ノックアウトオプションでスキャル、デイトレ、スイングに使える「9つの攻略法」を徹底解説!

ノックアウトオプションで利益を狙っていくためには、どんな攻略法があるのかご存知ですか?

基本的には、同じ外国為替の取引であるFX、株価指数や商品を取り扱うCFDとは共通しています。

それに加えて少額から取引できる「資金効率の高さ」によって、ノックアウトオプションならではの攻略法も存在します。

ノックアウトオプションを攻略していきたい方に向けて、詳しく解説していきます。

「資金効率を最重視」するならスキャルピング

ノックアウトオプションならではの資金効率の高さを、最大限まで力を引き出せる手法となるのが、超短期売買のスキャルピングです。

スキャルピングで経済指標などの大きな変動を狙ったり、両建てを使った攻略法を解説します。

経済指標発表後の急変に乗る

近年では米・雇用統計で数円動くことはなくなってきた傾向もありますが、それでも50pips程度の値動きはよく見られています。

このほかにも政策金利発表、GDP(国内総生産)、CPI(消費者物価指数)、ISM製造業景況指数など、ファンダメンタルズ要因を探るにも経済指標は欠かせない要素となります。

とくにアメリカの重要な経済指標は大きな変動要因となるため、発表後に大きく急騰・急落する場面も珍しくありません。

米国雇用統計(非農業部門雇用者数)の見方

こういった経済指標発表の場面において、スキャルピングで短期的なトレンドに乗れれば、効率的に利益を狙うことができますね。

発表時のポイントは予想と結果のギャップで、発表された数値が予想と大きく乖離するほど変動要因となります。

こんなときに併用したい無料ツールが、JFXのロイター経済指標速報です。

関連記事

経済指標の発表を狙ったトレーダー必見!無料で、なおかつリアルタイムに経済指標の速報を知る方法をご紹介します。経済指標の速報はリアルタイムで取得できる?経済[…]

経済指標発表がリアルタイムに高速配信|JFXからついに登場!「ロイター経済指標速報」をご紹介!

指標トレードの注意点としては、経済指標発表後に急騰してもすぐに急落したり、その反対に急落後に急騰する動きも時折見られることです。

雇用統計でチャートを1分足にしたときを例にすれば、21:30のローソク足1本に注目すると、多くのケースは一方向に大きく推移しますが、ときどきヒゲが上下に長く伸びる状況となるケースもあります。

そのため経済指標発表時は価格変動リスクが高いといえますが、ノックアウトオプションは「最大損失額」が決まっているのでリスクを抑えた取引ができますね。

具体的には、指標トレードでは現在のレートに近いノックアウトレベル(ノックアウト価格)を選ぶことで、損失時の被害を小さく抑えることが可能となります。

また指標発表時はスプレッドが拡大しやすいので、スプレッドコストを抑えるなら流動性が高い通貨ペアを選ぶことも重要です。

少額取引を生かした「両建て手法」

先ほどの一方のポジションだけを保有する片張りではなく、同時に買いと売りを保有する手法が両建てです。

両建ては初心者向けのテクニックではないため、こちらは中級以上向きの手法となります。

ノックアウトオプションでの両建てを考えられる場面は「極めて重要な経済指標の発表前」「100.00などのキリ番、サポート・レジスタンスの攻防」のように、どちらに動くかは分からないが、とにかく大きな変動が想定されるときです。

まず、「上昇方向」「下落方向」どちらも、現在のレートに近い水準のノックアウトレベルで新規注文を入れます。

ノックアウトオプションで両建てのイメージ その後変動があれば、含み損のポジションはノックアウトレベルに達した時点で損切りされ、トレンド方向のポジションはトレンドが継続する限り利益を追求することができます。

一方のポジションを利食いしたあと、トレンド転換してもう一方のポジションも含み益となれば、どちらもポジションも損失になることはありません。

しかし頭では理解していても、一般的に両建ては難しく高度なテクニックが必要とされています。

なぜなら、両方のポジションで利益を狙える反面、両方のポジションが損失になるリスクもあり、さらにスプレッドは片張りの2倍発生してしまうからです。

この点ノックアウトオプションなら、FXと比べても少額からポジションを保有できて、現在のレートに近いノックアウト価格を選ぶことで損失も抑えることが可能です。

つまりノックアウトオプションなら、商品性の特徴を生かした両建てができるということです。

前述のとおり、両建てはスプレッドが2倍発生してしまうこと、さらに短期で利益を狙うことから、スプレッドが狭く流動性が高い通貨ペアを選ぶことが最重要です。

つまり両建てスキャルピング手法に適しているのは「米ドル/円」「ユーロ/米ドル」の2通貨ペアとなります。

ノックアウトレベルは10pipsまたは20pips、どのくらい離すのかがカギとなります。
pipsによるオプション料の違いもありますが、両方が変動により刈られないpipsを考えて設定を行いましょう。またひとつのオプション料が1,500円なら利食いは30pipsとするように、利益と損失の割合を2:1にして損失を抑える戦略も考えてみてください。

ポジション保有中の両建て戦略

もちろん、すでに含み益が出ているポジションを保有していて、指標発表前であったり、ロンドン市場やNY市場に切り替わる前にヘッジする目的でも、両建ては有効的です。

この場合、含み益が出ているポジションは「必ず逆指値注文を入れておく」ことがポイントです。
これなら反対に動いても利幅は最小限で確保できますし、後で建てたポジションではそのまま利益を追求できます。

保有ポジションが含み益のときの両建て

逆に、含み益が出ているポジション方向に相場が動いたら、含み益のポジションは継続させてそのまま利益を狙うことができます。
後で建てたポジションはノックアウトレベルが近い水準ですから、すぐに損切りとなるため、損失は最小限に抑えることができます。

このほか、FXとノックアウトオプションを組み合わせた両建て手法もあります。

詳しいやり方は、こちらの記事を合わせてどうぞ。

関連記事

[sitecard subtitle=関連記事 url= target=]ノックアウトオプションってFXと併用してリスクヘッジ(リスク回避)に使うことができるのか、気にな[…]

ノックアウトオプションとFXの両建てリスクヘッジ戦略

デイトレードは各市場の「コアタイム」に注目!

デイトレードで効率的に利益を狙うには、三大外国為替市場のコアタイム(もっとも大きく動く時間)に注目することが重要です。

なぜならボラティリティ(変動率)が高いほど、効率的に利益を狙えるからです。

カッコ内は各市場のコアタイム
国・地域名市場名夏・取引時間
【4〜10月頃】
冬・取引時間
【10〜4月頃】
日本東京市場8:00〜17:00
(8:30〜10:00)
8:00〜17:00
(8:30〜10:00)
イギリスロンドン市場16:00〜1:00
(16:00〜18:00)
17:00〜2:00
(17:00〜19:00)
アメリカニューヨーク市場21:00〜6:00
(21:00〜1:00)
22:00〜7:00
(22:00〜2:00)
  • 米国冬時間・・11月第1日曜日AM2:00~3月第2日曜日AM2:00
  • 米国夏時間・・・3月第2日曜日AM2:00~11月第1日曜日AM2:00

デイトレードでは三大外国為替市場のコアタイムに注目することで、短期的なトレンドを狙い、高いボラティリティにより良質なトレード機会を得ることができます。

デイトレードに向く3つの時間帯
  • 東京市場:8:00〜オープン時から1〜2時間程度
  • ロンドン市場:17:00〜(夏16:00〜)オープン時から1〜2時間程度
  • NY市場:22:00〜(夏21:00〜)オープン時から1〜2時間程度

三大外国為替市場以外では、オセアニア市場(ニュージーランド、オーストラリア)も知られています。

もちろんノックアウトオプションでもオセアニア時間に取引可能ですが、この時間帯は取引量がそれほど多くなく、不安定な値動きによりスプレッドが開きやすいです。
そのため初心者の方は、早朝の取引は避けるのが賢明です。

とくに東京時間なら8:30〜10:00ロンドン時間(夏)なら16:00〜18:00NY時間(夏)なら21:00〜23:00の値動きに注目しましょう。

デイトレードの基本はトレンドフォロー

デイトレードは1日のなかで、値動きが出てきたタイミングを狙ってトレードを行いますので、トレンドフォロー(順張り)が基本となります。

順張りと逆張りのポイント

反対に逆張りはレンジ相場に有効的ですが、そもそもレンジ相場は横ばい、保ち合い、トレンドレスが同義であるように、相場に勢いがないことを指します。

値動きがない場面で逆張りを仕掛ける戦略もありますが、ノックアウトオプションの資金効率を生かすなら、やはりレンジからトレンドへと転換するときのブレイクアウトに注目したいところです。

つまり、動きがないレンジ相場でデイトレードをしたいときは、サポートライン、レジスタンスライン、水平線、キリ番のブレイクアウトに注目して取引機会を狙っていくのがおすすめです。

兼業でチャートに貼り付けない方は、スマートフォンアプリのアラート機能を使うと、狙ったレートへの到達を見逃すことなくトレードができます。

関連記事

FXではエントリー(新規注文)とイグジット(決済注文)のタイミングが重要ですよね。いつ注文を発注するのか判断するにあたり、注目したいレートに設置しておくと便利なのが「[…]

「レートアラート」「pips変動通知」を搭載するFXアプリをご紹介!

また後述するスイングトレードにも使える手法ですが、移動平均線のパーフェクトオーダーやオシレーター系テクニカル指標のダイバージェンスを判断できれば、トレンドフォローの攻略に役立てることが可能です。

仲値、ロンドンフィキシング、NYオプションを利用する

仲値とはその日の基準レートを決める仕組みで、同様にイギリス版の仲値としてロンドンフィキシング(ロンドンフィックス)もあります。

こういったイベントで一定の条件下では、決まった値動きを見せやすい傾向にあります。

イベント毎営業日の時刻
(日本時間)
仲値公示
日本の国旗
9:55
ロンドンフィキシング
(イギリス版の仲値)
イギリスの国旗
1:00
(夏時間24:00)
NYオプションカット
(オプションの権利行使時間)アメリカの国旗
24:00
(夏時間23:00)

毎日、午前中に仲値があり、深夜にNYオプションカットを経てロンドンフィキシングがある流れですね。

仲値は、銀行などの金融機関がその日に使う基準レートのことで、毎日9:55のレートを元に決定されます。

輸出入企業の決済は為替レートに影響を受けることもあり、5と10の付く日はゴトー日要因となります。
とくに月末のゴトー日となれば、仲値公示にかけて米ドル/円は上昇しやすく、仲値公示後は下落しやすい傾向が見られます。

関連記事

「仲値トレード」って聞いたことはありますか?仲値トレードは、スキャルピング、デイトレードを行う中上級者が取り入れているトレード手法です。前日が強い上昇では[…]

ゴトー日に米ドル/円で仲値トレードする手法と注意点を解説!

ロンドンフィキシングは、ざっくりいうとイギリス版の仲値といったイメージです。

為替で基準レートが決定されるのほか、決定される金価格は米ドルで決済されることから、ユーロ、ポンド、米ドルの売買が活発になりやすいです。
とくに月末、期末、年末ほど勢いづきやすい傾向にあります。

ロンドンフィキシングに関しては、仲値ほどの分かりやすい値動き傾向がある訳ではありません。
しかし仲値と共通していえるのが、ロンドンフィキシングにかけたトレンドは、ロンドンフィキシングの前後で反転しやすいという点です。

関連記事

ロンドンフィキシングって聞いたことありますか?FXをはじめてから時間の経過とともに、自然と耳に入ってきた人は多いのではないでしょうか。ロンドンフィキシング[…]

ロンドンフィックス

NYオプションカットとは、米ニューヨーク市場で行われる、通貨先物オプションの権利行使時間のことです。

FX以外にもオプション取引でも為替は大きな取引が行われていますが、NYオプションカットで満期となり期限を迎えるときに、設定された権利行使価格を巡る攻防が起きやすいです。

これによりカットオフタイム24:00(夏時間23:00)にかけて設定価格に近づきやすく、オプションが消滅後はトレンドが転換したり動機づく要因となりやすい傾向にあります。

NYオプションカットの権利行使後は、ロンドンフィキシングまでの値動きにも注目してみましょう。
もし一方向に進むなら、ロンドンフィキシング直前まで保有する戦略もできます。

なお月末や期末のロンドンフィキシング、NYオプションの設定価格というのは、各社のマーケットニュースで配信されています。

NYオプションカットについては、以下の記事もご参考にしてみてください。

関連記事

プロも使う「インターバンクオーダーの使い手」となって、FX勝利の道を進もう!ゼロサム・ゲームのFXでは、他人の損失が自分の利益となります。インターバンクのメガオー[…]

FXをインターバンクオーダーで勝つ!利用可能なツール【まとめ】

このように、デイトレードではある時刻に向けた値動き、ある時刻を境とした値動きにも注目すると攻略に役立てることができます。

スイングトレードは「大相場のトレンド相場」を見逃すな!

スイングトレードは2日〜数週間、トレンドが強ければ数ヶ月保有して数100pipsを狙うトレード手法です。

ノックアウトオプションの保有期限は最大1年程度ですから、もちろんスイングトレードも問題なく行うことができます。

そしてFXでスイングトレードをするとき、多くの証拠金が必要となるのがネックとなってきますが、ノックアウトオプションを使えばこの問題はクリアできます。

FX、KOの元手の違い

例えば、1米ドル=100円のとき、1万円分(100pips)が損失方向に動いてロスカットとなる取引をFXでするとしましょう。

もし1万通貨で取引をする場合、FXでは元手として5万円が必要です。

しかし資金効率に優れたノックアウトオプションでノックアウトレベルまでを100pipsとすれば、FXで必要な資金の5分の1となる約1万円でポジションを保有できます。

同条件(1米ドル=100円)でFXでさらにロスカットされない運用をするには、200pipsに耐えるなら6万円、300pipsに耐えるなら7万円・・・と資金が必要になり、レバレッジ5倍以内で取引するには20万円が必要な計算となります。

つまりノックアウトオプションなら、少ない元手でポジションを保有できるため、スイングトレードにも力を発揮してくれるのです。

年に数回発生する大相場に乗る

取引チャンスを限定させれば、年に数回はスイングトレードに絶好のトレードチャンスが到来します。

こちらは記事公開日時点で、直近5年間(2016年〜2021年前半)の米ドル/円の推移をまとめた、週足チャートです。

米ドル/円の高値・安値の推移と変動要因(直近5年間、週足)

大相場を探るための基本的な考えは、以下を参考にしてみてください。

大相場に乗るための考え方
  • チャートは日足と週足で分析を行う
  • テクニカル指標は移動平均線の傾きに注目する
  • 水平線を使えばシンプルにトレンドを判断できる
  • テレビやインターネットの情報収集では、世界情勢の変化に注目する
  • 重要となるファンダメンタルズ要因は、FX業者の会員向けレポートで入手する

大相場に乗ることができたら、まったりした気持ちで利益を追求できるのは、スイングトレードならではの醍醐味といえるでしょう。

日足、週足といった長期足で分析をすることで、重要な高値・安値のブレイクアウト、移動平均線のクロスなど明確なトレンド転換を判断しやすいのがメリットとなります。
エントリーに関しては、日足だとタイミングが遅れやすいため、4時間足を使うのがおすすめです。

スイングトレードではたっぷりと分析に時間を使えますので、焦る必要もありません。

もし自分自身の判断に迷いがあるなら、西原宏一さんのメルマガを購読するのもおすすめです。

スイングトレードはトレンドこそが正義

スキャルピングは瞬発的な判断の速さが求められ、初心者にはハードルが高いのも事実です。

ですから相場経験が浅い方ほど、大きなトレンドを判断して、少ない取引回数で利益を狙えるスイングトレードが向いています。

このスイングトレードは、FXでは初期資金の面で断念してしまうケースもありますが、先ほど述べたようにスイングトレードならチャレンジしやすい特徴もあります。

そして数日〜数ヶ月にかけて大きな値幅を狙う手法ですから、何よりもトレンドがあることが条件となります。
また大きな利幅を狙うことから、多少のスプレッドは気にしないこともポイントです。

そのため取引する通貨ペアをあまりにも限定させると、スイングトレードでは取引機会を失いがちです。

トレンドの出やすさで注目の通貨ペア

普段は米ドル/円しか取引しない方でも、世界でもっとも取引量が多く、素直な値動きをしやすいユーロ/米ドルにも注目しましょう。

またトレンドの発生のしやすさでいえば、ユーロ/円、ポンド/円、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル、ユーロ/豪ドルなど、三大通貨+豪ドルの組み合わせにも注目してみてください。

このうち流動性の観点でいえば、ドルストレートのポンド/米ドル、豪ドル/米ドルが優れています。

しかし他の通貨ペアであっても、ノックアウトオプションならではの「損失が限定されている」「スリッページせず100%確実にノックアウトレベルで決済できるる」という特徴があるため、リスクを限定した取引を行えます。

まずは米ドル/円、ユーロ/米ドルを基本とし、トレンドに乗れる運用を目指すのがスイングトレードのコツとなります。

トレンドに乗れたら逆指値をコツコツと変更する

上手くトレンドに乗ることができたら、スイングトレードでは利食いに逆指値注文(=ストップロス)を積極的に使いたいところです。

例えば上昇トレンドに乗れたポジションがあるとしましょう。

きれいなトレンドのとき、多くは押し目を作りながら上昇が継続していきますが、「ここを下に抜けたらトレンドが変わるから決済しよう」という位置に逆指値を設定します。
そうすれば、その後トレンドが変わったら、その節目となる位置で利益確定を行うことができます。

IG証券のノックアウトオプションで逆指値を使う例
上昇トレンドでの逆指値の設定例

もしトレンドが変わらずに上昇して、再び押し目を作った後に直近高値をブレイクしたら、まだまだ上昇トレンドの勢いは強いと判断できます。
この場合、再び押し目の位置に逆指値を変更すれば、より利益の確保に働きかけてくれます。

投資格言には「頭と尻尾はくれてやれ」とあるように、為替で天底を当てるのは至難の技です。

スイングトレードでは天底で決済を考えるのではなく、トレンドが続く限り乗って、魚でいうところの美味しいところだけを頂くイメージで望んでいきましょう。

強いトレンドから調整後の反転狙い

コロナショックのように強烈に強いトレンドのときは、躊躇しているとエントリーチャンスに乗り遅れてしまうこともあるのではないでしょうか。

そして強いトレンドのときほど、調整で反転する動きを見せやすく、為替でもときどきスパイクトップやアイランドリバーサルを確認することができます。

関連記事

アイランドリバーサルって聞いたことはありますか?日経225(日経平均株価)やNYダウ、個別株なんかではよく出現する、天底の反転を示唆するローソク足パターンです。[…]

激レア激熱サインのローソク足パターン、アイランドリバーサルを徹底解説!

反転を判断するときは、ローソク足がピンパーであるか、ヒゲの長さ、また窓が空いているかに注目しましょう。

ヒゲが長いほどトレンド転換を示すエネルギーが強く、もしもローソク足にギャップ(窓)が出現したら、より反転を示唆する目印になります。

なお反転狙いのときは、過去チャートをしっかり見て、反転したときのローソク足の動きをしっかり頭に叩き込んでおくと、見極めるときの参考にしやすいです。

大きな変動が想定される局面ではありますが、ノックアウトオプションならオプション料以上に損失することはありません。

ノックアウトオプションなら反転狙いのトレードでも、損失を抑えつつ収益機会を狙うことができますね。

こういった場面でのスイングトレードなら、まずは数日の短期目線で考え、トレンドが継続するならそのまま保有する戦略を考えてみてはいががでしょうか。

取引チャンスを増やせるIG証券のキャンペーンを駆使せよ!

ノックアウトオプションは資金効率よくトレードできるため、損切り回数が多くても収益化できるチャンスがある金融商品です。

ノックアウトレベルまで10pipsのトレード、つまり損失が1,000円となるトレードで4回負けたとしましょう。

それでも5回目のトレードで50pips以上を獲得できたら、トータルでも利益となります。

  • 元手:1,000円×5回=5,000円
  • 損切り:1,000円×4回=4,000円
  • 利食い:6,000円(60pips)×1回=6,000円
  • 総合:1,000円の利益

そしてIG証券のノックアウトオプションでは、現在キャッシュバックキャンペーンを開催しています。

IG証券の選べる新規口座開設キャンペーン(FX)

期間中、なんと1回のトレードだけで5,000円をもらうことができます。
さらに他社で取引していた方は、報告書の提出だけで+1万円を受け取ることも可能です。

キャッシュバックを受け取ったら、上記のようなトレードをノーリスクでチャレンジすることも可能ですね。

IG証券で口座開設した方は、ぜひ口座開設キャンペーンも活用して、取引を有利に進めてみてはいかがでしょうか。

IG証券「ノックアウトオプション」

話題沸騰 ノックアウトオプションお取引はIG証券で。

日本国内で初めてノックアウトオプションの提供をスタートさせたのがIG証券です。

ノックアウトオプションはマイナー通貨ペアまで網羅しており、世界各国の株価指数、金、銀、原油などの商品まで、全160銘柄と圧倒的な取扱数を誇ります。

さらにIG証券のノックアウトオプションはスプレッドが狭いので、取引コストを売買益で回収・収益化しやすい環境が整っています。

無期限のデモ口座で満足できるまで練習できることもIG証券ならではの魅力です。攻守に優れた金融商品を取引するなら、IG証券がイチオシの業者です。

IG証券の口座開設キャンペーン情報

2021年8月31日(火)までのキャンペーン期間中に新規口座開設し、FXの取引条件に応じて最大5万円をキャッシュバック!
FX以外(CFD、ノックアウトオプション)の場合は、最大5万円キャッシュバック+他社からの乗り換えで1万円ボーナス!

こちらから無料でIG証券の口座開設ができます!