DMA(ずらした移動平均線)の見方・使い方

ディナポリ・チャートの考案者であるアメリカの投資家、ジョー・ディナポリ氏が世に知らしめたのが、この「DMA」です。

トレンドを判断するテクニカル指標には多くの種類がありますが、やはりメジャーなのは移動平均線ではないでしょうか。

移動平均線といえばSMA(単純移動平均線)EMA(指数平滑移動平均線)が有名ですが、このDMAはSMAベースの移動平均線です。

西原宏一氏、田向宏行氏、ひろぴー氏といった有名トレーダーにも使われているDMAをご紹介します。

テクニカル指標名タイプ分析適正
DMA(先行移動平均線)トレンド系・時系列順張り

DMAとは?

DMAはDisplaced Moving Averageの略で、直訳すると「ずらした移動平均線」の意味があります。
また「先行移動平均線」とも呼ばれています。

DMA3本の表示例
参考チャート:MT4 DMA3本の表示例

移動平均線にはいくつか種類があり、一般的な移動平均線は単純にMA(Moving Average)やSMA(Simple Moving Average)と呼ばれています。

SMAの算出はかんたんで、「過去n日間の終値を平均化させた」だけのシンプルなものです。
DMAはなにも特殊なことをしている訳ではなく、このSMAを未来に先行させた移動平均線となります。

DMAでは短期線、中期線、長期線として3本を使いますが、それぞれどのくらい先行させるかが決まっています。なぜならディナポリ氏が何年もの研究の結果で編み出されたものだからです。

3×3DMA、7×5DMA、25×5DMA

  • 短期線:3×3DMA(過去3本分のローソク足で計算したSMAを、ローソク足3本分を先行。)
  • 中期線:7×5DMA(過去7本分のローソク足で計算したSMAを、ローソク足5本分を先行。)
  • 長期線:25×5DMA(過去25本分のローソク足で計算したSMAを、ローソク足5本分を先行。)

DMAの見方

一部のサイトには「DMAはレンジ相場には不向き」とか「逆張りでの使い方」と記載されていますが、これは誤りの解説であると言わざるを得ません。

そもそもDMAを考案したディナポリ氏のスタイルは、「マーケットの大きな流れを見つけて、その方向に押し目買い・戻り売りを繰り返す手法です。
つまり手法はトレンドフォロー(順張り)です。

ディナポリ・チャート自体はチャートをどの期間にしても使えますが、これを使うトレーダーは原則、デイトレード〜スイングトレードであるということです。

関連記事

ディナポリ・チャートってご存知ですか?アメリカの有名な投資家、ジョー・ディナポリが考案したトレード手法であり、現代のトレーダーに多大な影響をもたらしたといっても過[…]

ディナポリ・チャートを使ったトレード手法を徹底解説!

 

なおDMAだからと特殊な見方はなく、一般的な移動平均線と基本は同じことは変わりません。

移動平均線の基本的な見方
  • 上昇する移動平均線の上でローソク足が上昇していれば、上昇トレンド。
  • 下降する移動平均線の上でローソク足が下降していれば、下降トレンド。
  • 期間の短いDMAが期間の長いDMAを上抜いたら買い。
  • 期間の短いDMAが期間の長いDMAを下抜いたら売り。

 

このほか、一般的な移動平均線の使い方はグランビルの法則をご覧ください。

関連記事

グランビルの法則とは、移動平均線やゴールデンクロス・デッドクロスを考案したジョセフ・E・グランビルによって編み出されました。もともと株で使われていたグランビルの法[…]

「グランビル8つの法則」の見方・使い方を図解入りで解説!

 

そしてDMAとして先行させることで、以下のメリットがあります。

DMAのメリット
  1. 相場のトレンド、方向性が「n期間」分、早くわかる。(nはローソク足の本数、日足なら3日、5日)
  2. 先行させることで「ちゃぶつき」の回避に役立つ。
  3. ローソク足と重なりにくいため、ローソク足の動きが見やすく判断しやすい。

未来にずらすことで方向性が見やすくなり、ローソク足のパターン特定にも役立ちます。

ちゃぶつきについては下記で説明します。

「ちゃぶつき」をならし、トレンドを判断しやすい

たとえば、相場が強い上昇トレンドが続いているとしましょう。

強いトレンドが継続していれば、ローソク足はSMAを下回ることなく、上昇していきます。
しかし強いトレンド中であっても、一時的に横ばいになったり、少し下落するケースはよくあります。

こんな場面では「ちゃぶつき」といい、通常のSMAだとローソク足と交互に絡み合うような動きになってきて、見極めにくくなってきます。

しかしトレードでは、このままトレンドは継続するかが見極めで重要になってくると思います。

ここで有効的とされるのが、3本のDMAのうち短期間の3×3DMAです。

違いはSMAとDMAを見比べると分かりやすいです。

コロナショックで大きく変動した2020年2月〜3月ですが、米ドル/円は大きなV字で推移していますね。

下落から上昇に転じて上昇中に、3SMAを割り込みちゃぶついているのが確認できます。

3SMAのちゃぶつきの例
3SMAのちゃぶつきの例

一方で3DMAを見ると、ローソク足が3DMAにタッチもせずに割り込んでいません。

3×3DMAはちゃぶついていない
3×3DMAはちゃぶついていない

このときはあまりにも大きな変動だったので判断に難しい場面といえますが、高値で買いポジションを持っていれば、3DMAならそのままホールドする判断ができたかも知れません。

ちょっと極端な例を出しましたが、このようにちゃぶついてきた3SMAでは、ローソク足を下回る場面もよくあります。
しかし先行させた3×3DMAでは下回らない場面が多いことで、「ちゃぶつきの回避」に有効的とされています。

マーケット用語のちゃぶつきには、「相場が上がると思って買ったら下がり、相場が下がると思って売ったら上がるように、トレンド反転や保ち合い相場により、トレンドフォロー(順張り)のトレードで上手く波に乗れず、損を繰り返すこと」の意味があります。

移動平均線のちゃぶつきには、連続で損失を出すというよりも「この一時的なダマシのシグナルを示すもの」という、ちょっと違うニュアンスであると捉えてみてください。

 

それではチャートにDMAを設定する方法をご紹介します。

FX業者の一般的なチャートでは、移動平均線の期間を任意で移動できないため、基本的にはDMAを使うことができません。

そのため現状、MT4かTradingViewを使うのが主流です。

TradingViewでDMAを設定する方法

まずはTradingViewのチャートにアクセスしてください。

チャートが表示されたら、上部の「インジケーター」から「MA(移動平均)」を選択します。

インジケーターでMA(移動平均)を選択
インジケーターでMA(移動平均)を選択

インジケーターの設定をクリックし、パラメーターを変更します。

期間を3、オフセットを3に変更
期間を3、オフセットを3に変更
期間を7、オフセットを5に変更
期間を7、オフセットを5に変更
期間を25、オフセットを5に変更
期間を25、オフセットを5に変更

完成例が以下です。

TradingViewでDMAを3本表示

なおTradingViewの無料アカウントの場合、インジケーターは最大3つまでしか表示できません。

そのため「公開ライブラリ」のDMAを使えば、追加でテクニカル指標も表示させたりできます。

公開ライブラリをクリックしてDMAを選択
公開ライブラリをクリックしてDMAを選択

こちらがMACDとストキャスティクスも表示させた例です。ログイン状態でスマホでアクセスすれば、アプリでも閲覧可能です。

DMA、MACD、ストキャスティクスを表示

※公開ライブラリはログインしなければ利用できません。無料アカウントを作成してログインすれば、利用可能になります。

MT4でDMAを設定する方法

以前のMT4の定型チャートには「Dinapoli」があり、それを選択するだけで3本のDMAを設定できたのです。

しかし現在のMT4では、残念ながら定型チャートのデフォルトからDinapoliがなくなってしまいました。

そのため手動でDMAを設定する必要がありますが、それほど難しくはありません。

 

MT4を起動したら、ナビゲータのトレンドにある「Moving Average」をチャートにドラッグ(またはダブルクリック)します。

ナビゲータのMoving Averageをドラッグ
ナビゲータのMoving Averageをドラッグ

「期間:3」「表示移動:3」でOKをクリックすれば短期線を描画できます。

期間を3、移動を3にする
期間を3、移動を3にする

※デフォルトで問題ないですが、移動平均の種別はSimple、適用価格はCloseであることを確認してください。

 

同様の手順でMoving Averageをドラッグし、「期間:7」「表示移動:5」で中期線を描画します。

期間を7、移動を5にする
期間を7、移動を5にする

最後に「期間:25」「表示移動:5」で長期線を描画できます。

期間を25、移動を5にする
期間を25、移動を5にする

こちらが完成形です。

MT4でDMA3本を設定したチャート

この状態で「チャート」→「定型チャート」「定型チャートとして保存」と進んで任意の名前を付けておけば、いつでもこの設定でチャートに読み込ませることができます。

DMA定型チャートの無料ダウンロード

ちょっとめんどくさいという方のために、かんたんに設定できるように、DMAの定型チャートを作成しました。黒背景・白背景をご用意しています。

DMAの定型チャート
DMAの定型チャートをダウンロード zip

圧縮ファイルとなっており拡張子はzipとなっています。
ダウンロード後に解凍したら下記手順で、定型チャートのテンプレートをインストールしてください。

上部メニューの「ファイル」→「データフォルダを開く」と進み、「templates」内に拡張子が「.tpl」のファイルをドラッグしてコピーしてください。

MT4を再起動すれば定型チャートに追加されていますので、選択すればチャートに反映されます。

MT4おすすめのFX業者

楽天証券FX

大手証券会社唯一 自動売買対応取引ツール 楽天MT4

楽天証券のFXサービスでは、低スプレッドが魅力の「楽天FX」と、MT4でも屈指の低スプレッドを誇る「楽天MT4」を提供!

楽天MT4は高機能なPCツール&アプリで、テクニカル指標が示す相場の評価を見ることも可能です。

MT4は国内大手ネット証券で唯一提供しており、自動売買の制限もありません。お好みのEAを使ってシストレを行うことができます。

2つの口座を自由に使い分けできることも、楽天証券ならではの魅力です。

こちらから無料で楽天証券の口座開設ができます!

数ある国内業者において、これからMT4を始めるなら楽天証券の「楽天MT4」がイチオシです!

日足5本表示により信頼度の高い分析ができるだけではなく、低スプレッドで1,000通貨対応なので少額から低コストで取引を行うことができます。

さらに楽天証券のMT4なら、自動売買・バックテストにも対応しますので、幅広い取引も可能となっています。

MT4のほかブラウザ版取引ツールやスマホアプリも用意していますので、お好みに合わせて取引ツールを選べることもポイントです。

JFX「マトリックストレーダー」

JFX|スキャる?|JFXならMT4も使えます

元プロディーラーの小林芳彦氏が代表を務めるJFXは、業界最狭水準スプレッドを提供しています。
スキャルピングなら「約定スピード最速0.001秒」を誇るJFXがおすすめです。

1日の取引数量上限がなく、スキャルピングOKと公式にアナウンスしていますので、取引制限を気にすることなくできるのがJFXの特徴です。

取引ツールはMacにも完全対応する高機能「MATRIXチャート」にはマーフィー氏考案のテクニカル指標、スーパーボリンジャーとスパンモデルが搭載されています。
さらに分析専用MT4も使うことができ、スマートフォン(iPhone/Android)やiPadに最適化されたアプリは直感的に発注ができることもポイント。

当日の相場状況を知らせてくれる「小林芳彦のマーケットナビ」、未来の値動きを自動で予想する「未来予測チャート」など、会員限定でさまざまな情報&分析ツールを利用できるのも魅力です。

こちらから無料でJFX「マトリックストレーダー」の口座開設ができます!

JFXでは分析専用のMT4チャートを提供しており、分析精度が高い日足5本表示に対応しています。

他社にはないオリジナル・インジケーターが豊富なので、分析にも大きな力を発揮してくれます。

MT4には興味があるけど使いこなせるか不安とお考えでしたら、気軽に分析で使えるJFXがおすすめです。