ノックアウトオプションとFXを併用した両建てリスクヘッジ戦略をご紹介!

ノックアウトオプションってFXと併用してリスクヘッジ(リスク回避)に使うことができるのか、気になったことはありませんか?

一般的にリスクヘッジというと、

  • 同一通貨ペアの両建て
  • 反対のトレンドが発生している通貨ペアでポジションを保有

といった戦略があります。

そこで、FXでポジションを保有しているとき、ノックアウトオプションで同じ通貨ペアを組み合わせてヘッジするやり方をご紹介します。

FX×KOのリスクヘッジ戦略

基本的にノックアウトオプションは、数週間〜数ヶ月程度は保有できる金融商品です。
取引するタイミングにより取引の期限は異なりますが、最長で約1年のため、タイミングによっては最短数日となるケースもあります。

取引期限が2時間程度で完結する国内各社が提供するバイナリーオプションの場合、FXのリスクヘッジ目的でFXの反対方向のポジションを持つ戦略もできます。

ノックアウトオプションは損失はしっかり守りつつ、取引期限もそこそこあり、それでいて利益はどんどん追求できることから、「FXとバイナリーオプションのいいとこ取り」とも言える魅力を備えているのです。

分かりやすいように、3つの金融商品の取引期間の違いをまとめました。

KO、BO、FX取引期限の違い

バイナリーオプションをFXのリスクヘッジに使う場合、取引期限が短いことから、基本的にデイトレでのリスクヘッジにしか使えません。

ノックアウトオプション自体が損失限定された設計ですから、FXのリスクヘッジ目的で併用する必要はない、というイメージがある方も少なくないかも知れません。

しかしながらFXでポジションを持ったあと、「一時的にトレンドが変わりそうだけど長期的な目線は変わらない」と考える場面に出くわすことはよくありませんか。

こんなときに、ノックアウトオプションで反対方向のポジションを持つ戦略も可能です。

FXで両建てすると必要証拠金が2倍発生してレバレッジも圧迫されるため、口座資金に余裕を持たせなければいけません。

しかしノックアウトオプションなら、限定されたオプション料のみでポジションの保有ができる優位性があります。

FXの中長期ポジションに、KOの短期ポジションでヘッジ

もちろんノックアウト価格が近いオプションを保有すると、少ない資金でポジションを保有できる一方で、近いノックアウト価格に達して損失となりやすいリスクもあります。

しかしながらノックアウト価格が離れたオプションを保有したとしても、FXより優れた資金効率でポジションを保有できたりします。

つまりFXの保有ポジションに対し反対方向にヘッジをする場合、ノックアウトオプションで保有すると、FXに比べて少ない資金で損失額を限定した両建てが可能となります。

取引イメージをご覧ください。

ノックアウトオプションとFXを組み合わせた両建てヘッジ例
KOとFXを組み合わせた両建てヘッジ例
ポイントを解説!

FXで底だと判断して直近高値ブレイクを狙ってエントリーしたものの、すぐに反転となり、直近安値を下抜けてきた例です。

このままではちょっとマズイけど長期的には底だと明確に考えるとき、ノックアウトオプションで売り方向のポジションを持ちます。

想定通り相場は底打ちとなり上昇へと反転したら、ノックアウトオプションのポジションを利食いする形となります。

このまま上昇が続いたら、自身が判断する地点でFXのポジションも利食いすることができますね。

重要なのはあくまでFXのポジションは中長期、ノックアウトオプションは短期トレードと明確にして、短期的にトレンド転換したらノックアウトオプションのポジションは利食いすることがポイントです。

このFXとノックアウトオプションの両建て戦略では、しっかりとタイミングを捉えてノックアウトオプションのポジションを決済することが最重要ポイントとなります。

FXとバイナリーオプションを組み合わせた両建てヘッジ手法というのもありますが、取引期限が短いバイナリーオプションと異なり、ノックアウトオプションの場合は任意のタイミングで決済しなければいけません。

そのため両建ての状態から、一方のポジションのみとなる片張りに戻すタイミングをしっかり見極めることが重要となってきます。

つまりFXとノックアウトオプションの両建ては、損失拡大方向のポジションはいったん塩漬けしつつ、トレンド方向のポジションを伸ばす戦略となります。

両建てにはどちらも損失リスクがある

もちろん両建てですから、売買タイミングを見誤ると往復ビンタになる可能性もあります。

こちらの例をご覧ください。

FXとKOの両建てはどちらも損失になるリスクがある
両建ては両方損失リスクがある
ポイントを解説!

FXで買い注文後に下落し、下降トレンドが継続すると判断してノックアウトオプションで売りを入れた例です。

ノックアウトオプションで売りを入れた後に反転上昇すると、ノックアウト価格に達するとオプション料そのものが損失として確定します。

さらにその後反転して、下落の勢いが強くなったと判断してFXの買いポジションを損切りした形です。

先ほどの例のように、「上昇するか」「下落するか」の考え方に迷いが生じると、自ら往復ビンタをしてしまう可能性が高くなるのが分かりますね。

ノックアウトオプションは原資産価格に近いオプションほど、安いオプション料でポジションを保有できます。

しかし安いオプションほど、ノックアウト価格に達して損失となりやすいことは理解しておかなければいけません。

このように往復ビンタとなっては元も子もないですよね。

「いくらでオプションを保有できるか」と安易に金額に注目するのではなく、「どの価格帯で反発しやすいか」しっかりとチャート分析をしてオプションを選ぶことが重要となってきます。

関連記事

ノックアウトレベル(ノックアウト価格)を適正に決めて、ノックアウトオプションを攻略しよう!皆さん、ノックアウトレベルはどのように決めていますか?やみくもに[…]

ノックアウトレベルの選び方

自信があるならヘッジ、なければ迷わず損切り

そもそもノックアウトオプションで両建てをする前に、最初の予測が外れた時点で早々にFXのポジションを損切りすべきであるとも考えられます。

FXを損切りし、再エントリーする例
FXを損切りし、再エントリーする例

このように、いったんポジションをスクエアにして、いったんリセットしてから再エントリーする方が精神的負担は軽いかも知れません。

そのためFXとノックアウトオプションの併用で両建てをする場合、先行き予測が不安なときではなく、それなりに相場の先行き予測に自信を持てるときに行うのが賢明ともいえます。

とはいえ重要な経済指標発表前であったり、短期的に調整しそうな場面であればノックアウトオプションを使ってヘッジする戦略も可能となります。

「両建ての両損」という投資格言もありますが、両建ては推奨されるものではありません。
しかし同一の金融商品内で両建てするよりも、商品設計が異なる金融商品同士での両建てなら損失リスク限定させながらヘッジが活きてきます。

以上、ノックアウトオプションでFXで保有ポジションのヘッジを考えている方はご参考にしてみてください。

このほか、取引スタイルごとにノックアウトオプションを使った攻略テクニックは、こちらの記事で解説しています。

関連記事

ノックアウトオプションで利益を狙っていくためには、どんな攻略法があるのかご存知ですか?基本的には、同じ外国為替の取引であるFX、株価指数や商品を取り扱うCFDとは[…]

ノックアウトオプション攻略法
IG証券「ノックアウトオプション」

話題沸騰 ノックアウトオプションお取引はIG証券で。

日本国内で初めてノックアウトオプションの提供をスタートさせたのがIG証券です。

ノックアウトオプションはマイナー通貨ペアまで網羅しており、世界各国の株価指数、金、銀、原油などの商品まで、全160銘柄と圧倒的な取扱数を誇ります。

さらにIG証券のノックアウトオプションはスプレッドが狭いので、取引コストを売買益で回収・収益化しやすい環境が整っています。

無期限のデモ口座で満足できるまで練習できることもIG証券ならではの魅力です。攻守に優れた金融商品を取引するなら、IG証券がイチオシの業者です。

IG証券の口座開設キャンペーン情報

2021年8月31日(火)までのキャンペーン期間中に新規口座開設し、FXの取引条件に応じて最大5万円をキャッシュバック!
FX以外(CFD、ノックアウトオプション)の場合は、最大5万円キャッシュバック+他社からの乗り換えで1万円ボーナス!

こちらから無料でIG証券の口座開設ができます!