リスクを抑えて勝率を上げる!2つのバイナリーオプション両建て手法

両建てというと、FXでは買いと売り、それぞれ反対方向のポジションを両方同時に建てる手法のことです。
実はバイナリーオプションにも両建て手法があり、損失リスクを抑えつつ利益の追求をすることができます。

「大きな変動が想定されるとき」
「値動きがなくて横ばいで推移しそうなとき」

この2つの相場状況に合わせた、バイナリーオプションの両建て手法をご紹介します。

手法① 大きな変動が想定されるとき

経済指標発表や要人発言を控えていて、今後大きな値動きに期待ができるものの、どっちの方向に動くか分からない場面もよくありますよね。

まず1つ目は、そんな大変動が見込まれているときに使える両建て手法です。

もっとも離れた目標レートのオプションを両方購入する

現在の価格帯からもっとも上下の、離れた位置にあるオプションを両方購入するやり方です。

「円安方向と円高方向、2つのオプション」を購入しますので、1つだけ購入するときに比べると費用がかさむ分、少し利益も減ってしまいます。

しかし現在価格から離れた位置にある目標レートの購入価格は安いので、両方購入しても予測通りとなったときの利益に期待ができます。

この両建て手法には、

  • 購入価格を抑えながら利益の追求がしやすい。
  • 上昇トレンド・下降トレンド、どちらの変動にも対応できる。

このように2つのメリットがあります。

「離れた目標レート」の両建て取引例

こちらはGMOクリック証券・外為オプションの画像です。

円安方向一番上で38円のオプションと、円高方向一番下の36円のオプションを購入した例です。

現在レートから離れたオプションの両建て手法

今回は失敗となったため、74円の損失です。

このやり方は、ポンド/円など変動の大きい通貨ペアであったり、変動の激しい時間帯と相性がいいでしょう。

想定通り大きく動いたら、ペイアウトは1枚あたり1,000円ですので、両建ての購入額を差し引いても収益はプラスとなります。

ただし、雇用統計のようにあらかじめ大きな変動が想定されるときは、離れた位置でもオプション価格が高くなってしまいます。
こういった場面のときは早めに購入しておき、想定外に動くタイミングを狙うようにしましょう。

なお現在レートから離れた目標レートを両建てするやり方は、予測通りとなる勝率は高くありません。
どちらに動くかは分からないけど、「ここは大きく動くぞ!」といったタイミングのときに取り入れるのがおすすめです。

手法② 値動きがなくて横ばいで推移しそうなとき

値動きのきっかけとなるイベントが少なく、日中など変動が比較的小さい時間帯に取引することもありますよね。
FXとは違って、わずか1pipsでも予測した方向に動けば利益となるのが、バイナリーオプションの魅力でもあります。

こういった値動きが小さく横ばい相場に使えるのが、この2つ目の両建て手法です。

もっとも近い目標レートのオプションを両方購入する

現在レートのすぐ上にある目標レートの「円高方向(下落予測)」のオプションと、現在レートのすぐ下にある目標レートの「円安方向(上昇予測)」のオプションを一つづつ購入します。

こうすることで、片方の予測が外れてももう一方は必ずヒットしますし、両方とも予測通りならどちらもペイアウトとなります。

イメージとして、「レンジの範囲内を予測する」と考えると分かりやすいと思います。

「近い目標レート」の両建て取引例

以下は米ドル/円で時間帯は夜なのですが、変動が少ないと判断しました。

現在レートのすぐ上側は112.250で「円高」を、下側は112.150で「円安」で1枚ずつ購入し、購入価格はどちらも774円でした。

現在レートに近いオプションの両建て手法

これで、❶か❷のどちらかが必ずヒットすることとなります。

一方が予測通りとならなかったとき(❶または❷)

予測通りのオプション:購入額が774円でペイアウトが1,000円なので、利益は226円
予測が外れたオプション:購入額774円が損失

774円 − 226円 = 実質の損失は548円

つまり❸の範囲外であれば、両建てしたオプションは548円の損失となります。

 

今回は両方とも予想通りの結果となりました。

現在レートに近いオプションで両建てした結果

どちらも予測通りのとき(❸)

購入額は774円 × 2枚で1,548円となり、ペイアウトは1,000円 × 2枚で2,000円。

2,000円 ー 1,548円 = 利益は452円

つまり774円の元手で、レンジ外となれば548円の損失に、レンジ内に収まれば452円の利益となります。

現在レートに近いオプションを購入しますので、予測通りになる確率も高いのがこの両建て手法の特徴です。

あまり大きく動かないと考えるときは、こういった両建て手法もありますので、参考にしてみてください。
オプションを1つだけ購入するやり方に比べると、購入額が高くなってしまいますが、その分損失リスクを抑えられるので高勝率に期待ができます。

バイナリーオプションで使える2つの両建て手法がお分かりいただけたでしょうか?
単体での購入に比べると購入単価は高くなりますが、より勝率を高められる手法ですので、ケースバイケースで実践に活用してみてください。

GMOクリック証券「外為オプション」
GMOクリック証券のバイナリーオプション

バイナリーオプションでもっとも有名なのが、GMOクリック証券の外為オプションです。
もちろん安心の国内企業で金融庁認可済みサービスなので、海外系と異なり入出金で心配する必要もありません。

FX通貨ペアのほか、日経225やNYダウなど株価指数銘柄をバイナリーオプションで取引できるのも、GMOクリック証券の特徴です。

取引システムはとにかくシンプルで分かりやすい、明快さが魅力。操作に戸惑うことなく、最小1,000未満で、円高か円安か予測する取引ができます。
それでいて高機能スマホツールなので、スマホで高度なチャート分析をするなら外為オプションがオススメです。

こちらから無料でGMOクリック証券「外為オプション」の口座開設ができます!

リスクを抑えて勝率を上げる!2つのバイナリーオプション両建て手法
最新情報をチェックしよう!