NR7とは?トレード手法とNR7対応チャートを解説!

テクニカル指標を使わず、ローソク足の値幅に着目した取引戦略にNR7があります。

つまりローソク足の値動き(パターンや形状など)から相場を予測する、欧米でもメジャーな「プライスアプション」と呼ばれる分析手法のひとつとなります。

このプライスアプションのなかでも、NR7は溜まったエネルギーが爆発するイメージであり、大きな値動きをする可能性があることで注目度も高めです。

それではNR7の手法を、基礎から分かりやすく解説します。

NR7とは

NRは「Narrow Range(ナロー・レンジ)」の略で、前の足より値幅が短い足のことを指します。
つまり、高値と安値の高低差が小さい足のことを意味しています。

NRにはいくつかのパターンがあります。

有名なNR7(正しくは、Narrowest Range of the last seven bars)は「過去7本で、もっとも値幅が狭い足」を表します。
日足で当日の足がNR7となれば、直近7日間でもっとも上下幅が狭かったことになります。

直近7日間で、その日の上下幅がもっとも小さければNR7となる。

なおNR7は4時間足など他の足種でも有効的ですが、もともとは日足がベースのプライスアクションです。

古くは1990年、Toby Crabelが著書「Day Trading With Short Term Price Patterns and Opening Range Breakout」で発表しました。

残念ながら現在は絶版で、Amazonでは高額で販売されていますが、これに書かれたテクニックは現在でも有効的で、とくにNR7は高い人気を誇ります。

Toby氏は、狭い範囲(NR)は基本的に収縮であるため、収縮後に「ブレイクアウト」または「膨張」が発生する可能性が高く、1990年以前の商品相場からのデータ調査では、50〜65%のチャンスがあると言っていました。

NR7は時間の経過とともに価格が収束していく、ボラティリティが低い状態で出現するため、急に大きく動きそうなタイミングを探るために用いられます。

NRの類似パターンとNR7-2

NR7以外にもNR4、NR5がありますが、やはり世界的にも、よりエネルギーを溜めやすい7本の足で分析するのが主流です。

またToby氏のプライスパターンにはNRの対として、WR(Wide Spread)があり、WR7であれば、直近7本でもっとも値幅が広い足が発生したことを指します。

 

2004年アラン・ファーレイの著書「スイングトレード入門」では、連続して現れる2番目のNR7として「NR7-2」も紹介されました。

これは値幅の縮小がさらに進行し、2日連続でNR7が発生したことを表します。

2回連続で発生すればNR7-2、3回連続で発生すればNR7-3となる。

NR7-2はNR7よりも出現頻度が少ないことから、シグナルの精度としてはより強力と考えられ、ブレイクアウトの期待値も高くなっています。

実際にNR7、NR7-2それぞれで出現後の動きを確かめましたが、やはりNR7-2の方が高精度でした。
ぜひ皆さんも検証してみてください。

NR7を使ったトレード戦略

NR7自体は、どちらの方向にブレイクアウトするかは教えてくれません。

したがってトレードの基本は、NR7の高値と安値にラインを引き、ブレイクアウトした方向にエントリーする形となります。

NR7は方向性を示さず、ブレイクアウトした方向に順張りする手法

それではどういった場面でNR7を探すのがいいのでしょうか。

それはフィボナッチ・リトレースメントや、移動平均線でクロスや押し目・戻りを判断できるときです。

こういった調整局面や大きなトレンドが生まれる前は、値動きの勢いが欠ける傾向が見られるからです。

方向性を示唆しないNR7ですが、こういった材料を併用することで、その後どちらの方向に動くのが予測に役立ちます。

またボリンジャーバンドを表示させると、バンドが縮小→拡大へ転換するタイミングでNR7が発生するため、シグナル探しに便利だと思います。

 

注意点としては、NR7が発生しブレイクアウトでエントリーしても、インジケーターによってはシグナルの発生もダマシも多いです。

そのため、はらみ足も組み合わせると、出現頻度が減ってノイズが少なくなります。

ローソク足なら「はらみ足」(バーチャートならインサイドバー)といい、6本目のローソク足に7本目のNR7が完全に収まっていれば、精度が高くなると判断されています。

NR7が発生したからといって、必ずしもトレンドが予測通りになるとは限りません。

エントリーの反対方向に相場が大きく動いても、損失を抑えられるように、ストップロスを適切に設定して注文しておきましょう。

 

有名なトレーダーさんも使っているので、NR7の発生に注目して日々チャートを見ていきましょう。

NR7は山内俊哉さんのツイートに注目!

ツイッターをやっている方は、山内俊哉さん(@waker0053)をフォローするのがおすすめです。

本日のNR7を日々ツイートしていますので、どの通貨ペアが動きやすいのが参考になります。

NR7の無料チャートやインジケーター

NR7はMT4用インジケーターも多く開発されていますので、MT4を使っている方は配布サイトからダウンロードして使うことができます。

無料のインジケーターで充分活用できますので、有料のものを購入する必要はありません。

NR7ユーザーで有名なしろふくろうさんのMT4インジケーターはこちらでダウンロードできます。

https://www.mt4fan.net/2018/03/ib-nr4-2/

こちらはNR4のインジケーターですが、パラメーターの値を7に変更すればNR7に変更できます。

MT4にNR7インジケーターを表示した例
NR7-2の例

このインジケーターはNR7がインサイドバーのときしか表示されないため、無駄にシグナルが表示されることもありません。(ローソク足上の■がシグナル)
「in&outインジケーター」も同時にインストールされるため、はらみ足(上の画像のヒゲ部分)を目立たせることも可能です。

 

また無料チャートのTradingViewはブラウザベースですので、インジケーターをダウンロードする手間をかけずにNR7を見ることができます。

https://jp.tradingview.com/chart/

チャートを開いたら、上部にあるfx(インジケーター)をクリックし、検索ボックスに「nr7」と入力してください。

TradingViewでNR7を表示させる方法

TradingViewでNR7を表示させた例

そうすると開発者が公開しているNR7のインジケーターを利用することができます。

FOREX.com
FOREX.com

FOREX.com(フォレックス・ドットコム)は低スプレッド、高約定力、1,000通貨対応と基本性能が整っているMT4サービスが魅力の会社です。

親会社となる「ゲインキャピタル社」はニューヨーク証券取引所に上場する全米No.1ブローカーであり、MT4提供業者としては世界でもトップクラスの実績を誇ります。

口座開設者の方は、オリジナルのEA/インディケーター/スクリプトのほか、国内では数少ない分析ツールとなっている「オートチャーティスト」「トレーディングセントラル」の利用も可能。

多彩な分析サービスが揃った環境でMT4を使いたい方は、ぜひFOREX.comをご検討ください。

こちらから無料でFOREX.comの口座開設ができます!

ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF MT4」
FXTF|日本史上最狭水準スプレッドへ!!

ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF)のMT4口座「FXTF MT4」は、1,000通貨対応・米ドル/円スプレッド0.3銭と国内最高水準のサービスを提供!

上級者の多くがMT4でチャート分析していますが、トレードツールだけではなく、チャート分析ツールとしても定番の存在です。
MT4ならチャートのカスタマイズが自由自在なので、取引スタイルや経験を問わず、ぜひチャレンジしてみてください。FXTF MT4なら日足が5本表示なので、6本表示よりも精度の高い分析ができます。

オリジナルツールにより初めてのMT4でもかんたんに発注ができ、もちろんシステムトレードにも対応。マーフィー氏やひろぴー氏などプロトレーダーのインジケーターが豊富で、プロと同じ環境を構築できるのもポイント。初心者にも扱いやすいMT4なら、FXTFがおすすめです。

ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF MT4」の口座開設キャンペーン情報

FXクイックナビ限定タイアップ中!当サイト経由の口座開設+20Lotの取引だけで、キャッシュバック2,000円上乗せ!

【FXTF MT4 初回お取引キャッシュバックキャンペーン】
2019年4月30日(木)までのキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大55,000円をキャッシュバック。
当サイト限定タイアップと合わせると、最大57,000円をキャッシュバック。

こちらから無料でゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF MT4」の口座開設ができます!

MR7|Narrowest Range of the last seven bars
最新情報をチェックしよう!