各種手数料や入出金でバイナリーオプションを徹底比較!

バイナリーオプションは基本的に売買手数料のかからない投資ですが、条件によっては各種手数料が発生することもあります。

こちらのページでは、各社の手数料体系をまとめています。

口座管理手数料、入出金手数料などの情報一覧

▲▼」をクリックすると、並べ替えができます。

FX会社名口座管理手数料クイック入金クイック入金
手数料
当日出金出金手数料
外為オプション無料1.212行無料無料
選べる外為オプション無料1.111行無料
*1
無料
みんなのオプション無料34約340行無料
*2
無料
オプトレ!無料0.99行無料無料
外貨ネクストバイナリー無料110行無料
*3
無料
IG証券バイナリーオプション無料
*3
0.88行無料
*4
無料
*5
楽天証券らくオプ無料1.313行無料無料

*1 14:59までの出金依頼は翌銀行営業日、15:00以降の出金依頼は翌々銀行営業日に着金。
*2 当日11:00までの出金依頼で当日出金が可能。
*3 当日午前中までの出金依頼で当日出金が可能。
*4 口座に1円以上のお預入れがあり、6ヶ月以上取引及び保有ポジションがない場合は月/550円(税込)が発生。
*5 14:30までの出金依頼は翌銀行営業日、14:30以降の出金依頼は翌々銀行営業日に着金。
*3 5,000円未満は1回/330円(税込)が発生。

バイナリーオプションは現在、手数料無料が主流!

FXでは取引するごとにスプレッドが発生し、システムトレードでは売買手数料が発生するのが主流です。

この点、バイナリーオプションは手数料がかからないサービスとなっています。

口座管理手数料について

口座管理手数料はほとんどの会社が無料です。

しかしIG証券などの海外系のFX業者では、口座を保有するだけで、1年に一度、口座管理手数料が発生するケースもあります。

またバイナリーオプションに関わらず、口座に預け入れている証拠金が一定額以上だと、口座管理手数料がかかってしまうケースも海外系業者も存在します。

この点で言えば、国内系の5社(YJFX!、FXプライム byGMO、GMOクリック証券、トレイダーズ証券、外為どっとコム)は全ての手数料が完全無料です。

取引自体の仕組みがわかりやすいことも、バイナリーオプションの魅力のひとつです。

入金について

主口座となるFX口座への入金には、「振り込み入金」「クイック入金(即時入金サービス)」があります。

振り込み入金は、ATMや銀行窓口から入金する方法です。
振込手数料が自己負担で、口座に資金が反映されるまでタイムラグがあります。

クイック入金は各社の取引画面内から振込をかんたんに行なう仕組みです。
スピーディーに即時入金され、振り込み手数料も一切かからないのが、クイック入金のメリットです。

クイック入金では振り込み手数料はFX会社が負担してくれますので、通常はこちらの方法で入金をします。

FX口座に入金したら、バイナリーオプション口座に口座振替(資金の移動)を行なって取引を始めます。

あくまでもメインはFX口座である、ということは念のため覚えておいてください。

各社のクイック入金に対応する金融機関の一覧は以下です。

※2021年2月5日時点
業者名提携
金融機関
詳細
オプトレ!9行三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、イオン銀行
みんなのオプション約340行約340の金融機関が対応!
外為オプション12行GMOあおぞらネット銀行、楽天銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、りそな銀行、イオン銀行、埼玉りそな銀行
選べる外為オプション11行みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行、GMOあおぞらネット銀行
IG証券バイナリーオプション8行三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、PayPay銀行、楽天銀行、ソニー銀行、住信SBIネット銀行、ゆうちょ銀行
楽天証券らくオプ13行楽天銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、PayPay銀行、セブン銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行、広島銀行
外貨ネクストバイナリー10行ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、スルガ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、auじぶん銀行

クイック入金の対応金融機関が約340行であるトレイダーズ証券(みんなのオプション)では、主要なメガバンクやネット銀行だけではなく、ほぼ全国の地方銀行も対応しています。

そのため地方在住者であっても、ネット銀行を活用すれば振り込み手数料を気にすることなく取引ができます。

 

バイナリーオプションの取引にあたり、入金から振替までの手順はこちらもご参考にどうぞ。

関連記事

無事にバイナリーオプションの口座開設ができたらすぐに取引したいところですが、まず最初にやらなければいけないのが、取引口座への入金です。バイナリーオプションを提供し[…]

口座開設したらまずは入金!国内バイナリーオプションの入金方法

出金について

先ほどと同じく、出金するときも「バイナリーオプション口座→FX口座」に口座振替をしてから出金依頼をします。

トレイダーズ証券(みんなのオプション)は当日の11:00まで出金手続きを済ませれば、その日の内に出金することが可能です。

YJFX!「オプトレ!」

オプトレ!店頭通貨バイナリーオプション

オプトレ!はヤフーグループのFX会社、YJFX!のバイナリーオプションです。
1,000円未満で取引でき、通貨ペアごとに11回、開催されています。

特徴としては、業界最多の8通貨ペアを提供していることで、1日の取引チャンスが多い点です。
また他社の判定期間は2分に対し、オプトレ!の判定期間は60秒なので、購入・途中売却をギリギリまで検討できます。
もうひとつ、レンジオプションは独自のワイドレンジによって、予測範囲を調整できるのも強み。

柔軟なシステムで取引するなら、オプトレ!がイチオシです。

こちらから無料でYJFX!「オプトレ!」の口座開設ができます!

GMOクリック証券「外為オプション」

GMOクリック証券のバイナリーオプション

バイナリーオプションでもっとも有名なのが、GMOクリック証券の外為オプションです。
もちろん安心の国内企業で金融庁認可済みサービスなので、海外系と異なり入出金で心配する必要もありません。

FX通貨ペアのほか、日経225やNYダウなど株価指数銘柄をバイナリーオプションで取引できるのも、GMOクリック証券の特徴です。

取引システムはとにかくシンプルで分かりやすい、明快さが魅力。操作に戸惑うことなく、最小1,000未満で、円高か円安か予測する取引ができます。
それでいて高機能スマホツールなので、スマホで高度なチャート分析をするなら外為オプションがオススメです。

こちらから無料でGMOクリック証券「外為オプション」の口座開設ができます!

FXプライム byGMO「選べる外為オプション」

円高?円安?為替の動く方向を予測 選べる外為オプション

GMOクリック証券と同じGMOグループによる、もうひとつのバイナリーオプションサービス。
外為オプションは最長3時間の取引ですが、選べる外為オプションは「最長2時間」となっているのが大きな違いです。

もう一点、外為オプションの判定時刻は奇数時間(11:00、13:00など)に対し、選べる外為オプションは偶数時間(10:00、14:00など)です。
プラットフォームは共通なので、判定時刻の違いを利用して、2口座を組み合わせてより収益チャンスを狙うこともできます。

なおFXプライム byGMOでは値動き予測チャート「ぱっと見テクニカル」が提供されており、バイナリーオプションに使うこともできます。

こちらから無料でFXプライム byGMO「選べる外為オプション」の口座開設ができます!

トレイダーズ証券「みんなのオプション」

みんなのオプション|1,000未満でできる投資 取引金額は1Lotあたり50〜990円

みんなのオプションは、初心者にも使いやすい取引システムなので、迷うことなく売買できます。
1lotあたり50円〜990円で購入でき、購入自体はわずか3ステップで、スピーディーにかんたんに行えます。

定番のラダーオプションに加えて、一定範囲を予測するレンジオプションに対応するのもポイント。
取引ツールはスマホやタブレットに最適化されているので、場所を選ぶことなくバイナリーオプションができます。

こちらから無料でみんなのオプションの口座開設ができます!