FXの注文方法を解説!【成行・指値・逆指値・IFD・OCO・IFDO・トレール・ストリーミング】

FXにはさまざまな注文方法があります。
場面に合わせて注文を使い分ければ、より戦略的なトレードに役立ちます。

こちらのページでは、基本的な注文方法(成行注文、指値/逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFDO注文、トレール注文、ストリーミング注文)の仕組みや使い方をご紹介します。

また入門者が混同しやすい、成行注文とストリーミング注文の違い指値注文と逆指値注文の違いをわかりやすくご紹介します。

成行注文(マーケットオーダー)

成行注文(なりゆきちゅうもん)とは、今見ているレートですぐに注文を出す注文方法です。

成行注文は今すぐ約定させたいときに便利な注文

マーケットオーダーや、クイックトレードとも呼ばれています。

成行注文は、基本的に注文した瞬間に約定しますが、注文がサーバーに到達するまでに注文時にレートが大きく動くと、発注時のレートよりも不利なレートで約定することもあります。
これを「スリッページ」「滑る」などといいます。

なお市場の流動性が極端に低く、売買の不均衡が起こるとき(買い手と売り手のバランスが偏っているとき)は、たとえ成行注文であっても注文が成立しないケースもあります。

成行注文はスピーディーに注文を行いたいときに役立ちますので、「今すぐ買いたい」「今すぐ売りたい」ときに適した注文方法となっています。

 

成行注文、指値注文、逆指値注文の詳細は、こちらの記事も合わせてどうぞ。

関連記事

FXでもっとも基本となる注文方法なのが、成行注文・指値注文・逆指値注文の3つ。3つの注文を使い分けできるようになれば、相場に合わせた臨機応変な売買が可能になりますので、きっちりと身に付けましょう。それぞれの注文方法の仕組みと、具[…]

【成行・指値・逆指値】FXの基本的な注文方法を理解しよう

指値注文(リミットオーダー)

指値注文(さしねちゅうもん)とは、現在のレートよりも有利なレートで、あらかじめ注文を出しておく注文注文です。

指値注文は今より有利なレートで発注したいときに便利!

リミットオーダー(Limit Order)とも呼ばれています。

買いの場合は現在よりも安いレートで、売りの場合は現在よりも高いレートで注文を行います。

このように指値注文は、今のレートよりも有利な価格で売買したいときに役立ちます。

もう少し下がってこの水準になったらエントリーしたいと考えている場面において、指値注文は有効的は注文方法となります。

 

もちろん新規注文だけではなく、決済注文で利益確定したいときも利用できます。

指値を決済の売りで使うときのケース

逆指値注文(ストップオーダー)

逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)とは、現在のレートよりも不利なレートで注文を出しておく注文方法です。

逆指値注文は今保有するポジションを損切りしたいときに使う。

ストップロス注文(Stop Loss Order)やストップ注文とも呼ばれ、ストップロスが指すように、損失を止めるために使う注文方法です。
逆指値の名称通り、基本的には指値注文の反対の使い方というわけです。

主に現在含み損となるポジションが、今よりもさらに下落しそうだと判断するとき、損切りの注文として発注を行います。

 

また、100.10円を上抜けてそのまま上昇すると予想するときに逆指値で買い注文をするように、ブレークアウトを狙った順張りの使い方もできます。

逆指値注文を新規でブレークアウトを狙うときの使い方。

逆指値注文は指値注文と異なり、基本的にはそのレートに達した時に注文が執行されますので、相場変動時は逆指値で指定したレートから滑ることもありますので注意しましょう。

IFD注文

IFD注文(アイエフディー注文)とは、指値注文に、利食いか損切りの注文をセットにして出す注文方法です。

IFD注文は新規指値に、決済指値か決済逆指値を同時発注できる注文方法。

IFDは「if done」の略なので、イフダン注文とも呼ばれています。

新規の指値注文 + {決済の指値(利益確定) or 決済の逆指値(損切り)} = IFD注文 となります。

〇〇円で買えたとしたら、〇〇円で利益確定するか、または〇〇円で損切りしたい、といったケースのときにIFD注文を使いましょう。

OCO注文

OCO注文(オーシーオー注文)とは、2つの注文を行い、片方の注文が成立したら、もう片方の注文は取り消しにする注文方法です。

OCO注文は新規の指値か逆指値に、決済の指値か逆指値を同時発注できる注文方法。

OCOは「One Cancels the Other」の略であり、自分自身で注文をキャンセルする必要はなく、一方が約定したら、もう一方は自動的にキャンセルとります。

例えば、すでにポジションを持っていて、今より高くなったら利益確定、安くなったら損切りにしたいときに使います。
このとき、利食い注文が成立すれば損切り注文は取り消しになりますし、損切り注文が成立すれば利食い注文は取り消しになります。

OCO注文は新規・決済問わず「指値と指値」「指値と逆指値」「逆指値と逆指値」どの組み合わせでも使えます。

新規注文時であれば、レンジ相場の天底での反発を狙う「買いの指値・売りの指値」、直近高値・直近安値のラインブレークでトレンド追従を狙う「買いの逆指値・売りの逆指値」といった戦略もOCO注文で行えます。

ただし業者によっては「指値と逆指値」の組み合わせしか対応していないケースもありますが、外為オンライン、マネックス証券、ヒロセ通商ではどの組み合わせでも発注が可能です。

IFDO注文

IFDO注文(アイエフディーオー注文)とは、指値注文に、利食いと損切りの注文の両方をセットにして出す注文方法です。

IFDO注文は新規指値、決済指値、決済逆指値を同時発注できる注文方法。

IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法ですので、IFDone OCO注文(イフダンオーシーオー注文)、IFO注文(アイエフオー注文)とも呼ばれます。

IFDO注文は、指値で出した注文が成立してはじめて、利食いと損切りの注文が執行されます。

このとき指値注文が成立後、さらに利食い注文が成立すれば損切り注文は取り消しとなります。
逆に指値注文が成立後、さらに損切り注文が成立すれば利食い注文は取り消しになります。

トレール注文

トレール注文とは、トレンド相場で一方方向にレートが動いているとき、利益を追求できる注文方法です。

トレール注文は自動追従する決済逆指値で利益の最大化ができる注文方法。

本来はトレーリングストップ注文(Trailing Stop Order)ですが、単にトレール注文(Trail Order)と呼ばれるのがメジャーとなっています。
このTrailingには「追従する」ことを指し、Trailing Stop Orderを直訳すると「追従する逆指値注文」という意味となります。

逆指値注文が指定した一定幅でレートを追尾し、設定した分のレートがトレールのラインに達したら約定となります。

 

トレール注文は主流となる決済注文だけではなく、新規注文で発注することも可能です。

より詳しい解説はこちらの記事も合わせてどうぞ。

関連記事

FXやCFD、株式投資でも重宝されている注文方法に「トレール注文」があります。相場が一方向に向かって推移するトレンド相場のとき、非常に相性がいい注文方法となります。初心者にはイマイチ仕組みが分かりにくいかも知れませんが、しっ[…]

トレール注文を徹底解説!

ストリーミング注文

ストリーミング注文とは、成行注文から派生したもので、ワンクリックでスピーディーな注文が行える発注方法です。

FX会社によって呼び名が異なり、「ワンクリック注文」「スピード注文」とも呼ばれています。

成行注文とどのような違いがあるかを見てみましょう。

成行注文とストリーミング注文の違い
成行注文ストリーミング注文
スリッページの設定なしあり
約定率高い成行よりも下がる
特徴今すぐ約定させたいとき狙ったレートで約定させたいとき

成行注文にスリッページの許容幅を設定できるのがストリーミング注文で、違いはこれだけです。

今すぐ約定させたいときに役立つ成行注文は、発注がサーバーに到達した時点のレートで約定するため、約定率は高くなります。

それに対し、ストリーミング注文は自分自身で「スリッページの許容幅(スリップ幅)」を調整できます。

ストリーミング注文は成行注文+スリッページ設定あり。

ただし値動きが激しいときにスリップ幅を狭くしすぎると、発注時と注文サーバー到達時点のレートがスリップ幅をオーバーすると注文が約定しません。
狙ったレートで約定させたい短期売買向きの注文ですが、どちらかというと値動きが穏やかで注文が執行されやすい相場に向いています。

指値と逆指値の違いを分かりやすく解説!

指値と逆指値の違いはわかったけど、いざ実践となると「買い」と「売り」で4パターンの組み合わせがありますので、どれを選べばいいのか躊躇してしまう方もいらっしゃることでしょう。

そんな方向けに、シンプルに違いをご紹介します。

指値注文と逆指値注文の違い

上記画像のオレンジ色の部分が注文ポイントです。

指値での新規エントリーは押し目買い/戻り売りを狙った手法逆指値での新規エントリーは今よりも不利なレートだがラインブレークを狙った手法、と考えると分かりやすいです。

損切りは必ず逆指値注文です。

例えば新規注文後に、「下落を予想するなら買いで逆指値」「上昇を予想するなら売りで逆指値」で損切りを入れておきます。
このときの逆指値ですが、含み益が20pips増えたら逆指値も20pipsズラすように、何度も注文変更をするのがおすすめです。手動でトレール注文を行うイメージです。
そうすると、確実に含み益を掴みながらトレードを有効的に進めることができます。

初心者におすすめの会社

外為オンライン

外為オンラインは1,000通貨単位に対応しているので、少額からFXを始めたい方にオススメ!

取引システムはシンプルながらも直感的に操作できる、初心者にも扱いやすいのが特徴。チャート機能も充実していて、比較チャートでは2つの通貨ペアを重ねて分析ができます。
またリピート系自動売買「iサイクル2取引」によって、手間をかけずに運用も可能です。

スマートフォンアプリ(iPhone/Android)、タブレットアプリ(iPadやAndroidタブレット)を使って出先でもスムーズに取引できます。
デモトレード対応に対応し、マーケット情報も豊富なので、FXの入門にもおすすめの業者です。

業界トップクラスの開催数を誇る無料セミナーは初心者にも分かりやすいと好評なので、都合のいい方はぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

外為オンラインの口座開設キャンペーン情報

キャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大150,000円をキャッシュバック!

こちらから無料で外為オンラインの口座開設ができます!

YJFX!(ワイジェイFX)「外貨ex」

安心感を求めるなら、大手ヤフーグループのYJFX!「外貨ex」で決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

スマホ/タブレットアプリ「Cymo」は直感的にサクサクと発注でき、取引に便利なプッシュ通知機能も備えています。

取引を楽しみながらPayPayや現金相当を貯められるのも、YJFX!ならではの魅力となっています。

YJFX!の口座開設キャンペーン情報

2018年12月12日(木) 〜 終了日未定のキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大27,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でYJFX!「外貨ex」の口座開設ができます!

FXの注文方法を解説!
最新情報をチェックしよう!