通商のアプリと同じシステムが採用されていますので、機能面は共通となっています。

指定レートに達したら通知させる「到達通知」は、プッシュ通知、メール通知どちらにも対応します。現在レートを見ながら設定でき、前日高値・前日安値で設定したり、有効期限をあらかじめ指定しておくこともできます。

指値は現在レートを見ながら直感的に設定でき、前日高値/前日安値でも通知可能。
指定レートを知らせる「レート通知」
指定時間内にどのくらいの変動があったかを知らせるレート変動通知にも対応。
指定pipsの変動を知らせる「変動通知」
到達通知、変動通知はそれぞれ10件ずつ設置できます。
変動通知・登録完了画面

LION FXと同じく「変動通知」も搭載されており、通貨ペア・監視時間・変動幅をお好みで設定できます。

このほか経済指標の予告・結果をプッシュ通知することも可能です。

岡三オンライン証券「岡三アクティブFX」

岡三オンライン証券のスマートフォンアプリ「岡三アクティブFX」は先に挙げたヒロセ通商、JFXのアプリと同一の仕様なので、機能面も全く同じです。

レート到達通知、レート変動通知のほか、経済指標通知(予告・結果)にも対応しています。

ヒロセ通商、JFXと同じシステムとなっており、直感的に設定できます。
レート設定画面
変動通知を設定すれば、レート変動をプッシュ通知させることもできます。
到達通知・登録完了画面
通知、変動通知はそれぞれ10件ずつ設置できます。
変動通知・登録完了画面

スプレッドが2社に比べてやや広い難点があり、このほか通貨ペア数、PC向けツールなどの違いはあるものの、同じ操作性のアプリを異業者間で使い分けしたい方には利用価値はあると言えます。

こちらから無料で岡三オンライン証券の口座開設ができます!

セントラル短資FX「Quick Trade+」

セントラル短資FXのスマートフォンアプリ、Quick Trade+(クイックトレードプラス)はアプリ内通知型で4件のアラートを設定できます。

業者自体のスプレッド、スワップポイントは高水準な反面、他社のアプリに比べると、お世辞にも高機能とはいい難い作りとなっています。

セントラル短資FXのQuick Trade+では、「メニュー」→「アラート」から設定を行います。
設定手順
直接レートを入力してアラートの設定を行います。
レート設定
プライスアラートは4件まで設定でき、指定レートに達すれば音、バイブでお知らせされます。
アラート設定

現在レートを見ながらの設定に対応しておらず、またレートアラートはプッシュ通知非対応ですので、正直他社に比べると機能面はイマイチなのが残念なところです。

こちらから無料でセントラル短資FXの口座開設ができます!

オアンダ・ジャパン「fxTrade」

オアンダ・ジャパンのスマートフォンアプリ「fxtrade」では、最大30件までプライスシグナル(レートアラート)の設置ができます。

通常のレートアラートは実際のレートを見ながら設定でき、1時間〜最大3ヶ月の範囲で有効期限の指定が可能です。

オアンダ・ジャパンのスマートフォンアプリでは「詳細」→「プライスシグナル」から設定を行います。
設定手順
↻マークをタップすれば、現在レートを入力することができます。
プライスシグナル①
レートが移動平均線に達したときに通知させることも可能です。
プライスシグナル②

他社にはない特徴が、レートが移動平均線(SMA)に達したときにアラートできる点です。(以前口座開設している方は、fxTradeのサブアカウント開設で利用可能になります。)

なおプライスシグナルの移動平均線は、期間(3日〜450日)、足種(5秒〜月足)も自由に設定することができます。

こちらから無料でオアンダ・ジャパンの口座開設ができます!

サクソバンク証券「SaxotraderGO」

サクソバンク証券のスマートフォンアプリは、アプリ内通知型のレートアラートです。取扱い通貨ペア数が多いため、「Price Alert」をタップ後、「usdjpy」のようにティッカーシンボルを入力して、アラートを設定したい通貨ペアを探す仕組みとなっています。

有効期限は最短1週間、最長で1年以上先までも自由に設定でき、コメントの入力も可能な柔軟な設計となっています。

アラートの設定をするには、まずティッカーシンボルを入力して通貨ペアを検索します。
通貨ペア検索画面
プライスアラートはコメントの記入ができ、有効期限を自由に設定できます。
プライスアラート設定画面
指定レートに達すれば、アプリ内で通知されます。
アラート通知例

アラートの設定画面は英語表示ですが、それほど難解ではありません。

アラート設定件数に上限はありませんが、数百もの設定を行うと、端末のパフォーマンスに影響を与える可能性もありますのでご注意ください。

こちらから無料でサクソバンク証券FXの口座開設ができます!

– レートアラート搭載FXアプリの記事【まとめ】 –

こにようにレートアラートが使えるFXアプリは多いですが、機能に着目してみると使い勝手はずいぶん変わってきます。いろいろ試してみて、操作性がいいアプリはどれなのか、試してみるのもいいでしょう。

おすすめはFXプライム byGMOのアプリ「PRIMEアプリS」ヒロセ通商のスマートフォンアプリ「LION FX」です。
プッシュ通知機能の多彩さも考慮するなら、YJFX!の外貨exもおすすめです。

FXアプリのプッシュ通知機能については、こちらの記事もご覧ください。

関連記事

FXトレーダーおなじみの一大イベントといえば、やはり経済指標を思い浮かべる方も多いでしょう。経済カレンダーが搭載されたFXアプリなら、出先でも経済指標発表の前に予想を見たり、発表のタイミングで結果を知れるので便利ですよね。なかに[…]

経済指標をプッシュ通知できるFXアプリをご紹介!
「レートアラート」「pips変動通知」を搭載するFXアプリをご紹介!
最新情報をチェックしよう!