ウィリアムズ%Rの見方・使い方【テクニカル指標・オシレーター系】

ウィリアムズ%Rの見方・使い方について解説します。

テクニカル指標名タイプ分析適正
ウィリアムズ%Rオシレーター系・時系列逆張り

ウィリアムズ%Rとは?

ウィリアムズ%R(Williams’ Percent Range, ウィリアムズ・パーセント・レンジ)とは、アメリカの有名なトレーダーであり、数多くの投資本の著者でもあるラリー・ウィリアムズが、1966年に考案したテクニカル指標です。

オシレーター系テクニカル指標のなかでも、モメンタムインジケーターに分類され、モメンタムには「勢い」という意味があるように、相場の勢いや売られすぎ・買われすぎを判断するのに役立てることができます。

ウィリアムズ%Rをチャートに表示させた例
参考チャート:外為どっとコム「G.comチャート」

書籍などで「%Rオシレーター」「%R」と記載されることもありますが、どちらもウィリアムズ%Rのことを指しています。

またR=レンジを意味するように、デイトレードでレンジ相場を狙うような短期売買の逆張りに使われていますが、長期間での分析も可能です。

ウィリアムズ%Rの最大の特徴でありメリットなのが、値動きに敏感に反応することと、レートに先行してサインが現れることです。

価格が転換するときの動きに注目すると、ウィリアムズ%Rの反応の早さが確認できます。

値動きの転換点とウィリアムズ%Rの動き

その一方で、計算式の性質上、小さな値動きに反応が良すぎるため、ダマシの多さが欠点となります。
シグナルが発生したら、トレンド系指標かトレンドラインのブレイクで売買タイミングを見極めていくのがより効果的です。

ウィリアムズ%Rの計算式

ウィリアムズ%Rの計算式は以下です。

$$ Williams’%R = \frac{(Hn – C)}{(Hn – Ln)}×100% $$

Hn= 過去n本の最高値
Ln = 過去n本の最安値
C = 当日終値
つまり、{ (n日間の最高値 − 当日の終値) ÷ (n日間の最高値 − n日間の最安値) } × 100% で求められています。

FX業者の初期設定のパラメーターは「14」が一般的で、これはアメリカでもよく使われている期間です。
国内では「20」で設定する投資家も多く、「10」も使われています。

計算式はストキャスティクスの%Kと似ていて、「ウィリアムズ%R = 高値と終値の差」「ストキャスティクスの%K = 終値と安値の差」くらいの違いしかありません。
そのため売買シグナルの見方は、ストキャスティクスの%Kとほぼ同じです。

ただし、この計算式のままでは上下(買いと売りのサイン)が反対になりますので、通常は「0%〜−100%」の表示で使われています。

ウィリアムズ%Rは0%〜-100%の範囲内で動く
0%〜-100%の範囲内で動く

ウィリアムズ%R、RSI、ストキャスティクスの違い

似たような傾向のある指標と動き方を比べてみましょう。
上からウィリアムズ%R、RSI、ストキャスティクスとなっています。

ウィリアムズ%R、RSI、ストキャスティクスを比較

見てのとおり、ウィリアムズ%Rは値動きに素早く反応していることが分かります。

そして、それぞれの形状は似ていますが、もっともなめらかなのはストキャスティクスであることが確認できますね。

RSIはウィリアムズ%Rと同じように荒めの動きではあるものの、ウィリアムズ%Rの方がより鋭角な動きをしています。

つまり、ウィリアムズ%Rは「ストキャスティクスの敏感に動くタイプ」と考えると分かりやすいです。

ウィリアムズ%Rの使い方

この指標は「当日の価格が、期間内の値動きのどこに位置するか」を示します。

チャートの表示が「0%〜-100%」の場合、-50%を中心の基準値として、現在レートが高値圏に推移するほど0%に近づき、安値圏に推移するほど-100%に近づいていきます。

ハイラインとローラインで反転を捉える

通常は買われすぎが0%~-20%、売られすぎが-80%~-100%の水準となり、このラインを売買シグナルに使っていきます。

また、それぞれのラインはハイライン、ローラインと呼ばれています。

  • 高値圏(-20%)= ハイライン
  • 安値県(-80%)= ローライン

ウィリアムズ%Rの売買シグナル

  • 下落してローライン(-80%)に達し、反転して上抜けしたら買いサイン。
  • 上昇してハイライン(-20%)を達し、反転して下抜けしたら売りサイン。

上記の見方がもっともスタンダードですが、より早くシグナルを判断するために「-90%」「-10%」で判断するやり方もあります。

-50%のブレイクアウトをエントリーに活用

より明確なトレンドを判断して売買するなら、「-50%」に注目して売買することができます。
これは、MACDなど他のオシレーター系テクニカル指標との見方と共通です。

売られすぎと買われすぎの中間となる「-50%」を抜けてきたら、トレンドの勢いが変化してきたことを示します。

-50%のブレイクアウトを売買サインに活用

つまり売買サインは以下となります。

  • -80%以上に達して反転上昇し、-50%を上抜けしたら買いサイン。
  • 0%以上に達して反転下落し、-50%を下抜けしたら売りサイン。

「-50%」をブレイクした方向に売買するやり方は、トレンドの天底を捉えることはできませんが、より明確な売買ポイントを捉えるのに役立てることができます。

ラリー・ウィリアムズの売買スタイル

商品先物と株式のトレーダーであるラリー・ウィリアムズは、デイトレードを中心とした短期売買を得意とする売買スタイルです。
そのため、ウィリアムズ%Rはダマシを排除することよりも、売買サインの早さにこだわって開発された経緯があります。

なお、ラリー・ウィリアムズによるウィリアムズ%Rのパラメーターは「10」です。

ラリー・ウィリアムズの推奨手法について

株式トレーダーのラリーは、10日を使用し、以下条件を売買ルールとしていたようです。

  • -100%に到達後、5日間待ち、-95%(-85%)以上へ上昇後に買い
  • 0%に到達後、5日間待ち、-5%(-15%)以下へ下落後に売り

なお、移動平均線を組み合わせて使うのも、彼の手法です。

以下リンクはウィリアムズ%Rの開発者、ラリー・ウィリアムズの解説ページです。
日本語対応していませんが、より深く理解したい方はご参考にどうぞ。

ラリー・ウィリアムズのトレードテクニックは、こちらの書籍で学べます。

ラリー・ウィリアムズの短期売買法【改定第2版】

ラリー・ウィリアムズの短期売買法【改定第2版】

本書では開発したテクニカル指標、ブレイクアウトなどの具体的な手法だけではなく、資金管理も学ぶことができます。

ガーベージトップ・ガーベージボトム

ウィリアムズ%Rが有効的なのは、「緩やかなトレンド相場」や「レンジ相場」のときです。

相場がはっきりしたトレンドで大きく動くときは、オシレーター系特有の天底に張り付く「ダマシ」が発生します。

この動きのことを、ウィリアムズ%Rではガーベージ(garbage, ゴミ、くず、がらくたの意味)と呼んでいます。

ウィリアムズ%Rの場合、ストキャスティクスやRSIより張り付きが長いことから、ダマシを逆手にとって反転のサインと捉えていきます。

天井の張り付きをガーベージトップ、底の張り付きをガーベージボトムといいます。
逆張りは、先ほどのハイライン・ローラインを基準に仕掛けていきます。

ウィリアムズ%Rのガーベージトップとガーベージボトム

  • ガーベージボトムが発生後、ローライン(-80%)を上抜けしたら買いサイン。
  • ガーベージトップが発生後、ハイライン(-20%)下抜けしたら売りサイン。

短期的な分析だけだと誤ったシグナルを掴みやすいので、日足など長期の足で方向性を見てから、短い時間足でトレンド転換を図っていくようにしましょう。

ウィリアムズ%Rのダイバージェンス

ウィリアムズ%Rにもダイバージェンスは出現します。

ダイバージェンスとは、オシレーター系指標のみに現れる価格との逆行現象です。
ダイバージェンスにはいくつかのパターンがありますが、大きな相場転換を示唆するシグナルをご紹介します。

ウィリアムズ%Rによる買いのダイバージェンス
買いのダイバージェンス
ウィリアムズ%Rによる売りのダイバージェンス
売りのダイバージェンス
  • 価格の高値は切り下がっているが、%Rの高値が切り上がっていたら買いサイン。
  • 価格の安値は切り上がっているが、%Rの安値が切り下がっていたら売りサイン。

ダイバージェンスは比較的信頼性の高いサインですが、長期の足で発生したら精度はより高まります。

ウィリアムズ%Rの注意点は?

シグナルの点灯が早いウィリアムズ%Rは、トレンド転換の初動を狙う指標ですので、ダマシが多い分、反対に動いたらすぐに損切りすることは必須です。
短期売買に使うなら、損小利大を意識していきたいところです。

パラメーターはデフォルトの14日でも良いと思いますが、相場のサイクルに合わせて10日〜20日で調整するのもいいでしょう。

【まとめ】ウィリアムズ%Rの売買サインなど

基本的な使い方をまとめました。

ウィリアムズ%Rの基本
  • ダマシは多いものの、価格に先行性がある。
  • 短期〜長期まで幅広く分析に使える逆張り指標。
  • トレンドライン分析、トレンド系指標との併用は必須。
ウィリアムズ%Rの買いサイン
  • ローライン(-80%)を上抜けしたら買いサイン。
  • センターライン(-50%)を上抜けしたら買いサイン。
  • ガーベージボトムが発生後、ローライン(-80%)上抜けで買いサイン。
  • 価格の高値は切り下がっているが、%Rの高値が切り上がっているとき。(買いのダイバージェンス)
ウィリアムズ%Rの売りサイン
  • ハイライン(-20%)を下抜けしたら売りサイン。
  • センターライン(-50%)を下抜けしたら売りサイン。
  • ガーベージトップ発生後、ハイライン(-20%)下抜けで売りサイン。
  • 価格の安値は切り上がっているが、%Rの安値が切り下がっているとき。(売りのダイバージェンス)

各社のチャート機能は、こちらのページで詳しくご紹介しています。

関連記事

スプレッドの狭さや1,000通貨対応、通貨ペア数など、FX会社選びには実に多くの要素があります。FXは取引をするほど、取引画面に接する時間は長くなりますよね。[…]

チャート・取引ツール比較

おすすめチャートのFX業者

外為どっとコム「外貨ネクストネオ」

外為どっとコム×FXクイックナビ特別タイアップ|条件達成で期間中最大100万5千円キャッシュバック

「豊富なツール」「業界最大級のマーケット情報」が外為どっとコムの強み!
トルコリラ/円やメキシコペソ/円など、人気の高金利通貨も1,000通貨に対応するため、少額から取引を始められます。

低スプレッド・約定スピードの早さを生かした短期売買から、業界最高水準のスワップポイントで中〜長期売買までオールマイティーに対応します。
デモ口座に対応し、自己資本規制比率が高く、サポート体制も万全ですので初心者も安心の業者です。

オンラインセミナー「マネ育」のほか、本社のある東京汐留で会場セミナーを開催していますので、外為どっとコムなら学びながらステップができます!

こちらから無料で外為どっとコムの口座開設ができます!

高機能で軽快なチャートをお探しでしたら、外為どっとコムの「G.comチャート」がおすすめです。

テクニカル指標、描画ツールが豊富で、チャート保存機能、正確に描画できるマグネット機能、チャート分割、比較チャート、オシレーター部分への描画まで、分析に便利な機能が揃っています。

初心者の分析をサポートしてくれる、未来予測・売買シグナル機能を備えたチャート「ぴたんこテクニカル」を無料で使えることもポイントです。

GMO外貨

GMO外貨|FX口座開設+お取引で最大55万円キャッシュバック

安心感を求めるなら、GMOインターネットグループのFX業者、GMO外貨で決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

スマホ/タブレットアプリ「外貨ex」は直感的にサクサクと発注でき、取引に便利なプッシュ通知機能も備えています。

対象通貨ペアの取引に応じて、毎月キャッシュバックを受け取れることも、GMO外貨ならではの魅力です!

こちらから無料でGMO外貨の口座開設ができます!

分析力で選ぶなら、GMO外貨に注目です。

高度な分析機能と注文機能を備えた「外貨ex for Windows」、自動保存機能や複数チャートの一括変更機能を備えたWebブラウザ版の「Exチャート」と、2つのチャートツールを提供しています。

本格的なチャート分析を行いたい方は、GMO外貨をご検討してみてください。