バイナリーオプションの専門用語を解説【コール/プット/プレミアム】

バイナリーオプションの基本的な専門用語について解説します。

現在国内の業者には、取引前に知識確認テストが義務付けられています。

バイナリーオプション取引に必要な知識を学びたい方は、当ページをご活用ください。

オプション取引とは

バイナリーオプションの用語を説明する前に、まずはオプション取引について解説します。

オプション取引とは、金融派生商品(デリバティブ)の一種で、ある商品(原資産)を将来のある特定の期日(満期日)までに、特定の価格(権利行使価格、ストライク・プライス)で買う権利、または売る権利を売買する取引のことです。

そしてオプション取引では、買う権利のことを「コール」、売る権利のことを「プット」といいます。

株式、為替、コモディティ、金利、債券などの原資産から派生した取引の総称で、これらのリスクを低下させたり、リスクを覚悟して高い収益性を追及する手法として考案された金融商品のこと。

原資産

原資産とは、オプションの権利を行使(あらかじめ定められた価格で買うこと、売ること)できる対象資産のことです。原資産には、株式や為替(通貨)、貴金属などの種類があります。

通貨オプション通貨を対象としたオプション
米ドル/円、ユーロ/円など
株式オプション株式を対象としたオプション
個別銘柄、株価指数など
金利オプション金利を対象としたオプション
短期金利、長期金利など
商品オプション商品を対象としたオプション
貴金属、エネルギー、穀物など

つまり国内で主流のFXバイナリーオプションは、デリバティブの一種であるオプション取引のうち、通貨オプションに該当します。

満期日(権利行使日)

オプションの権利を行使できる期日のことです。

権利行使価格

満期日に権利行使するときに、ある商品の売買で、あらかじめ決められた特定の価格のことです。バイナリーオプションでは目標レートとも呼ばれています。

コール

原資産を買う権利のことです。

プット

原資産を売る権利のことです。

プレミアム

プレミアムとはオプションの価値のことです。オプション価格やオプション料、業者によってはチケット価格とも呼ばれています。

オプションには、権利行使で実際の原資産を受け渡すものと、原資産の時価と権利行使価格の差額を授受するものがあります。後者のタイプで、差額をある一定のお金で支払うのがバイナリーオプションなのです。

買い手と売り手によるオプション取引の仕組み

権利を売買するオプション取引ですが、ここでは買い手と売り手から見た仕組みを解説します。

オプションには、買い手と売り手にコールオプション(買う権利)とプットオプション(売る権利)があります。
それぞれ「コールオプションを買う」「プットオプションを買う」「コールオプションを売る」「プットオプションを売る」ことができます。

オプションの買い手はコールかプットの売買にあたり、売り手に対してプレミアムを支払うことで権利が行使されます。

コールとプットの関係
売買利益損失
コールの買い手
(顧客)
プレミアムを支払うと、売り手(業者)からオプションを「買う権利」がある。無限限定
(プレミアムの金額分)
コールの売り手
(業者)
プレミアムを受け取ると、売り手(顧客)にオプションを「売る義務」がある。限定
(プレミアムの金額分)
無限
プットの買い手
(業者)
プレミアムを支払うと、売り手(顧客)にオプションを「売る権利」がある。無限限定
(プレミアムの金額分)
プットの売り手
(顧客)
プレミアムを受け取ると、買い手(業者)からオプションを「買う義務」がある。限定
(プレミアムの金額分)
無限

オプション取引のさまざまな種類

オプション取引は、権利行使のタイミングや取引方法ごとに種類があります。

権利行使のタイミングによる分類
ヨーロピアン・タイプ満期日のみ行使可能なオプション
アメリカン・タイプ期間中いつでも権利行使可能なオプション
バミューダ・タイプ満期が複数設定され、いずれかの満期で権利行使できるオプション(ヨーロッパとアメリカの中間にバミューダ諸島があることが由来となっている。)
取引方法による分類
バニラ・オプション単純なコールやプットの取引をする通常のオプション。トッピングのないプレーンバニラ・アイスクリームが名称の由来で、プレーン・オプションとも呼ばれています。
エキゾチック・オプション通常のバニラ・オプションにさまざまなな条件を加えたオプションのことです。

 

このうち、エキゾチック・オプションには以下の種類があります。

エキゾチック・オプションの種類
バイナリーオプション
(デジタルオプション)
満期時に、原資産価格が権利行使価格に達した場合、利益を得ることができるオプション。
ラダー・オプションはしご(ラダー)状に設定された複数の権利行使価格から選択し、満期時に、原資産価格が権利行使価格以上(以下)となれば、利益を得ることができるオプション。
レンジ・オプション満期時に、原資産価格が特定の価格帯に収まるか、収まらないかを予測するオプション。
ワンタッチ・オプション満期までに、原資産価格が権利行使価格に一度でも達すれば、利益を得ることができるオプション。
ノータッチ・オプション満期までに、原資産価格が権利行使価格に一度も達しなければ、利益を得ることができるオプション。
バリアー・オプション満期までに、原資産価格がある一定価格(バリアー価格)に達するか(しないか)で、権利が消減・発生するオプション。
満期までに原資産価格がバリアー価格に達しなければ利益となり、バリアー価格に達するとオプションが消減する「ノックアウト・オプション」、満期までに原資産価格がバリアー価格に達すれば利益となり、達しなければオプションが発生しない「ノックイン・オプション」がある。

現在日本国内では、ヨーロピアンタイプのラダーオプションが主流で、一部業者で取り扱われているタッチオプションはアメリカンタイプとなります。

オプションのプレミアムについて

オプション価格のことをプレミアムといい、その価値がどのくらいあるかを示します。

このプレミアムは本質的価値と時間的価値によって決まり、原資産価格、権利行使価格、満期日までの残り期間、ボラティリティ(価格変動率)、金利などの要素を元に計算・算出されます。

なおプレミアムを算出する理論モデルには、ブラック・ショールズ・モデルと2項モデルがあります。

バイナリーオプションの価格計算方法

オプションの本質的価値

本質的価値とは、現時点のオプションの価値のことです。

本質的価値は、原資産価格と権利行使価格の差で決まります。

3種類の本質的価値
イン・ザ・マネー権利行使すると、損益がプラスの状態(本質的価値がある状態)
アット・ザ・マネー権利行使すると、損益がゼロの状態(本質的価値がない状態)
アウト・オブ・ザ・マネー権利行使すると、損益がマイナスの状態(本質的価値がない状態)
  • コール・オプションの本質的価値 = 原資産価格 - 権利行使価格
  • プット・オプションの本質的価値 = 権利行使価格 - 原資産価格

オプションの時間的価値

時間的価値は、将来の値上がり(値下がり)に対する期待値です。

満期時に権利行使価格に達する確率が高いオプションは、期待値が高くなるため、オプション価格は高くなります。
一方、権利行使価格に達する確率が低いオプションは、期待値が低くなるため、オプション価格は低くなります。

 

時間的価値は、ボラティリティ、残存期間、配当率、金利などから計算されます。

ボラティリティ

ボラティリティとは価格変動率のことで、価格変動を数値化したものです。

大別して2つのボラティリティがあります。

ヒストリカル・ボラティリティ(HV)原資産の過去のデータに基づいて算出した変動率のこと。歴史的変動率。
インプライド・ボラティリティ(IV)現在のオプション価格から算出された、将来の変動率のこと。予想変動率。

残存期間

残存期間とは、満期(権利行使期限)までの時間のことです。満期までの残り時間が長いと、満期時点で権利行使価格に到達する確率が高くなり、時間的価値が大きくなります。

残存期間種別オプションの時間的価値
長いコール高くなる
プット高くなる
短いコール低くなる
プット低くなる

金利

金利の変化はオプションの価格に影響します。

金利種別オプションの時間的価値
上昇コール高くなる
プット低くなる
下落コール低くなる
プット高くなる

プレミアムの理論モデル

プレミアム算出の理論式となるモデル(プライシングモデル)の代表は以下です。

ブラック・ショールズ・モデル原資産価格、権利行使価格、残存期間、ボラティリティ、金利の5つの変数により、オプションの理論価格を算出。主にヨーロピアンタイプに利用されている。
2項モデル原資産価格やプレミアムの変動パターンをツリー(樹形)型の価格変動モデルに当てて、予測した将来の価格推移から現在のオプション価格を算出。

プレミアムの変化とギリシャ指標

プレミアムは本質的価値と時間的価値の構成要素(権利行使価格、原資産価格、ボラティリティ、残存期間、金利など)により決定しますが、権利行使価格以外の要素は常に変化し、プレミアムも変化していきます。

難しいお話ですが、変化するプレミアムを計算する4つの指標があり、これらを総称してギリシャ指標といいます。

デルタ原資産価格の変化に対する、プレミアムの変動率。
ガンマ原資産の価格変動に対する、デルタの変動率。
ベガボラティリティの変動に対する、プレミアムの感応度。
セータ残存時間の変化に対するプレミアムの変動率。

オプションと原資産を組み合わせたヘッジ取引

オプションは原資産と組み合わせることで、リスク回避を行なう投資戦略(ヘッジ取引)をすることができます。

バニラオプションのヘッジ

カバード・オプション

「原資産の買いまたは売り」と「オプションの売り」のポジションを同時に取る手法です。

損失を補填する方向の原資産を保有して、オプションを売るイメージです。

カバードオプションが主に利用されているのは、コールオプションの売り・プットオプションの売りの損失が無限となるバニラオプション(プレーンオプション)です。

カバードコール保有する原資産(FX)の買いと、コールオプションの売り(上昇予測の売り)を組み合わせること。
原資産価格が短期的に大きく変動しないと考えられるときに有効的。
カバードプット保有する原資産(FX)の売りと、プットオプションの売り(下落予測の売り)を組み合わせること。
原資産価格が短期的に横ばいか下落と考えられるときに有効的。

バニラオプション、バイナリーオプション両者のヘッジの違い

バイナリーオプションはバニラオプションと違って、相場変動に関わらずペイアウト額が一定です。
バニラオプションと異なり、バイナリーオプションはヘッジ対象原資産と値動きが相反した場合、確実にヘッジできるものではありません。
あくまでも、FXの損失を少しでも軽減する目的であることを理解しておきましょう。

なお日本国内では、サクソバンク証券でバニラオプションの取引が可能となっています。

バイナリーオプションのヘッジ

FXとラダーオプションの組み合わせ

これはFXとバイナリーオプションのヘッジでスタンダードな手法です。

FXの買いポジション(ロング)に対して、ラダーオプション・プットの買い(下落予測)、売りポジション(ショート)に対してコールの買い(上昇予測)です。

ラダーオプションの取引期限はおおよそ2時間〜3時間なので、変動を見据えた戦略が必要となります。

関連記事

大きく動くと想定されるタイミングで、FXとバイナリーオプションを組み合わせる手法があることをご存知でしょうか。こちらのページでは、バイナリーオプションをFXのリスクヘッジとして活用する戦略をご紹介していきます。併用のポイントは、[…]

バイナリーオプションのリスクヘッジ活用術

コールオプションの買い+プットオプションの買い

ラダーオプションでコールの買いとプットの買いを両建てする、疑似レンジオプション手法です。

現在の権利行使価格よりやや円高方向でコールの買い、やや円安方向でプットの買いにより、一定のレンジ内を予測するというものです。

権利行使価格から大きく離れた円高方向でプットの買い、大きく離れた円安方向でコールの買いでレンジ外を予測する手法もあります。

関連記事

両建てというと、FXでは買いと売り、それぞれ反対方向のポジションを両方同時に建てる手法のことです。実はバイナリーオプションにも両建て手法があり、損失リスクを抑えつつ利益の追求をすることができます。「大きな変動が想定されるとき」[…]

リスクを抑えて勝率を上げる!2つのバイナリーオプション両建て手法

ワンタッチオプションの同士の組み合わせ

先ほどのラダーオプション両建て戦略は、ワンタッチオプションに置き換えることもできます。

例えば、権利行使価格が低いワンタッチ・コールの買いと、権利行使価格が高いワンタッチ・プットの買いを組み合わせたとします。
購入額が高く予測通りになりやすいコールの買いは、今より少し円安の権利行使価格に達すればペイアウトとなり、一方で、購入額が低く予測通りになりにくいプットの買いは、円高方向の権利行使価格に達すればペイアウトとなります。

ワンタッチは達した時点でペイアウトなので、FXとの組み合わせや、ワンタッチ同士で組み合わせるなど、自由度の高い売買戦略ができます。

YJFX!「オプトレ!」
将来の目標レンジ・レートを選んで予測 YJFX!が提供するバイナリーオプション オプトレ

オプトレ!はヤフーグループのFX会社、YJFX!のバイナリーオプションです。
1,000円未満で取引でき、通貨ペアごとに11回、開催されています。

特徴としては、業界最多の8通貨ペアを提供していることで、1日の取引チャンスが多い点です。
また他社の判定期間は2分に対し、オプトレ!の判定期間は60秒なので、購入・途中売却をギリギリまで検討できます。
もうひとつ、レンジオプションは独自のワイドレンジによって、予測範囲を調整できるのも強み。

柔軟なシステムで取引するなら、オプトレ!がイチオシです。

こちらから無料でYJFX!「オプトレ!」の口座開設ができます!

GMOクリック証券「外為オプション」
GMOクリック証券のバイナリーオプション

バイナリーオプションでもっとも有名なのが、GMOクリック証券の外為オプションです。
もちろん安心の国内企業で金融庁認可済みサービスなので、海外系と異なり入出金で心配する必要もありません。

FX通貨ペアのほか、日経225やNYダウなど株価指数銘柄をバイナリーオプションで取引できるのも、GMOクリック証券の特徴です。

取引システムはとにかくシンプルで分かりやすい、明快さが魅力。操作に戸惑うことなく、最小1,000未満で、円高か円安か予測する取引ができます。
それでいて高機能スマホツールなので、スマホで高度なチャート分析をするなら外為オプションがオススメです。

こちらから無料でGMOクリック証券「外為オプション」の口座開設ができます!

FXプライム byGMO「選べる外為オプション」
円高?円安?為替の動く方向を予測 選べる外為オプション

GMOクリック証券と同じGMOグループによる、もうひとつのバイナリーオプションサービス。
外為オプションは最長3時間の取引ですが、選べる外為オプションは「最長2時間」となっているのが大きな違いです。

もう一点、外為オプションの判定時刻は奇数時間(11:00、13:00など)に対し、選べる外為オプションは偶数時間(10:00、14:00など)です。
プラットフォームは共通なので、判定時刻の違いを利用して、2口座を組み合わせてより収益チャンスを狙うこともできます。

なおFXプライム byGMOでは値動き予測チャート「ぱっと見テクニカル」が提供されており、バイナリーオプションに使うこともできます。

こちらから無料でFXプライム byGMO「選べる外為オプション」の口座開設ができます!

トレイダーズ証券「みんなのオプション」
みんなのオプション|1,000未満でできる投資 取引金額は1Lotあたり50〜990円

みんなのオプションは、初心者にも使いやすい取引システムなので、迷うことなく売買できます。
1lotあたり50円〜990円で購入でき、購入自体はわずか3ステップで、スピーディーにかんたんに行えます。

定番のラダーオプションに加えて、一定範囲を予測するレンジオプションに対応するのもポイント。
取引ツールはスマホやタブレットに最適化されているので、場所を選ぶことなくバイナリーオプションができます。

こちらから無料でみんなのオプションの口座開設ができます!

バイナリーオプションの用語
最新情報をチェックしよう!