経済指標発表を狙った「指標トレード」のやり方・注意点を解説!

経済指標発表直後のタイミングを狙った手法は、俗に「指標トレード」と呼ばれています。
指標トレードというと、スキャルピングでけっこう人気のある手法のひとつでもあります。

今回は指標トレードのやり方や注意点について解説します。

経済指標発表時の発表データの見方

まずは経済指標が発表されるときに、発表データはどのような部分に注目をすればいいのか見ていきましょう。

下のチャートは、アメリカの雇用統計が発表された直後の変動です。

指標発表直後の為替レート
指標発表直後の為替レート

発表直後、わずか10分で1円以上上昇しているのが、確認できますね。

 

それでは、このときの発表データを見てみましょう!

雇用統計の予想と結果

 

失業率は5.5%と予想の5.4%より弱い結果となったものの、非農業部門雇用者数が、市場予想の前月比22万5,000人増を上回る28万人と強い結果となったため、円売りドル買いとなりました。

このように、指標発表のときですが、結果が予想よりも強いか弱いかが売買の判断材料となります。

指標トレードの重要なポイントとは?

指標時のトレードには、いくつか注意点があります。

  • 指標の予想値は、経済カレンダーで必ず確認すること。
  • 新規注文と同時に、損切り注文もセットで発注する。
  • 同じ時間に、複数の指標が発表があるときは、取引しない。
  • 保有ポジションは、指標発表から10分後に決済する。

特に、アメリカの影響力がある指標は変動幅も大きいことから、あえて取引をしないトレーダーも多くいます。

指標トレードをするなら、しっかりと注意点を頭に叩き込んで、自分なりのルールを作るのが最初のポイントです。

経済カレンダーで予想値は必ず確認しよう

指標トレードにおいて、発表の予想値をチェックすることは、もっとも基本的となるものです。

このデータを見ずして、指標トレードは語れません。

各FX会社のスマホアプリで情報収集できますので、必ず抑えておきましょう!

必ず損切り注文もセットで、エントリーする

指標トレードでも失敗の多くが、損切り注文を入れなかったためです。

特に注目度が高く、激しく変動するときは注文が通らなかったり、注文が滑ったりします。

この注文が滑るというのは、変動が激しいために、設定したレートよりも下がった(上がった)レートで約定する、というものです。

30pipsの利益を狙うなら、15pipsの損切りを入れるなど、自分の許容範囲で発注をしましょう。

おすすめの注文方法は、IFD注文かIFD-OCO注文です。

IFD注文とは?

新規注文 + 利益確定or損切り = IFD注文 となります。

(例)現在のレートが120円として、120.10で新規注文(買い指値注文)、119.90で損切り(売り逆指値注文)を設定します。

この場合、目標pips分の利益になってから決済する必要があります。

IFD-OCO注文とは?

新規注文 + (利益確定 + 損切り) = IFD-OCO注文 となります。

(例)現在のレートが120円として、120.10で新規注文(買い指値注文)、120.40で利益確定(売り指値注文)、119.90で損切り(売り逆指値注文)を設定します。

この注文方法は、利益確定または損切りのどちらかが執行されれば、もう一方はキャンセルとなります。

これらの注文を使って、反対に動いたときのリスクを極力減らすのがポイントです。

同じ時間に、複数の指標が発表があるときは、取引しない。

複数指標が同じ発表時間の場合の取引は、おすすめしません。なぜかというと、値動きが読みにくくなるからです。

例えば、同じ時間にA指標とB指標が発表されるとします。
A指標がポジティブな結果、B指標がネガティブな結果となったとしたら、指標の強さや結果との乖離によって、どちらに動くか予測するのが難しいからです。

そのため、単独で発表があるときにトレードするのが無難な選択です。

保有ポジションは、指標発表から10分後に決済する。

経済指標は発表されてから、瞬く間に大きく変動します。

そのままポジションを保有していれば、その後のトレンドに乗って利益の追求もできますが、その場合は自分の予測がしっかりと立っているときだけにとどめておきましょう。

せっかく狙った指標で利益にできたものの、その後に別の指標で反対に動き、為替差損となってしますことも珍しくありません。

通常は22:00、22:15、22:30など、15分刻みで指標の発表が多くありますので、次の発表前に手仕舞いすれば、あとに発表される指標の影響を受けることもありません。

指標トレードはあくまでも短期売買だと割りきり、ルールを決めて決済することが大切です。

経済指標の結果は早く知れるほど有利

ポジティブでもネガティブでも、重要度の高い経済指標の発表データの強弱がはっきりしているほど、為替レートは一方方向に動きます。

発表直後はスプレッドが広がりやすいこともあり、そして少しでも早くエントリーできたら損益も有利となりやすいので、とにかく経済指標の結果を少しでも早く知れるかが重要になってきます。

しかし各社で配信されている経済指標の発表データというのは、タイムラグがあって公表時刻よりも若干遅延して配信されます。

では指標トレードにはどの経済指標を閲覧すればいいのか、という点ですが、
経済指標を国内最速で知るなら、ヒロセ通商かJFXで口座開設すれば無料で利用できる「ロイター経済指標速報」を使いましょう。

ロイター社のニュースが高速配信され、発表と同時にリアルタイムに結果がわかるため、指標トレードに最適なサービスです。

関連記事

経済指標の発表を狙ったトレーダー必見!無料でほぼリアルタイムに、経済指標の速報を知る方法をご紹介します。経済指標の速報はリアルタイムで取得できる?経済指標発表のタイミングを狙ってトレードするデイトレーダーの方も、多くいらっしゃる[…]

経済指標発表がリアルタイムに高速配信|JFXからついに登場!「ロイター経済指標速報」をご紹介!

指標トレードにおすすめのFX会社

FXプライム byGMO「選べる外貨」

安定性の高いサーバーと約定力100%により、FXプライム byGMOはデイトレードとの相性が抜群です。
またFX業界トップクラスを誇るマーケット情報は、中〜長期売買にも役立ちます。

強靭な取引システムとともに、1クリックで発注できる高速注文により、狙ったレートで必ず約定します。
値動きが激しいときでも抜群の約定力なので、雇用統計など相場急変時のトレードにもおすすめ。

高機能チャート「プライムチャート」は売買シグナルをチャート上で見られます。音声通知もできるので、チャンスを見逃すこともありません。
未来のレート予測分析ツール、ぱっと見テクニカルが利用できるのも魅力!チャート分析が苦手な初心者にも使いやすく、口座開設さえすれば無料で使うことができます。

FXプライム byGMOの口座開設キャンペーン情報

2020年12月1日(火)~2021年1月31日(日)取引終了時までに新規口座開設+取引条件達成で、最大505,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でFXプライム byGMO「選べる外貨」の口座開設ができます!

JFX「マトリックストレーダー」

元プロディーラーの小林芳彦氏が代表を務めるJFXは、業界最狭水準スプレッドを提供しています。
スキャルピングなら「約定率99.9%」「約定スピード最速0.001秒」を誇るJFXがおすすめです。

1日の取引数量上限がなく、スキャルピングOKと公式にアナウンスしていますので、取引制限を気にすることなくできるのがJFXの特徴です。
高機能・MATRIXチャートにはマーフィー氏考案のテクニカル指標、スーパーボリンジャーとスパンモデルを搭載。取引ツールはMacに完全対応し、スマートフォン(iPhone/Android)やiPadに最適化されたアプリは直感的に発注ができます。

当日の相場状況を知らせてくれる「小林芳彦のマーケットナビ」、未来の値動きを自動で予想する「未来予測チャート」など、会員限定でさまざまな情報&分析ツールを利用できるのも魅力です。

JFXの口座開設キャンペーン情報

2021年1月3日(日)までのキャンペーン期間中に、新規口座開設+マイナンバー登録+口座開設完了で1,000円キャッシュバック。さらに期間中に *取引条件を達成すれば、最大101,000円をキャッシュバック!

* ドル円・ユーロ円・ユーロドルは150万通貨の取引で3,000円、250万通貨の取引で5,000円となり、ポンド円・豪ドル円・NZドル円は60万通貨の取引で3,000円、100万通貨の取引で5,000円となります。(1,000通貨=1Lot、1万通貨=10Lot)

こちらから無料でJFX「マトリックストレーダー」の口座開設ができます!

経済指標発表を狙った「指標トレード」のやり方・注意点を解説!
最新情報をチェックしよう!