スマホアプリ版MT4の機能・使い方を詳しくをご紹介!【iPhone/Android】

プロ御用達のPCトレードツールのMT4(メタトレーダー4)ですが、開発元のメタクオーツ社よりiPhoneアプリ/Androidアプリどちらも提供されています。

スマホ版MT4は一部が英語表記なので、国産アプリに比べるととっつきにくさを感じるかも知れません。
ただしシンプルな画面構成なので使い方は単純で、チャートのカスタマイズは極めて高い自由度を誇ります。

これからMT4を使ってトレードしたい方、スマホでのチャート分析力を高めていきたい方は、ぜひこの機会にMT4アプリの使い方をマスターしておきましょう。

※こちらのページではiPhoneアプリ版を例に解説しますが、Android版も基本的な使い方は同じです。

アプリをインストールしよう!

まずはアプリが使える環境を整えましょう。

iPhone版をダウンロード
Available on the Apple Store

Android版をダウンロード
GET IN ON Google play

アプリを起動後の手順

MT4アプリを立ち上げると、3つの始め方があります。

MT4新規口座のスタート画面
MT4アプリにログインしよう!

登録せずにスタート

「登録せずにスタート」では簡易的に利用可能です。アプリを開いて10秒間何も操作がないと、自動的に匿名デモ口座が作成されます。

個人デモアカウントを開設

海外業者はこちらでデモアカウントの開設ができますが、国内業者は非対応なので説明は割愛します。

既存のアカウントにログイン

通常はこちらからログインします。国内業者のデモアカウントもこちらからログインをします。

FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)を例にすれば、「既存のアカウントにログイン」を選択後、検索ボックスに『fxtf』と入力してください。
MT4業者を検索ボックスから検索
MT4業者を検索ボックスから検索

表示されたFXTrade-Demo(デモ口座)、FXTrade-Live(本番口座)いずれかを選んで、口座開設後に届くID・パスワードを入力すればログインができます。

このようにログインには3つの方法がありますが、それぞれ配信レートやスプレッドは異なります。
MT4でのデモ口座はあくまでもオマケといった位置づけで、デモと実際のレート・スプレッドが異なるのは好ましくありませんので、始めのうちに本番環境を整えておきましょう。

気配値(レート一覧)の見方

気配値では2つのモードが用意されています。

シンプルモードでは2Wayプライス(買いレート、売りレート)が見られます。詳細モードでは2Wayプライスのほかに「高値・安値」「スプレッド」も見ることができます。

気配値のシンプルモード
シンプルモード
気配値の詳細モード
詳細モード

スプレッドは表示されている数字の1/10なので、こちらの画像のUSD/JPYの「3」の場合は0.3銭となります。
相場変動が激しいときはどの業者もスプレッドが広がりますので、スプレッドが見れる詳細モードがおすすめです。
(ゴールデンウェイ・ジャパンの米ドル/円最新スプレッドは0.1銭原則固定となります。)

※ゴールデンウェイ・ジャパンで1,000通貨口座に切り替えると、このように通貨ペアの末尾に「-cd」と表示されます。

表示されていない通貨ペアを表示させよう

インストールしたばかりだと、一部の通貨ペアしか表示されていない場合もあります。
そんなときは右上のプラス(+)をタップして進みます。

通貨ペアの追加ボタンと、並び替え、削除ボタン
気配値の表示設定
通貨ペアを追加するにはプラスをタップする
通貨ペアの追加
上下にドラッグで並び替えができ、チェックを入れてゴミ箱で削除可能
順番の並び替え、削除

追加したい通貨ペアにあるプラスボタンを押すと、気配値に通貨ペアが追加されます。

スワップポイントの確認方法

スワップポイントを見るには、気配値で通貨ペアをタップして「詳細」を選択します。

スワップを見るには気配値の通貨ペアから詳細をタップ
スワップは詳細から閲覧可能
スワップロングが買いスワップ、スワップショートが売りスワップ
当日のスワップポイント

スワップポイントロングには「5.07」とありますが、1,000通貨での買いポジションなら1日あたり5.07円が付与される、という見方となります。

チャートの基本操作について

チャートの足種は左上のこちらから変更ができます。

チャートの時間足を変更する方法
足種の変更方法

バーチャートかラインチャートに切り替えるときは、横画面にして画面のどこでもいいので一度タップします。左上に表示される各チャートアイコンをタップすれば、切り替えることができます。

チャートメニューを表示させるには横画面でチャートを1タップ
チャートメニューの表示方法
バーチャート、ローソク足、ラインチャートのアイコン
チャートタイプの変更

十字線でチャートの時間や詳細情報をチェック

チャートの詳細データを見るには、こちらの「十字線アイコン」をタップしてください。
ローソク足やインディケータ(テクニカル指標)にラインを重ねると、4本値やオシレーター系の数値をチェックすることができます。

またチャートは横スクロールしたり、拡大・縮小も可能です。

十字線を表示させると、数値の詳細が見れる
十字線の表示

ひとつ注意点があり、MT4はPCでもスマホであっても、チャートに表示される時間は日本国内の時刻ではなく、海外のサーバーが置かれている時刻となります。

つまりチャートの時刻に7時間プラスすると、そのときの日本時間が分かります。ただしサマータイム時はさらに1時間ズレますので、ご注意ください。

インディケータを表示させよう!

PC版MT4と異なり、スマホアプリではインディケータ自体のインストールができません。
しかしインジケータは30種類を搭載しており、移動平均線に関しては細かな設定ができますので、スマホでも多彩な分析が可能なのも魅力のひとつです。

インジケータは画面上部にあるフォルテマーク(ƒ)のアイコンをタップし、「メインウインドウ」から選ぶと表示ができます。

インディケータはフォルテアイコンから追加できる
フォルテアイコンをタップ
インディケータのメインウィンドウをタップ
メインウィンドウをタップ
インディケータを選択すればチャートに表示ができる
インディケータを選択

表示させたインディケータを削除するには、右上の「編集」をタップするか、インディケータ名を左にスワイプすれば削除ができます。

インディケータは編集またはスワイプで削除可能
インディケータを削除

チャートとオシレーター系のサイズ変更方法

オシレーター系も表示させているとき、もう少し大きく表示させたい場面もありますよね。

そんなときはチャート画面上を長押しすると、境界部分に●が現れますので、上下に動かしてサイズ変更ができます。

チャート画面でのリサイズとオシレーター系インディケータの削除ボタン
チャートのリサイズと削除方法

表示させているオシレーター系インディケータは、画面右側の「✕」マークからでも削除ができます。

搭載インディケータ一覧

MT4のインディケータは4つに大別されます。

インディケータ名はすべて英語なので、とにかく慣れるしかありません!
わかりやすいように表でまとめましたので、参考にしてみてください。

 

トレンド系は相場の方向性を判断するインジケータです。

トレンド系
インディケータ名略称や日本語名
Average Directional Movement IndexADMI または DMI
Bollinger Bandsボリンジャーバンド
Envelopesエンベロープ
IchimokuKinko Hyo一目均衡表
Moving Average移動平均線
Parabolic SARパラボリックSAR
Standard Deviation標準偏差

オシレーターは売られすぎ・買われすぎを判断するインジケータです。

オシレーター系
インディケータ名略称や日本語名
Average True RangeATR
Bears Powerベアパワー
Bulls Powerブルパワー
Commodity Channel IndexCCI
DeMarkerデマーカー
Force Index勢力指数
MACDMACD(マックディー)
Momentumモメンタム
Moving Average of OscillatorOsMA(移動平均オシレーター)
Relative Strength IndexRSI
Relative Vigor IndexRVI
Stochastic Oscillatorストキャスティクス
William‘s Percent Rangeウィリアムズ%R

ボリュームは出来高(売買成立数)や取引量といった額や量を示すインジケータです。

ボリューム
インディケータ名略称や日本語名
Accumulation/DistributionA/D
Money Flow IndexMFI
On Balance VolumeOBV
Volumesボリューム

ビル・ウィリアムズ氏が開発した、主にオシレーター系のテクニカル指標です。

ビル・ウィリアムズ
インディケータ名略称や日本語名
Accelerator Oscillatorアクセレーター・オシレーター
Alligatorアリゲーター
Awesome Oscillatorオーサム・オシレーター
Fractalsフラクタル
Gator Oscillatorゲーター・オシレーター
Market Facilitation IndexBW MFI

さまざまな移動平均線を表示できる

Moving Average(移動平均線)は、設定にある「メソッド」を変えることで、自分好みの移動平均線にカスタマイズできます。

移動平均線の種類は設定のメソッドから変更できる
移動平均線の種類はメソッドで変更
Simple MA,Exponential MA、Smoothed MA、Linear Weighted MA
設定できる移動平均線の種類
移動平均線が豊富!
メソッド略称や日本語名
SimpleSMA(単純移動平均線)
ExponentialEMA(指数平滑移動平均線)
SmoothedSMMA(平滑移動平均線)
Lunear WeightedLWMA(加重移動平均線)

DMAをスマホ版MT4で表示させる方法

同じく設定にある「シフト」から移動平均線をローソク足のn本分か左右にずらして表示させれば、DMA(Displaced Moving Average = ずらした移動平均線)の表示も可能です。

使い方としては、「一目均衡表の雲」のように移動平均線を先行指標として使い、ローソク足とDMAの位置関係でトレンドを探っていく使い方となります。

以下やり方は25SMAをローソク足5本分先行させるやり方です。

25*5DMAなら期間を25、シフトを5にする
DMAの設定方法
25*5DMAを設定すると、25日移動平均線はローソク足5本分先行して表示される
DMAの表示例

他の項目も補足として説明しますと、「運用先」では移動平均線で算出するレートの選択ができます。通常はClose(終値)が使われます。

「レベル」では、数値を入力すると移動平均線の上下に設定値幅分、コピーして表示できます。

100なら10pips上に、-100なら10pips下に表示されます。レベルの活用方法としては、ボリンジャーバンド的なやり方(利食い、損切り、逆張り)があります。

分析オブジェクトがとにかく多彩

トレンドラインやフィボナッチ、エリオット波動など24種類の多彩なオブジェクトを搭載しているのも魅力です。

こちらがオブジェクトの一覧です。

オブジェクト一覧
ライン
  • 垂直線(縦線)
  • 水平線(横線)
  • トレンドライン
  • アングルトレンド
  • サイクルライン
  • 矢印線
チャンネル
  • 等距離チャンネル
  • 標準偏差チャンネル
  • 回帰チャンネル
  • アンドリューピッチフォーク
ギャン
  • ギャンライン
  • ギャンファン
  • ギャングリッド
フィボナッチ係数
  • フィボナッチリトレースメント
  • フィボナッチタイムゾーン
  • フィボナッチファン
  • フィボナッチアーク
  • フィボナッチチャンネル
  • フィボナッチエクスパンション
エリオット波動
  • エリオット推進波
  • エリオット修正波
図形
  • 長方形
  • 三角形
  • 楕円形

全てを使いこなすにはそれなりに経験も必要ですが、まずは基本的なオブジェクトから使い方を覚えていきましょう。

分析オブジェクトを表示させよう

オブジェクトの表示は「図形アイコン」をタップします。

続いて「オブジェクトの追加」またはその下のショートカットで、オブジェクトを選択してから描画していきます。

オブジェクトの追加は図形アイコンをタップ
オブジェクトの追加方法
オブジェクトの追加、またはショートカットアイコンをタップ
オブジェクトの追加をタップ
追加したいオブジェクトを選択する
追加したいオブジェクトを選択する

それでは代表的なオブジェクトの使い方をご紹介します。

トレンドライン

複数の高値に引いた線をレジスタンスライン、複数の安値に引いた線をサポートラインといい、トレンドの方向性や転換を見極めるのに使われています。

高値同士、安値同士を結んだトレンドライン描画例
トレンドラインの例

なおラインを描画して両端に「●」があるときは位置調整ができる編集可能状態で、もう一度タップして「●」が消えたらラインはロックされます。

 

詳しいトレンドラインの使い方はこちらをご覧ください。

関連記事

チャートで高値と高値どうし、もしくは安値と安値どうしを結んだ線のことを、トレンドラインを言います。こちらのページでは、トレンドラインの見方から、FX初心者の疑問となりがちな「トレンドラインの上手な引き方」について解説します。チャ[…]

トレンドラインの見方・引き方【FXライントレード分析術】

垂直線

チャートの横軸を表す『時刻』を明確にするのが垂直線です。

東京市場、ロンドン市場、NY市場を垂直線で区切った例
垂直線の例

東京市場、ロンドン市場、NY市場の節目に引いて、各市場でのトレンド動向を判断する使い方ができます。

水平線

チャートの縦軸を表す『価格』を明確にするのが水平線です。

押し目、戻り、ブレークなど転換の目安に使える水平線の描画例
水平線の例

前回の高値・安値や意識されている価格に水平線を引いて、相場転換となる価格の目安にする使い方ができます。

フィボナッチ・リトレースメント

フィボナッチ系のオブジェクトでもっとも使われているのが、高値・安値から水平ラインを導き出すフィボナッチ・リトレースメントです。

フィボナッチ比率に基づいた61.8%と38.2%、その中間となる50%は、相場の戻りや転換のポイントとして利用されています。

フィボナッチ・リトレースメントの描画例
フィボナッチ・リトレースメントの例

※上昇トレンドなら安値から高値へ、下降トレンドなら高値から安値に向かって描画します。フィボナッチ・リトレースメントは、必ずチャートの左側から右側となるように描画してください。

どの画面からもスムーズに注文できる

スマートフォンならではの操作性が生かされた作りにより、少ない手順で直感的に発注することができます。

注文画面の見方をマスターしよう!

注文画面では、一番上にある通貨ペアをタップすると、取引する通貨ペアを切り替えることができます。

注文画面では通貨ペア名をタップすると変更ができる
取引通貨ペアの変更
注文名をタップすると注文方法の変更ができる
注文方法の変更
価格、ストップロス、テイクプロフィット全てに入力すればIFDO注文となる
IFDO注文の例

同様に注文方法名をタップすると、注文方法を変更できます。

Limitが指値、Stopが逆指値で、それぞれの注文イメージは以下です。
指値注文と逆指値注文の違い
新規発注と同時にストップロスで利食い注文を、テイクプロフィットで損切り注文を入れられるので、IFDone注文、IFO注文も可能です。

  • IFDone注文・・・新規 +(決済指値 or 決済逆指値)
  • IFO(IFDone+OCO)注文・・・新規 + 決済指値 + 決済逆指値

トレード画面で保有ポジションを長押しすれば「注文変更」ができます。
注文変更画面でストップロス、テイクプロフィットそれぞれにレートを指定すれば、決済OCO注文として発注ができます。

保有ポジションの注文を変更するにはポジションを長押しする
保有ポジションの変更方法
注文変更をタップする
注文変更をタップする
保有ポジションにストップロス、テイクプロフィットにレートを指定すれば決済OCO注文となる
決済OCO注文の例
ゴールデンウェイ・ジャパンの場合、1,000通貨コースは最小が「0.01」ロットで1,000通貨単位の取引となります。
10,000通貨コースは最小が「1」ロットで10,000通貨単位の取引となります。

それでは各画面からの注文方法を解説します。

気配値から注文

気配値から注文するには取引したい通貨ペアを選んで、「トレード」をタップします。

気配値で通貨ペアをタップし、トレードをタップして注文
気配値から注文

チャートから注文

チャートから注文するには画面右上にある「トレード」をタップします。

チャートタブでトレードをタップして注文
チャートから注文

または横画面にしてこのアイコンをタップすると、ワンクリックパネルが表示されます。

こちらはワンクリック取引モードなので、取引数量を入力して売値か買値を1タップするだけで新規注文が可能です。

チャートメニューのアイコンをタップすれば、ワンクリック注文パネルが出現する
チャートのワンクリック注文パネルから注文

発注方式は「成行」なので、利食いレート、損切りレート、スリッページの設定はありません。

なおワンクリック注文は「新規のみ」で保有するポジションの決済注文には対応していません。決済の場合はトレード画面から行なってください。

トレードから注文

トレードから注文するには、画面右上にある「+」をタップします。

トレードタブのプラスアイコンから注文
トレード画面から注文

マーケットニュースの閲覧方法

「設定」→「ニュース」から各FX業者ごとのマーケットニュースを閲覧することができます。

本取引口座ならマーケットニュースの閲覧が可能
マーケットニュース

ゴールデンウェイ・ジャパンの場合、デモ口座は非対応のため、Live口座に切り替えるとニュースが見られます。

プッシュ通知の設定方法

スマートフォンで指定価格に達したときにプッシュ通知させるには、PC版MT4とリンクさせる必要があります。

まずアプリで「設定」→「チャットとメッセージ」と進みます。そうすると画面の一番下でMetaQuotes IDが確認できます。

MetaQuotes IDはチャートとメッセージの最下部で確認可能
MetaQuotes IDの確認方法

続いてパソコンでMT4を起動させ、メニューの「ツール」→「オプション」→タブの「通知機能」と進みます。

「プッシュ通知機能を有効にする」にチェックを入れ、iPhone/Androidで確認したMetaQuotes IDを入力するとして「OK」をクリックします。

アラームの設定は、画面下部ターミナルのタブ「アラーム設定」で右クリック→「作成」から行います。

「有効にする」にチェックを入れ、アクション指定で「Notification」(スマホアプリに通知)を選択し、通貨ペアと価格を入力すれば完了となります。

MT4のアラームをiPhoneに通知した例
iPhoneアプリ版MT4のプッシュ通知例

※通知されないときは、端末の通知設定がOFFになっていないか確認してください。
iPhoneなら設定→通知→MetaTrader4と進み、「通知を許可」をONにしましょう。

なおMT4はPCが起動状態でなければ、スマホに通知できない仕様となっていますので理解しておいてください。

【まとめ】自由度の高いチャートが、スマホアプリ版MT4の魅力!

他のFXアプリに比べると、群を抜くほどのインディケータとオブジェクトが用意されているMT4。
アプリ自体はとてもシンプルなので、慣れてしまえば高度な分析を生かしたトレードができます。MT4アプリを使いこなして、スマホトレードを充実させていきましょう。

 

▼MT4業者のスプレッドや特徴を知りたい方は、こちらの記事もどうぞ。

関連記事

「これからFXで、本格的なチャート分析にチャレンジしたい!」「EAを使った自動売買で、取引を自動化させたい!」このように考えているトレーダーに向けて、MT4(メタトレーダー4)を取り扱っている各社のスペックを徹底比較しました。[…]

国内MT4業者のスプレッド・チャート・機能を徹底比較!

 

ゴールデンウェイ・ジャパンのスプレッド、スワップポイント、取引ツール、特徴などの基本スペックは下記ページをご覧ください。

関連記事

ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF MT4」 MT4採用ながらも、スプレッドの狭さはなんと国内No.1レベルの水準! 1,000通貨単位に対応しており、少額から始められる。 MT4で高精度の分析ができ[…]

FXTF|日本史上最狭水準スプレッドへ!!

iPhone/Android版「MT4」のスペック一覧

注文種類1クリック注文 / 成行注文 / 指値・逆指値注文 / IFD注文 / OCO注文 / IFO注文
チャートタイプローソク足 / バーチャート / ラインチャート
足種1分 / 5分 / 15分 / 30分 / 1時間 / 4時間 / 日 / 週 / 月
レート更新時間リアルタイム
テクニカル指標
[トレンド系]
テクニカル指標
[オシレーター系]
  • Average True Range(ATR)
  • Bears Power
  • Bulls Power
  • Commodity Channel Index(CCI
  • DeMarker
  • Force Index
  • MACD
  • Momentum(モメンタム
  • Moving Average of Oscillator(OsMA)
  • Rerative Vigor Index(RVI
  • Stochastic Oscillator(ストキャスティクス
  • Williams’ Percent Range(ウィリアムズ%R
  • Accumulation/Distribution
  • Money Flow Index
  • On Balance Volume
  • Volumes
  • Accelerator Oscillator
  • Alligator
  • Awesome Oscillator
  • Fractals
  • Gator Oscillator
  • Market Facilitation Index
チャートから発注
スワップポイントの表示
マーケット情報業者による
トレンドライン描画
アプリからの入出金
指定レート通知アラート
自動ログイン
ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF MT4」

ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF)のMT4口座「FXTF MT4」は、1,000通貨対応・米ドル/円スプレッド0.3銭と国内最高水準のサービスを提供!

上級者の多くがMT4でチャート分析していますが、トレードツールだけではなく、チャート分析ツールとしても定番の存在です。
MT4ならチャートのカスタマイズが自由自在なので、取引スタイルや経験を問わず、ぜひチャレンジしてみてください。FXTF MT4なら日足が5本表示なので、6本表示よりも精度の高い分析ができます。

オリジナルツールにより初めてのMT4でもかんたんに発注ができ、もちろんシステムトレードにも対応。マーフィー氏やひろぴー氏などプロトレーダーのインジケーターが豊富で、プロと同じ環境を構築できるのもポイント。初心者にも扱いやすいMT4なら、FXTFがおすすめです。

ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF MT4」の口座開設キャンペーン情報

FXクイックナビ限定タイアップ中!当サイト経由の口座開設+20Lotの取引だけで、キャッシュバック2,000円上乗せ!

【FXTF MT4 初回お取引キャッシュバックキャンペーン】
2020年7月31日(金)までのキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大55,000円をキャッシュバック。
当サイト限定タイアップと合わせると、最大57,000円をキャッシュバック。

こちらから無料でゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF MT4」の口座開設ができます!

MT4 for iPhone/Android. スマートフォンでもMT4で快適に分析&トレードしよう!
最新情報をチェックしよう!