楽天FXのiPhone/Androidアプリ「iSPEED FX」の機能や使い方を詳しくご紹介!

楽天証券というと、もしかしたらFXのイメージが沸かない方もいるかも知れません。

しかしこのスマートフォンアプリ「iSPEED FX」は、業界最高峰ともいえる高い完成度を誇っているのです。

とくに優れているのが「注文画面」「チャート」「カスタマイズ性」で、分析をサポートしてくれる「チャートの形状」がかなりの秀逸です。

やはり親会社が大手ネット企業だけあって、その優れた開発力がアプリひとつに集約されているといっても、過言ではないでしょう。

それでは楽天証券が提供するスマートフォンアプリ(iPhone/Android)「iSPEED FX」を、豊富な画像で詳しくご紹介します。

多くの情報を一気に収集できる「マイページ」

マイページにはデフォルトで「トレーディング」「ニュース」「チャート」と3つのテンプレートが用意されています。

レートやチャートのチェック、注文から動画コンテンツまで、それぞれ複数の情報へかんたんにアクセスすることができます。

iSPEED FXマイページのトレーディング
トレーディング
iSPEED FXマイページのニュース
ニュース
iSPEED FXマイページのチャート
チャート

トレーディングでは2つのチャート、ASストリーミング注文、レート情報に加えて日経225とNYダウの価格を閲覧できます。

ニュースでは動画コンテンツ、ニュース、各種レートと情報収集に特化した画面構成となっています。

この動画では日々「楽天FX マーケットアップデート」が配信されており、直近の為替動向が分かりやすく解説されているため、取引の参考に役立ちます。
他社ではアプリ内で動画コンテンツを閲覧できない業者が多いので、この点は楽天証券ならではの強みといえます。

チャートでは、複数通貨ペアの値動きを一度に把握して、相場の流れを判断しやすい作りとなっています。
デフォルトでは8通貨ペアが表示されていますが、チャートはさらに追加して増やすことも可能です。

マイページはカスタムが可能

このほかマイページでは、お好みでカスタムして画面を作成することができます。

新しいパネルの設定項目①
設定項目①
新しいパネルの設定項目②
設定項目②

お好みでレート、スワップ、ニュースから注文画面まで、自分自身が使いやすいように自由自在に設定することができます。

なお設定項目①の例には「指標」がありますが、こちらでは世界の株価指数から日本国債、金、原油などのコモディティまで、多彩な銘柄のレート情報を設定することが可能です。

アラート機能を搭載

マイページの左上にある鐘のマークをタップすれば、アラートの設定画面に進むことができます。

アラートは1通貨ペアあたり5つまで設置することができます。

アラートの設定画面
アラートの設定画面
アラート一覧画面
アラート一覧画面
アラート通知例
アラート通知例

指定したレートに達したら、プッシュ通知だけではなくアプリ内でも通知してくれるので、狙ったレートを逃がすことなく取引を行えますね。

マーケット

「マーケット」タブではレート、スワップ/証拠金、ニュースの閲覧が可能です。

レート一覧、スワップ/証拠金

ご覧のとおり、レートは明るい色合いでスッキリと見やすいのが特徴です。

このとき、通貨ペアをタップすれば注文画面に遷移します。

iSPEED FXのレート一覧(大)
レート一覧(大)
iSPEED FXのレート一覧(小)
レート一覧(小)
iSPEED FXのスワップ/証拠金
スワップ/証拠金

「スワップ」タブでは当日のスワップポイントと、1,000通貨あたりの必要証拠金を見ることができます。

楽天証券のスプレッドは業界でも最狭水準ですので、デイトレードで細かい売買を繰り返しても、取引コストを抑えたトレードを行うことができます。

南アフリカランド/円などの高金利通貨を中心にスワップポイントも高めですので、スワップ狙いのトレードにも力を発揮してくれます。

他社とのスプレッド、スワップポイントは以下のページで比較していますので、合わせて参考にしてみてください。

関連記事

デイトレードなどの短期売買において、もっとも重要となるのがスプレッドです。2021年現在において、米ドル/円の標準スプレッドは0.2銭、キャンペーンスプレッドは0.1[…]

FX業者のスプレッドを徹底比較!15業者×12通貨ペアのスプレッド一覧まとめ
関連記事

FXでは、スワップポイント狙いのトレードが人気です。いわゆるスワップポイントは、FX版の利息といったイメージですね。日本円は低金利通貨ですので、トルコリラ/円[…]

FXスワップポイント15業者を徹底比較!

マーケット情報

楽天証券では、ニュースベンダー3社(トムソンロイター、フィスコ、フローバルインフォ)のマーケット情報が配信されています。

iSPEED FXのニュース(一覧)
ニュース(一覧)
iSPEED FXのニュース(詳細)
ニュース(詳細)
ニュースはお好みで配信先を選べる
ニュース選択画面

ニュース配信は1社または2社となっている業者も多いので、情報量としては平均以上の実力を備えています。

お好みのニュースだけを見たいなら、ピックアップして表示させることもできます。

チャート

楽天証券が誇るチャートには、4つの画面が用意されています。

上部タブは左から 「12チャート」「リストチャート」「1画面チャート」「チャートの形状」となります。

12チャート

12チャートでは、1つの画面で4つのチャートを見ることができます。

楽天証券iSPEED FXの12チャート
12チャート

表示上は4分割ですが、左右にスクロールさせれば全12通貨ペアのチャートを閲覧することができます。
つまり、実質は12分割チャートなので、画面サイズの小さいスマートフォンでも、一度に多くの通貨ペアのトレンドを判断するのに役立ちます。

12チャートでは左上の歯車アイコンから、一括で通貨ペア、足種、テクニカル指標(移動平均線とボリンジャーバンドの2種類)、チャート種類を変更できるので、最短手順で設定しやすいチャートとなっています。

リストチャート

リストチャートでは、4本値を見ながら最大12通貨ペアのチャート分析ができます。

楽天証券iSPEED FXのリストチャート
リストチャート

12チャート同様、歯車アイコンから通貨ペア、足種、テクニカル指標、チャート種類などお好みに設定変更が可能です。

画面を下にスクロールすることで、他通貨ペアの情報も閲覧できます。

テクニカル指標では「ピークボトム」が便利

続いて基本となるのが、こちらの1画面チャートです。

トレンド系、オシレーター系合わせて全12種類のテクニカル指標が用意されています。

楽天証券iSPEED FXの1画面チャート
1画面チャート
iSPEED FXに搭載されたテクニカル指標のピークボトム
ピークボトム

他社のスマホアプリにはない、楽天証券ならではのテクニカル指標として「ピークボトム」が用意されてます。

これを表示させれば、直近で節目となる高値・安値を直感的に見極めるのに役立ちますね。

ピークボトムの期間はデフォルトが「10」ですが、任意の期間に変更することも可能です。

高機能を誇る描画ツール

フィボナッチ・リトレースメントなど、全8種類の多彩な描画ツールを利用することができます。

「オートセレクト」機能により、マグネットのように狙った位置にキレイに描くことが可能です。

描画ツールはマグネット機能と時間またぎに対応
描画ツール

また「ラインキープ」という機能もあり、日足で描いたラインを1時間足でも確認できるように、時間軸をまたいでラインを表示させることも可能です。

チャートの形状

iSPEED FXに搭載されている注目すべき機能が「チャートの形状」です。

チャートの形状では、25種類に分類されたトレンドから各通貨ペアの傾向を確認することができます。

「チャートの形状」では各通貨ペアのチャート形状を25種類のトレンドで表示
チャートの形状(一覧)
チャートの形状 通貨ペア別の詳細
チャートの形状(詳細)
チャートの形状 トレンド別の詳細
トレンド別

通貨ペア別のほか、トレンド別で値動きの傾向を判断することも可能です。

取引チャンスとなる通貨ペア探しに、ぜひチャートの形状を役立ててみてはいかがでしょうか。

多彩で独自性のある注文画面を用意

楽天証券ではスピーディーに注文ができるASスピード発注から、独自の取引インターフェイスを誇るサークルメーターまで、多彩な注文が用意されています。

ASスピード発注、ストリーミング注文

ASスピード発注では新規注文・決済注文を区別することなく、現在のレートで直感的に発注ができます。

チャートを見ながら注文できるので、狙ったチャンスを逃さずにスピーディーに注文できるのが魅力です。

楽天証券で新規・決済を意識せずに発注できるASスピード発注
ASスピード発注
ストリーミング注文では利食い・損切りを指定して発注できる
ストリーミング注文
ASストリーミング注文、リーブオーダーなど通常の注文も豊富
その他の注文

また、現在レートでスピーディーに発注できるストリーミング注文も用意されています。

注文方法の違いを解説すると以下です。

ASスピード発注
  • リアルタイムの提示レートをタップし、その瞬間のレートで発注できる注文
  • 発注時に新規・決済の指定をする必要がなく、決済時の対象ポジションも自動的に選択される
  • チャートを見ながら発注ができる
ストリーミング注文
  • リアルタイムの提示レートをタップし、その瞬間のレートで発注できる注文
  • 新規注文と同時に、値幅を指定して決済注文を発注できるのが特徴
ASストリーミング注文
  • ASスピード発注と同じ仕組みで、チャートがない注文画面

短期で売買をするならASスピード注文チャンスだからすぐ注文したいけど、ある程度の利幅を狙いたいならストリーミング注文と使い分けることができますね。

このほかリーブオーダー(指値注文・逆指値注文)、IFD注文、OCO注文、IFO注文といった基本的な注文方法も用意されています。

サークルメーター

サークルメーターは「一日の値動き」「現在値のレベル」「トレンド」が集約された取引画面で、ASスピード発注で注文をすることができます。

ASスピード発注の右上にあるメーターアイコンをタップすれば、サークルメーターの表示が可能です。
(サークルメーター → ASスピード発注へと切り替えるときは、右上のローソク足アイコンをタップしてください。)

オリジナル注文画面「サークルメーター」
サークルメーター

サークルメーターの中央部分では、選択した足種ごとのチャートを確認できます。

そして当日における始値から高値を赤いライン、始値から安値を青いラインで示され、黄色い矢印が現在レートとなります。

つまりメーターの最小値が安値、メーターの最大値が高値、赤と青の交差が始値となり、当日における現在のレベルを矢印で直感的に判断することができます。

チャートの形状も同時に確認できるので、一日の値動きと現在のレベル、トレンドを見ながら、スピーディーに発注できることがサークルメーターの特徴となっています。

関連リンク:スマホ取引ガイド(操作方法)

iPhone/Androidアプリ「iSPEED FX」のスペック一覧

注文種類ストリーミング注文、ASストリーミング注文(ASスピード発注)、リーブオーダー(指値注文・逆指値注文)、OCO注文、IFD注文、IFO注文、トレール注文、全決済、通貨ペア全決済
チャートタイプローソク足、折れ線、バー、ドット、平均足
足種Tick、1分、2分、3分、4分、5分、10分、15分、30分、1時間、2時間、4時間、8時間、日、週、月
レート更新時間リアルタイム
テクニカル指標
[トレンド系]
テクニカル指標
[オシレーター系]
チャートから発注
スワップポイントの表示
マーケット情報トムソンロイター、フィスコ、GI24(FXi24)
トレンドライン描画トレンドライン、チャネルライン、垂直線、水平線、フィボナッチ・リトレースメント、フィボナッチ・タイムゾーン、フィボナッチ・ファン、フィボナッチ・アーク
アプリからの入出金入金のみ
指定レート通知アラート○(アプリ内通知)
自動ログイン
楽天証券FX

大手証券会社唯一 自動売買対応取引ツール 楽天MT4

楽天証券のFXサービスでは、低スプレッドが魅力の「楽天FX」と、MT4でも屈指の低スプレッドを誇る「楽天MT4」を提供!

楽天MT4は高機能なPCツール&アプリで、テクニカル指標が示す相場の評価を見ることも可能です。

MT4は国内大手ネット証券で唯一提供しており、自動売買の制限もありません。お好みのEAを使ってシストレを行うことができます。

2つの口座を自由に使い分けできることも、楽天証券ならではの魅力です。

楽天証券FXの口座開設キャンペーン情報

現在、楽天FXデビュー者も対象の上限なし取引高キャッシュバックキャンペーンを開催中!

こちらから無料で楽天証券の口座開設ができます!