トレンド系テクニカル指標、エンベロープの見方・使い方を解説!

エンベロープの見方・使い方について解説します。

テクニカル指標名タイプ分析適正
エンベロープトレンド系・時系列順張り、逆張り

エンベロープとは?

エンベロープ(Envelope)とは封筒のことで、ほかにも「封をする」「袋」「ウイルスの膜」など、おおまかに外側を包む意味合いで使われています。
テクニカル分析では、価格が上下する値動きを覆って描画することが、この名前の由来です。

このエンベロープは単純移動平均線(SMA)の上下に、一定幅で乖離させた複数の線を表示させたもので、株式投資でもよく使われています。

マーケットでは「移動平均線から何%乖離しているか?」ということを考える分析が、さかんに行われています。
これは「離れすぎた価格はいずれ元の水準に戻るだろう。」という移動平均線の考え方がベースです。

この乖離率を可視化させたのが「エンベロープ」というわけです。

株取引においてエンベロープを使い、日足で分析をするとき、25日移動平均線(25MA)の上下に5%や10%が使われています。
しかしFXでは、25日の日足で10%乖離することはほとんどありません。

またFXでは通常、25MAから2〜3%乖離したら適正値に戻るだろうと判断されています。

25MA、2%乖離、3%乖離で設定したエンベロープの表示例をご覧ください。

エンベロープ(25MA、2%乖離、3%乖離)の表示例
参考チャート:外為どっとコム「リッチアプリ版」

このように、見た目としてはボリンジャーバンドと似た形状が特徴ですが、分析方法もとてもよく似ています。

そのため、エンベロープも順張り・逆張りどちらの手法にも対応しています。
ただエンベロープの場合は移動平均線をそのままズラして表示させていますので、ボリンジャーバンドのように拡大したり、縮小することはありません。

移動平均線はスタンダードな分析手法であるものの、値動きが不規則で乱高下する不安定な相場(チョッピー)は苦手となることあります。

こういった場面でも、エンベロープと価格の位置関係を見ることで、方向性がより掴みやすくなったりします。

エンベロープの計算式

エンベロープで、乖離率を「2%」と「3%」としたときの計算式は以下です。

センターライン = 25日単純移動平均線(25SMA)が一般的

アッパーバンド2 = (1+0.03) × 25SMA

アッパーバンド1 = (1+0.02) × 25SMA

ロワーバンド1 = (1−0.02)×SMA(n日)

ロワーバンド2 = (1−0.03)×SMA(n日)

移動平均線はSMAが基本ですが、業者によってはEMAを採用する場合もあります。

パラメーターはデフォルトで「25」を採用する業者が主流ですが、「21」を採用する業者もあります。

もしパラメーターを調整する場合は、移動平均線でスタンダードな下記を参考にしてみてください。

  • 日足:5日、10日、20日、21日、25日、75日、100日、200日
  • 週足:6週、13週、26週

移動平均線の期間を短くしすぎたり、乖離率を小さくしすぎると、頻繁に上下のバンドにタッチしてしまいます。
FXでは通貨ペアごとにボラティリティが異なりますので、値動きが穏やかなら1%、激しいなら3%といった形で、最適な数値に調整するようにしましょう。

エンベロープを逆張りで使う

もともとエンベロープは、逆張りを基本とした設計となっています。

価格がエンベロープのロワーバンド1(ロワーバンド2)に達したら、相場は売られすぎであり、反転して上昇するだろうと判断して、買いサインとなります。

反対に、価格がエンベロープのアッパーバンド1(アッパーバンド2)に達したら、相場は買われすぎであり、反転して下降するだろうと判断して、売りサインとなります。

エンベロープの逆張りはバンドのタッチに注目
逆張りの例

こういったシグナルを、サポートラインやレジスタンスラインに置き換えることで、逆張りの売買判断の目安に活用できます。

エンベロープはあくまでも移動平均線がベースですから、この逆張りで「行き過ぎた価格はいずれ適正水準に戻るだろう」とする見方ができます。

ただし逆張りの注意点としては、トレンドが強いときはボリンジャーバンドのバンドウォークのように、バンドに張り付いてレートが推移します。
このような場面でエントリーすると、予想の逆となって損失となってしまいます。

エンベロープを使った逆張りの注意点

移動平均線は上下の動きを繰り返して推移しますが、逆張りはあくまでも短期的にトレンドがない状態ですので、移動平均線が水平方向に推移している状態がもっとも相性がいいといえます。

移動平均線の傾きが水平方向ではなくても、相場にトレンドがなければエンベロープは有効的な場面も多くあります。

逆張りで仕掛けるときはトレンドの有無を確認しておくことが大事です。
この場合、水平線トレンドラインを引いて、強いトレンドではないことを確認しておくのがおすすめです。

以下は水平線の例ですが、水平線をブレイクアウト後、強い上昇トレンドの継続が確認できますね。

エンベロープと水平線の組み合わせ

エンベロープには水平線やトレンドラインを組み合わせて、トレンド相場のときは順張りの考え方で挑んでいくのがおすすめです。

エンベロープを順張りで使う

順張り手法は、一般的な移動平均線でのトレンド判断の見方となります。

以下チャートを見ると、先ほどのチャートに比べると、エンベロープがきれいに並んで下方向に推移していることが確認できますね。

価格が25MAを上回ってもすぐに反転しており、25MAの下側で下落が継続していますので、下降トレンドと判断することできます。

エンベロープの順張り例

そして移動平均線の順張りは、中心のMAを上抜けしたら買い、下抜けしたら売りのシグナルとなります。
これはボリンジャーバンドでの順張り手法とも共通となっています。

中心のMAをブレイクでエントリー、バンド1またはバンド2に達し、反転してローソク足の終値がバンドを抜けてきたら決済、という使い方ができます。

順張りは「エンベロープがきれいに傾いていること」と、「レートのバンドブレイク」「ブレイク後の反転」に注目してみてください。

長期間にわたるトレンド相場のときは、価格が急騰・急落して反対方向のエンベロープに大きく達したときは、トレンド転換を示唆することもあるので念頭に入れておきましょう。

エンベロープの注意点は?

エンベロープは分析する足種に合わせて、期間や乖離率のパラメーターを調整して自分の手法で使いやすいように調整するようにしてください。
FXの場合、乖離率は1%、1.5%、2%、3%程度の範囲で設定するのがおすすめです。

一般的には、乖離率は順張りの場合は小さめに、逆張りの場合は大きめが有効的とされています。
逆張りで使うとき、強いトレンドが発生すると悪い結果となってしまいますので、RSIとの併用や、ストップロスを入れるなどの戦略で取り組むことが大事です。

トレンド相場のときは順張り、一定のレンジ幅で推移するときは逆張りを意識してチャートを見ていきましょう。

【まとめ】エンベロープの売買サインなど

基本的な使い方をまとめました。

エンベロープの基本
  • (日足などの)短期的なトレンドの転換点を探すのに使われている
  • 移動平均線から何%乖離しているかをすぐに確認ができる
エンベロープの買いサイン
  • 価格がエンベロープのロワーバンドに達したら、反転すると判断して買いサイン(逆張り)
  • 25日移動平均線を上抜けたら上昇トレンドと判断して買いサイン(順張り)
エンベロープの売りサイン
  • エンベロープのアッパーバンドに達したら、反転すると判断して売りサイン(逆張り)
  • 25日移動平均線を下抜けたら下降トレンドと判断して売りサイン(順張り)

各社のチャートを比較するなら、こちらのページもご覧ください。

関連記事

スプレッドの狭さや1,000通貨対応、通貨ペア数など、FX会社選びには実に多くの要素があります。FXは取引をするほど、取引画面に接する時間は長くなりますよね。[…]

チャート・取引ツール比較

おすすめチャートのFX業者

外為どっとコム「外貨ネクストネオ」

はじめてのFXは外為どっとコム

「豊富なツール」「業界最大級のマーケット情報」が外為どっとコムの強み!
トルコリラ/円やメキシコペソ/円など、人気の高金利通貨も1,000通貨に対応するため、少額から取引を始められます。

低スプレッド・約定スピードの早さを生かした短期売買から、業界最高水準のスワップポイントで中〜長期売買までオールマイティーに対応します。
デモ口座に対応し、自己資本規制比率が高く、サポート体制も万全ですので初心者も安心の業者です。

オンラインセミナー「マネ育」のほか、本社のある東京汐留で会場セミナーを開催していますので、外為どっとコムなら学びながらステップができます!

こちらから無料で外為どっとコムの口座開設ができます!

高機能で軽快なチャートをお探しでしたら、外為どっとコムの「G.comチャート」がおすすめです。

テクニカル指標、描画ツールが豊富で、チャート保存機能、正確に描画できるマグネット機能、チャート分割、比較チャート、オシレーター部分への描画まで、分析に便利な機能が揃っています。

初心者の分析をサポートしてくれる、未来予測・売買シグナル機能を備えたチャート「ぴたんこテクニカル」を無料で使えることもポイントです。

外貨ex byGMO

外貨ex byGMO|FX口座開設+お取引で最大30万円キャッシュバック

安心感を求めるなら、GMOインターネットグループのFX業者、外貨ex byGMOで決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

スマホ/タブレットアプリ「外貨ex」は直感的にサクサクと発注でき、取引に便利なプッシュ通知機能も備えています。

対象通貨ペアの取引に応じて、毎月キャッシュバックを受け取れることも、外貨ex byGMOならではの魅力です!

こちらから無料で外貨ex byGMOの口座開設ができます!

分析力で選ぶなら、外貨ex byGMOに注目です。

分析機能に特化した「MT4チャート」、自動保存機能や複数チャートの一括変更機能を備えたWebブラウザ版の「Exチャート」と、2つのチャートツールを提供しています。

高度なチャート分析を行いたい方は、外貨ex byGMOをご検討してみてください。