バイナリーオプションとFXの取引ルールの違いは?メリット・デメリットも解説!

FXとバイナリーオプションは、どちらも為替に投資をする点は一緒ですが、仕組みが異なります。

バイナリーオプションはFXと違って、証拠金を預け、レバレッジによって売買をする取引ではありません。
目標となるレートより上がるが下がるかを予測し、予測通りになれば利益となる取引がバイナリーオプションです。

FXとバイナリーオプションの違いから、それぞれのメリットとデメリットを分かりやすく解説していきます。

FXとの具体的な違いを見てみよう

まずバイナリーオプションとFXの違いを、かんたんにまとめました。

違いバイナリーオプションFX
取引の期間ルールで決まっている自分のタイミングで決められる
利益・損失購入した時点でわかる決済するまでわからない
最小取引額1lot/1,000円未満1lot/約4,000円 (1,000通貨の場合)
取引方法相場に合わせて、高勝率や、高ペイアウトを
狙うといった戦略も可能。
デイトレードやスイングトレード、またトレンド相場やレンジ相場に合わせて、自分の戦略で自由に売買ができる。

バイナリーオプションは取引期間が決まっている

FXの場合、デイトレードで短期売買をしたり、スワップポイント狙いで長期売買をしたりと、取引期間は自分で自由に決めることができますね。
バイナリーオプションは会社によって差はありますが、1度の取引時間は2時間や3時間です。(回号と呼ばれています。)

GMOクリック証券の外為オプションを例にすると、1日10回号、朝8:00〜翌5:00と開催期間はFXと類似しています。

取引時間の例(GMOクリック証券・外為オプションの場合)
第1回号8:00~11:00
第2回号10:00~13:00
第3回号12:00~15:00
第4回号14:00~17:00
第5回号16:00~19:00
第6回号18:00~21:00
第7回号20:00~23:00
第8回号22:00~翌1:00
第9回号0:00~翌3:00
第10回号翌2:00~翌5:00

このようにFXと同じく為替の値動きを見て投資しますので、朝から翌日の明け方まで、ほぼ起きている間は売買が可能です。

なおバイナリーオプションの通貨ペアですが、米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、ユーロ/米ドルなど、流動性の高いメジャー通貨ペアが中心となっています。

バイナリーオプションはFXよりも少額から投資できる

FXで使われる単位のlot(ロット)ですが、1米ドル = 110円として1lotの場合、米ドル/円で注文するには約44,000円が必要になります。
1,000通貨から始められる会社の場合、0.1lotだと4,400円が必要になりますが、レバレッジを考慮すると最低でも数万円は必要になってきます。

数ある投資の中でも10万円未満からできるのであれば、FXは十分少額からできる投資商品だと言えます。
しかしバイナリーオプションはさらに少額から投資ができます。

購入するときのオプションの価格はFX会社ごとに異なりますが、安いオプションで 50円〜100円前後、高いオプションで990円程度となっています。
つまりバイナリーオプションは、1,000円あれば確実に購入ができる投資であるということです。

バイナリーオプションは購入時点で利益と損失が分かる

FXもバイナリーオプションも、自分の好きなタイミングで注文する点では変わりません。
しかし、バイナリーオプションは「変動するオプションから選んで購入」します。

購入時点で、利益は1口あたり1,000円となりますし、損失となった場合には購入した金額がそのまま損失金額となります。
(もちろん、取引期間中の売買が可能な時間内なら、利益確定・損切りが可能です。)

1口で売買した例を見てみましょう。

予測通りとなったとき
購入額400円
ペイアウト1,000円
利益600円
予測通りとならなかったとき
購入額400円
損失400円

例えば、1口400円のオプションを購入して予測通りとなったとすれば、600円の利益になります。
逆に損失となったとすれば、購入金額の400円が損失となります。

FXは想定外の値動きによりロスカットされたり、上手くトレンドに乗って大きく利益になることもよくあります。
取引時間に制限がありませんので、よほどしっかりルールを作って取引しない限り、決済するまで利益ははっきりとは分かりません。

対してバイナリーオプションは、購入時点で利益と損失が分かる、明快な取引ルールとなっているのが特徴です。

バイナリーオプションのメリット・デメリット

6つのメリット

  • FXよりも少額から始められる。
  • 取引ルールが分かりやすい。
  • 変動が少なくても収益化できる。
  • 取引をスタートした時点で損失額がはっきりしている。
  • 取引期限に制限があるため、ズルズルと損失が膨らむことがない。
  • FXでは挑戦しにくい通貨ペアでも手軽に購入できる。

バイナリーオプションは、少額から始められるのが第一のメリットです。
1,000通貨から取引できるFXと比べても、少ない初期費用で始められます。

そして取引期間に縛りがあることによって、取引ルールが明快で分かりやすいことが挙げられます。

FXには成行注文、指値注文、逆指値注文、OCO注文、IFD注文、IFO注文など色々な注文方法があり、スリッページを制限したり、あらかじめ注文を予約しておいたり、日時を指定したりと、多彩な発注を行える反面、すべてを使いこなすにはルールを理解する必要があります。

これに対してバイナリーオプションは「購入」「途中で売却 or 判定時刻まで待つ」と分かりやすい取引ルールとなっています。

FXでは、どの通貨ペアをどんなタイミングでエントリー(新規注文)、イグジット(決済注文)するかは個人の裁量で大きく差が出てきます。
取引期間は自分自身で決められる自由度が高いぶん、とくに短期売買では力量の差が明確に出てきます。

しかしバイナリーオプションは最長で2時間ないし3時間の取引で、購入時に利益と損失がはっきりしています。
ですからFXほど売買タイミングに神経質になることはありません。

損失額は購入時に決まっており、取引の期限が制限されていることで、FXのように含み損が拡大してしまうリスクがないこともバイナリーオプションのメリットです。

またFXといえば、初心者は米ドル/円から始めるのがスタンダードだと思いますが、ほかのクロス円やマイナー通貨は米ドル/円よりも変動が大きく、米ドル/円は安定した値動きをしやすい性質の通貨ペアであることが要因です。

しかしバイナリーオプションなら、値幅が大きくても小さくても利益を狙うことができ、購入額・利益・損失が明確です。

そのため普段FXでは取引しない通貨ペアでも、大きくトレンドが出ていたら積極的にチャレンジしやすい魅力を備えているのです。

5つのデメリット

  • 決済タイミングは自分で決めることができない。
  • 値動きが大きくても、利益額は購入時に固定されている。
  • 予測が外れたら資金は全額が損失となる。
  • たくさん取引できる反面、FX以上に損失を重ねてしまうリスクもある。
  • 分析を怠ったら、ギャンブル的な売買となりやすい可能性がある。

バイナリーオプションは取引期限が定まっているので、決済のタイミングは任意で決めることができません。

またどんなに値動きが大きくても、利益は購入時に固定されています。

相場が暴落・暴騰しているときは、効率的に利益を狙える点についてはFXの方に軍配が上がります。

またFXでは強制ロスカットとなれば元本の多くを失いますが、仮に含み損を抱えたとしても、その後に相場が転換したら利益を狙うチャンスが到来します。

しかしバイナリーオプションは予測が外れたら、そのまま購入額の全額が損失で確定します。

FXは取引機会を待ちながらトレードを行いますが、バイナリーオプションは回号ごとのトレードですから、取引で損失を重ねるほど、FX以上に損失を重ねる可能性があることも否めません。

FX、バイナリーオプションではファンダメンタル分析、テクニカル分析を行って売買することは共通です。

2〜3時間の取引で利益か損失かが決まりますから、分析を怠って熱くなったらギャンブル的な売買となり得ます。

マーケットニュースを読みつつ、チャートで相場の動向をしっかりと捉えて取引を行っていきましょう。

FXとバイナリーオプションどちらを選ぶ?

FX、バイナリーオプションぞれぞれにメリット・デメリットがありますので、どちらが一概に優れているというものでもありません。

そのときの相場の状況に合わせて、組み合わせて使うこともできますので、それぞれの違いをしっかりと把握して売買に生かすことが大切です。

FXとバイナリーオプションを組み合わせることで、バイナリーオプションをFXのリスクヘッジとして活用することもできます。
併用例は、以下ページで解説しています。

関連記事

大きく動くと想定されるタイミングで、FXとバイナリーオプションを組み合わせる手法があることをご存知でしょうか。こちらのページでは、バイナリーオプションをFXのリスクヘッジとして活用する戦略をご紹介していきます。併用のポイントは、[…]

バイナリーオプションのリスクヘッジ活用術
YJFX!「オプトレ!」

オプトレ!はヤフーグループのFX会社、YJFX!のバイナリーオプションです。
1,000円未満で取引でき、通貨ペアごとに11回、開催されています。

特徴としては、業界最多の8通貨ペアを提供していることで、1日の取引チャンスが多い点です。
また他社の判定期間は2分に対し、オプトレ!の判定期間は60秒なので、購入・途中売却をギリギリまで検討できます。
もうひとつ、レンジオプションは独自のワイドレンジによって、予測範囲を調整できるのも強み。

柔軟なシステムで取引するなら、オプトレ!がイチオシです。

こちらから無料でYJFX!「オプトレ!」の口座開設ができます!

GMOクリック証券「外為オプション」

バイナリーオプションでもっとも有名なのが、GMOクリック証券の外為オプションです。
もちろん安心の国内企業で金融庁認可済みサービスなので、海外系と異なり入出金で心配する必要もありません。

FX通貨ペアのほか、日経225やNYダウなど株価指数銘柄をバイナリーオプションで取引できるのも、GMOクリック証券の特徴です。

取引システムはとにかくシンプルで分かりやすい、明快さが魅力。操作に戸惑うことなく、最小1,000未満で、円高か円安か予測する取引ができます。
それでいて高機能スマホツールなので、スマホで高度なチャート分析をするなら外為オプションがオススメです。

こちらから無料でGMOクリック証券「外為オプション」の口座開設ができます!

FXプライム byGMO「選べる外為オプション」

GMOクリック証券と同じGMOグループによる、もうひとつのバイナリーオプションサービス。
外為オプションは最長3時間の取引ですが、選べる外為オプションは「最長2時間」となっているのが大きな違いです。

もう一点、外為オプションの判定時刻は奇数時間(11:00、13:00など)に対し、選べる外為オプションは偶数時間(10:00、14:00など)です。
プラットフォームは共通なので、判定時刻の違いを利用して、2口座を組み合わせてより収益チャンスを狙うこともできます。

なおFXプライム byGMOでは値動き予測チャート「ぱっと見テクニカル」が提供されており、バイナリーオプションに使うこともできます。

こちらから無料でFXプライム byGMO「選べる外為オプション」の口座開設ができます!

トレイダーズ証券「みんなのオプション」

みんなのオプションは、初心者にも使いやすい取引システムなので、迷うことなく売買できます。
1lotあたり50円〜990円で購入でき、購入自体はわずか3ステップで、スピーディーにかんたんに行えます。

定番のラダーオプションに加えて、一定範囲を予測するレンジオプションに対応するのもポイント。
取引ツールはスマホやタブレットに最適化されているので、場所を選ぶことなくバイナリーオプションができます。

こちらから無料でみんなのオプションの口座開設ができます!

バイナリーオプションとFX
最新情報をチェックしよう!