目標レートなどの取引ルールでバイナリーオプションを比較

一口にバイナリーオプションといっても、目標レート(権利執行価格)の本数や、目標レート間の値幅(pips間隔)は各社異なります。

そこで、目標レートの「本数」と値幅に焦点を当てて各社の取引ルールの違いを見ていきましょう。

ラダーオプションを目標レート本数・値幅で比較

▲▼」をクリックすると、並べ替えができます。

FX会社名目標レート
の本数
基準価格から
の値幅
外為オプション7本オプションにより
異なる
選べる外為オプション7本オプションにより
異なる
みんなのオプション5本上下に均等幅
オプトレ!6本上下に均等幅
バイトレ8〜12本
程度
上下に均等幅

レンジオプションを目標レート本数・値幅で比較

FX会社名目標レート
の本数
基準価格から
の値幅
みんなのオプション5本上下に均等幅
オプトレ!5本上下に均等幅
バイトレ7〜11本
程度
上下に均等幅

目標レートのpips間隔は業者・相場ごとに異なる

バイナリーオプションの購入価格は、原資産価格(対象通貨ペアのレート)やボラティリティ(通貨の変動率)などさまざまな要因を元に計算されます。

外為オプション、選べる外為オプションの場合

GMOクリック証券の外為オプション、FXプライム byGMOの選べる外為オプションでは、米ドル/円を例にすると、目標レートのpips間隔は相場状況によって「10pips」だったり「15pips」となったりします。

外為オプション(米ドル/円)のとある1日の、10:00開始と20:00開始の画像に注目してみてください。

外為オプションの目標レート①
外為オプションの目標レート①
外為オプションの目標レート②
外為オプションの目標レート②

傾向としては値動きが荒くなる時間帯ほど、pips間隔が広くなりやすいです。
同様に、通貨ペア同士を比べると、米ドル/円よりも変動の大きいユーロ/円やポンド/円の方が間隔が広い傾向があります。

バイトレの場合

バイトレは相場状況によって目標レートの本数が変化します。

以下赤枠内の目標レートは8本表示されていますが、このときの目標レートはトータルで「11本」でした。
上下にスクロールすると、見えていない他の目標レートを選択して購入することもできます。

バイトレの目標レートとラダーの値幅

こちらは2019年10月23日午前に取得した画像ですが、米ドル/円の目標レートの値幅は「5銭」となっていました。

オプトレ!の場合

YJFX!のオプトレ!では、目標レートはA〜Fと「6本」で固定されています。

オプトレ!の目標レートとラダーの値幅

バイトレと同時刻に取得した画像ですが、米ドル/円の目標レートの値幅は「4銭」となっていました。

みんなのオプションの場合

みんなのオプションでは目標レートが「5本」で固定されています。

みんなのオプションの目標レートとラダーの値幅

バイトレ、オプトレ!と同時刻に取得した画像ですが、目標レートの値幅は「12銭」となっていました。

 

みんなのオプションのように目標レートが少なければ、どのオプションを購入すればいいか迷いにくいので、バイナリーオプション初心者には始めやすいかも知れません。
そのかわり、目標レートが多く用意されているバイトレは選択肢が多い分、戦略的な手法で購入しやすいといえます。

このように業者ごとや相場状況によって目標レートの間隔が異なってきますので、この点に注目して売買してみるのもいいでしょう。

YJFX!「オプトレ!」
将来の目標レンジ・レートを選んで予測 YJFX!が提供するバイナリーオプション オプトレ

オプトレ!はヤフーグループのFX会社、YJFX!のバイナリーオプションです。
1,000円未満で取引でき、通貨ペアごとに11回、開催されています。

特徴としては、業界最多の8通貨ペアを提供していることで、1日の取引チャンスが多い点です。
また他社の判定期間は2分に対し、オプトレ!の判定期間は60秒なので、購入・途中売却をギリギリまで検討できます。
もうひとつ、レンジオプションは独自のワイドレンジによって、予測範囲を調整できるのも強み。

柔軟なシステムで取引するなら、オプトレ!がイチオシです。

こちらから無料でYJFX!「オプトレ!」の口座開設ができます!

GMOクリック証券「外為オプション」
GMOクリック証券のバイナリーオプション

バイナリーオプションでもっとも有名なのが、GMOクリック証券の外為オプションです。
もちろん安心の国内企業で金融庁認可済みサービスなので、海外系と異なり入出金で心配する必要もありません。

FX通貨ペアのほか、日経225やNYダウなど株価指数銘柄をバイナリーオプションで取引できるのも、GMOクリック証券の特徴です。

取引システムはとにかくシンプルで分かりやすい、明快さが魅力。操作に戸惑うことなく、最小1,000未満で、円高か円安か予測する取引ができます。
それでいて高機能スマホツールなので、スマホで高度なチャート分析をするなら外為オプションがオススメです。

こちらから無料でGMOクリック証券「外為オプション」の口座開設ができます!

FXプライム byGMO「選べる外為オプション」
円高?円安?為替の動く方向を予測 選べる外為オプション

GMOクリック証券と同じGMOグループによる、もうひとつのバイナリーオプションサービス。
外為オプションは最長3時間の取引ですが、選べる外為オプションは「最長2時間」となっているのが大きな違いです。

もう一点、外為オプションの判定時刻は奇数時間(11:00、13:00など)に対し、選べる外為オプションは偶数時間(10:00、14:00など)です。
プラットフォームは共通なので、判定時刻の違いを利用して、2口座を組み合わせてより収益チャンスを狙うこともできます。

なおFXプライム byGMOでは値動き予測チャート「ぱっと見テクニカル」が提供されており、バイナリーオプションに使うこともできます。

こちらから無料でFXプライム byGMO「選べる外為オプション」の口座開設ができます!

トレイダーズ証券「みんなのオプション」
みんなのオプション|1,000未満でできる投資 取引金額は1Lotあたり50〜990円

みんなのオプションは、初心者にも使いやすい取引システムなので、迷うことなく売買できます。
1lotあたり50円〜990円で購入でき、購入自体はわずか3ステップで、スピーディーにかんたんに行えます。

定番のラダーオプションに加えて、一定範囲を予測するレンジオプションに対応するのもポイント。
取引ツールはスマホやタブレットに最適化されているので、場所を選ぶことなくバイナリーオプションができます。

こちらから無料でみんなのオプションの口座開設ができます!

目標レートでバイナリーオプションを比較
最新情報をチェックしよう!