【2022年9月更新】トルコリラ/円のスワップポイント比較と今後の見通し

トルコリラ/円最新スワップポイントを徹底比較しながらランキング情報も掲載しています。

今後の見通しから、過去チャートからみた注目のポイント、長期保有したときの利回りシミュレーションもご紹介!

まだまだ注目!業界最高水準のスワップポイント!

トルコの政策金利はFX業界でもっとも高い国であることから、トルコリラはスワップ狙いで注目されている通貨ペアです。

スワップポイントは2国間の金利差で決まります。
新型コロナウイルスの影響で世界的に政策金利の利下げが続いていますが、それでもなお、トルコが高金利である魅力は変わりません。

順位国名(政策金利)
1位トルコ(13.0%)
2位メキシコ(8.5%)
3位南アフリカ(5.50%)
4位中国(4.35%)
5位ニュージーランド(3.0%)
6位香港(2.75%)
7位アメリカ(2.50%)
7位カナダ(2.50%)
8位オーストラリア(1.85%)
9位イギリス(1.75%)
9位ノルウェー(1.75%)
10位スウェーデン(0.75%)
11位ユーロ圏(0.50%)
12位日本(-0.1%)
13位スイス(-0.25%)
※2022年9月7日時点の政策金利。

FX通貨においてトルコの金利は堂々の1位となっており、2位のメキシコ、3位の南アフリカに比べると政策金利が段違いで高いのがわかりますね。

トルコリラ/円の証拠金

証拠金(取引するときに最低限必要な資金)は通貨ペアごとに異なりますが、見ての通り新興国を介した通貨ペアは、証拠金の低さによる始めやすさも魅力のひとつです。

そこで肝心なトルコリラ/円のスワップポイントですが、高水準のFX業者では現状1Lotあたり20円〜30円あたりで推移しています。
これはどのくらいの水準かというとは、米ドルをベースに考えると分かりやすいです。

通貨ペア名1Lot/
証拠金
1Lot/スワップ
ポイント
米ドル/円と
同額のLot数は?
米ドル/円と
同じ証拠金なら
スワップは?
米ドル/円
米ドル/円
58,000円101円--
トルコリラ/円
トルコリラ/円
3,200円25円18.13Lot453.2円
メキシコペソ/円
メキシコペソ/円
2,900円16円20Lot320円
南アランド/円
南アフリカランド/円
6,700円11円8.66Lot95.3円
豪ドル/円
豪ドル/円
39,000円72円1.49Lot107.1円
※2022年9月8日時点、外貨ex byGMOの証拠金とスワップポイントで算出。
外貨ex byGMOの場合、メキシコペソ/円と南アフリカランド/円は最小10万通貨からの取引となります。

米ドル/円は1Lotあたり約42,000円の証拠金でポジションの保有ができ、1日あたり約6円の買いスワップポイントが付与されます。
同じ証拠金で保有するとした場合、トルコリラ/円なら約7〜8Lotの保有ができて、1日あたりなんと「約180円」の買いスワップポイントがもらえます。

トルコリラ/円のスワップポイント&スプレッド比較

FX会社名トルコ/円
トルコリラ/円売り
トルコ/円
トルコリラ/円買い
トルコ/円
トルコリラ/円スプレッド
-24241.6銭
-26164.8銭
-5020*1
-2416*1
外貨ex byGMO-4424*1
-2416提示停止中
-2556.0銭
-34242.7銭
-68461.7銭
-40106.8銭
トライオートFX-45205.5銭
-54241.6~
3.0銭
-24241.6銭
-3331.7銭
ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF)-511815銭
FX会社名トルコ/円
トルコリラ/円売り
トルコ/円
トルコリラ/円買い
トルコ/円
トルコリラ/円スプレッド
スワップポイント取得日:2022年9月6日 記載日:2022年9月7日
※スワップポイントの単位は円。 各社においてスワップポイント付与が前後している場合は、直近1日分のスワップポイントを記載。

スプレッド取得・記載日:2022年9月1日
※掲載スプレッドは原則固定(例外あり)ですが、市場急変時や流動性低下時は拡大する場合があります。
※参考:LINE FXのスプレッド一覧ページ
*1 原則固定スプレッドの適用対象外。
※FXプライム byGMOは現在、米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、トルコリラ/円のスプレッド原則固定を休止しています。

2022年9月スワップポイントランキング

毎月更新!スワップポイントランキング

トルコリラ/円の買いスワップポイントが高い業者は?

FXクイックナビに掲載する業者の※買いスワップポイント調査結果では、スワップポイントが高い順に結果となりました。

※2022年9月6日時点の調査結果
ランキング会社名トルコ/円
トルコリラ/円買い
1位1日/46円
2位外貨ex byGMO1日/24円
3位トライオートFX1日/20円

スワップポイントは日々変動しますが、高金利通貨を金利差益で狙うにあたって安定的にスワップポイントを付与する業者を選ぶようにしてください。

その他通貨ペアのスワップポイントはこちらで比較しています。

関連記事

FXでは、スワップポイント狙いのトレードが人気です。身近なところでは楽天ポイントなどが有名ですが、いわゆるスワップポイント(Swap Point)は、FX版の利息とい[…]

【毎月更新】FXスワップポイント16業者を徹底比較!

トルコリラ/円の売りスワップポイントが低い業者は?

※売りスワップポイント調査結果では、低い順に以下の結果となりました。

※2022年9月6日時点の調査結果
ランキング会社名トルコ/円
トルコリラ/円売り
1位1日/−24円
2位1日/−25円
3位1日/−26円

近年トルコリラ/円のスワップポイントは日々の変動が大きいことから、異業者間でスワップポイントの両建て狙いには注意する必要があります。

もしデイトレの場合は、買いスワップポイント・売りスワップポイントを考慮する必要はありません。
ショートで日を跨いでトレードする場合は、売りスワップポイントが低く、なおかつスプレッドが狭い業者を選ぶとコスト的には有利です。

なおトルコリラ/円は対象外ですが、みんなのFXではスワップNo.1キャンペーンを開催しています。

南アフリカランド/円、メキシコペソ/円、ロシアルーブル/円が他社より1円でも安い場合はキャッシュバックとなるため、キャンペーン期間中は実質、みんなのFXが有利です。

ぜひこの機会に、みんなのFXで始めてみてはいかがでしょうか。

キャンペーン期間中は実質「みんなのFX」のスワップがNo.1!

現在、みんなのFXでは「スワップNo.1チャレンジキャンペーン第14弾」を開催しています。

みんなのFX|スワップNo.1チャレンジキャンーペーン第14弾

他社よりスワップポイントが1円でも安ければ、その差額分がキャッシュバックとなるキャンペーンです。

みんなのFX|スワップ差額分のキャッシュバック例

複数社のスワップランキングは日々変動しますが、その日にもっとも高い業者と同じスワップポイントですから、期間中は実質、みんなのFXでもっとも高いスワップポイントが提供されます。

以下は2022年6月の例ですが、スワップ上乗せ額を合算すると、かなり高水準であることが分かりますね。

南アランド/円 メキシコペソ/円 トルコリラ/円
みんなのFX トルコリラ/円のスワップポイントとスワップ上乗せ額
みんなのFX メキシコペソ/円のスワップポイントとスワップ上乗せ額
みんなのFX 南アランド/円のスワップポイントとスワップ上乗せ額

対象となる南アフリカランド/円、メキシコペソ/円、トルコリラ/円でスワップポイント狙いなら、「みんなのFX」でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

こちらから無料でみんなのFXの口座開設ができます!

各社のスプレッドはこちらで比較しています。

関連記事

デイトレードなどの短期売買において、もっとも重要となるのがスプレッドです。2022年現在において、米ドル/円の標準スプレッドは0.2銭が最狭水準として各社揃っています[…]

【2022年最新】FXスプレッド徹底比較!

トルコリラ/円今後の見通し

トルコリラ/円をトレードしていく上で、どのような為替変動リスクがあり、ニュースやマーケット情報のどういった部分に注目すればいいのか解説します。

買い要因のポイント
  • 新型コロナウイルスの収束
  • 米・政策金利の利下げ
  • トルコ・政策金利の利上げ
  • 原油など資源価格の上昇
  • リスクオン(安全資産→高金利通貨や新興国株式といった高利回り商品への資金流出)
  • 中国経済が堅調に推移、対米関係の改善
  • 国債格付けがポジティブに推移
売り要因のポイント
  • 新型コロナウイルスの感染拡大長期化
  • 米・政策金利の利上げ
  • トルコ・政策金利の利下げ
  • 原油など資源価格の下落
  • リスクオフ(高金利通貨→先進国の通貨や国債といった、安全資産への資金流出)
  • 米中貿易摩擦の激化、対米関係の悪化
  • 国債格付けがネガティブに推移

FX業者から配信されているマーケットニュースでは、こういったトルコ関連のニュースに注目して情報収集していきましょう。
みんなのFXなら「高金利通貨専用のニュース」が配信されているため、情報収集しやすいのでおすすめです。

過去チャートから読み解く注目ポイント

まずは過去30年のトルコリラ/円チャートから、これまでのざっくりとした推移を見てみましょう。

トルコリラ/円 過去30年間の為替チャート
トルコリラ/円 過去30年間(1990年〜)のチャート 画像引用元:Investing.com

1994年頃までの値動きが大きすぎるのか、チャートではその後の値動きがよく分からないレベルですね。
この時代は変動的にトルコリラ相場を調整する制度が採用されており、一定割合で通貨の価値を切り下げられていたことが、このような値動きとなっていたのです。

続いて過去15年間のチャートをご覧ください。

トルコリラ/円 過去15年間の為替チャート
トルコリラ/円 過去15年間(2004年〜)のチャート 画像引用元:Investing.com

この時期は2005年のときに「デノミ」と呼ばれる通貨表記の変更が行われ、100万トルコリラ→1トルコリラへと変更されました。この政策はトルコリラの通貨価値が安定する要因として貢献します。

2008年は大きな変動となっていますが、これはトルコリラに関わらず、サブプライムショックをはじめとした世界的な金融危機による下落→トルコリラのキャリートレード目的による上昇→リーマンショックによる下落と波乱の年であったためです。

以下は直近10年間のチャートです。

トルコリラ/円 過去10年間の為替チャート
トルコリラ/円 過去10年間(2009年〜)のチャート 画像引用元:Investing.com

2013年の反政府デモ、2014年エルドアン首相が大統領の座も手に入れたことによる独裁的政治やシリア問題により、2015年8月にはサポートとなっていた40円台を割り込みます。
2016年には軍のクーデターがあり、マイナス要素の連鎖によりトルコリラ売りが加速して、その後も最安値を更新します。

トルコリラ/円の買いポジション保有タイミング

トルコリラ/円を買っても下落して含み損で相殺されては元も子もありません。

為替差益、スワップ差益双方の観点から、どのタイミングで買いポジションを保有すればいいのか、かんたんにまとめておきます。

  • トルコリラ/円の上昇
  • 米ドル/トルコリラの下落
  • トルコの政策金利の上昇
  • トルコ国債格付けの上昇

これらの条件を買いどきの判断に役立ててみてください。

こちらは現在のリアルタイムチャートです。

高機能チャートのTradingViewは、無料アカウントでもチャート設定をWeb上で保存できます。本格的に使いたい方は無料アカウントを作成しましょう。

⇒TradingViewの新規登録はこちら(無料)

トルコ政策金利の推移

外為どっとコム

トルコ政策金利のご案内。外為どっとコムは、FX/為替の最新データを常に更新しております。投資の一手にご活用ください。…

南アフリカの国債格付け推移

金プラチナ情報サイト Let's GOLD

トルコの国債格付け情報。主要格付け会社3社、ムーディーズ、S&P、フィッチによる最新格付けと関連トピックス。米格付け会社…

長期保有したときの利回りイメージ

▼以下条件でトルコリラ/円を保有したシミュレーションご紹介します。

  • TRY/JPY=7.6円
  • 必要証拠金は4%(10,000通貨で7,600円)
  • ロスカット水準は100%
  • 保有数量は10,000通貨
  • 1日の買いスワップポイントは20円
入金額レバレッジ証拠金維持率ロスカットまでの変動幅
(ロスカットレート)
年間
スワップ

利回り
3,800円20倍125%7.6pips
(7.5924円)
7,300円192.11%
7,600円10倍250%45.6pips
(7.144円)
7,300円96.05%
15,200円5倍500%121.6pips
(6.384円)
7,300円48.03%
25,333円3倍833%222.93pips
(5.3707円)
7,300円28.82%
38,000円2倍1,250%349.6pips
(4,104円)
7,300円19.21%
76,000円1倍2,500%729.6pips
(3.040円)
7,300円9.61%

中長期で運用するなら、最低限レバレッジ3倍までには抑える運用が望ましいです。
メジャー通貨ペアと異なり少ない証拠金で済みますので、資金に余裕があるなら、できる限りレバレッジ1倍〜2倍で取引するようにしてください。
レバレッジ1倍の運用であっても20万円の元手で年利約15%を狙えますし、仮に1円まで下落したとしてもロスカットの心配がありません。

トルコリラ/円はやはりFX業界No.1の高金利通貨だけあって、スワップポイントの高さが非常に魅力的な通貨ペアです。

保有イメージ
証拠金の目安10,000通貨(1Lot):7,600円
買いスワップ1日/20円
1万通貨/1ヶ月の保有で620円
1万通貨/1年の保有で7,300円
10万通貨/1年の保有で73,000円

トルコリラ/円の取引におすすめなFX会社

マネックス証券

カンタン・カシコイ自動発注 オートレール

日々進化し続けるFX業者のマネックス証券!
FX口座・FX PLUSはスペックが大幅に向上し、より低スプレッド&高スワップポイントになりました。

オートレールは、レンジ相場もトレンド相場もかんたん設定で、自動で利益の追求をしたい方向きの注文方法です。もちろん裁量取引(手動での売買)も行えます。
数多くの類似サービスがありますが、オートレールは低スプレッドで取引手数料は完全無料。またトレール注文がデフォルトでセットされるので、トレンド相場と相性がよく、高金利通貨の買い方向ならスワップポイントでの収益も狙えます。

低コストで裁量取引とリピート系注文をするなら、マネックス証券をご検討ください。

外貨ex byGMO

FXのスワップなら外貨ex byGMO|スワップ強化中

メキシコペソ/円、南アフリカランド/円、トルコリラ/円でスワップポイント狙いのトレードなら、外貨ex byGMOがおすすめです!

外貨ex byGMOはスプレッドが狭いだけではなく、スワップポイントが高くて日々の付与が安定しているため、中長期での運用にも向いています。

スワップポイントは毎日自動で受け取れるため、スワップ利益を再投資することで複利運用しやすいのもポイントです。

さらに取引に応じて、毎月現金キャシュバックを受け取れることも魅力のひとつ。

高金利通貨を取引するなら、外貨ex byGMOをチョイスしてみてはいかがでしょうか。

こちらから無料で外貨ex byGMOの口座開設ができます!