FXブロードネットのiPhone/Androidアプリ「FXブロードネット Zero」の機能を詳しくご紹介!

FXブロードネットはトラッキングトレードで人気のFX業者です。

1,000通貨に対応し、米ドル/円0.2銭原則固定とスプレッドが狭いので、初心者にも優しい取引条件が魅力です。

もともとAndroid版に関しては新スマートフォンアプリがリリース済みでしたが、iPhone版も2022年2月21日に新スマートフォンアプリがリリースされたため、どちらも最新アプリが利用可能となっています。

それでは、FXブロードネットののスマートフォンアプリの機能や特徴をご紹介します。

Android版の取引画面

「FXブロードネット Zero」はiPhone/Android対応のスマートフォンアプリです。

※Android版を例に解説していますが、iPhone版も機能は共通です。

「マーケット」タブで情報収集

マーケットでは、為替レート一覧、マーケットニュース、経済指標を確認できます。

Android版「FXブロードネット Zero」のレート一覧
レート一覧
Android版「FXブロードネット Zero」のマーケットニュース
マーケットニュース
Android版「FXブロードネット Zero」の経済指標
経済指標

レート一覧から任意の通貨ペアをタップで、新規注文に進むことができます。

マーケットニュースでは、FX-WaveとMarketWin24、2社のニュースを閲覧できます。

経済指標の画面で下にスクロールして今後の発表予定を見ていても、右上の「NOW」をタップすれば、すぐに発表間近の経済指標を確認することが可能です。

4分割機能や描画を備えたチャート

チャートは20種類のテクニカル指標と8種類の描画ツールを備え、大幅に機能が強化されました。

Android版「FXブロードネット Zero」のチャート
チャート
Android版「FXブロードネット Zero」の4分割チャート
4分割チャート
Android版「FXブロードネット Zero」のライン描画
ライン描画を搭載

4分割チャートにも対応しており、複数の時間軸を同時に眺めながら売買を行うことができます。

トレンド系テクニカル指標(9種類)

単純移動平均線(SMA)、指数移動平均線(EMA)、加重移動平均線(WMA)、複合型移動平均線(GMMA)、一目均衡表、ボリンジャーバンド、平均足、スーパーボリンジャー、ピポット

オシレーター系テクニカル指標(11種類)

移動平均乖離率(SMA)、移動平均乖離率(EMA)、移動平均乖離率(WMA)、MACD、RSI、ストキャスティクス、RCI、DMI/ADX、サイコロジカルライン、シャンデモメンタム、ウィリアムズ%R

描画ツール

トレンドライン、チャネルライン、垂直線、水平線、フィボナッチリトレースメント、フィボナッチファン、ギャンライン、ギャンファン

チャートを見ながらスピード注文も可能

チャートを見ながら、スピード注文や通常注文を行うことができます。

Android版「FXブロードネット Zero」のスピード注文
スピード注文
Android版「FXブロードネット Zero」の注文画面
注文画面

スピード注文、通常注文ともに、あらかじめ利食い幅・損切り幅を指定して発注できるため、ワンタップで新規注文から決済注文まで行うことができます。

FXブロードネットは主要通貨は低スプレッドなので、短期売買しやすいアプリとなっています。

アプリでトラッキングトレードが可能

FXブロードネットのAndroidアプリには、トラッキングトレードという自動売買が搭載されています。

トラッキングトレードができるのはiPhone版と共通ですが、Android版はブラウザを起動することなく、アプリ内で発注できるのが魅力です。

Android版はアプリ上でトラッキングトレードが可能
トラッキングトレード発注画面

トラッキングトレードは、相場変動に追従したIFDO注文をシステムが自動的に繰り返し発注を行なう、連続注文機能です。

普段お勤めされていて忙しい方など、なかなかチャート分析に時間が取れなくても「レンジの範囲」と「売買方向」さえ予想できれば利益となることから、連続注文機能は近年注目を集めています。

証拠金に余裕があると相性が良いので、資金に余裕がある方はこの売買手法もぜひご検討ください。

「プッシュ通知機能」でチャンスを逃がさない

Android版で便利な機能が、このプッシュ通知機能です。

Android版「FXブロードネット Zero」のレート指定通知
レート指定通知
Android版「FXブロードネット Zero」のレート急騰急落通知
レート急騰急落通知

プッシュ通知には、レート指定とレート急騰急落の2種類が対応しています。

レート指定は、指定したレートに到達するとプッシュ通知する一般的な通知機能です。

もう一方のレート急騰急落は、一定時間内(1分、5分、10分、15分)に設定値幅分(10pips、15pips、20pips、30pips)の変動があればプッシュ通知が行われます。

相場が動いているタイミングを知らせてくれるため、売買チャンスを逃がさずトレードに活用できる機能となっています。

FXブロードネットのアプリの魅力

iPhone版とAndroid版ででそれぞれ画面構成の異なるFXブロードネットですが、リリースして間もないAndroid版の機能が優れています。

共通して言えることは「分かりやすい操作性である」ということ。シンプル設計ながらも使い勝手が考慮されているので、初めてのFXにも扱いやすいスマホアプリだと言えます。

チャート機能では、テクニカル派トレーダーにも嬉しいGMMAを搭載!ほかにも豊富なテクニカル指標が用意されていますので、出先でパソコンがない状況でも、高度なチャート分析が可能です。

FXブロードネットのスプレッド、スワップポイント、取引ツール、特徴などの基本スペックは下記ページをご覧ください。

関連記事

FXブロードネット 取引を自動化でお任せ!リピート系注文・トラッキングトレードが人気の業者。 業界最狭水準の狭さを誇るスプレッドを提供![…]

実力で選ぶならトラッキングトレード 利益実績86.4%

関連リンク:Android・iPhoneアプリ操作説明書

スマートフォン版「FXブロードネット」のスペック一覧

注文種類トラッキングトレード、クイックトレード(成行注文)、クイックOCO注文、指値注文、逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFDO注文、トレール注文
その他:一括決済注文、OCO決済注文
チャートタイプローソク足、平均足
足種1分、5分、10分、15分、20分、30分、1時間、2時間、4時間、8時間、12時間、日、週、月
レート更新時間1秒
テクニカル指標
[トレンド系]
テクニカル指標
[オシレーター系]
チャートから発注
スワップポイントの表示
マーケット情報Fx-Wave、MarketWin24
トレンドライン描画
アプリからの入出金
指定レート通知アラート
自動ログイン
FXブロードネット

実力で選ぶならトラッキングトレード|利益実績85.2%

スキマ時間を有効活用して取引するなら、FXブロードネットの「トラッキングトレード」がおすすめ!
かんたん操作で、新規・決済注文を自動で複数発注できるので、売買チャンスを逃しません。

「わずかな価格変動を逃がすことなく、コツコツと収益チャンスを狙う。」
「チャートの見方が難しい。」「本業が忙しく、FX取引や情報収集に当てる時間が少ない。」

トラッキングトレードは、このような悩みを解決する新感覚のFX取引システムです!
システムが瞬時に相場に最適な条件を探しだし、一度の発注で、価格変動に対応するリピート系注文を発注できます。

米ドル/円のスプレッドは0.3銭で、1,000通貨対応!裁量/リピート系どちらも少額からでき、取引コスト面でも注目のスペックです。
じっくり分析に取り組めるときは裁量、忙しいときはトラッキングトレードと、その時々で使い分けるやり方もいいでしょう!

こちらから無料でFXブロードネットの口座開設ができます!