SBI FXトレードのiPhone/Androidアプリの機能を詳しくご紹介!

SBI FXトレードのスマートフォンアプリが、リニューアルされて新しく登場しました!

もともとリリースされていた白系アプリは廃止となりましたが、初代の黒アプリはまだリリースされているため、現在2つのアプリがあります。

新旧アプリそれぞれの機能を見ていきましょう!

新アプリ「SBI FXトレード」

まずは新スマートフォンアプリのスペックをご紹介します。

とそのまえに、各アプリストアでSBIFXと検索すると、公式では2つのアプリが出てきます。

App Storeに存在するSBI FXトレード2つのアプリ

「SBI FXTRADE – 2020」と記載されている方が、最新版のアプリとなります。

レート・スプレッド一覧・スワップ/証拠金

レート一覧では、各通貨ペアのレートとスプレッドを閲覧できます。

SBIFXトレード新アプリのレート一覧
SBIFXトレード新アプリのスプレッド一覧
SBIFXトレード新アプリのスワップポイント/証拠金

業界最狭水準を誇るSBI FXトレードのスプレッドですが、取引量によって変化しますので、このようにスマホアプリ上でチェックできると便利ですよね。
取引数量ごとのスプレッドや当日のスワップポイント、必要証拠金は、下部メニューの「info」→「スワップ証拠金等」と進めば閲覧できます。

なおレート一覧の更新頻度は1秒です。最近のFXアプリはリアルタイム更新が主流になってきているので、正直モッサリ感は否めません。

ですがスワップポイントも他社よりも有利となる高い水準なので、実はSBI FXトレードは長期保有との相性もいいです。

通常注文、2WAY注文

レートパネルをタップするか、メニューの「取引/照会」から行います。

選択した通貨ペアのBIDかASKをタップすれば、新規注文画面が表示されます。

SBIFXトレード新アプリの新規注文画面

2WAY・成行・指値/逆指値・IFD・OCO・IFD-OCOと基本的な注文方法が揃えていますので、その場の状況に合わせて使い分けられるのもいいですね。

チャートを見ながら注文ができる!

現在主流となっている「チャート上で発注」は縦・横画面どちらも対応しています。
ワンタップで2WAY注文を出せますので、デイトレードなどスピーディーな判断が求められる短期売買と相性がいい注文画面です。

SBIFXトレード新アプリの2WAY注文(縦)
横画面ではチャート大画面を見ながら高速発注できる

チャートを見ながらすぐに注文できるため、テクニカル分析をしながらタイムリーに取引機会を狙うことができます。

ただし2WAY注文は、確認画面を省略した高速注文ですので、くれぐれ誤発注にご注意ください。

2WAY注文はSBI FXトレードのストリーミング注文で、他社でいうところのスピード注文のことです。

チャートでは基本的なテクニカル指標を利用可能

新柄アプリのテクニカル指標は全9種類です。これは業界全体で見るとかなり少ない水準です。

SBIFXトレード新アプリのチャート
  • SMA
  • EMA
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド
  • RSI
  • DMI
  • RCI
  • MACD
  • ストキャスティクス

テクニカル指標は旧型アプリの方がかなり豊富なので、上記以外のテクニカル指標を使いたい方は旧型アプリを使いましょう。

2分割・4分割チャートに対応!

分割チャート機能を備えていますので、複数通貨ペアの値動きを比べることができます。

一度に複数のチャートが見れる分割チャートを搭載

足種やテクニカル指標を共通で設定できるため、複数通貨ペアの分析もスムーズです。ただし旧バージョンと異なり、個別に違うテクニカル指標を設定できない点はやや不便かも知れません。

各種ライン描画ができる!

トレンドラインのほか、垂直線・水平線を描くことができます。

SBIFXトレード新アプリのトレンドライン描画

使用感としては、垂直線・水平線は気になりませんでしたが、トレンドラインを狙った位置に描画するのに少々慣れも必要かな、と思いました。

マグネット機能がないので、ローソク足のヒゲ部分など、正直狙った位置に描画しにくいです。
またトレンドライン描画は足種ごとに引く必要があり、ほかの足種には反映されない仕様です。やはり足種またぎで消えないアプリの方が、チャートは断然使いやすいです。

トレンドラインの引きやすさや機能面で言えば、GMOクリック証券のiClickFXneoプラスに軍配が上がります。

マーケットニュース・経済指標

メニューの「情報」では、マーケットニュース(MarketWin24・グローバルインフォ24)と経済指標が配信されています。

2社のマーケットニュースを配信
経済指標は日付と国名で絞り込み可能

経済指標は日付・地域(国)で絞り込みができ、SBI FXトレードではポーランドやトルコなどマイナー通貨国の経済指標も配信されているのが特徴です。

レートアラートで指定価格をキャッチ!

トレードに便利な機能がレートアラートで、トレードチャンスを逃がすこともありません。指定した価格に達すれば、口座開設時に登録したアドレスにメールが届きます。

「info」→「ターゲット通知」で設定ができます。

ターゲット通知で、指定レート到達を知ることができる

「この価格で売買したいと悩んでいるけど、指値/逆指値を入れておくのではなく、その時の値動きをみて判断したい」そんなときはターゲット通知を設定しておきましょう。

なおレートアラートはプッシュ通知には対応していません。メールアドレスへの送信だとレート到達に気づかないこともあるので、今後プッシュ通知への対応に期待したいところです。

旧型の黒系アプリ「SBI FXTRADE」

ニュースベンダーは最新版より少ない1社です。

レートパネル・スワップ・スプレッド一覧

レートは3サイズから選択でき、スワップポイントの確認ができます。

SBI FXトレードのiPhoneアプリ(旧型)のレート一覧画面

SBI FXトレードのiPhoneアプリ(旧型)のスワップポイント一覧画面

黒系アプリは平均足が用意されている

黒系アプリではローソク足に加えて、平均足の利用も可能です。

BI FXトレード iPhoneアプリ(旧型)の平均足

なお新型アプリでは平均足が対応しておらず、ローソク足しか表示させることができません。

注目!自動トレンドラインを搭載

トレンドラインを任意で描画はできませんが、こちらのアプリには自動トレンド描画機能が搭載されています。

SBI FXトレードのiPhoneアプリ(黒)の自動トレンドライン設定画面

比較高/底値基準(上)と自動間隔(下)

異なる2つの描画方法があり、細かな設定も可能ですので、自分のトレンドライン分析にあった描画を探し出すのもいいですね。

旧型アプリに搭載された4分割チャート

2分割・4分割での表示も可能ですので、複数チャートに自動トレンドラインを表示させて分析することもできます。

なお白系アプリでは、トレンドラインを描画しても保存機能がありませんので、アプリを起動するたびに線を引く必要があります。
対してこちらは自動ですので、トレンドライン描画に手間がかからないのも魅力となっています。

チャート上で発注でき、位置変更もOK!

画面右上にあるスイッチをオンにすると、2WAY発注エリアが出現します。オフの状態なら、2WAY発注エリアの表示位置を調整することが可能です。

SBI FXトレード iPhoneアプリ(黒)のチャート上で発注

2WAY注文とはいわゆるストリーミング注文やスピード注文と同様で、1タップで即時発注できる成行注文にスリッページ指定を付与した注文方法です。これによりチャンスを逃さずに発注することができます。
両建ての選択で、新規注文も決済注文もワンタップで注文することが可能です。

Apple Watchに対応!

旧型アプリはApple Watchに対応しています。

SBI FXTRADEはApple Watchに対応
SBI FXTRADEはApple Watchに対応

対応している機能は、レート表示となっています。チャート表示や発注機能は未対応ですので、今後の対応に期待しておきたいところです。

SBI FXトレードのiPhone/Androidアプリの魅力

aa
aa

iPhone/Android版「SBI FXトレード」のスペック一覧

注文種類成行 / 指値 / 逆指値 / OCO / IFD / IFO / 2WAY / トレール / 決済OCO / 全決済
チャートタイプローソク足
足種1分 / 5分 / 10分 / 15分 / 30分 / 1時間 / 2時間 / 4時間 / 8時間 / 日 / 週 / 月
レート更新時間1秒
テクニカル指標
[トレンド系]
テクニカル指標
[オシレーター系]
チャートから発注
スワップポイントの表示
マーケット情報MarketWin24 / GlovalInfo24
トレンドライン描画
アプリからの入出金
指定レート通知アラート
自動ログイン機能
新型アプリといえど、機能面を見ると正直他社のアプリには及びません。デザイン的には良くなりましたが、
「最大発注数量の記載がなくなった」
「チャート画面で通貨ペアの変更ができない」
「以前の白アプリよりもポジションの把握がしにくい」
などかなり機能が抑えられた作りをしています。現状、機能面が優れたアプリを使うなら、YJFX!のスマホ版Cymo、GMOクリック証券のGMOクリック FXネオから選ぶのが得策だと言えるでしょう。
YJFX!(ワイジェイFX)「外貨ex」

安心感を求めるなら、大手ヤフーグループのYJFX!「外貨ex」で決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

スマホ/タブレットアプリ「Cymo」は直感的にサクサクと発注でき、取引に便利なプッシュ通知機能も備えています。

取引を楽しみながらPayPayや現金相当を貯められるのも、YJFX!ならではの魅力となっています。

YJFX!の口座開設キャンペーン情報

2018年12月12日(木) 〜 終了日未定のキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大27,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でYJFX!「外貨ex」の口座開設ができます!

GMOクリック証券「FXネオ」

GMOクリック証券はスプレッドが狭くスワップポイントは高いので、短期売買〜長期売買まで幅広く対応します。

操作性が抜群のスマートフォンアプリにより、外出先でも多彩な注文を柔軟に行えます。数少ないMac取引専用アプリを提供する会社なので、Macユーザーも安心ですね。
チャート上をクリックするだけで発注できる高機能取引システムにより、チャンスを逃がすことなく売買が行えます!

高機能チャート分析ツールであるプラチナチャートプラスは38種類のテクニカル指標が用意されていて、デモ取引でも利用が可能。
24時間電話サポートに対応し、FXのニュース配信も多いので、GMOクリック証券なら初心者の方も安心してお取引ができます!

GMOクリック証券「FXネオ」の口座開設 特典情報
特典期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大30,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でGMOクリック証券の口座開設ができます!

SBI FXトレードのiPhone/Androidアプリ特集!
最新情報をチェックしよう!