爆益を狙えるVIX(ボラティリティ指数)をノックアウトオプションで取引する魅力をご紹介!

VIX指数(ボラティリティ指数)って聞いたことはありますか?

マーケットでは別名で「恐怖指数」と、なんとも恐ろしそうな言い方もされている指数です。

なかなかリスキーそうなイメージがありますが、実はGMOクリック証券の売買代金ランキングでは上位に食い込むほど人気があるんですね。

今回はVIX指数の基本的な説明とともに、ノックアウトオプションでVIX指数を取引することのメリットまでご紹介していきます。

そもそもVIX指数とは

VIX指数とはVolatility Index(ボラティリティ・インデックス)の略です。

シカゴ・ボード・オプション取引所(CBOE)が算出・公表をしているため、正しくはCBOEボラティリティ指数(CBOE Volatility Index)といいますが、一般的にはVIXで知られていますね。

算出元のデータは株価指数のS&P500を対象としたオプション取引です。
S&P500の今後30日間における、インプライド・ボラティリティを予測しています。

インプライド・ボラティリティとは将来の変動率を予測することを指し、「予想変動率」ともいいます。

つまり、米国株式市場における今後30日間の株価は、今の水準から見てこの先どんな変動幅かを予想するのがVIX指数なのです。

VIX指数は今後30日間におけるS&P500の変動率を予想
VIX指数のイメージ

予想変動率が高いときは、S&P500の値動きは荒くなると考える投資家が多いことでVIX指数は上昇し、予想される価格変動幅は広くなります。
予想変動率が低いときは、S&P500の値動きは安定していると考える投資家が多いことでVIX指数は下落し、、予想される価格変動幅は狭くなります。

VIXが上昇してもっとも高くなるときは、米国株式市場が不安定で株安が懸念される局面です。
マーケットのセンチメント(=感情や心理)において、恐怖や投資家の不安を示す背景があることから、「恐怖指数」とも呼ばれているんですね。

VIX指数の目安は通常時10〜20、20以上で警戒

VIX指数は、相場の値動きが安定しているときは10〜20の範囲で推移する傾向にあります。

20を超えてくることは時々見られ、景況感の悪化で不安視されてくる局面が多いです。
なお20よりも17が節目になるという見方もあります。

参考リンク:恐怖の目安は「20」より「17」 VIX急騰もう一つの読み方|QUICK

30を超えてくると、緊張が走って警戒感が高まるとともに、株価は大きく下げてくる傾向にあります。

VIX指数とS&P500の推移を見てみよう

それではVIX指数とS&P500、それぞれの推移をご覧ください。

VIX指数とS&P500 直近5年間の推移
2016年4月〜2021年4月の推移

左軸と上部がS&P500、右軸と下部がVIX指数となる週足チャートです。

VIX指数はチャートの時間足によって変化しますが、週足では20を抜けて30に達するとS&P500が底打ちしている場面が見られますね。
それぞれコロナショック時の推移を見ると、いかに変動が激しかったかが分かりますね。

VIXが照らすS&P500の変動範囲

それでは、VIX指数の変化によって、直近1ヶ月間においてS&P500はどれくらいの変動が想定されるのか見ていきましょう。

以下はS&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社の資料にある、VIXの変動とS&P500の予想範囲を示すものです。

VIXの変動S&P500の
予想範囲
10±2.9%
15±4.3%
20±5.8%
25±7.2%
30±8.7%
35±10.1%

参考リンク:CBOEボラティリティ指数 ® – S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス

例えばVIX指数が20では、予想範囲は±5.8%となっていますね。

そのときのS&P500が4,000ポイントと仮定すれば、その後30日間の値動きは3,768ポイント〜4,232ポイントの範囲となることを、投資家が予想していることになります。

VIX指数が付けた過去の高値データ

過去に金融ショックが起こった際、VIX指数が付けた高値をご覧ください。

  • 1990年8月23日 イラク軍クウェート侵攻…36.47
  • 1997年10月28日 アジア通貨危機…48.64
  • 1998年10月8日  ロシアデフォルト(LTCM破綻)…49.53
  • 2001年9月21日 アメリカ同時多発テロ…49.35
  • 2002年7月24日 エンロン不正会計事件…48.46
  • 2002年8月5日  ワールドコム破綻…45.21
  • 2003年3月12日 イラク戦争勃発…34.40
  • 2008年9月18日 リーマン・ブラザーズ破綻…42.16
  • 2008年10月24日 世界金融危機…89.53(1993年以降の最高値)
  • 2010年5月21日 ギリシャを筆頭とするPIIGSの国債懸念…48.20
  • 2011年8月9日 S&Pが米国債を格下げ…47.56
  • 2011年10月4日 ギリシャ国債のデフォルト危機…46.88
  • 2015年8月24日 中国経済失速懸念…53.29
  • 2018年2月6日 米雇用統計での賃金上昇をきっかけとした長期金利上昇、VIXショック「変動幅は過去最大規模」…50.30
  • 2020年3月18日 新型コロナウイルスによるパンデミック …85.47

引用元:Wikipedia|VIX指数

VIX指数が高値を付けた、過去20年間(記事公開日時点)のチャートをご覧ください。

VIX指数とS&P500 過去20年間の推移
2001年〜2021年の推移

こうしてみると、VIX指数は上昇を続ける米国株を仕込むタイミングを判断するにも便利な指数であることが分かりますね。

VIX指数でのトレード戦略

株投資におけるポートフォリオの損を減らすためのヘッジ(=回避)目的や分散投資として、VIX指数は有効的な銘柄です。

ショック相場で上昇しやすいという、長期的な上昇を目指した株価指数とは逆相関の関係にあるため、長期的なトレードには向いていません。

そのため、一時的なショック相場でVIX指数を対象に、短期トレードを仕掛ける戦略ができます。

VIXの基本戦略
  • S&P500とVIXのチャートを並べて分析する。
  • S&P500が大きく下落すると考えるなら、VIXを買い。
  • S&P500が大きくと上昇すると考えるなら、VIXを売り。
  • 相場が軟調に推移しているときはVIXを考えなくてよい。

まずVIXですが、参照元であるS&P500のチャートと並べて、S&P500の急落が継続しているか、上昇に転換したかを分析していくのが基本といえます。

相場が急落したらVIXは上昇するので、VIXが20を上回り、さらに相場の先行きに不安が漂っているときはVIXを短期の買いで仕掛ければ、S&P500などの米株を買いで保有しているときのヘッジ目的でトレードができます。

20を上回ったのち30、40のように上昇したVIXが下落に転し、さらにS&P500も下落から上昇に転換すると判断できるときは、VIXを売りで仕掛けることが可能です。

VIXは投資家の期待値が反映された指数ですので、急激に上昇したあと、S&P500がまだ下落中であっても、急降下しやすい特性があります。

つまり、VIX単体では逆張り戦略ができる銘柄だといえます。

なおGMOクリック証券のCFDでは限月の切り替えが自動で調整される仕組みにより、時間の経過とともに価値が減少しやすいため、やはり短期でのトレードがおすすめです。

手軽にVIX投資ならCFDとノックアウトオプション

VIX指数に手軽に投資できる金融商品といえば、なんといってもCFDが定番です。

そもそもVIXはあくまでも指数なので、投資する場合はVIXの値動きを参照としたVIX先物となります。
つまりETFでもトレードが可能ですが、VIX先物取引は正直ハードルが高いですよね。

つまりVIX先物を原資産として手軽に投資できるのが、CFDとなります。

米国VIと米国S500を表示させたGMOクリック証券のプラチナチャート
GMOクリック証券の取引ツール

GMOクリック証券では、操作性に優れたCFD取引アプリもリリースしており、アプリでかんたんにトレードできるのが魅力です。

関連記事

GMOクリック証券CFD GMOクリック証券はCFD国内シェアNo.1! 低スプレッドで取引手数料も完全無料! プラチナチャートが高[…]

低コスト&豊富な銘柄数で人気!!GMOクリック証券のCFDを徹底解説!

ただしGMOクリック証券では、S&P500が暴落してVIX指数が20を上回ってくると、「売りが規制」されやすい傾向にあります。

「20を超えたら売り」が有名になって、利益になるトレーダーが目立つことで規制されるようになってきた背景があるんですね。

ですからGMOクリック証券でVIX指数をトレードしようとした場合、エントリーチャンスを逃してしまう可能性があるため、複数の業者で取引できる環境を整えておくのがベストです。

なおVIX指数はIG証券でもCFDでトレードが可能ですが、近年ではノックアウトオプションでのトレードも可能となりました。

CFDもノックアウトオプションも、とくに売り規制はされていないので、VIX指数をトレードするならIG証券で口座を作っておきましょう。

こちらから無料でIG証券の口座開設ができます!

日本版と欧州版のVIX指数もある

アメリカのVIX指数と同様の指数として、日本には日経平均ボラティリティー・インデックス(日経平均VI)、欧州にはVストックス指数があります。

VIX指数が上昇しているときは、S&P500だけではなく、NYダウや日経225も下落している場面が多いです。

もし日経225のトレードなら、日経平均VIの推移も参考にしたり、日経平均VIでヘッジするトレードも可能です。

IG証券では、Vストックス指数に相当する「EU ボラティリティー指数」の取引も可能です。

ノックアウトオプションは損失を完全手中に!

VIXは値動きがかなり激しい銘柄ですから、損失リスクに注意して取引しなければいけません。
つまり、中級以上のトレーダーに向いている銘柄でもあります。

近年注目されているノックアウトオプションは、オプション取引の一種です。
オプション取引とはいえ仕組みは難しくなく、FXやCFDと同じ取引画面で、同じ感覚で売買できます。

イメージでいうと、FX/CFDにバイナリーオプション的な「時間」と「損失のルール」の要素を加えた感覚ですね。

バイナリーオプションでいうと※タッチオプションに似ており、これはある期間内において指定した水準に達するか(タッチ)、達しないか(ノータッチ)を予測する取引となっています。

※現在国内で提供する業者はありません。

ノックアウトオプションでは最初にノックアウト価格(ノックアウトレベル)を決めます。
ここに達したら購入したオプション料が全額損失となる仕組みです。このルールにより、同じように原資産価格を参照とするFX/CFDよりも少額で取引できることも特徴です。そして最大1年の取引期限内にノックアウト価格に達しなければ、いつでも利食い・損切りができます。

以下は米ドル/円ですが、ノックアウト価格の例をご覧ください。

ノックアウトオプションを買いで入った場合
ノックアウトオプションを買いで入った場合

FX/CFDでいうところの、最終的な強制ロスカットラインといったイメージですね。

ノックアウト価格は狙った位置で自由に決めることができ、ノックアウト価格ごとにオプションの購入額となるオプション料が設定されています。

ノックアウトオプションはオプション取引のひとつですが、その特徴、仕組みを活用すれば短期トレード的な戦略で取引することができます。

VIXは短期向けの金融商品ということで、ノックアウトオプションはうってつけですね。

損失はオプション料に限定されることから、急上昇・急降下する特性があるVIXと、損失が限定的で攻守に優れたノックアウトオプションは相性がいいと言えるでしょう。

つまり『大きな利益を狙えるVIXに投資してみたいけど、損失リスクが心配』とお考えであれば、CFDではなくノックアウトオプションを選ぶ選択肢ができます。

IG証券とGMOクリック証券のVIX指数を比較

それではVIXが取引できる2社のスペックをご覧ください。

業者名/
商品名
最大
レバレッジ
*取引単位/
最小資金目安
スプレッド
(取引コスト)
ファンディング
コスト
(保有コスト)
保有期限
GMOクリック証券CFD

米国VI

5倍
(20%)
1Lot=USD10
最小約4,400円
0.05米ドルあり
(自動調整)
無期限
IG証券CFD口座

(期限なし)
ボラティリティー指数

8倍
(12.5%)
1Lot=USD1,000
最小約30万円
0.1米ドル高い
(自動調整)
無期限
IG証券CFD口座

(期限あり)
ボラティリティー指数
($1,000)

8倍
(12.5%)
1Lot=USD1,000
最小約30万円
0.1米ドルなしあり
(最大約2ヶ月)
IG証券CFD口座

(期限あり)
Volatility Index
($200 mini Contract)

8倍
(12.5%)
1Lot=USD200
最小約55,000円
0.1米ドルなしあり
(最大約2ヶ月)

*2021年4月末時点。

前述のとおりVIXでは先物を参照とするため、取引に期限がある取引です。
これを自動的に期限なく取引できるようにしたタイプは、保有コストが高くなりがちです。

IG証券の株価指数CFDのVIXには「期限あり」「期限なし」に加えて、最小取引単位の違いで3つの銘柄があり、「期限あり」に関しては限月が近い期近と期先があります。

IG証券VIXの各銘柄(期限あり、期限なし)
IG証券VIXの各銘柄

少額から取引できるのはGMOクリック証券のCFDには、売り規制に加えて、期限を自動で切り替える際、価格調整によって保有コストが月に1回発生します。

2021年の実績を見ると、売りの保有でプラス3,000円程度、買いの保有でマイナス3,000円程度ですね。

GMOクリック証券 米国VIの価格調整額
米国VI 保有コストの例

そのため短期トレードで売りも可能な場面であれば、有利な設計といえます。

IG証券の期限ありは、限月の際に自動で決済後、再び期先のVIXを保有できるため保有コストがかかりません。
ですから制限なく売りができて、保有コストで考えるならIG証券がおすすめです。

CFDのVIX指数 最小資金の目安

先ほどの表にある最小資金目安は、最大レバレッジの場合です。

業者名/
商品名
*最小資金
の目安
*レバレッジ1倍
の場合
GMOクリック証券CFD

米国VI

約4,400円
(レバレッジ5倍)
約22,000円が必要
IG証券CFD口座

(期限あり)
Volatility Index
($200 mini Contract)

約55,000円
(レバレッジ8倍)
約440,000円が必要

*レバレッジごとに必要な資金は、価格(20.4)×レバレッジ倍率(8倍=0.125、5倍=0.2、1倍=1)×取引量(GMOクリック証券は10、IG証券は200)×1ポイントの価値(円建ては100、ドル建ては21,555円)で計算。

こちらはGMOクリック証券のWeb版取引ツールですが、取引画面内で必要証拠金を確認できますね。

GMOクリック証券 米国VIの必要証拠金
GMOクリック証券 米国VIの必要証拠金

なおGMOクリック証券ではシミュレーション機能があり、損益のイメージを把握するのに役立ちます。

GMOクリック証券CFDで米国VIの損益シミュレーション
米国VIの損益シミュレーション例

IG証券では、取引画面で取引量を選択すれば、維持証拠金(必要証拠金)を確認できます。

IG証券 Volatility Index($200)の必要証拠金
IG証券 Volatility Index($200)の必要証拠金

レバレッジを下げて取引する場合、余裕のある証拠金が必要となります。

VIXは値動きが激しいため、できる限りレバレッジを下げて取引するのがおすすめです。

「IG証券KO」VIX最小取引額の目安

IG証券のノックアウトオプションは、日本で唯一VIX指数が取引できるサービスです。

CFDと異なり、1ロット=1米ドルから取引できるため、最小で100円程度、ノックアウト価格を原資産価格から離しても400円程度と気軽にVIX指数を取引できます。

IG証券ノックアウトオプション ボラティリティ指数のオプション料
IG証券KO ボラティリティ指数のオプション料

レバレッジのある証拠金取引ではないため、追証や強制ロスカット、スリッページの心配も一切ありません。

仮に300円のオプション料で購入し、ノックアウト価格に達してしまったら、購入額300円そのものが損失となる仕組みです。

リスクを限定しながら気軽にVIXを取引するなら、IG証券のノックアウトオプションがイチオシです。

2社はスマホアプリに完全対応

GMOクリック証券、IG証券はそれぞれスマホアプリに完全対応していますので、出先でもVIXのトレードが可能です。

GMOクリック証券「GMOクリック CFD」

GMOクリック証券のCFDは、国内でもっとも利用者が多いCFDサービスです。

約130銘柄とそれなりの銘柄を取り揃えており、完全無料の取引手数料が人気の理由です。

GMOクリック証券CFDアプリのチャート(VIX)
チャート
GMOクリック証券CFDアプリのスピード注文チャート(VIX)
スピード注文チャート
GMOクリック証券CFDアプリの基本情報と価格調整額(VIX)
基本情報と価格調整額(VIX)

とにかく直感的に操作できるスマホアプリで、テクニカル指標やライン描画を駆使してチャート分析しながら発注を行えます。

VIX指数は売り規制の傾向にありますが、ほかにも株価指数、金、原油、外国株が揃っていますので、はじめてのCFD取引にも適したサービスといえます。

こちらから無料でGMOクリック証券CFDの口座開設ができます!

IG証券「IG Trading」

IG証券のスマートフォンアプリは、FX、CFD、ノックアウトオプションが対応している高機能アプリです。

テクニカル指標と描画ツールが豊富なので、高度なチャートをしたいテクニカル派も満足の仕上がりとなっています。

IG証券スマホアプリのチャート(VIX)
チャート
IG証券スマホアプリのスピード注文(VIX)
スピード注文
IG証券スマホアプリのVIX銘柄
VIXの種類が豊富

VIX指数はお好みで、CFDかノックアウトオプションから選ぶことができます。

IG証券はVIXの「売り規制」がなく、ノックアウトオプションならGMOクリック証券よりも少額で取引できるので、これからVIXにチャレンジしたいならIG証券でスタートしてみてはいかがでしょうか。

こちらから無料でIG証券の口座開設ができます!