運営情報

Infomation

FXクイックナビへようこそ。

当サイトはFXを中心に、業者の選び方、基礎知識、チャート分析の方法、最新情報と幅広く情報発信しています。

新着記事はTwitterFacebookでも発信していますのでお気軽にフォローしてください。

ご質問や広告に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

サイト情報
サイト名FXクイックナビ
URLhttps://fx-quicknavi.com/
運営元iSERP(アイサープ)
住所〒212-0005 神奈川県川崎市幸区戸手4-3-8
監修・執筆者高橋 洋

保有資格:日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト(CMTA®) 会員番号20203045

主要取引先
お問い合わせこちらのお問い合わせフォームからお問い合わせください。

公的機関などの関連リンク

FXに関するルールやトラブルについては、公的機関等でご確認ください。

当サイトの運営責任者について

運営責任者の高橋です。

私は現在30代後半ですが、FXを興味を持ち始めたのは20代半ばです。
この頃はちょうどFX人気が最初に爆発したFX黎明期で、乱立するFX業者のなかには不正な業者も存在していました。その後に法規制が整ってきたことで、こういった業者の多くは淘汰されることとなります。

こういったタイミングを経て、「FXトレードを本気で学びたいこと」また「これからはWebの知識が大きな糧になる」と考え、FXとWeb制作それぞれを学びはじめます。

FXトレードでは失敗を繰り返しながらも、少しづつ(とはいっても4〜5年かかりましたが…)コツを掴むようになりました。もちろんファンダメンタルズも大事な要素であるのは事実ですが、個人的にはテクニカル中心の分析が大好きです!

これまで何度か西原宏一さんとお話しさせていただく機会がありましたが、
「FXは3年間生き残ることができたら、その先もやっていける。」とおっしゃっていました。

このお言葉をお借りして、これからFXにチャレンジしたい皆さんは、最初の3年間でしっかりトレード技術を身につけるように頑張ってください!

今に始まったお話ではありませんが、インターネットには誤った情報源が流れるのも事実です。
とくにFXはお金が絡むことから、専門的な知識や情報の信頼性を保つことが大切であると考えています。

こういった背景もあり、FX経験10年以上の管理人は、皆さんに少しでも正しい情報を届けることの運営理念をもって執筆しており、2020年に認定テクニカルアナリストの資格を取得しました。

FXをはじめるにあたり、海外業者は金銭トラブルがあっても解決に至らないケースが多いので、金融庁が認定している日本国内の業者を選ぶようにしてください。

さまざまなプロジェクトに賛同しています

当サイトでは、以下の活動に取り組んでいます。

プラスチック・スマート

プラスチック・スマート

プラスチックごみは今、世界中で注目されており、焼却による大気汚染、
流出による海洋汚染だけでなく、生態系にも大きな影響を与えています。
例えば、海に流出するプラスチックごみの量は世界中で年間800万トン、
2050年には海洋中の魚の量を超えるとの試算が出されています。
私たちの生活様式を見直さない限り、持続可能な社会・自然環境の構築はもとより、
今の生活を続けていくことさえ難しくなることが予想されます。
正しい処理やリサイクル方法を広め、バイオマスプラスチックや代替素材などを理解しながら、
プラスチックと賢く付き合っていくことが重要です。
環境省では、そうした様々な取り組みを推進し、さらに広げていくため
「プラスチック・スマート」を実施しています。

引用元:プラスマとは?|環境省

プラスチック・スマートは、環境省が海洋プラスチックごみ問題の解決を目指して推進している活動です。

マイボトルとエコバック

当サイト運営者は、環境配慮として身近に行えるマイボトルとエコバックの使用を積極的に行っています。

知って、肝炎プロジェクト

当サイトでは肝炎への正しい知識を持ち、重要となる早期発見・早期治療に向けて行動していくことを目的として、肝炎プロジェクトに参加しています。

肝炎は、こんな病気です。

肝臓は、人間の体内で最大の臓器。消化管から取り込んだ栄養を利用しやすい形に変えたり、毒物を分解したり、体内の物質のバランスを維持したりなど、生命を支えるために重要な多くのはたらきを担っています。この肝臓の細胞が壊れてしまった状態が、肝炎です。

肝炎には、原因により、ウイルス性(A 型、B 型、C 型、D 型、E 型など)、薬物性、アルコール性、自己免疫性などの種類があり、このうち、ウイルス性肝炎は、肝炎ウイルスに感染することによって起こります。

引用元:肝炎とは?|厚生労働省

肝炎ウイルスの感染経路には2つあります。

  1. 垂直感染(母子感染)
  2. 水平感染(輸血などの医療行為、性感染など)
ウイルス性肝炎(臨床経過による分類)
1. 急性肝炎A 型、B 型、E 型ウイルスによるものが多い。
急激に肝細胞が障害され、発熱、全身倦怠感、黄疸などの症状を起こす。
自然経過で治癒する例が多い。
2. 急性肝不全急性肝炎のうち8週以内に血液中の凝固因子の値が一定の値以下に低下したもの。
3. 慢性肝炎B 型、C 型肝炎ウイルスによるものが多い。
長期間にわたり肝障害が持続する。
徐々に肝臓が線維化し肝硬変に至ることもある。

国内ではB型・C型肝炎ウイルスが問題視されており、肝がんの原因の約80%が肝炎ウイルスといわれています。もしウイルスに感染していても、自覚症状がないまま病気が進行する恐れがあり、検査を受けないと感染しているかは分かりません。

肝炎ウイルスに感染していても早期治療が重要で、肝炎ウイルスの検査は採血だけで行うことができます。

COOL CHOICE

CIIL CHOICEは地球の温暖化が進むなかで、脱炭素社会に貢献できる取り組みです。

COOL CHOICE
COOL CHOICE

当サイト運営事務局では、電源付きタップで未使用電子機器の節電、昼休み時間の消灯、クールビズ・ウォームビズの実施、業務後の電源OFF、紙資料の削減してペーパーレス化など、業務のなかでできることを行い、低炭素社会作りに貢献していきます。